« 『スズキさんの休息と遍歴』by矢作俊彦 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第5回!あなたが感銘を受けた本は?」 »

September 23, 2004

今日の収穫5冊

PIC_0006.JPG
左から
『嘔吐』byサルトル
『マイク・ハマーへの伝言』by矢作俊彦
『黒後家蜘蛛の会』byアイザック・アシモフ
『武蔵野夫人』by大岡昇平
『まるごと宮部みゆき』

|

« 『スズキさんの休息と遍歴』by矢作俊彦 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第5回!あなたが感銘を受けた本は?」 »

Comments

マイクハマーだ!
横浜、クルマ、警察。猪鹿蝶です。
登場人物が若いのでハードボイルド風味は薄味ですが、
街が街でなくなったことに溜息をつく屈託は満載です。

サルトル、最初は手こずりますが、急にするするいけますよ。

Posted by: mort_a_credit | September 23, 2004 at 18:34

>mort_a_creditさん
>マイクハマーだ!
はい、買ってきちゃいました(^^)
できるだけ早い時期に読みたいなあと思っています。
楽しみ♪

>サルトル、最初は手こずりますが・・・
そうなんですよ。
ぱらぱらと見た感じではさくっと読めそうです。

また積読本を5冊も増やしてしまった.......(;__)/|

Posted by: LIN | September 23, 2004 at 19:34

 サルトルですが、学生のころ「実存主義とは何か」あたりから読み始めた。「嘔吐」をぱらぱらめくったりしていたがそのころの流行だった。そんなファッションに身を固め、見る映画は「ラスト・タンゴ・イン・パリ」、聴く音楽は「生活向上委員会」。 
 今はヨコワケサラリーマンになるなんてね。(笑)

Posted by: カンターレ | September 23, 2004 at 21:05

>カンターレさん
「生活向上委員会」が気になって調べたのですが「生活向上委員会大管弦楽団」の事ですか?
ジャズなんですね!!
うわっ、すごく聞きたいんですけど、入手がむずかしそうですね。
いつも行くジャズバーにないかなあ、ないだろうなあ・・・

>ヨコワケサラリーマンになるなんてね。(笑)
サルトルを読んだ事があるサラリーマンというのもおつじゃないですか!
カンターレさんのブログを拝見していると、ただのサラリーマンじゃないなという気が
しますけど・・・?(笑)

Posted by: LIN | September 23, 2004 at 21:54

 生活向上委員会大管弦楽団...ですね。(大げさな名前) 内容を実況中継(笑)するとこんな感じ…

 初めは真面目なビッグバンドジャズなのに途中からフリージャズになって何がなんだかわからなくなるが、誰かが合図するとまたもとのビッグバンドに戻る。 そんな意外な展開のジャズ。 パフォーマンスでもあるので実際に見るととても面白い。(メンバーがミイラオトコの衣装を着ていたりする。)
 コンサートの最後にピアノ伴奏による全員合唱「生活向上委員会の歌」を歌う。 その後ピアノが和音を「ドミソ」「シレソ」「ドミソ」「ドファラ」「ドミソ」とならす。一同それにあわせ「気をつけ」「礼」「気をつけ」「のけぞり」「気をつけ」をする。 「のけぞり」のところで笑いをとる。
 芸能人にもこのバンドのファンが多かった。メンバーのうち何人かはRCサクセションのバックやったりもした。 メンバーの殆んどが今も活躍中。

 うわ〜僕も見たくなった。 ビデオは残ってないのかな?

Posted by: カンターレ | September 23, 2004 at 23:03

>カンターレさん
『生活向上委員会大管弦楽団』、YahooオークションでLPが2枚、出品されています。
二人で競り合います?(笑)

>ビデオは残ってないのかな?
映像の方がおもしろいんですか?

Posted by: LIN | September 23, 2004 at 23:24

 チャットみたいにお返事しますが(笑)オークションが出ていますか、私はLPが聴けないので降りましょう(談合みたい)。 ぜひ安い値段で落札してみてください。 ところでLPが聴けるプレーヤーを持っていますか?

 ときどきテレビの深夜にライブの模様が放送されていたんだけどな。残ってないだろうなあ。 あれ、お腹抱えて笑っていました。 

Posted by: カンターレ | September 23, 2004 at 23:41

>カンターレさん
ふふふ・・・私にはなじみのジャズバーという強い味方がいるのです(笑)
CDでもLPでもジャズなら持っていけばかけてくれます。
レコードで聴いちゃうと、CDは音が薄い感じがしますよね。
いずれレコードプレイヤーは買おうかなあと思っています。
まずはそれが置ける広いマンションを買わなきゃ(笑)

Posted by: LIN | September 23, 2004 at 23:54

こんにちは

黒後家蜘蛛の会は僕とユイー氏の(そしてたぶん Pebble in the blog のマルチヴァク氏の)無人島本です。僕らのそれ(第一集、第五集)とだぶらないものを無人島本として再選択していただき、みんなで漂着すれば、いつまででもそこで暮らせます。

全巻読破の際はトラックバック企画「マイ黒後家セレクト」にもご参加ください。

Posted by: hasyos | September 24, 2004 at 05:30

>hasyosさん
昨日、書店に行ったら「アイロボット」効果かアシモフの本がたくさん平積みになっていたんです。
最初は『われはロボット』を買おうかと思ったんですが、ぱらぱらと見た感じでは今ひとつだったので
『黒後家蜘蛛の会』を買いました。
読む前からおもしろそうな匂いがぷんぷんする本ですね。

>みんなで漂着すれば、いつまででもそこで暮らせます。
ウケました(≧∇≦)ノ彡
でも、私、無人島には『正法眼蔵』を持っていって今までの悪事を懺悔しようと思っているからなあ(笑)

>トラックバック企画「マイ黒後家セレクト」にもご参加ください。
是非!参加させてください。
( ̄◇ ̄;)エッ?全巻読破?
何年先になるかなあ・・・
いやいや、おもしろかったら一気読みすることにいたしましょう。

Posted by: LIN | September 24, 2004 at 09:00

おぉ!「まるごと」がある!
この本、一度だけ古本屋で見たことあるんですが、それっきりゼンゼンお目にかかれないんですよぉ~。
古本を買うのはちょっと嫌なんだけど、こんな事なら買っておけばよかったなぁ~。

つっても、今現在は「積ん読」が増えちゃって、そんな余裕は無いんですけどね(笑)。
気長に探そっと。

Posted by: ろぷ | February 19, 2005 at 15:01

>ろぷさん
ホントだ。
Amazonで調べたら、ないですね。
私も以前は「そのうち買おう」派だったんですが
最近はすぐなくなるという危機感があって即買いしてます。
特にブログ友達に教えてもらったおもしろそうな本とか・・・
最近、リアル書店はベストセラーばかりでそそられません。
しょぼ~ん。

Posted by: LIN | February 19, 2005 at 23:34

The comments to this entry are closed.

« 『スズキさんの休息と遍歴』by矢作俊彦 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第5回!あなたが感銘を受けた本は?」 »