« カメラが聴いたジャズ | Main | 『水いらず』byジャン・ポール・サルトル »

June 01, 2004

『お厚いのがお好き?』

お厚いのがお好き?
お厚いのがお好き?スタッフ

発売日 2004/05/29
売り上げランキング 2,076

Amazonで詳しく見る4594042023

フジテレビ系列で「お厚いのがお好き?」という番組があった。
難解本を身近なたとえ話で読み解くというコンセプト。
案内人が白井晃さん。
石井正則さん演ずるバーの客と美人バーテンダーのかけあいでストーリーは進んでいく。
おもしろい番組だったのにこの3月に終了してしまった。
今まで取り上げられた本は以下の通り。

「君主論」マキアヴェッリ
「ツァラトゥストラはかく語りき」ニーチェ
「兵法」孫子
「パンセ」パスカル
「存在と無」サルトル
「精神分析入門」フロイト
「饗宴」プラトン
「法の精神」モンテスキュー
「一般言語学講義」ソシュール
「罪と罰」ドストエフスキー
「失われた時を求めて」プルースト
「精神現象学」ヘーゲル
「国富論」アダム・スミス
「あれか これか」キルケゴール
「五輪書「宮本武蔵
「存在と時間」ハイデガー
「道徳および立法の原理序論」ベンサム
「学問のすすめ」福沢諭吉
「城」カフカ
「三国志」
「老子」
「種の起源」ダーウィン
「グラマトロジーについて」ジャック・デリダ
「相対性理論」アインシュタイン
「資本論」マルクス
「星の王子様」サンテグジュ・ペリ
「人間と象徴」ユング
「論理哲学論考」ウィトゲンシュタイン
「方法序説」デカルト
「言葉と物」フーコー
「ユリシーズ」ジョイス
「ドン・キホーテ」セルバンテス
「純粋理性批判」カント
「神曲」ダンテ
「ファウスト」ゲーテ
「アンチオイディプス」ドゥルーズ=ガタリ
「意志と表象としての世界」 ショーペンハウアー
「百年の孤独」ガルシア・マルケス
「武士道」新渡戸稲造
「エチカ」スピノザ
「プラグマティズム」ジェームズ
「イデーン」フッサール
「形而上学」アリストテレス
「虚人たち」筒井康隆
「華氏451度」レイ・ブラッドベリ

ちなみに、先日、パルムドールを受賞したムーア監督の「華氏911」は最後の「華氏451度」にちなんでいる。

その「お厚いのがお好き?」が本になりました。
6月2日、発売です。
私は買います!

|

« カメラが聴いたジャズ | Main | 『水いらず』byジャン・ポール・サルトル »

Comments

おもしろそうですね。私も買おう!

Posted by: ベル | June 01, 2004 at 11:38

どれも近いうちに読んでみたい本ばかりです。
嘘です。(笑)

バーでハイデガーを語れば、ベルさんもモテモテまちがいなし!
多分・・・

Posted by: LIN | June 01, 2004 at 16:32

バーでハイデガーを語れば、ベルさんもモテモテまちがいなし!

マジで!?やっべー(笑)
読もう、ハイデガー(笑)

Posted by: ベル | June 01, 2004 at 19:00

早速買って読んでみましたが、
・・・おもしろい。
さすが、フジテレビ。
うちはフジが見れないとこ住んでるのさ〜、トホホ。

ニーチェのとことかすごくわかりやすく書いてて
ああ、なるほど、と膝を打ったのでありました。

Posted by: ベル | June 03, 2004 at 23:19

The comments to this entry are closed.

« カメラが聴いたジャズ | Main | 『水いらず』byジャン・ポール・サルトル »