« ティル・ブレナー | Main | 『朗読者』byベルンハルト・シュリンク »

April 15, 2004

『ウォーターランド』byグレアム・スウィフト

ウォーターランド
グレアム・スウィフト , 真野 泰

発売日 2002/02/27
売り上げランキング 106,468

Amazonで詳しく見る4105900293

学生時代、ひたすら黒板を写し、年号を覚える作業を繰り返す
「歴史」の授業が大嫌いだった。
最近、海外の小説を読むにあたり、その国の歴史を知りたいと思う
自分がいる。
あの受験のためだけの「歴史」の授業では何も知り得なかった、
もっと私たちが知らなければならない「歴史」がたくさんあるのだ。

『ウォーターランド』は、イングランド東部にある低湿地帯の歴史と
主人公自身の歴史の物語である。
歴史教師である主人公は自分の生徒たちに語る。

「いったいなぜ、歴史は時折、大虐殺を、ホロコーストを、ハルマゲドンを要求するのか。
そしていったいなぜ、いつでもわれわれは、前回のことから何も学んでいないのか。」

毎日のように報道されるイラク情勢。
何もできない非力な自分。
それでも、なぜ争いが起きるのか、起きたのか理解したいと思う。
そして、今日も私は本を読む。

|

« ティル・ブレナー | Main | 『朗読者』byベルンハルト・シュリンク »

Comments

ブッカー賞受賞の「ラストオーダー」、ようやくネット古書店で見つけ、購入、嬉々として読み始めたのですが… あれ? なんじゃこりゃ… 何だか訳がいまいちっぽいんですよね。どうも読み進まない… というか、そろそろ一年近く放り出したままです。

Posted by: hasyos | September 05, 2004 at 15:35

>hasyosさん
『ウォーターランド』はさくさく読めましたが、同じ作家だからいいとは限らないのですね。
翻訳の問題もあるのでしょうか・・・
ブッカー賞といえば『日の名残り』が積んであります。
どなたかアニータ・ブルックナーの『秋のホテル』もいいといってましたよ。

Posted by: LIN | September 05, 2004 at 16:03

好きです… 「日の名残り」
映画版はいまいちでしたが。

バイアットの「抱擁」がいいですよ!
もう、ほんっとに、読む楽しみを満足させてくれる本でした。
これも映画版はいまいちでしたが。

ケリー・ギャングやパイの物語もお薦めです。

Posted by: hasyos | September 05, 2004 at 20:06

>hasyosさん
『日の名残り』はよさそうな予感がします。
映画があったんですか!
『抱擁』、恋愛小説が苦手な人間でも大丈夫ですかね?(笑)
ケリー・ギャングは『ケリー・ギャングの真実の歴史』byピーター・ケアリーの事でいいのでしょうか?
『パイの物語』は2002年の受賞作品?
hasyosさん、もしかしてブッカー賞、全部、読んでいらっしゃるのでは?w(゚o゚)w

Posted by: LIN | September 05, 2004 at 21:27

抱擁、単なる恋愛小説ではありません。
ケリー・ギャングはそのピーター・ケアリーです。
これも映画化されてて既にDVDが出てますね。

パイは2002年?

ブッカー賞全読ではありません。この他にはクッツェー「恥辱」のみ… あと読みたいなと思っているのは、ゴールディングとアトウッドとロディ・ドイルかな。

Posted by: hasyos | September 05, 2004 at 21:46

>hasyosさん
こういうブログをやっていると、こうしてみなさんから自分の知らない作品を
教えていただけるのが何よりの楽しみです。
ところでTB Peopleって感度が悪くないですか?
先日からずっとそうなんですが、今日も新潮クレストのTB Peopleに3冊分、TBを送ったのに
表示は1冊のみ_| ̄|○
BlogPeopleに問い合わせてみようかしら?

Posted by: LIN | September 05, 2004 at 22:19

確かに>未知作品との出会い

以前普通のホームページをやっていたときはこんなじゃなかったですね。ただ発信するのみで… もちろん仕組みがまったく異なりますが。最近はあまり活発ではなくなったのですが、翻訳もの中心のメーリングリストもやっています。最盛期には常に読みたい本が後に控えていて、さらには次々に貸本が送られてきて、どんどん未読の塔が高くなり… という感じでした… でも、ブログの方が楽しいな。

ところで、TB People の件。僕も数件送っていますが、反映されていません。が、映画 TB People はすぐに反映されました。その違いは不明。

Posted by: hasyos | September 05, 2004 at 23:39

>hasyosさん
ブログはホームページに比べると断然、反応が早いですよね。
すっかりブログ中毒の私・・・(笑)

>でも、ブログの方が楽しいな。
一緒に楽しみましょう♪♪♪ ( ^^)人(^^ ) ♪♪♪

>僕も数件送っていますが、反映されていません。
あ、やっぱり!
BlogPeopleにメールしてみますね。

Posted by: LIN | September 06, 2004 at 00:03

The comments to this entry are closed.

« ティル・ブレナー | Main | 『朗読者』byベルンハルト・シュリンク »