« 今週の哲っちゃん | Main | 『私が殺した少女』by原りょう »

July 31, 2004

一挙大公開!

本好きへの100の質問に答えてみました。
興味のない方はスルーしてください。
読んでみたい方は「続きを読む」からどうぞ。
自分も答えてみたいという方はコチラ

□ 本好きへの100の質問  
001. 本が好きな理由を教えてください。
知識欲がうずくから。

002. 記憶に残っているなかで、最も幼い頃に読んだ本は?
「スケートをはいた馬(五月三十五日)」エーリヒ・ケストナー

003. はじめて自分のお小遣いで買った本を教えてください。また、その本を今でも持っていますか?
林真理子だったような記憶が・・・持っていません

004. 購読している雑誌はありますか?
雑誌はほとんど買わない

005. 贔屓にしているWEBマガジンはありますか?
WEB本の雑誌はたまに見ます

006. 書籍関連のHPの、どんなところに注目しますか(書評や感想文等々)。
過去、読んでいる本のタイトル

007. 最近読んだ本のタイトルを教えてください。
「ウエハースの椅子」江國香織 くっ!不覚だ!

008. ベストセラーは読む方ですか?
ベストセラーという理由では読まない。

009. 御贔屓は、どんなジャンルですか?
海外古典

010. あなたは活字中毒ですか?(それはどんな症状としてあらわれていますか)
外出時、本を持っていないと落ち着かない。

011. 月に何冊くらい読みますか?
8〜10冊

012. あなたは本の奥付をちゃんとチェックしますか? するとしたら、その理由は?
○版○刷の数が気になる

013. 文庫本の値段として「高い」と感じるのは幾らからですか?
1000円以上

014. 本は書店で買いますか、それとも図書館で借りますか。その理由は?
書店で買います。
本代はいくらかかっても構わないという本好きの両親の教育を受けてきたので。

015. あなたは「たくさん本を買うけど積ん読派」それとも「買った本はみんな目を通す派」のどちらでしょう?
たくさん本を買って着々と読む派

016. 行き場に困ったとき、とりあえず書店に入ってしまう。そんなことはありますか?
毎回です。

017. 馴染みの書店・図書館に、なにかひとこと。
ウチから徒歩10分の書店様
「ドグラマグラ」の上巻だけ平積みしても意味ないと思う。

018. あなたは蔵書をどれくらい持っていますか。
本棚1つに納まるくらい。
つまらなかった本は捨てたり図書館に寄付したりして、それ以上、増えないようにしている。

019. 自分の本棚について、簡単に説明してください(“小説が多く実用書が少ない”等々)。
ハードカバーが少なく、文庫本が多い。
意外なところでは料理本が30冊近くある。

020. 本棚は整理整頓されていますか。
はい(キッパリ!)

021. 既に持っている本を、誤って買ってしまったことはありますか? その本のタイトルは。
「撮ってと被写体が囁く」片岡義男

022. 気に入った本は、自分の手元に置かないと気が済まない?
はい

023. 本に関することで、悩んでいることは?
収納。
外国のお屋敷みたいな書庫がいつかほしい。

024. 速読派と熟読派、あなたはどちらに該当しますか。
中間

025. 本を読んでいて分からない言葉があったとき、意味を調べますか?
調べる

026. 本を読む場所で、お気に入りなのは?
自宅のソファ(大人3人はゆったり座れる)

027. あなたは今、めったに読むことのない分厚い本を前にしています。ところでこの本「すごくおもしろい」という、
いつもは信頼できる情報を得たはずなのに、最初の部分がやたらにつまらない。そんなときどうしますか?
全然、読む。(文法がなっちゃないな)

028. 本を読むときに、同時になにかすることはありますか?(例:お茶を飲む、おやつを食べる、音楽をかける)
不器用なので同時になにかするという事ができない。
恋愛も二股はムリ!

029. 読みかけの本にはさむ栞は、何を使っていますか?
ひも(アレは何ていう名前なの?)がついてないと舌打ちしたくなる。
ひもがない時はもともとはさんである紙の栞を使う。

030. ブックフェアのグッズを新たに誕生させることになりました。あなたが「これなら欲しい」と思うグッズを考えてください。
好きな作家に会える券

031. 無人島1冊だけ本を持っていけるとしたら、何を選びますか。
聖書か正法眼蔵

032. 今、最も欲しい本のタイトルをどうぞ。
読まなきゃいけない本が溢れていてそんな余裕はないです。

033. 生涯の1冊、そんな存在の本はありますか?その本のタイトルは。
まだ出会っていないと思いたい。

034. 何度も読み返してしまうような本はありますか? その本のタイトルは。
基本的に読み返さないが、「カラマーゾフの兄弟」は折を見てまた読みたい。

035. おきにいりの作家ベスト5と、理由をお願いします。
高村薫 膨大な読書量に裏づけされた重厚な文体
松本清張 社会派小説が好きなので
片岡義男 孤独が似合う女性主人公が好き
ドストエフスキー いつか全作品を読破したい
アガサ=クリスティ ポワロが好き♪

036. 好きなシリーズ物はありますか?
アガサ=クリスティのポワロシリーズ
コナン=ドイルのシャーロックホームズシリーズ

037. 本を選ぶときのポイントを教えてください。
自分がピンときたら即買。
迷う本は本の師匠(ジャズバーのマスター)に聞く。
「あ、それ、全然読む必要ない」といわれたら読まない。

038. 翻訳小説は、訳者にこだわる方ですか。
こだわらない、というかあまりよくわからない。

039. 信頼できる書評家は誰ですか?
本の師匠であるジャズバーのマスター。

040. 絵本は好きですか? 好きな方は、好きな絵本のタイトルを教えてください。
絵本はほとんど読まないが、宮沢賢治の「注文の多い料理店」は好き。

041. 本は内容を先に読む方ですか、それとも、あとがきから読む方ですか?
基本的には内容が先。つまんなくて飽きてくるとあとがきを読んじゃう場合もある。

042. 読みたいのに読めない本はありますか? その理由は。
正法眼蔵とスラヴォイ・ジジェクの著書。
自分に読む力があるのか自信がない。

043. ノンフィクション作品のおすすめを教えてください。

044. あなたの好きな恋愛小説を教えてください。
他人の恋愛には興味がないです。

045. 泣けてしまった本を教えてください。
「アンジェラの灰」フランク・マコート
「マークスの山」高村薫

046. 読んでいるだけで、アドレナリンが分泌されてくるような本は?
本でアドレナリンって出るんですか?

047. もう2度と読みたくない本は、ありますか?
最近では「黄金の島」真保裕一。

048. 良くも悪くも「やられた!」と思った本はありますか?
「マークスの山」高村薫

049. 読む前と読後感が違っていた(食わず嫌いだった)本は?
食わず嫌いはないです。
期待して読んでがっかりするのはしょっちゅうです。

050. 子供にプレゼントしたい本のタイトルを教えてください。
「あしながおじさん」ジーンウェブスター

051. お気に入りの出版社と、その理由を教えてください。
ちくま書房 絶版になったような本を出版するから(高いけど)
岩波文庫 海外翻訳本が充実しているから

052. それでは苦手な出版社は? その理由を教えてください。
特にない

053. この本で読書感想文を書いた、という記憶に残っている本はありますか? あれば、そのタイトルは?
「破戒」島崎藤村
ただし、母のいった通りに口述筆記しただけ。
学生時代の読書感想文はすべてそう。
どういう教育方針だったのか今度、母に問いたい。

054. 装丁が気に入っている本を教えてください。
「おいしいものに恋をして」井上絵美
サイズが変形でかわいい。13cm×17cm
料理研究家である井上絵美さんのおいしいもの日記、内容的にもオススメ。

055. あなたは漫画が好きですか?
キライに近い。

056. お気にいりの漫画家ベスト5と、好きな作品について教えてください。
わたせせいぞうの漫画は何冊もあります。
浦沢直樹の「MASTERキートン」は全部、読んでみたい。
その他は興味なし。

057. サイン本を持っていますか?(タイトルと作家名は?)
なし

058. 持っているのを自慢したい。そんな本はありますか?
なし

059. 東・西・南・北……漢字を選んで、浮かんだ本のタイトルを書いてください(実在する書名に限ります)。
麻雀の事しか思い浮かびませんでした。

060. 短編小説集を買ったら、全部読みますか? それとも、その中から気に入った作品しか読みませんか?
全部、読む。

061. 憧れのキャラクターを教えてください。
なれるものならエルキュール=ポワロになりたい。

062. 印象的な女性キャラクターを教えてください。
「白夜行」の雪穂

063. 印象的な男性キャラクターを教えてください。
「マークスの山」「照柿」「レディジョーカー」の合田刑事。

064. 先生といえば?
ホグワーツ魔法学校のスネイプ先生(もちろん、ハリーポッターです)

065. 探偵といえば?
シャーロック=ホームズもしくはポワロ

066. ベストカップル、ベストコンビといえば?
シャーロック=ホームズとワトソン

067. 本に登場する場所で、行ってみたいと思うのは?
ハリーポッターの世界は全て行ってみたい

068. 子供の出てくる作品といえば?
「スケートをはいた馬(五月三十五日)」エーリヒ・ケストナー

069. 動物の出てくる作品といえば?
「スケートをはいた馬(五月三十五日)」エーリヒ・ケストナー

070. これまで出会った中で、もっとも感情移入できたキャラクターは?
よほどの駄作じゃない限りいつも感情移入しちゃいます。

071. 本の登場人物になれるとしたら、誰(何)になりたいですか?
エルキュール=ポワロ

072. 夢中になった作家、現在進行形で夢中な作家の名前を教えてください。
高村薫

073. 1日だけ作家になれるとしたら、誰になりますか。
高村薫

074. 編集者になるとしたら、どの作家の担当になりたいですか?
高村薫

075. 好きな作家に原稿を依頼するとしたら、どんな作品を希望しますか。作家名とジャンルを教えてください。
片岡義男様
また赤い背表紙シリーズを書いてほしい。

076.「あの作家に、これだけは言いたい」……ひとことどうぞ!
高村薫様
早く「新・リア王」の連載終わらせて、単行本にしてください。

077. 紙幣の肖像、私ならこの文豪を選ぶ!
どうでもいいなあ。

078. 文章と作家のイメージが違っていた、そんなことはありますか? 
ない。

079. あなたにとって、詩人といえば。
詩は読まない。

080. 家族……この単語から連想した本のタイトルを書いてください(実在する書名に限ります)。
「家族狩り」読んでないけど・・・

081. 本を捨てることに抵抗がありますか?
ない

082. これだけは許せない、そういう本の扱い方はありますか?
私の本を濡れたテーブルに置かないでほしい。

083.“活字離れ”について、どう思いますか?
悲しい。みんなに読んでほしいと思う。

084. 本を読まない人のことを、どう思いますか?
人生、損してると思う。

085. とりあえず、本を持っていないと落ち着かない。そんな癖がありますか?
外出時、うっかり本を忘れたらとりあえず本屋に駆けこみ何か買う。

086. 世界中で、本の出版が禁止されたら、どうしますか?
ウワサが出た段階で欲しかった本すべて買う。読むのは禁止じゃないんですよね?

087. 青空文庫を利用したことがありますか?
ない。

088. 電子図書館についてどう思いますか?
パソコンで本を読むのはしんどい。
電子ブックも今ひとつピンとこない。

089. 将来的に、本という存在は無くなると思いますか?
なくならないと思う。

090. 本が無くても生きていけると思いますか?
生きていけない。

091. この人の薦める本なら読んでみたい、そう思う有名人を教えてください。
関根勤

092. 映像化してほしい本はありますか?
「白夜行」東野圭吾

093. テレビ化・映画化で成功したと思う作品を教えてください。
「ハリーポッター」

094. 本の中に再現したいと思う(実際に再現した)場面はありますか?
ハリーポッターランドを作ってほしい。
ダイアゴン横丁が見てみたい。

095. あなたにはどうしても読みたい本があります。その本は既に絶版・品切。さあ、どうしますか?
ネットでさがす&ブックオフに電話する

096. 本という存在に対して、文句はありますか?
ありがたいという他ない。
文句なんてあるわけない。

097. 心に残っている言葉・名台詞は?(原典も明記してください)
あるけどネタバレになるからいえない。

098. あなたにとって、本とおなじくらい蠱惑的なものは何ですか。

099. 出版業界にひとことどうぞ。
つぶれないようにがんばってほしい。

100. つまるところ、あなたにとって本とは。
友達

|

« 今週の哲っちゃん | Main | 『私が殺した少女』by原りょう »

Comments

姐さんって、かわいいとこあるよね。

Posted by: Rym | July 30, 2004 at 01:27

自分で回答しててそう思いました_| ̄|○
ハードボイルドな女には、と、遠い・・・ 

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 01:56

今までよく見かけても答えようと思ったことありませんでした。
でも、やってみようかな…。
ブログだったらTBで他の人のもいっぺんに見られますしね〜。
(集まれば/笑)

Posted by: ちょろいも | July 30, 2004 at 08:28

>ちょろいもさん
おはようございます\(^o^)/
ちょろいもさんも是非!是非!
そしてTBしあいましょうよ〜
この質問のネタサイトでもリンクのような事をやっているみたいですよ。

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 09:36

こんにちは、
リンクずたいに流れてきました。

ブログを見させていただいていたら、学生の頃の古本屋を巡って、
今、これを買わなければ、もう出会うことないかもしれない!
と思って本を読みあさっていたころを思いだしました。

もっとも感銘をうけたのが、

リルケの「肉体の悪魔」
コクトーの「恐るべき子供達」
カポーティーの「遠い声遠い部屋」
ヘンリー・ジェイムズ 「ねじの回転」

でした。

あと

キャサリン・マンスフィールドの
『マンスフィールド短篇集』にある園遊会、大佐の娘たち、は今でも時々読み返しています、これを読んで夕暮れに一瞬切なくなるような感覚が今でも自分に残っていると、少しホットします。

Posted by: シン・オオバ | July 30, 2004 at 11:09

>シン・オオバさん
はじめまして。
blogを拝見しましたが、自転車に乗る方(呼び名を知らない ^^;)なんですね。
かっこいいなあ。
私はどうも運動に縁がなくて・・・(←やれよ!と自分に日々ツッコミ)
シンさんもお時間のある時に、是非、この「本好きへの100の質問」やってみてください。
思いがけない昔の思い出が蘇ったりして楽しいです。

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 13:57

コメントありがとうございました。
それとこちらにリンクも張らせてもらいました。事後承諾ですみません。
いま「100の質問」回答中。結構難しいのありますよね〜。
アップしたらTBさせてください。
今後ともよろしくお願いしますね。

Posted by: ぷにょ | July 30, 2004 at 17:31

>ぷにょさん
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
それにしてもぷにょさんはミステリーをたくさん読んでいらっしゃるんですね。
「100の質問」のアップ、楽しみにしています。

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 18:11

「100の質問」いいですね。
LINさんの事もよくわかったし(笑)
私も「100の質問」答えてみよーっと。

Posted by: Trek | July 30, 2004 at 18:53

LINさん
FLASHの素材、元から文字がなかったのでは?
と一瞬思ったのですが・・・いかがでしょう?

Posted by: ベル | July 30, 2004 at 20:16

>Trekさん
(* ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
「100の質問」、Trekさんも是非!是非!

>LINさんの事もよくわかったし(笑)
あら、わかっちゃいました?(笑)

Trekさん、かなりのスピードで読んでいらっしゃいますね。
私はハードボイルドを読んでいて今日で3日目。
時間がかかっています。

Trekさんの「100の質問」の回答、楽しみにしていま〜す。
私もTrekさんの事がよくわかっちゃうかしら?(笑)

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 20:44

>ベルさん
ヾ(。・_・)コンバン(。・o・)ノノ=≪≪≠≠≠≠≠≠≠≠〇波!!Σ(゚□゚||)ハゥゥ

>元から文字がなかったのでは?
いやいや、それがtextファイルが別にあって一緒にアップしろって書いてあるんだけど
ホームページとブログは仕組みが違うからよくわかんないんです。
ちなみに元ネタはコチラです↓
http://www.flash-bucks.com/
あ、調べろとかそういう事じゃないですからね。
ほら、ベルさん高いから(笑)

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 20:49

うちのホムペで使ってるサーバーにアップしたら
うまくいきました。
ちなみに私はFTPソフトでswfファイルとtxtファイルを
アップしました。
よろしかったらLINさん、どのようにサーバーにアップされているか
教えて頂ければ。メールでもよろしいですので。

ベルさん高いから
桃太郎トマト1個でどうでしょう?(笑)
ウソウソ。冗談です。
気軽に聞いて頂ければと思います。

Posted by: ベル | July 30, 2004 at 22:30

>ベルさん
あとでメールします。

Posted by: LIN | July 30, 2004 at 23:23

100の質問、いいですねー。
「新・リア王」わたしも楽しみ。
ただ、「マークスの山」単行本は好きなんですけど文庫は?なんですよ。
ちなみにわたしの答えはサイトのアバウトのところにリンクがあります。
答えてからけっこう経っているので今ではすこし、ちがうところもありますが。

Posted by: かっこー | July 30, 2004 at 23:37

>かっこーさん
かっこーさんの「100の質問」拝見しました。
他の方の回答を見るのはなかなか楽しいです。
特に71問目の「誰になりたいか」の質問に興味があります。
かっこーさんはうふふ・・・あの方ですよね?

みなさんの回答をうまくリンクする方法があるといいんですけど・・・

Posted by: LIN | July 31, 2004 at 00:39

LINさん、「カラマーゾフ」どうですか?(**)
お薦めですか?
いつも気になってるけど、読んでない一冊です。。。

本は図書館で借りるayaranより

Posted by: ayaran | July 31, 2004 at 00:51

>ayaranさん
夜更かしはお肌に悪いわよ〜ん・・・あ、そりゃ私かσ( ̄∇ ̄;)
『カラマーゾフの兄弟』は登場人物リストを横に置いて読むのがコツです。
登場人物リストはこちらを参考にしました。
http://www.coara.or.jp/~dost/25-1.htm
私の感想はこちら。
http://blog.livedoor.jp/kaoririririririri/archives/504985.html

『カラマーゾフの兄弟』が読了できればあなたはもう怖いもの知らずです。d( ̄  ̄)
健闘を祈る!

Posted by: LIN | July 31, 2004 at 01:21

この100質、なかなか面白いなァ。やってみようかな。
LINさんはシャーロキアンだったんですね。
僕もドイルは大好きで、ベーカー街のホームズ記念館まで出かけたことがあります。
イギリスのミステリ作家は層が厚いですよね。
シェークスピアは元祖ミステリ作家だと思ってるんですけど
そういう伝統の成せるワザかも知れませんね。

Posted by: | July 31, 2004 at 03:37

>祐さん
おはようございます\(^o^)/

>この100質、なかなか面白いなァ。やってみようかな。
是非!是非!

>シャーロキアンだったんですね。
シャーロキアンというほど詳しいかどうかは自信ないんですが
ジェレミー・ブレットが演じた「シャーロックホームズの冒険」DVD-BOXは買おうかどうしようか
最近、ずっと迷ってます^^;
http://www.nhk-sw.co.jp/view/10481.html

>シェークスピアは元祖ミステリ作家だと・・・
なるほど!
そういわれてみればそうですね。
これはシェークスピアを読み直さなければ!

Posted by: LIN | July 31, 2004 at 09:08

うひー。登場人物リストを見ただけで眩暈がっ(@@

実家にあった文学全集のシオリに、それぞれの巻の
登場人物が書いてあったのを思い出しました。
あれは、役に立っていたのだなあ。。。

Posted by: ayaran | July 31, 2004 at 14:23

>ayaranさん
>登場人物リストを見ただけで眩暈がっ(@@
ありゃ!挫折?

そうなんですよ。
登場人物リストがあるかないかで随分読みやすさが違ってきます。
ayaranさんも「眩暈が・・・」なんておっしゃらず是非!

Posted by: LIN | July 31, 2004 at 14:47

お初にお邪魔致します。
『カラマーゾフ』は名作などという表現も寄せ付けないような、圧倒的な
迫力がありますね。訳としては、原卓也のものが一番読みやすいと思いま
す。原久一郎訳はぎこちないし、米川訳はメジャーですが格調高すぎとい
う感じ。小沼訳も翻訳としては正確なのでしょうが、日本語としてはやや
とっつきずらいですね。訳はどうあれ、ドストエフスキーの四大長編の中
では2番目に好きな作品です。
ちなみに、詩だったらE・A・ポーとランボー、萩原恭二郎と岩成達也が
好きです。それから、上田敏『海潮音』も28年来の愛読書です。

Posted by: 多摩のいずみ | August 01, 2004 at 00:29

>多摩のいずみさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
お名前はブログで拝見しておりました。(どこだったかは失念。ゴメンナサイ)
コメントを拝見して慌てて自分が所有している『カラ兄』の訳が誰かを見てみたら
原卓也さんでした。
確かに読みやすかったです。

>ドストエフスキーの四大長編の中では2番目に好きな作品です。
1番目が何なのか知りたいです(^^)

詩は正直、苦手なんです・・・
ただ、E・A・ポーは先日、『モルグ街の殺人事件』を読んで全集がほしいなあと
思っているところです。

拙いブログですが、今後ともよろしくお願いします。

Posted by: LIN | August 01, 2004 at 00:55

恐縮であります。
ドストエフスキーの長編の中で、最も好きなのは『白痴』です。
中篇だったら、『地下室の手記』ですね。
ポーの全集、是非欲しいところですね。私の持っている春秋社版
やや不満なので、やはり東京創元社の決定版が欲しいですね。小説
だけなら、創元文庫の『ポー小説全集』は訳もいいしお勧めです。

Posted by: 多摩のいずみ | August 01, 2004 at 01:29

私は、「地下室の手記」が好きです!
全部読んだわけではないんですが・・・。

Posted by: take | August 01, 2004 at 01:46

>多摩のいずみさん
お恥ずかしながら『白痴』『地下室の手記』未読です。
ただドストエフスキーは全作品読破したいと思う作家の一人です。
今、読んでいる原リョウの『私が殺した少女』にこんなシーンがあります。
主人公である探偵と『白痴』を読んでいたバーテンダーとの会話。
「きみへのチップだよ。『悪霊』も読みたまえ」
「どうも、恐れ入ります。失礼ですが、これは坂口安吾ですので・・・」
こういう文を読むと坂口安吾も読みたくなっちゃうんですよね^^;

>創元文庫の『ポー小説全集』は訳もいいしお勧めです。
本屋に行くたび、手には取るのですが・・・
でも絶対、買います。

Posted by: LIN | August 01, 2004 at 09:40

>takeさん
多摩のいずみさんもオススメくださっているし、次のドストエフスキー作品は
『地下室の手記』にします(^^)

Posted by: LIN | August 01, 2004 at 09:43

『悪霊』は難しいですね。内容もかなりハードですし。
安吾は好きだと言いつつ、それほど多く読んではいません。時間が
あったら、全集を読みたいです。個人的なチョイスとしては、
『桜の森の満開の下』と『日本文化史観』でしょうか。
ポーは日本では早くから訳されていて、比べて読むと面白いんです
よね。森#40407;外の訳なんかは、誤訳もなかなか味があるし。
小説だったら、とりあえず『赤死病の仮面』がゾクッとします。

Posted by: 多摩のいずみ | August 01, 2004 at 11:23

『悪霊』いいですよ〜〜。わたしは大好き(笑)。
前半の読みづらさを頑張ったあとの、あのラストにかけての疾走感。
最後はざざーっと鳥肌が立ったのを覚えています。
ああ、悪霊って、そういうことか!って。
もうだいぶ内容忘れてますけどね…(^-^;)。

『白痴』と『地下室の手記』は読みたいんだけど未読のまま…
安吾の白痴もよいですよ〜。多摩のいずみさんが書いてらっしゃる
「桜の森の満開の下」も幻想的で美しいです。
これを読むとつい、”桜の樹下には屍体が埋まっている!”の出だしが有名な
梶井基次郎の「桜の樹の下には」を引っ張り出して続けて読んじゃいます。

Posted by: ちょろいも | August 01, 2004 at 14:12

>多摩のいずみさん
お詳しいなあ・・・
坂口安吾は『桜の森の満開の下』と『日本文化史観』ですね。_〆(.. )メモメモ
ところでいずみさんはブログはやっていらっしゃらないのですか?
もしあるなら、是非、お邪魔したのですが・・・

Posted by: LIN | August 01, 2004 at 16:21

>ちょろいもさん
ちょろいもさんもたくさん読んでいらっしゃるのね〜(@_@)
私はまだまだ読んだ本が少なくてコメントつけられなくてごめんなさ〜い°゜°。。へ(;^^)ノ
「桜の樹下には屍体が埋まっている」
あ、これは聞いたことがあります。
あくまでも聞いたことがあるというレベル(笑)

私が1冊読む間にちょろいもさんは3冊読むくらいのスピード。
一生、追いつけそうにないです(^^)

Posted by: LIN | August 01, 2004 at 16:30

梶井基次郎、素晴らしい。
『桜の樹の下…』も、何度読んだかわかりません。ほかにも、『蒼穹』
『交尾』『闇の絵巻』などなど、どれも面白いです。決定稿として発表
した作品が少ないのが残念ですね。
なぜか梶井で連想するのが、尾崎翠の短編です。

Posted by: 多摩のいずみ | August 01, 2004 at 20:58

補足であります。
ちなみに私、ブログはやっておりません。尊敬する適宜更新さんをはじめ、
他の方からも「お前もやったらどうだ」とは言われるのですが、忙しいの
と怠惰な性格から、続けられる自信がありません。
当分は、皆様のブログに図々しくお邪魔するブログ無宿に興じていようと
思う次第でございます。恐縮。

Posted by: 多摩のいずみ | August 01, 2004 at 21:04

>多摩のいずみさん
>ちなみに私、ブログはやっておりません。
そうでしたか。
梶井基次郎といわれてコメントもつけられない頼りないブログですが(笑)
いつでも遊びにいらして下さいね(^^)

Posted by: LIN | August 01, 2004 at 22:03

全然関係なくはないのですが、安吾さんは、父が幼少の折、同じ町に住んでいて(大田区蒲田辺り)、まだ子供だった父は安吾が薬で錯乱して暴れているのを目の当たりにして物凄い恐怖感を感じたらしいです。23年ごろでしょうか・・。

Posted by: take | August 02, 2004 at 01:34

>takeさん
お父上はさぞ恐ろしかったと思いますが、生坂口安吾を見たというのはスゴイですね〜
私が生で見たことがある作家といえば
藤本義一と徳大寺有恒さんくらいですかねえ^^;
二人とも作家というにはちょっと特殊ですけど・・・
徳大寺さんとはいろいろエピソードがあるのですが、それはまたの機会に・・・

Posted by: LIN | August 02, 2004 at 10:06

こんにちは。本好きへの百の質問、面白いですよね。普段考えたこともないようなことをあらためて考えさせられます。僕のところでは別にカテゴリを設け、それにほぼ一日一問のペースで答えています。(最近さぼってるな)井上絵美さんのお仕事を時々しています。いい人です。かわいいですよね、あの本。ああいう仕事をやらせてもらいたい。(笑)

Posted by: hasyos | September 09, 2004 at 09:38

>hasyosさん
hasyosさんが「100の質問」に答えているのは知ってましたよ〜ん(^^)v
全部、回答し終えたらリンクさせてくださいね。

エェェーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w エェェーーー!!
井上絵美さんとお仕事したことあるんですか!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
私、大ファンなんです。
「Amy's」にも通いたかったんですが何せ遠い・・・
他にも『そして、料理に恋をする』や『いい女がつくるパパッとかっこいい料理』も
持っています♪

>ああいう仕事をやらせてもらいたい。
hasyosさん、企画してくださいよ〜
『おいしいものに恋をして』の続編ができたら、まちがいなく私、買います。
あのエッセイを読んでから、今までテキトーに作っていたゆで卵をきっちり5分半ゆでたり
塩にこだわるようになった私です(笑)

う〜ん、それにしてもうらやましい・・・

Posted by: LIN | September 09, 2004 at 10:25

The comments to this entry are closed.

« 今週の哲っちゃん | Main | 『私が殺した少女』by原りょう »