« 『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール』by菊地 成孔 | Main | 今週の哲っちゃん »

August 05, 2004

ジャズを歌うには早すぎる

CoCo d’Or (CCCD)
Coco d’Or

発売日 2004/08/04
売り上げランキング 1,744

Amazonで詳しく見るB0001Z31RS

昨日買った『Coco d'Or(ココドール)』
SPEEDのhiroが無謀にもジャズにチャレンジした作品。
一通り、聞き終えたので感想を・・・

ひ、ひどすぎる!JAZZをなめてる!
でも、逆に勉強になる(笑)

ジャズというのは落語と同じで、“間”なんです。
その“間”が0.1秒ずれても、ダサくなってしまうんです。
例えば「I found〜♪」って歌う時、
「ン、アイファ〜」の「ン」が大事なんですね。
だけど、彼女の場合、その「ン」がない。
バックはジャズだけど、ヴォーカルはベタベタの歌謡曲って感じ。
(あ、こんなエラソーに書くと、また師匠に叱られる 笑)

<収録曲>
01. Route 66
02. Avalon
03. And The Melody Still Lingers On(Night In Tunisia)
04. Free
05. Fly Me To The Moon
06. Summertime
07. The Face I Love
08. The Girl From Ipanema
09. It's Only A Paper Moon
10. Orange Colored Sky
11. The Very Thought Of You
12. (I Can Recall) Spain
13. You'd Be So Nice To Come Home To
14. I Can't Give You Anything But Love
15. You're Everything
16. Calling You

多分、今回のアルバムはナタリー・コールの『アンフォゲッタブル』の影響大でしょうね。
あのアルバムからの曲が16曲中5曲(1、2、9、10、11)もあります。
hiroの歌を聴くくらいなら、『アンフォゲッタブル<』を聞くか父親のナット・キング・コールでも聞いた方が
断然、いいです。

3の『チュニジアの夜』はいわずとしれたディジーガレスピーの代表曲。
Voで成功したのはもちろん、チャカ・カーン。
ハービー・ハンコック、デヴィッド・フォスターなどそうそうたるメンバーが参加。
このバンドスコアを持っている私は無謀にも全部、打ち込みしようとした事がある^^;

12の『スペイン』はVoならアル・ジャロウが一番とよくいうけど、
私は天野清継の『Branch』のアランフェス(スペインの原曲)が好きです。
JTのCMに使われた一曲目の「Azure in Paris」はもっとサイコー!

16の『コーリング・ユー』は映画「バクダッド・カフェ」のテーマ曲ですが、
カヴァーではやはりホリー・コールでしょう。
この曲が須永さんのアレンジなわけですが、あの曲をサンバにするなんざ、
さすがです。
あ、でも歌は・・・

それ以外のアレンジは3とか8とか、オリジナルをもろパクってる感は否めません。

いろんな意味でツッコミ所、満載のアルバムでした(笑)

|

« 『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール』by菊地 成孔 | Main | 今週の哲っちゃん »

Comments

んちゃ!>職場のMacに顔文字はない・・・(T T)
仕事片づいた!あとは家に帰ってからさ♪

Summertimeはサラ・ヴォーンが好き。しゃがしゃが
(80年代だったか。グラミー特別賞か何かで、ディジー・ガレスピー等とTVに映った顔は「ハナ肇?!」とびっくらこいたが)

Calling You CDどこ行ったべ・・・?
映画だとジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」の曲が好きだったんだが、タイトルなんだっけ・・・話逸れてます。(*w*)

You'd Be So Nice To Come Home To、大好き〜。ジャズ好きの大昔・彼氏が教えてくれたんだよね。あぁ、あの頃おいらはピチピチだった・・・
なんかhiroが唄うの納得いかな〜い!>思い入れ深し

で、I Can't Give You Anything But Love
これって「I Can't Give You Anything But Love」ってスタイリスティックスのとは違うんだっけ?・・・明後日来い!のponでした。m(_ _)m

Posted by: ponsuke | August 05, 2004 at 16:40

はじめまして。七生子さんのところから来ました。

そうですか。このCD、ちょっときいて見たいなあと思ってましたが・・
歌じたいはうまい子だと思うのですが、まだまだ、人生経験を積まねばならん!?ってことでしょうか?

でも、こわいもの聞きたさで、ちょっとレンタルでも・・
どうしましょう(笑)

Posted by: ms.Aqua | August 05, 2004 at 16:44

>ponsukeさん
おつかれ〜♪
あとは、ビールタイムだっちゃ(ラムちゃん風)
ごきゅごきゅ♪(*´▽`)◆ゞ ε= (^□^*) ぷはっ♪ ヽ(*^O^*)_□ おねーさん、おかわり♪

>彼氏が教えてくれたんだよね。
な、なにぃ?ジャズ好きの彼氏ぃ?
そんな人が私にもいました(遠い目)
同じ男だったらどうしよう。わはははは(笑)

>「I Can't Give You Anything But Love」
スタイリスティックスの方は「Can't Give You (Anything But Love)」で
Iがないんですな。

JAZZはコチラ↓
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?PDID=20176201
スタイリスティックスはコチラ↓
http://naah.jvcmusic.co.jp/products/VICP-62031/VICP-62031-06.html

来年、来てください(笑)

Posted by: LIN | August 05, 2004 at 17:35

>ms.Aquaさん
はじめまして♪
すいません。
口が悪いので驚かれたでしょう?(笑)

>こわいもの聞きたさで、ちょっとレンタルでも・・
うはははは(笑)
こわいもの聞きたさ!それ、いいです!
実は私も心の中で「ゲテモノ買いだな」とつぶやきつつ買った口です。
レンタルでOK!OK!
それで十分だと思います。(Avexからクレーム来たらどうしよう 笑)

ms.Aquaさんのブログ、拝見しました。
猫、お好きなんですか?
ここのブログ名は、昔、フジ系列で深夜にやっていた「やっぱり猫が好き」という番組から
取ったんですよ。
お若い方だとご存知ないかも・・・

これからもよろしくお願いします。

Posted by: LIN | August 05, 2004 at 17:48

寿司、届きました。ありがとうございました。

Posted by: Rym | August 05, 2004 at 19:57

>Rymさん
どうぞ遠慮なく召し上がってくださいね(* ̄m ̄)プッ

Posted by: LIN | August 05, 2004 at 20:35

ジャズ、そんなに詳しくはないけど、
よく聞きます。
「ん」という間、わかりますよ。
そう、そうって感じ。
自分としては、20才台の人には
まだ無理じゃ?というのが
感想です。

Posted by: rue | August 05, 2004 at 21:48

>rueさん
こんばんは♪
「ん」がおわかりいただけるなんて嬉しいなあ〜
この記事はコメントつけにくいだろうなあと思っていたので・・・

私も20代前半からJAZZを勉強していますが(といっても途切れ途切れですが)
つくづくむずかしいと思っています。
で、つい、厳しい口調になってしまって・・・^^;
でも、記事にも書きましたが、ある意味、ダメな例として(笑)勉強になりました。
私も精進したいと思います。

Posted by: LIN | August 05, 2004 at 22:21

ある意味落語と音楽は間と言う点で共通する部分はあります。それは相手の音を聞かないと間も何もあったもんじゃないんですが。多分まだ聴けないんでしょうね。聞こえると言うことと聞くと言うことは意味合いが違いますから。
Spainはやはりオリジナルですね。ボーカルものと言うよりはヴォーカリーズですが、ボビー・マクファーリンとチックのデュオは何度聞いても感動します。

Posted by: 師匠 | August 05, 2004 at 23:06

>師匠
わ!嬉しい♪コメントくれるなんて!
今になって、あの週一回のレッスンは師匠のいろんな話を聞ける贅沢な時間だったなあと
しみじみ思います。
師匠の「Spain」が今、すごく聴きたいです。with LOVE♪

追伸
六本木の「ピットイン」が閉店した話、知ってます?
あそこで師匠の演奏を聞くという私の夢が・・・

Posted by: LIN | August 05, 2004 at 23:29

ジャズも落語もインプロヴィゼーション。
瞬間の判断がすべて。
でも、最近の落語家、ジャズミュージシャンは、忘れてる。
ただ、なぞるだけ。

あっ、毒が・・・。

Posted by: take | August 06, 2004 at 01:13

かっこえぇ曲ばっかりやなぁ。

やっぱり、ちょっと、聴いてみたい。怖いもの見たさ。
こういう場合は、「つたや」にします。

Posted by: きみ駒 | August 06, 2004 at 01:17

>takeさん
落語もそうですね〜。
「棒読みすんなっ!」っていう若手の方、いますもんねえ。

>あっ、毒が・・・。
ここ、毒ブログですから(笑)どうぞお気になさらずに(^^)

Posted by: LIN | August 06, 2004 at 09:35

>きみ駒さん
>かっこえぇ曲ばっかりやなぁ。
曲はね┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
そういえば、きみ駒さんのダーリンはライブやられる方でしたよね〜
レンタルでいいので、是非、お二人の感想を聞かせてほしい。
フォローするわけじゃないけど、やっぱり歌唱力はあると思います。
英語もうまいと思う。
ただ、それだけじゃダメなのがJAZZのむずかしい所でして・・・

Posted by: LIN | August 06, 2004 at 09:41

六ピ閉店は早めに知っていました。残念です。新ピはちょっと出ましたが。Spainは個人的に思い入れの強い曲で冷静に話が出来ない曲だったりします。B′zの松本孝弘のカバーも面白いです。

Posted by: 師匠 | August 06, 2004 at 13:54

>師匠
え?新宿の方には出たんでしたっけ?
知らなかった・・・

>B′zの松本孝弘のカバーも面白いです。
今、調べましたが、『Thousand wave plus』って奴ですか?
在庫切れだ・・・

今、『CARAVAN』かけてます。
最近、録音はしていないんでしょうか?

Posted by: LIN | August 06, 2004 at 14:56

そろそろしたいなあ、録音。今のトリオは自分で言うのもなんですが、抜群です。今macで出来る環境なのでいいピアノがあれば録音しようかな。

Posted by: 師匠 | August 06, 2004 at 18:23

>師匠
>そろそろしたいなあ、録音。
そうですよぉ!
今、ネットにアップするのも簡単になっているし、師匠にはいろいろチャレンジしてほしいです。
blogもやりましょうよ〜♪
録音、楽しみにしています。

Posted by: LIN | August 06, 2004 at 20:51

僕は最近、PCで文章を書くときジャズをBGMにしてるんですよ。だからその"ジャズは間"っての、とってもよくわかるなぁ~♪
なんていうか演歌のヒトのコブシみたいに歌うにはぜったい必要なものですもんねぇ。
無いんですか? …そりゃダメだわ。
コレは聞くのやめとこっと。
(。_。)φ めも。

僕にはLINさんほどの耳は無いんので、自分で選ぶ時はできるだけ若い人は避けて選んでます。
モチロン若い人でも凄いジャズシンガーはいらっしゃるだろうけど… 記事みたいなこういうの(笑)もあるしね。

Posted by: ろぷ | January 30, 2005 at 12:42

>ろぷさん
私もいうほど詳しくないのですが、ジャズバーのマスターに
いろいろと教えてもらってます。
その店では突然「これは誰だ?」と今、流れているレコードは誰の演奏かと聞かれて、
答えられないと「まだまだだなあ」といわれます。(;´д`)トホホ

>"ジャズは間"っての、とってもよくわかるなぁ~♪
わーいヽ( ´∇`)ノ ~  ヽ(´∇` )ノ オォ!トモヨ!!

最近、ネットラジオ専門であまりCDを買っていないLINでした。
ろぷさん、オススメありますか?

Posted by: LIN | January 31, 2005 at 10:52

今、僕がホレてるのは「ベッシースミス」って人の声ですね。
決して「美声」だとは思わないけど、ご指摘の"間"といい、しぼり出すような発声といい、今はかなりお気に入りなんですよ。
風の噂では彼女はかなり古い時代に活躍した人のようですけど詳しいことはわかりません。

そういえば最近100円ショップにも彼女のCDが置かれたらしいですね…んでも実際は2~300円くらいするので100円じゃないけど(笑)。

Posted by: ろぷ | February 01, 2005 at 04:47

>ろぷさん
>今、僕がホレてるのは「ベッシースミス」って人の声ですね。
ブルースですね♪
私もブルース、大好き。
ジャズ好きの人の中にはブルースをバカにする人もいますが
魂の叫びという感じがしていいですよねえ。

うわっ、ベッシースミス、100円ショップに置かれてるのかあ・・・
昨日、生まれて初めてブックオフに行ったんですけど
たくさんの本が100円コーナーに置かれていて、びっくりしました。
私は中古本はダメなので買わなかったですが・・・
今、読んでいる桐野さんのエッセイでも、「今後、本を図書館で借りたり
ブックオフで買う人が増えたら、作家になる人なんていなくなる」
って書いてありました。
世間の人には無理強いできないけど、せめて私は新刊本で買おうと
思いました。
といいつつ、CDはレンタル派なんだけど(笑)

Posted by: LIN | February 01, 2005 at 10:07

はじめまして。
googleで「チャカ・カーン バンドスコア」って検索したらこちらにたどりつき、「チュニジアの夜」のバンドスコアを持っていると書いてあったので思わずコメントを書きました。
私はドラムを習ってまして、今度「チュニジアの夜」を練習しようと思って、ドラム譜を探しています。
出版会社と本のタイトルを教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Posted by: ありばば | July 13, 2005 at 17:04

>ありばばさん
はじめまして。
おお、検索してこちらにたどりついたのですね。
えーと、問題の楽譜は私もコピーしたもので
確かキーボードマガジンのスコアだったと思います。
10年くらい前です(^^;
時々、キーボードマガジンで復刻ビンテージスコアといって
昔の楽譜を載せていますが、今ちょっと見てみたところ
ないようですね。
私の楽譜は相当、ぼろぼろですが
それでもよかったらコピーしてさしあげましょうか?

Posted by: LIN | July 13, 2005 at 20:06

ありがとうございます。
コピー欲しいです。
(メールかFAXですか?)
ドツパツ練習するので
よろしくお願いします。

Posted by: ありばば | July 14, 2005 at 10:04

>ありばばさん
実は昨日、メールをさしあげたのですが
なぜかもどってきてしまいました。
サイドバー一番下にメールフォームを取り付けましたので
そちらにFAXナンバーをメールいただけたらと思います。
ただ細かい楽譜なのでFAXだとつぶれるかも…(^^;

Posted by: LIN | July 14, 2005 at 10:48

Faxありがとうございました。
内容ばっちり理解できました。
ちなみにCasey Scheuerellって方が叩いているんですが、右手だけで16を叩いてるんです。
ドラム歴4年の私は右手は8からやってみます。(チャカカーンのDVDで叩いてるSteve Ferroneさんは右手は8ビートでした)
ありがとうございました。

Posted by: ありばば | July 14, 2005 at 14:49

>ありばばさん
お役にたててよかったです。
おお、DVDはドラマーが違うんですね。
うーん、DVDもほしいなあ。
いい曲なのでがんばってくださいね♪

Posted by: LIN | July 14, 2005 at 15:20

The comments to this entry are closed.

« 『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール』by菊地 成孔 | Main | 今週の哲っちゃん »