« 『地を這う虫』by高村薫 | Main | 今週の哲っちゃん »

July 23, 2004

アマゾンから愛をこめて

21c791e6-s.jpg

アマゾンから愛をこめて・・・かどうかは知らないが請求書と共に
本が届いた。
これらはすべてRymさんから薦めていただいた。
Rymさん、ありがとう!
左から
『そして夜は甦る』by原リョウ
『魔法飛行』by加納朋子
『死の泉』by皆川博子
『薔薇の名前』byウンベルト・エーコ

現在の積読本の数49冊。
さすがの私も失踪したくなってきた(笑)

|

« 『地を這う虫』by高村薫 | Main | 今週の哲っちゃん »

Comments

こちらのコメント欄でははじめましてです。

失踪する時にどの本を持って行くかでまた悩みそうです。
どのくらいの厚さの本を持って消えたかで、
だいたい何キロぐらいのところに逃げているのか想像されるかも(笑)

ちなみに僕も未読本、山積みです。

Posted by: 適宜更新 | July 23, 2004 at 13:44

>適宜更新さん
いらっしゃいませ。
先日はTBありがとうございました。

あ!そうか!
失踪する時は本を持っていくわけか・・・
何の解決にもなりませんな(笑)

それより明日の深夜、渋谷の「青い部屋」でイベントとか・・・
http://blog.livedoor.jp/writing1969/archives/4751340.html
これを読んでいる方にさりげなく告知(^^)v
明日の深夜、渋谷でゴーヤとレコードを持った男を見つけたら要注意って事ですね(笑)
私が最近、お気に入りのマツケンサンバはかからないのかなあ。
かからないだろうなあ・・・

残念ながらイベントには伺えませんががんばってくださいね!

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 14:29

これは・・

ショーン・コネリーが演じた「薔薇・・」ですか?
あの映画、映像が暗くてよかったです。

Posted by: ちどり | July 23, 2004 at 14:38

>ちどりさん
今、調べましたが、どうもそうらしいですよ。
ご一緒に原作本、読みませんか?(笑)
先日、読んだ『ダ・ヴィンチ・コード』にテーマが似ているかもしれないと
ちょっとワクワクしています。
そうか、映画もあるんですね。
本を読み終えたら観てみようかなあ。

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 14:53

またもリンク貼って戴いて、恐縮です。『薔薇の名前』、やっぱり素敵な本ですね。中身もいいけど、ブックデザインがとても魅力的。わたしも読む前から題名と装丁だけでいろいろ妄想をふくらませてワクワクしたものです。こういう本は、なかなかない。それで、あれからいろいろ考えたのですが、やっぱりこの『薔薇の名前』は、わたし(ミステリオタk)にとっての“ベストミステリー”です(「この20年間で」という但し書きが必要かもしれませんが)。これを上回る作品はちょっと思いつかない。テーマは『黙示録』です。でも確かに雰囲気は『ダ・ヴィンチ・コード』に似ているかも。ショーン・コネリーの映画もよいので、読後の興奮さめやらぬうちに、ぜひ。

Posted by: Rym | July 23, 2004 at 15:37

「テーマが黙示録」といったのは安易でしたね。何しろ参考文献2000冊ですから。ほんとうのテーマは「真理とは何か」。

Posted by: Rym | July 23, 2004 at 15:53

『薔薇の名前』、わたしも何年も何年もず〜〜〜〜〜〜っと気になり続けて
今にいたるまで未読です(早く読め)。
LINさんが読み始めたら一緒によもうかなあ(はぁと)。

Posted by: ちょろいも | July 23, 2004 at 17:41

>Rymさん
>またもリンク貼って戴いて、恐縮です。
「犯罪的な部屋着姐さんことLIN女史が運営する某ヤヴァイ酒ブログ」と書いていただいた
ほんのお礼です(笑)
『薔薇の名前』はよくぞ教えてくださった!
パラパラと見ただけですが、もろ、ツボです。
『ダ・ヴィンチ・コード』はこの本をパクッってないかとちょっと思ったりして・・・
感想を待っていてください。

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 18:11

>ちょろいもさん
でしたら、是非、一緒に読みましょう(はぁと)。
1990年初版で、まだ文庫化されてないんですね。
ところで今日でしたよね。
お酒をセッティングして万全の体制で参加したいと思います。
よろしくお願いします♪
ひさしぶりなんでちょっと緊張・・・

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 18:17

初コメント失礼します。(しかも長々と)

「薔薇の名前」、面白いですよー、ものすごく。

ただし、エーコの知識にいちいち付き合っていると、
頭がパンクするので読むときにちょっとコツがあります。

1、冒頭の「手記」はわからなかったら斜め読みで、全部読んでから読み返す。
(すると意図がわかり、この本の恐るべき構造に気付く)

2、キリスト教の宗派がわからなかったら、ネットで名前と雰囲気だけ理解しておいて、
細かい事は気にしない。しんどかったら斜め読み。

ボクは美と学と文化と記号に対する愛と信仰の話だと解釈してます。大雑把に言うと。
そして本書自体が記述と記号の入れ子になってるんです。
碩学エーコの恐ろしさがぎっしり詰まっている末恐ろしい本です。ぜひとも腰を据えて読んでください。

ちなみに映画版は、大学の美学関係の講義で一度は取り上げられる映画です。

松岡正剛の書評が参考になるのでアドレス貼っておきます。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0241.html

Posted by: nobuta | July 23, 2004 at 18:51

LINさんのお届き本に加納さん『魔法飛行』を発見。
もしかして新刊『スペース』を読むための第一歩ですか〜?
読んだ記憶がなくならない内に、私も『魔法飛行』を読む予定なんですが。

『死の泉』、すんごくお耽美らしいですね。
いつかは読まねばと思いつつ、積読してますが^^;。
LINさんの感想、楽しみにしてまーす。

Posted by: 七生子 | July 23, 2004 at 20:53

>nobutaさん
ようこそ、いらっしゃいませ。
いつもblog、拝見しています。
今回は「本好きへの質問100」に回答されていましたね。
私もやろうかと思ったんですが、100という数に圧倒されちゃって^^;

『薔薇の名前』の件、色々、教えていただいてありがとうございます。
心して読みたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 21:23

>七生子さん
こんばんは。
いやいや、これはRymさんに薦められた通り買っただけで
読んだことのない作家ばかりなんです。
七生子さん、お詳しいなあ。
読み終えたら、感想、書きますね。
といっても読む本が山積みなんですが・・・^^;

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 21:28

こんばんは。
じ、じつは「薔薇の名前」積んであります!
もうLINさんには言えないくらいに積んでる本があるのですー。
100册越えてます(爆)。
映画はじつによかったです。
クリスチャン・スレーターがういういしくって。
今夜愉しみですー。

Posted by: かっこー | July 23, 2004 at 22:06

>かっこーさん
こちらこそ今夜、よろしくお願いします。
今、髪の毛乾かしつつ、ビール飲みつつ、スタンバイ中です。
お!『薔薇の名前』読んでおられましたか。
今夜、いろいろ、聞いちゃおうっと。

>100册越えてます(爆)。
え?ホント?
安心しました。
じゃ、私も100冊まではOKって事ですよね。ヾ(^-^;) オイオイ、チガウダロ!

ではでは、後ほど♪

Posted by: LIN | July 23, 2004 at 22:36

薔薇の名前⇒フーコーの振子⇒前日島。

真ん中が一番すきかも。

Posted by: ne_san | July 24, 2004 at 01:34

>ne_sanさん
げ!3冊、全部、読んだんですか?
つわものだ。
あ、カテゴリーに「きまぐれブックレビュー」の文字が・・・
是非、ne_sanさんの本の感想も色々、伺いたいです。

Posted by: LIN | July 24, 2004 at 10:09

こんばんわ。

>げ!3冊、全部、読んだんですか?

昔ね。「薔薇の名前」だけ本を所有してないことに気づきました。

「きまぐれブックレビュー」は、ですねー。
ほんとーに、気まぐれにしか書きませんよ?
しかも、師匠とか同僚が見てる可能性もあるので、
書くとなったら、きちんとしたのを書きたいしね。

あ、三島つながりでいうと、国枝史郎「神州纐纈城」、
これはかなーり面白いと思います。
三島大絶賛の作品です。未完だけども、それがまたいいんですね。

これだったら、以前発表したのがあると思うので、
折を見てUPしましょうかね。
(気まぐれに付き合っていただければ幸いです)

Posted by: ne_san | July 25, 2004 at 00:26

>ne_sanさん
>昔ね。
カコイイ(・∀・)
私もいってみたいぞ!
“昔ね。”
変なトコで反応してスミマセン^^;

>国枝史郎「神州纐纈城」、これはかなーり面白いと思います。
わ、わからない・・・
勉強不足を痛感しました。
ブックレビューを楽しみにしております。

Posted by: LIN | July 25, 2004 at 00:43

The comments to this entry are closed.

« 『地を這う虫』by高村薫 | Main | 今週の哲っちゃん »