« 『停電の夜に』byジュンパ・ラヒリ | Main | 『日の名残り』byカズオ・イシグロ »

September 15, 2004

『アフター・ダーク』by村上春樹

アフターダーク
村上 春樹 , 村上 春樹

発売日 2004/09/07
売り上げランキング 46

Amazonで詳しく見る4062125366

最近、時間の変化と同時に主人公をスイッチするのが流行なのだろうか?
先日、読んだ『みんな誰かを殺したい』という小説もこの手法だった。
各章の前に時間が書いてある所まで同じだ。

それはいいとしても、やたら「カメラは」という表現が出てきて
無理矢理、視点を共有させられるのが何ともうざい。
村上春樹は映画を撮ろうという野望でもあるんだろうか・・・

私は村上春樹の描く変な人々が大好きなのだが、今回の登場人物はみな、
いたってまともである。
エリの部屋にあるTV画像に男性が現れた時は一瞬、「シ、シナモン?」(ねじまき鳥クロニクル参照)と
思ったんだけど(笑)

様々なストーリーが交錯するが、結局、どれも明確な結論は出ない。
ハルキファンでない私が「あ、あれ?これで終わり?」と思ったくらいだから、
熱烈なファンは物足りなかったのではないだろうか。

帯には書き下ろし長編小説と書いてあるが長編でもないよね。
だって2時間で読み終わったもん(笑)

みなさんはこの作品、どう読まれましたか?

<追記>
『アフターダーク』に登場した様々な固有名詞のLINK先をずらっと並べた頁がありました。
おもしろいのでご紹介しておきます

|

« 『停電の夜に』byジュンパ・ラヒリ | Main | 『日の名残り』byカズオ・イシグロ »

Comments

わいわいわ〜〜い!!LINさんも読み終えられたのね〜〜。
お話できて嬉しい!!
私も、村上さんの何年かぶりの書き下ろしってことで、期待して読んだんですが、ちょっと肩透かしをくらった感じでした。
あの後、姉妹はどうなるのか!読みの浅い私には、村上さんの深遠(?)な世界まで入り込めなかったのでは・・・としんぱいでございます!
それより、LINさんの「シナモン」・・・コンピュータにでてくる画面!!
ふしぎで「ねじまき鳥」のがよかったな・・・(ぼそっとつぶやいてみる・・)
アフターダークはねじまき鳥とか、世界の終りとかの入門編みたいな感じかな?
あれぐらいの長さの方が一般受けするかもしれませんね。(今週の売り上げランキング2位。1位、ハリーポッター)
トロンボーンやってるタカハシ・・・もっと話膨らむのかと思ったけど・・なんか途中ですぼみました・・か?

Posted by: ワルツ | September 15, 2004 at 22:08

『アフターダーク』中毒者のためのLINKのページ素晴らしかったです!!
ファンはどこまでも〜〜〜ですね!!

Posted by: ワルツ | September 15, 2004 at 22:11

>ワルツさん
(* ̄▽ ̄)ノこんばんは〜♪

同感!同感!
姉妹はどうなるのか、タカハシとマリはどうなるのか、エリと白川の関係は?とか、
あの画面の中の男は白川なのかとか、中国マフィアは白川をどうするのかとか、
気になっちゃって・・・^^;
続編がほしいですよね。
でも、ハルキマニアは、優雅に「ハルキの作品はそういうものなの」とかいうのかなあ(笑)
私は『ねじまき鳥クロニクル』と『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』が好きなので
今回の作品は物足りないのですが、ワルツさんのおっしゃる通りファン層を広げるという意味では
あの長さ、あの内容でいいのかもしれないですね。

LINKページ、気に入ってくださって嬉しいです\(^o^)/
他の作品のLINKページもあるんですよ♪
http://www.diana.dti.ne.jp/~piccoli/haruki.htm

Posted by: LIN | September 15, 2004 at 23:33

LINさんの紹介してくださったおかげで、カーティス・フラー、
久しぶりに聴いたのです。
決して村上春樹さんに言われたわけじゃないんですよ〜〜。
前のかどっちかにTBさせて頂いてよろしかしらん?
(というより、もうしちゃうからね〜〜〜〜!)
よろしく。(^.^)/~~~

Posted by: ワルツ | September 17, 2004 at 19:20

>ワルツさん
>TBさせて頂いてよろしかしらん?
どうぞ!どうぞ!
私もTBさせていただきました。
今からそちらにコメントに行きますね♪
ε=ε= 8-( ・ェ・) キコキコキコ

Posted by: LIN | September 17, 2004 at 19:51

The comments to this entry are closed.

« 『停電の夜に』byジュンパ・ラヒリ | Main | 『日の名残り』byカズオ・イシグロ »