« たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」 | Main | 今週の哲っちゃん »

September 02, 2004

『ドグラ・マグラ』by夢野久作

ドグラ・マグラ (上)
夢野 久作

発売日 1976/10
売り上げランキング 2,190

Amazonで詳しく見る4041366038

長かった・・・_| ̄|○ 
後半は退屈して斜め読みした。

冒頭の「・・・お兄様、お兄様、あたしです」あたりはゾクゾクして、
これからの展開に大いに期待したのだが・・・

「あれっ?」と思い出したのは阿呆陀羅経の歌で「チャコポコ、チャカポコ」が始まったあたりだ。
「チャカポコ」を初め、教授の遺言書やら論文が長ったらしすぎる。
輪廻転生、精神医学、心理遺伝などおもしろいテーマのはずなのに、何しろ冗長。
シーンがほとんど教授室のまま変化がないというのも退屈の原因。

テーマとしては好きなテーマなんですけどねえ・・・

そんな時、volbiccoのemiさんが、同じ著者の「人間腸詰」と「あやかしの鼓」が
オススメと書いていらっしゃった。
機会を見て、読んでみたい。

はっ!これを退屈だと思う私は、もしかして狂人なのか!?
・・・ブウウ・・・・・・・ンンン

|

« たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」 | Main | 今週の哲っちゃん »

Comments

お疲れ様です。
ドグラマグラは、読みにくいですよね。
私も三回くらいトライして、やっと読み終えましたw

夢野久作って、でも、ほかの作品はそんなに読みにくい人じゃないです。
ドグラだけが、えらい特殊です。

久作は、青空文庫でかなりたくさん、短編が読めますね。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person96.html
emiさんのおすすめの二作品のほか、「押絵の奇蹟」も傑作。
少し長めのやつだと、「氷の涯」が大傑作です。

あ、それと、前のエントリのコメントに書かせてもらった、ランキングって、アマゾンの売り上げランキングのことでした。
ドグラマグラは、4928。
カラマーゾフには負けてますが、バラには勝ってます☆

Posted by: overQ | September 02, 2004 at 20:11

>overQさん
>ドグラマグラは、読みにくいですよね。
ほっ ε=(∇ ̄ ̄ ̄〃)
私が格別、頭がおかしいというわけじゃないんですね?(笑)

>ドグラだけが、えらい特殊です。
そうなんだ!
何なら全集、買っちゃおうかなあ・・・
でも、部屋にエドガー・アラン・ポーの全集と夢野久作の全集がある女ってどうなんでしょう?(・x・)ぷっ

overQさんは青空文庫、結構、活用されているのですか?
私、ごろごろしながら読みたい派なんで(←だから太るんだ!)パソコンで本を読むのは
ちょっとツライです。

>ドグラマグラは、4928。
あら?意外と人気?

今日からコクトーの『恐るべき子供たち』を読もうかと思ってます。
薄いし・・・( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

Posted by: LIN | September 02, 2004 at 20:26

ドグラマグラは読みにくいですよ。
意図的にわかりづらくしていると思います。
構造分析していくと矛盾が出てきます。
俺は最初読んだとき、チャカポコ部分はすっ飛ばしました。
なんだかこわかった。

ポォ小説全集、俺も持ってます。技が多彩ですごいです。
いまいちなのもかなりありますが。
岩波文庫で出ている、ポォ詩集もいいですよ。
左ページに原文、右ページに翻訳で、日本人でも辞書いらずの平易な文です。
とても詳しい解説もついています。

近くのおいしい店情報ですが、たぶん知ってるところばかりだと思います。

おかめ寿司(おまかせで充分堪能できます)、
●●(市の名前)更科(もりと田舎の両方を食べ比べ)、
串市(ちょっとたれが濃いかも)、
ビストロ・タプナード(白レバーのパテ)、
凡庸なセレクトになってしまいました。
隣の●川市にも、おいしい焼肉屋とラーメン屋がありますよ。

Posted by: mort_a_credit | September 03, 2004 at 00:05

>mort_a_creditさん
>構造分析していくと矛盾が出てきます。
あ!私も直感的にそう思いました。
あれだけ次から次へと「・・・というのは嘘」「これも嘘」と書かれると
結局、何が書きたいんだよとツッコミたくなりますね。

>ポォ小説全集、俺も持ってます。
ポーは『モルグ街の殺人事件』の中の「落穴と振子」が怖くて怖くて・・・
でも「怖いもの見たさ」なのか、もっと読みたいと思うのです。
詩はあまり得意じゃないのですが、一応、同シリーズの「詩と詩論」は
買ってみました。

お店の紹介ありがとうございます。
更科しか知らなかったです。
ビストロ・タプナード、あんな街はずれの方にそんな隠れた名店が
あったのですね。
是非、行ってみたいです。

先日、mort_a_creditさんが「あら皮」の事を書いていたので私も最近西武の中にできた
ステーキ屋にいったのですが、ぜ〜んぜんダメでした。
http://www.sandaya-honten.co.jp/index.htm
「あら皮」一度、行ったような記憶が・・・
バブルの頃、あちこち食べ歩きましたが、多分、もうそれらの店のほとんどが
ないんだろうなあ・・・

Posted by: LIN | September 03, 2004 at 10:41

なるほど、そういう読み方もありますね。と思いました。わたしもいま読んだら退屈するのかもしれない。初読のときは「その若さゆえ」楽しめたのでしょう。LIN女史のような理知的な大人には付き合いづらい作品ということですね。勝手にお薦めしておいて申し訳ないです。いや、しかし魅力的な作品であることは確かだと思います。創元推理文庫のポオ小説全集、わたしも持ってます。「モルグ街の殺人」も収録されている3巻がとくに好きですね。なかでも「マリー・ロジェの謎」がお気に入りです。

Posted by: Rym | September 03, 2004 at 11:44

>Rymさん
>勝手にお薦めしておいて申し訳ないです。
こちらこそ、相変わらずの毒舌っぷり、申し訳ないヾ(^-^;) ゴメンゴメン
そうだよなあ・・・
作品をバッサリ斬るのはいいけど、それを薦めてくれた人に悪いよなあ。
他意はないので、そのあたりお汲み取りを!
テーマ的にはツボでした。

>創元推理文庫のポオ小説全集、わたしも持ってます。
うわっ!
みんな持っているのね〜
ウチって小学校2年生の時に北原白秋を買い与えるような両親だったので
教育方針が偏ってて^^;
(2年生で白秋がわかるかっちゅうねん)
と、親のせいにしてみる(笑)

Posted by: LIN | September 03, 2004 at 12:15

通りすがりのものです。

かなり昔に読んだので詳しいことは忘れました。
瓶詰めの地獄… かなぁ、おすすめは…

ところで、これを読むと精神に異常を来すと言われていましたが、特にそういうことはありませんでした。しかし、精神に異常を来しても、自分では気がつかないものかも知れません。

ではまた!

Posted by: hasyos | September 03, 2004 at 12:40

>hasyosさん
はじめまして。
ブログ、拝見しました。
私のブログをBlogPeopleにLINKしてくださってありがとうございます。
私もLINKさせていただきました♪
これからもよろしくお願いします。

>これを読むと精神に異常を来すと言われていましたが・・・
そうみたいですよね。

読んだら狂うといわれた『ドグラマグラ』。
読んだら自殺したくなるといわれた『人間失格』。
読んだら変態になるといわれた『家畜人ヤプー』
全部読んだけど、大丈夫…

という方もいらっしゃるので大丈夫だと思います(笑)

Posted by: LIN | September 03, 2004 at 12:49

>全部読んだけど、大丈夫
全部読んだのが、私です。やはり、人様にお勧めしてはいけないの
だろうか。

Posted by: 多摩のいずみ | September 03, 2004 at 15:33

>多摩のいずみさん
あ、ここにも三冊とも読んだ人が!(笑)

>やはり、人様にお勧めしてはいけないのだろうか。
でも、『人間失格』あたりは普通にみんな読んでますし、大丈夫だと思います。

次は『家畜人ヤプー』に是非、トライしたいです!
むしろ『ドグラ・マグラ』よりおもしろそうな気が・・・

Posted by: LIN | September 03, 2004 at 19:17

あら。
コメント引用が。
大丈夫かどうかは、どうだろう(笑)
本人談ですからね、あくまでも(笑)

上で別の方もコメントなさってましたが、
「瓶詰地獄」は、すごいですよ。
書簡体の短編として秀逸。

Posted by: ne_san | September 03, 2004 at 23:28

>ne_sanさん
お帰りなさいまし!
ヴァカンスはいかがでございましたか?
すいません、勝手にコメント引用しちゃって^^;

>大丈夫かどうかは、どうだろう(笑)
げ!そうなの?

明日の朝「・・・ブウウ・・・・・・・ンンン」という音がしたらどうましょう?)゚0゚( ヒィィ

Posted by: LIN | September 03, 2004 at 23:57

遅レスですが・・
三田屋ってことは、三田牛を使ってるんですかね。
だったらあら皮と同じですよ。
でも今は大田原牛がバブルですね。

ステーキは調理がシンプルなだけに、
素材のよしあしがが大きいですね。
でも、そんなに大したことのない肉を気軽に焼いて、
フライドポテトをたっぷり添えて、
気合いも入れずにもぐもぐ食べるのが好きです。
食べ物の話してるの俺だけですね。
あ、そもそも読書日記ですねここ。

瓶詰地獄、俺も大好きです。
恐いのなんのってもう。
順番って大事。
いろいろ考えてしまいます。

Posted by: mort_a_credit | September 04, 2004 at 11:51

>mort_a_creditさん
コチラの店なんですが↓
http://www.sandaya-honten.co.jp/
本社が三田市になっているので、やっぱり三田牛なんですかねえ・・・

>そんなに大したことのない肉を気軽に焼いて・・・
同感です。
この三田屋は一人5000円はかかるのですが、近所のスーパーで買った1枚1000円くらいの肉を
自宅で焼いた方がおいしいような気がしました。
ソースがイマイチだったせいもあるかもしれません。

>あ、そもそも読書日記ですねここ。
いやいや、管理者自ら、読書日記であることを放棄してますから(笑)
本は一日一冊は読みきれないし、更新は毎日したいしという事で
どうしても本以外のネタが増えているというのが実態です。

Posted by: LIN | September 04, 2004 at 14:18

The comments to this entry are closed.

« たらいまわし・本のTB企画「第4回 秋の夜長は長編小説!」 | Main | 今週の哲っちゃん »