« 男は狼なのよ、気をつけなさい♪ | Main | 今週の哲っちゃん »

September 30, 2004

今日のお買い物

一個・秋その他
永井 龍男

発売日 1991/03
売り上げランキング 110,593

Amazonで詳しく見る4061961217
あじさしの洲・骨王―小川国夫自選短篇集
小川 国夫

発売日 2004/06
売り上げランキング 76,176

Amazonで詳しく見る4061983733
DJ KAORI’S“RIDE”into the PARTY(CCCD)
オムニバス

発売日 2004/09/29
売り上げランキング 4,674

Amazonで詳しく見るB0002T24AS

本はRymさんのコチラコチラの記事を参考に、
CDはmowさんのコチラの記事を参考に購入しました。
二人に感謝♪

|

« 男は狼なのよ、気をつけなさい♪ | Main | 今週の哲っちゃん »

Comments

永井龍男、オススメですが、オススメしたくない…。
自分だけの作家にしておきたくなるタイプです。
正直のところ、「文庫本、出てるんだな」と驚いたくらい、今では読まれなくなってる作家。私が持ってるのは、80年代に出た新潮文庫版。まずまず売れてた時期もあるはずなんですが。。
Rymさんとこで、まじめなコメントを書いておきました。ピンクレディーが踊れることは、内緒にお願いします…って、ここに書いてしまうと、バレてしまうのか。。( ;´Д`)

Posted by: overQ | October 01, 2004 at 00:27

またLINさんに本を売りつけてしまいました、事実上、講談社のまわし者です。しかし、まあ、こうしてふたりの名が並ぶのを目撃してしまうと、思わずため息がもれますね。達意の名文家の、まさに双璧といったところでしょうか。永井なら「蜜柑」、小川ではやはり初期の作品が好きなので「海からの光」をそれぞれお奨めしておきます。現在、永井の文庫では普通に書店で手に入れることのできるものはもうこの一冊きりですかね。うちには講談社文芸文庫があと2冊(『朝霧・青電車その他』『へっぽこ先生その他』)と新潮文庫の『青梅雨』、文春文庫の『回想の芥川・直木賞』などがありますが、もうこれ以上集めるのはご勘弁、といったところです。小川国夫も、あとは文芸文庫に『アポロンの島』があるくらいですね(LINさん、実はこの『アポロン』のほうが何倍もお薦めなのです! ヤヴァイです)。朝日文芸文庫の『悲しみの港』も、もう絶版のようですし(単行本はあるみたいですけど)。とにかく、どちらも古本屋巡りをしないと本が手に入らないという意味では、安心してひとにお薦めできる作家であり、でも内容は一筋縄ではいかない、しかし嵌れば絶対に抜け出せない、そういう深い穴のような作家ですかねふたりとも。

Posted by: Rym | October 01, 2004 at 01:41

>overQさん
いや〜、この記事はコメントつかないと思ってたんですけどね〜(笑)
さすがoverQさん!

>オススメですが、オススメしたくない…。
おおっ!そんなにいいのですか!
これは楽しみです。

>正直のところ、「文庫本、出てるんだな」と驚いたくらい
講談社文芸文庫は高いけど、結構、貴重本が多いという話です。
この間、買った『死霊』も講談社文芸文庫でした。

しかし2冊ともウチから徒歩10分の書店にあった事に驚いた!
その書店は最近、新潮クレストブックスなんかもずらりと並べたりして、なかなか趣味がいいのですよ。
すばらしい!
今度、表彰してあげようと思います(笑)

Posted by: LIN | October 01, 2004 at 09:30

>Rymさん
いつもすばらしい本をご紹介いただき、こちらこそ感謝しています。
といいつつ、Rymさんに教えてもらって購入した本、まだ一冊も読んでいないのだが・・・((┌(。△。)┐))ワッハッハ
音楽に関しては、レアな音源もネットでダウンロードできる時代が来るだろうと思っているので
私なんぞはそれで充分なのですが、本は「今、買っておかないとすぐ絶版になってしまう」という危機感があって
ついガツガツと買ってしまいます(笑)
ファッションは自分好みのジーンズとシャツがあればいいし、ジュエリーやブランドには興味がないし
ショットバーも飽きたし、外食は安くておいしい店をたくさん知っているので、いくらでも本にお金を貢げるのです。
講談社文芸文庫には貢いでしまう予感・・・

そんなわけで『アポロン』、早速、買います(^^)v

Posted by: LIN | October 01, 2004 at 09:51

>教えてもらって購入した本、まだ一冊も……
そうだったですね。ご感想、どれも楽しみに待っていますよ。気長に……。

>いくらでも本にお金を
わたしの場合はついつい女性(誰)に貢いでしまうので、書籍代を節減してばかりです。とほほ。

>講談社文芸文庫には貢いでしまう予感
確かに、このあたりはすぐ絶えてしまいますから、読みたいものは売っているうちに買っておいたほうがよさそうですね。出すか出さないか。出版社側も、このあたりはむずかしい駈け引きになるのでしょうね、きっと。

Posted by: Rym | October 01, 2004 at 11:20

>Rymさん
>わたしの場合はついつい女性(誰)に貢いでしまうので書籍代を節減してばかりです。
それはいけませんねえ。
女は平気で男を裏切りますが、本はあなたを裏切らないですよ(笑)
「実体験ですか?」というツッコミはなしで・・・^^;

Amazonで講談社文芸文庫を調べたら726冊もありました_| ̄|○
在庫切れも含まれますが・・・
何かの拍子で1億円手に入ったら、カフェのある私設図書館でも作りたいです。

Posted by: LIN | October 01, 2004 at 12:19

The comments to this entry are closed.

« 男は狼なのよ、気をつけなさい♪ | Main | 今週の哲っちゃん »