« 今週の哲っちゃん | Main | 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』by村上春樹 »

August 10, 2004

『小生物語』by乙一

小生物語
乙一

発売日 2004/07
売り上げランキング 1,175

Amazonで詳しく見る4344006550

乙一さんの小説を読んだことはない。
しかし、この日記は本屋でぱらぱらっと読んで即買してしまった。

おもしろい・・・
多分、20回以上、笑った。

そもそも私は、学生の頃、クラスの女子みんなから人気があるスポーツマンよりも
教室の片隅で一人、本を読み誰をも寄せつけないオーラを放った男子が好きなのだ。
この日記はそんな男子を思い出させる。
(ちなみにあとがきで乙一さんは日記の男=自分じゃないと書いています。
な〜んだ、がっかり。)

〜日記その①〜
18日の夕方に名古屋へ行きそこから9時間ほどバスに乗った。
一人スノボ合宿の始まりだった。
バスの車内では、後ろの席にいた女の子2人連れが有名人の人名しりとりをしていたので
ずっと脳内で参加していた。

あれ?おもしろくないですか?
私、ココ、爆笑だったんですけど・・・
この日記はウソ日記も多い(というかほとんどウソだらけ)

〜日記その②〜
13日の金曜日だったため、町でジェイソンさんをよく見かけた。
小生が目にしたジェイソンさんは3人だった。
1人目のジェイソンさんはマクドナルドで朝マックを食べていた。
あのホッケーマスクには口の穴がないため、食べるときは少しずらして隙間から
ハッシュドポテトやらマフィンやらをねじ込んでいた。

あれれ?まだ笑えませんか?
じゃ、もうちょっとホラーな奴を・・・

〜日記その③〜
ある日、乙一さんが仕事をしていると、外で「サチー?どこー?」という女性の声がする。
その声は1時間以上も続き、最初はペットでも探しているのだろうと思っていた乙一さんだが
そのうち声の主の娘でもいなくなったのではないかと気になってそわそわしてくる。
その時、「サチー、そんなとこにいたの!」との声。
乙一さんは思わず、ベランダから下を見る。
そこには若い女性と白い猫。
胸をなでおろす乙一さん。
その時!
「サチ、探したのよ」
白色の猫の口が開き、女性に向かってそういった。

キャーq(|||`□´|||;;*)(*|||`□´|||;;)pキャー

学生の頃、スポーツマンタイプよりオタクな男子が好きだった女性に
オススメです。
ちなみに彼の著書「GOTH」「ZOO」あたりはどうなんでしょうか?

|

« 今週の哲っちゃん | Main | 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』by村上春樹 »

Comments

LINさん、こんにちは。私もこの本、こないだ買いましたが、まだ積んでます。
でも、、、乙一の初読みが『小生物語』だなんて、LINさん、面白すぎます!!(笑)

えーっと、乙一って最初はホラー作品でデヴューしたんですけど、
いつの間にか「切なさの達人」と呼ばれるようになったんです。
なので作品にも「白乙一(切ない系)」と「黒乙一(暗黒系)」とがあるんです〜。
集英社文庫や角川スニーカー文庫からも作品が出てますが「スニーカー文庫を買うには抵抗がある」ということであれば、
『失はれる物語(白乙一)』という単行本がありますよん(スニーカー文庫からのセレクト集)。
『GOTH』は黒乙一(笑)、『ZOO』は黒白ミックス、でも黒乙一が優勢かしら。
でも、どの作品もオススメですよ〜!!

LINさんはホラー作品は大丈夫ですか?ぐっちょんぐっちょんのもありますけど、、、。

Posted by: 七生子 | August 10, 2004 at 15:07

唯一「GOTH」だけ読んだことがあります。
殺意と悪意が満ちた不快な小説だと思いました。
良くも悪くもゲーム感覚だなと。
それでもスプラッターものとして、だいぶ面白いので、そういうのが好きでしたら良いかもしれません。
そういえばあとがきが、友だち向けに書いた同人誌みたいで仲間内で笑った記憶があります。若いなぁ、と。

厳しく書きましたけど、ファン以外の感想の一例ってことで参考にしてください。。

あと「GOTH」はマンガ化されていて、宮台真司と宮崎哲弥がずいぶん誉めていますね。

Posted by: nobuta | August 10, 2004 at 15:53

なんと偶然。
自分も今日本屋で見つけて買ってきたところです。
そんなに笑えますか?
さっそく今晩から読みます。

Posted by: rue | August 10, 2004 at 16:57

>七生子さん
こんばんは\(^o^)/

>LINさん、面白すぎます!!(笑)
でしょう?(笑)
私の知識不足をみなさんがコメントで補ってくださって本当に
ありがたいと思っています。
\(@^∇^@)/ アリガトー
舞城王太郎も「誰それ?」って思ったら、結構、みなさん、ご存知だったもんなあ・・・

乙一の説明、とてもわかりやすかったです。
ありがとうございました。
ホラーはちょっと怖いです^^;
「リング」をTVで見てた時、毎回、泣きそうになってました。
『GOTH』はリストカットって書いてあったのでちょっと痛そうと思って
買わなかったのですが・・・
でも、七生子さんが書いてくださった3冊のうち、どれか読んでみたいと思います。
根性なしなので(笑)『失はれる物語』にするかも〜

Posted by: LIN | August 10, 2004 at 18:59

>nobutaさん
>それでもスプラッターものとして・・・
うわ〜ん(T◇T)
ホラーだって泣きそうなのに、スプラッターなんて心臓、止まりますって!

>良くも悪くもゲーム感覚だなと。
どこかにもそんな風に書いてありました。
ここ10年くらいで、結構、残酷なゲームが増えたじゃないですか。
そういう影響もあるんでしょうかね。
昔、「バイオハザード」を5分やってげんなりした覚えがあります。

規制とか、あまり好きじゃないですが、ああいう暴力的なゲームが
子供に与える影響ってあるんじゃないかなあととても心配です。

あ、話題がずれてしまって、ごめんなさいね。

Posted by: LIN | August 10, 2004 at 19:21

>rueさん
うわぁ!偶然ですねヾ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ アミーゴ!!!
これは笑えます。
「あれで20回も笑うなんて変だ」っていわれたらどうしよう(笑)

Posted by: LIN | August 10, 2004 at 19:26

やほーLINさん!

毎日来ないと気がすまないLINさん菌にやられたponでーす。>ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

乙一さんて知らないもん。
なーんも面白くないもん。(方言出てるっ!汗)
・・・・と思ってたのに、

>食べるときは少しずらして隙間から

ヾ(@▽@)ノぶぁっはははっははは♪
・・・・不覚にも笑ってしまった>それも声付き・・・いやん、LINさんたら、もう☆
スマソッ _| ̄|○)) ((○| ̄|_ イヤイヤ、コチラコソ…

Posted by: ponsuke | August 10, 2004 at 22:48

LINさん、こんばんは♪

もうみなさんからたくさんコメントついてますが…。
わたしはスプラッタ系、痛い系はダメなので、黒乙一は読めません(泣)。
わたしが読める乙一の中では『くらいところで待ち合わせ』が
オススメですよ〜。なかなか切ないです。
ちょっとオチが弱いですが(笑)。

Posted by: ちょろいも | August 10, 2004 at 22:59

>ponsukeさん
ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪

>なーんも面白くないもん。(方言出てるっ!汗)
文章で見た限り、方言には見えないばい(笑)
で、どこの方言たい?

>不覚にも笑ってしまった・・・
まだ『ガッツ』は読んでないけど、うっかりするとそれよりおもしろいかもよ〜ん。

追伸
ponsukeさんと私の愛のコミュニケーションの場所として掲示板を設置しようと思います。
ちまたで噂のJUGEPIを使ってみるつもりです。
うまくいったら、書き込みしてね〜ん☆^ヽ(-。・)ゝウッフーン♪ヽ(・。-)ノ^☆

Posted by: LIN | August 10, 2004 at 23:30

あ、方言じゃないのか・・・?
「何もないよ」の時に「なんもない」とか
「どうしたの?」っていう時に「なした?」
って言って笑われたことあるから、これも方言かと思っちゃった。てへへ
たぶん北海道弁。だっておいらが使ってたから。

あ、LINさんも掲示板作るのね!
愛のコミュニケーション・・・むゎん♪とニオイが漂いそう>足?
書き込み一番ノリ目指して頑張りまーす!

Posted by: ponsuke | August 10, 2004 at 23:39

>ちょろいもさん
(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

>わたしはスプラッタ系、痛い系はダメなので・・・
おおっ!
ちょろいもさんはたくさん読んでいらっしゃるので苦手ジャンルはないと思っておりました。
私も血がダメです。
自分の血を見て貧血、起こすタイプです。

ところで、せっかく参加した「My Recommend Books」なかなか書き込めずにいます。
みなさん、新しい本ばかりなので、気後れしてしまって・・・^^;
ちょろいもさんグループが一番、書き込みが多いですね。
お!バナーができあがったようですよ〜ん♪

Posted by: LIN | August 10, 2004 at 23:52

>ponsukeさん
北海道だったんだ〜
北海道の人と千葉の人って相性いいんだよ!
あ、異性の場合ね(笑)
ウチの母の田舎は「どうしたの?」を「あじょうした?」っていいますの。オホホホホ・・・

>LINさんも掲示板作るのね!
うまく設置できるかどうかは未定・・・(笑)

Posted by: LIN | August 11, 2004 at 00:05

学生の頃、クラスの女子みんなから人気がないスポーツマンで、
教室の片隅で一人、本を読み誰をも寄せつけないオーラを放った男子でした・・・

Posted by: take | August 11, 2004 at 14:56

>takeさん
>クラスの女子みんなから人気がないスポーツマン
密かにtakeさんを想っていた女子がいたのではないでしょうか。
ほら、よくあるじゃないですか。
十年ぶりのクラス会とかで「実は私、take君のこと・・・」みたいなの(笑)

>教室の片隅で一人、本を読み
この一点だけで、私からはもうモテモテですね。
え?私からモテてもしょうがない?(笑)

Posted by: LIN | August 11, 2004 at 15:59

うわ!最後のヤツ、同じような夢を見たことある!!
声がして猫がいて「あれ?猫しかいないや。気のせいか」と思ったら「俺だよ」って。

その夢はむちゃくちゃ怖い夢だったんだけど… 思い出してしまった。
【電柱】ヾ(_ _。)

Posted by: ろぷ | February 03, 2005 at 10:32

>ろぷさん
今日のろぷさんの記事の方が怖いですって!
夢は時々、すごい怖いの見ちゃいますよねえ。
夢で何度、殺されそうになった事か・・・
そういえば、最近、怖い夢を見ません。
あれは、精神状態にも関係するのでしょうか?

Posted by: LIN | February 03, 2005 at 15:32

The comments to this entry are closed.

« 今週の哲っちゃん | Main | 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』by村上春樹 »