« 『城』byフランツ・カフカ | Main | 今週の哲っちゃん »

June 18, 2004

『モルグ街の殺人事件』byエドガー・アラン・ポー

c_B1120500010_tl.jpg


モルグ街の殺人事件
エドガー・アラン・ポー, 佐々木 直次郎, Edgar Allan Poe

発売日 1951/08
売り上げランキング 57,535

Amazonで詳しく見る4102028021

元祖推理小説といわれている『モルグ街の殺人』。
ポオは後世の推理小説家たちに大きな影響を与えました。
この小説を読み出して主人公であるデュパンが登場した時、「シ、シャーロックホームズ?」と、
私なぞは思ったくらいです。
あの江戸川乱歩という名前が「エドガー・アラン・ポオ」に由来する話は有名です。

この文庫本にはデュパン物が3編、いわゆる恐怖小説が2編、収められています。
私はむしろこの恐怖小説の方にガツンとヤラレました。

そのうちの一つ『落穴と振子』。
登場人物は主人公一人。
宗教裁判にかけられた彼の牢獄での様子を描く。

夜中に読んでいたんですが、怖くて泣きそうになりました。
心臓が弱い人はやめておいた方がいいです。

詩人でもあり、SFやユーモア小説も書いたポオ。
ボードレールやヒッチコックも彼を絶賛している。

ポオ全集、買っちゃおうかな。

|

« 『城』byフランツ・カフカ | Main | 今週の哲っちゃん »

Comments

いや、ポーの小説はほんとにこわい、というか
いやーな感じですよね。
わたし、初めて読んだ時に眠れなくなりました。
思い出の(ちょっといやな)小説です。

Posted by: かっこー | June 18, 2004 at 22:07

「メエルシュトレエムの渦に呑まれて」なども、
ぞわぞわきますよ。

創元推理文庫あたりで、全集そろいますんで、ぜひぜひ。

Posted by: ne_san | June 19, 2004 at 02:35

>かっこーさん
ポーは怖いですね。
「いやーな感じ」、ウンウンわかります。
ところで、『家族狩り』読了されたんですね。
お疲れさまです。
天童荒太はまだ一冊も読んだ事ないんですよ。
どうせ読むなら最新作って思っていたんですけどどうですか?
初心者にはしんどそうなんですが・・・

Posted by: LIN | June 19, 2004 at 09:11

>ne_sanさん
おおっ!全集をお持ちでしたか!
ぞわぞわきますか?
そそられるなあ。
ところでここ数日のne_sanさんのイラスト、サイコー!(笑)

Posted by: LIN | June 19, 2004 at 09:15

ポオと漱石は、なぜだか持ってますね(笑)
詩なんかも、薄気味悪さ爆発でいいですよ。

イラスト…おはずかしー限りですが(笑)
パソコンで書くのって、難しいですが、面白いですねー。
宜しかったらお一つどうぞ。三木さんとか(笑)

Posted by: ne_san | June 19, 2004 at 22:48

鼠園には密かに反感を感じていました。
よかったらレジスタンス活動に加えてください(笑)
三木さん、光蟲、服部君の三点、いただきました。
何かの時に使わせていただきます。(どんな時だ?)

Posted by: LIN | June 19, 2004 at 23:38

The comments to this entry are closed.

« 『城』byフランツ・カフカ | Main | 今週の哲っちゃん »