« セキュリティの時代がやってきた! | Main | とかげ »

October 19, 2004

たらいまわし・本のTB企画「第6回 あなたの棺桶本は?」

tarainosukelefty

毎度、おなじみ、「たら本」がやってまいりました。
今回のお題はあなたの棺桶本は?
主催者は「どこまで行ったらお茶の時間」さんです。

ちょっと、悩むのが無人島本とどう違うかってあたりですよね。
無人島→退屈&新しい本が手に入らない→何度、読んでも退屈しない本

ところが棺桶本ってことは、場所は天国ですよね。
(誰が何といおうと私は天国に行くつもりですから。わはは。)
そもそも、本というものは、「死とは何か」みたいな事が究極なテーマのような気がするんですね。
でも、もう死んじゃってるわけですから、もうそういう事は考えなくていいわけですよね。

で、私のイメージだと天国は酒池肉林なんです。
まさにパ~ラダイス♪

そんなわけで、あんまりこむずかしい事を考えたくもないので、これにしました\(^o^)/


ポアロ登場
アガサ・クリスティー , 真崎 義博

発売日 2004/07/15
売り上げランキング 18,566

Amazonで詳しく見る4151300511

もちろん、一冊じゃありません。
クリスティ文庫全冊希望。(To マイマミー&ダディー)

でも、本当は天国に行ったら、神様にお願いして「ハリーポッター」になって地球を救おうと思ってます(笑)

|

« セキュリティの時代がやってきた! | Main | とかげ »

Comments

LINさん、うわ!先を越された。(爆)
私も実は、アガサ・クリスティーにしようと思ってた。(^o^)丿
ね、ね、LINさんは何が好き??
私は、LINさんち主催のTB企画の時も(あの時はお疲れさんでした(*^_^*)。)言ったけど、「検察側の証人」がいっちばん好きだよーーーーー!!

Posted by: ワルツ | October 19, 2004 at 21:39

クリスティを全巻棺桶に…花を入れるスペースは
なくなりそうですね(笑)。
ちなみに、ハリーポッターには地球を救える力量が
あるんでしょうか?(爆)。

Posted by: ちょろいも | October 19, 2004 at 22:15

LINさん、ご無沙汰してます~。
さっそくTBしていただき、感謝感謝です。
LINさんの棺桶本は「クリスティを全巻」なんですね。
確かに、花を入れるスペースがなくなっちゃうかも(笑)。
私にとってクリスティはやっぱり、全作品きちんと読破したい作家ですね。
あ、LINさん主催第3回の「たらいまわし本」に今からTBしていいですか?(笑)

無人島に持っていくなら、、、私ならやっぱり辞書かな。

Posted by: 七生子 | October 19, 2004 at 22:43

>ワルツさん
>うわ!先を越された。
わはは、先を越しました(笑)

>ね、ね、LINさんは何が好き??
やっぱり『そして誰もいなくなった』は名作だと思います。
だけど、私はポアロとかホームズとか、頭がよくてちょっとイヤミな男に
弱いんです(笑)
で、ポアロシリーズって事になるとやっぱり『オリエント急行殺人事件』かなあ・・・
普通ですみません^^;
『検察側の証人』ってさだまさしの歌にあるんですよー
私、これはまだ読んだことがないので、絶対、読んでみます♪

Posted by: LIN | October 19, 2004 at 22:50

>ちょろいもさん
>花を入れるスペースはなくなりそうですね(笑)
私も後から調べて、クリスティ文庫が全部で100冊になる事を知って、
「どこに入れるんだよっ!」って自分でツッコミ入れました(笑)

>ハリーポッターには地球を救える力量があるんでしょうか?
最初、「魔法使いサリーちゃん」って書いたんですけど、あまりに弱っちいなと思って
ハリーに変更したんですが、確かにハリーも今ひとつパンチに欠けますねえ。
地球を救いたい場合、誰がいいんでしょう?(笑)


Posted by: LIN | October 19, 2004 at 22:57

>七生子さん
このたびは主催者、おつかれさまです♪

>確かに、花を入れるスペースがなくなっちゃうかも・・・
や、やっぱり?(;^_^A アセアセ・・・

>LINさん主催第3回の「たらいまわし本」に今からTBしていいですか?
どうぞ!どうぞ!
お待ちしております(*- -)(*_ _)ペコリ

>私ならやっぱり辞書かな。
あ、これは退屈しなそうですね(笑)

Posted by: LIN | October 19, 2004 at 23:05

クリスティ懐かしいなぁ。
おそらく(?)全冊読みましたよ~♪
なんせ、中学から高校時代の話なので記憶がちょっと(;゜▽゜A``アセアセ
「予告殺人」とか面白かった記憶が微かに・・・。

Posted by: しげくん | October 20, 2004 at 01:11

>しげくんさん
全冊はすごいっ!
私も好きといっているわりには、全冊は読んでないです。
今は他にも読む本がたくさんあるので、なかなか手をつけられないでいますが、
いつかは全冊、読みたいなあと思ってます。

Posted by: LIN | October 20, 2004 at 11:32

おおっ。クリスティですね。創元推理文庫版の装丁画が好きでよく読みました。
『ABC殺人事件』、『エンドハウスの怪事件』が長編では好きです。
『謎のビッグ・フォア』はポワロもののなかではなかなか異色で面白いかも(好みはありますが)。
クリスティは読んだ状況・場所まで覚えているほど思い入れがありますね。

Posted by: nyu | October 21, 2004 at 02:17

>nyuさん
nyuさんもクリスティファンでしたか!( ^^)人(^^ )
『エンドハウスの怪事件』はコチラ↓で24日に放映です。
http://www3.nhk.or.jp/anime/agatha/
これが始まると聞いた時、見る気満々だったのですが、
絵があまりといえばあまりなので、結局、見ていません^^;
水戸黄門(里見浩太朗)がポワロの声ってビミョーって思っていたら
こんな現象が起きているそうで・・・↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041020-00000014-ykf-ent

>読んだ状況・場所まで覚えているほど思い入れがありますね。
ええっ!それはスゴイっ!
私はストーリーそのものを忘れつつあるというのに・・・_| ̄|○

Posted by: LIN | October 21, 2004 at 10:47

わたしは『アクロイド殺し』がいちばんかな。ちゃんとポワロも出てくるし、クリスティのなかでは最も重要な作品だと思います。犯人はすぐ予想ついちゃうけど、「そりゃありえねえよなあ」みたいな感じで、最後まで楽しめたし。ミステリーに触りはじめたばかりでこれを読めるとベストですね。『そして誰もいなくなった』もたいへんすばらしいですが、ちょっと目立ちすぎですよ。舞台設定がたまらなく魅力的ですけどね。綾辻の『十角館』はもちろんこの作品がモチーフなわけで……。

Posted by: Rym | October 21, 2004 at 13:21

棺おけに入れてもらいたい本は、もちろん、自分が書いた本
すべてであります。みっともないからであります。
いわば、ひとり焚書坑儒であります。

Posted by: 多摩のいずみ | October 21, 2004 at 14:43

>Rymさん
『アクロイド殺し』は読んだはずだけど、犯人、忘れた.......(;__)/|
やっぱり、アガサ・クリスティは全部、読み直さないとダメだ^^;

>綾辻の『十角館』はもちろんこの作品がモチーフなわけで
おおっ!そりゃ、楽しみです。
今、小川国夫さんの『あじさしの州』を読んでいるので、それが終わったら、
『十角館』を読むことにしましょう。(すでに所有済)
あ、『アポロンの島』も手に入れましたよ。
『聖書と終末論』も読んでみたいのですが、Rymさんは読んだ?

Posted by: LIN | October 21, 2004 at 15:34

>多摩のいずみさん
>自分が書いた本すべてであります。
薄々、そうかなあと思っていたんですが、やっぱり多摩のいずみさんは
本を書く方だったのですね(^^)

>ひとり焚書坑儒であります。
ごめんなさい。
つい、ふきだしちゃった(笑)
でも、私も自分が書いた本があったら、棺桶に入れてもらいたいなあ。
作家の方は、みなさん、どうされてるんでしょうかね?

Posted by: LIN | October 21, 2004 at 15:47

『聖書と終末論』、読んでません。笑
題名からしてすでにむずかしそうな感じですね~。でもLINさん好みのエッセイかも知れませんよ。ドストも出てくるようだし。

Posted by: Rym | October 21, 2004 at 18:39

>Rymさん
小川先生ったら34才でウイスキーの飲みすぎで血を吐くですって(笑)
お茶目!
それでいて今年77才でお元気とは!
『聖書と終末論』、新品では手に入らない模様・・・
私は清潔フェチなので中古はダメなのですが、手に入れておくべきか。
悩むなあ(-_-;*) ウゥム…

Posted by: LIN | October 21, 2004 at 19:51

こんばんは~
クリスティ全冊とは!
もはや本が経帷子ですね。
天国で美味しいお酒飲んでゴロゴロしながら推理小説三昧の日々…楽しいかも。

Posted by: Mlle.C | October 21, 2004 at 21:53

地球を救う、「プリキュア」くらいでどうでしょうか?(笑)
あ、一人足りないですね・・・。

Posted by: せいこ | October 21, 2004 at 22:10

>Mlle.Cさん
>もはや本が経帷子ですね。
本は燃えにくいらしいので、クリスティ全冊は断念です。
お骨の隣に、本は燃やさないで入れるという方法はダメなのかしらん?
何しろ身近に死んだ人がいないので、お墓の仕組みがよくわかってなくて・・・^^;

>天国で美味しいお酒飲んでゴロゴロしながら推理小説三昧の日々
そうそう!
私にとって天国はそんなイメージ。
で、その合間にハリーポッターになって地球を救うわけです!(笑)

Posted by: LIN | October 22, 2004 at 09:51

>せいこさん
>あ、一人足りないですね・・・。
せいこさん!一緒に組みましょう!(・_・)/\(・_・)ナカマ!
「デュアル・オーロラ・ウェイブ!」
「光の使者(ひかりのししゃ)・キュアブラック」
「光の使者・キュアホワイト」
「ふたりはプリキュア!」
「闇の力の僕(やみのちからのしもべ)たちよ!」
「とっととおウチにかえりなさい!」
~公式ページより~

私は見た事ないんですよー。
でも、この手のアニメってぱっとつけた瞬間にやっていると
ついつい見てしまったりします^^;

あ、私がキュアブラックでいいですか?(笑)

Posted by: LIN | October 22, 2004 at 09:58

アガサ・クリスティは、じつは男性だったらしいです(暴走

というわけで、孝行息子のoverQです。
クリスティー全巻を焼くと、表面は焼けて、最後のほうのページが燃え残りそう。あの世では、解決部分が読めず、夜な夜な図書館に出没し、「犯人はだれ~?」と(笑)
…と自分で書きつつ、ちょっとこれはやってみたいような気持ちに(゚ー゚*)

天国にも本屋さんや図書館ってあるのかなぁ。
この世で燃やせば、あの世に行くなら、図書館を炎上させればよいのかもしれません(再暴走

Posted by: overQ | October 22, 2004 at 14:31

LINさん、こんにちは!
わあー、クリスティ全部だなんて、それは棺が埋まっちゃいます。(笑)
でもいいですよね、クリスティは。
天国で御会いできた時は、ぜひ貸して下さい。(爆)

Posted by: 四季 | October 22, 2004 at 17:56

>overQさん
今にもoverQさんが「うそぴょ~ん、実は女でした♪」というんじゃないかと
疑心暗鬼のLINです(笑)
まあ、実は私も写真を掲載する前は男だと思っていた人がいたようですから。
人間、完成されてくると中性に近づくらしいので、我々は大人という事で・・・わはは。

>夜な夜な図書館に出没し・・・
そのオバケは、図書館で本を読む事はできないのでしょうか?
それが可能なら私、その図書館オバケになりたいなあ・・・
結構、夜になるとうじゃうじゃいたりして(笑)

天国に図書館があるなら、大学もあって、カー様が講義してるかもしれない(・∀・)イイ!!
うわっ、もしかしたら文豪全員に会えるかも~
天国サイコー!

Posted by: LIN | October 22, 2004 at 18:33

>四季さん
>それは棺が埋まっちゃいます。(笑)
ですよね^^;

>天国で御会いできた時は、ぜひ貸して下さい。
半分ずつ持っていきましょうか?(笑)
天国にも本屋や図書館があるといいのですが・・・

Posted by: LIN | October 22, 2004 at 20:22

The comments to this entry are closed.

« セキュリティの時代がやってきた! | Main | とかげ »