« 本を買いました | Main | アメリカ大統領選挙開票中 »

November 01, 2004

新札ピン札

sinsatu.JPG
写真だとわかりにくいですが、右端にうっすらとピンクのすかしが入ってます。
これが最新テクノロジーってやつでしょうか。
一万円と五千円には左下にホログラムみたいなのが入ってますが、千円札にはありません。
銀行から記念にとピン札をもらいましたが、使っちゃうよ、わたしゃ(笑)

|

« 本を買いました | Main | アメリカ大統領選挙開票中 »

Comments

おおっ新札だ!
聞くところによると、パール色に輝く透かし(?)が入っているとか。
世界一偽造されにくいお札だと豪語してましたよ!

ちなみに私はまだ手にしてません。
いつごろ流通しだすのかな~

Posted by: Mlle.C | November 02, 2004 at 00:39

あ~っ全部揃ってるぅ!
・・・おいら今日銀行行ったけど、野口英世にしか会ってない・・・。。。。(( T_T)トボトボ

でもさー、野口英世。
記憶にあるのはノーベル賞とった後のような、もっとフケてる姿なんだけど、若すぎなぁい?
あ、そんなコト言う前にホログラムっつーものをちゃんと見ておけば良かった(まだお財布に残ってるかなぁ>だって飲んじゃったもーん♪)

Posted by: ponsuke | November 02, 2004 at 01:43

野口英世がお札になったということには、「何を今更」という
感じしかしませんね。あれだけ日本国家も学界も無視し続け、
徹底的にいじめ抜いたのに、今になって紙幣にするなんて、
ホントに冗談がきついです。
ちなみに、銀行については北健一著『その印鑑、押してはいけ
ない』(朝日新聞社、税込み1365円)がおすすめです。

Posted by: 多摩のいずみ | November 02, 2004 at 02:43

>Mlle.Cさん
>パール色に輝く透かし(?)
右も左もやたらキラキラしていてウソっぽいお札です(笑)
昨夜、樋口一葉物語をTVでやっていたのを見たのですが、
何もこんな薄幸な人をお札にしなくても・・・と思ったのは
私だけ?

>世界一偽造されにくいお札だと豪語してましたよ!
「今度こそ頼むよー」と思いますよね。
これで半年で偽造されたら、造幣局の誰かの首が飛ぶんでしょうか?
あっはっはっ!

Posted by: LIN | November 02, 2004 at 08:50

>ponちゃん
野口英世・・・ホントだ!
なんちゃって野口英世って感じだよ!
誰なんだ、こいつは!(笑)

どうせお札にするならさあ、業績とかも大事なんだろうけど、
もうちょっと肖像として見栄えのする人にしてほしいと思わない?
樋口一葉なんて、昨日TV見てたら、20代前半で死んじゃったんだよ。
お気の毒だとは思うけど、縁起でもないのであまり5千円札、持ちたくない・・・
そういえば、2千円札はどこにいったの?(笑)

Posted by: LIN | November 02, 2004 at 08:57

>多摩のいずみさん
>日本国家も学界も無視し続け、徹底的にいじめ抜いたのに・・・
えっ!そうなんですか!
それはどういう理由からなんでしょう?
多摩のいずみさんは、ホント、博識でいらっしゃるのですね。

Posted by: LIN | November 02, 2004 at 09:23

偽造防止はホログラムに任せておいて、写楽の役者大首絵や
歌麿の美人大首絵をど〜んと載せたお札を持ってみたいな。
肖像に選ばれる人って、とてつもない大物でもなく、かとい
って小物でもない。そんな「中物」の感じが私は嫌いなんです。

Posted by: 左半治 | November 02, 2004 at 10:50

理由は簡単で、野口は大学を出ていないからです。
高等小学校を出た野口は、北里柴三郎が所長を勤める伝染病
研究所に入り、その後アメリカのロックフェラー研究所に移り
ますが、それも野口が学歴が無く国内に職が無いため。そして
梅毒トレポネーマの純粋培養などで名声を上げて帰国しました
が、やはり学歴が無いために大学教授や研究員としての誘いは
ひとつも無く、結局はロックフェラー研究所に帰ることとなり
ます。学歴だのというつまらないことにこだわるのは、今も同
じですけれどね、この国は。

Posted by: 多摩のいずみ | November 02, 2004 at 10:55

>左半治さん
おおっ!写楽、ばばーんと派手でいいじゃないですか!
せっかくだからオールカラー印刷にしてほしいですね。
その流れで、棟方志功あたりも一緒にどうでしょう?

野口英世も樋口一葉も偉人なのでしょうが、何か二人とも薄幸そうな感じが
写真からも伝わってきて、お札には不適切のような気がしてなりません。

>そんな「中物」の感じが私は嫌いなんです。
確かに!
あれは、各記念館とか団体から圧力でもかかるんですかね?
「次こそはウチの野口を是非!」みたいな・・・

まあ、もう決まっちゃったので、できるだけ5千円札と千円札は
お財布に入らないようにしたいです。((┌(。△。)┐))ワッハッハ

大きく出た(笑)

Posted by: LIN | November 02, 2004 at 11:49

>多摩のいずみさん
>野口は大学を出ていないからです。
ええっ!!!そんな理由なんですか!
いいかげん、学歴主義じゃダメだという事に気づいてほしいですね。

大学で助教授とか講師やっている奴を何人か知ってますが、これがまた
話がつまらない、つまらない。
高卒で自分一代で事業を起こした人の話の方が、断然、迫力があって
おもしろいです。
所詮、雇われている人間というのはぬるま湯なのでしょう。
その点、どんな小さい会社でも、経営者というのは日々、戦いなわけですから、
緊張感がみなぎってますよね。

あ、論点がずれました(笑)
早く、実力主義の国になってほしいですね。

Posted by: LIN | November 02, 2004 at 12:05

>所詮、雇われている人間というのはぬるま湯なのでしょう。
まあ、日本の大学の頂点である東大を卒業した人間のほぼすべ
てが、大企業や官庁といった出来合いの組織の中で、看板を掲
げてふんぞり返ることしか知らないわけですから。
こうした事実には、誰も反論できないはずです。戦後、東大を
卒業した人間のうち、事業をおこして成功した人間は1人しか
いないわけですから。

Posted by: 多摩のいずみ | November 02, 2004 at 14:24

>多摩のいずみさん
親が子供を「いい大学に入れれば安心」と思うのも、このあたりの事実から
きているのでしょうね。
そういう体質が変わらない限り、学校はいい大学やいい企業に入るための
予備校になってしまってすごくつまらないと思います。
最近、読書を通じて歴史や哲学にふれるたびに、暗記ばかりだけでなく
もっと深く掘りさげた授業をしてほしかったと、自分の事は棚にあげ
ついつい思ってしまいます。

Posted by: LIN | November 03, 2004 at 09:12

>野口英世も樋口一葉も偉人なのでしょうが、何か二人とも薄幸そうな感じが写真からも伝わってきて

分かります(笑)
「極貧」とか「借金地獄」って言葉が浮かんでしまいますw
そんな二人がお札になるって、なんか複雑。

福沢さんだけが続投なのはやはり小泉さんが慶應ボーイだからですかね。

Posted by: Mlle.C | November 03, 2004 at 23:42

>Mlle.Cさん
>そんな二人がお札になるって、なんか複雑。
でしょ?でしょ?(笑)
よりにもよってこの二人?という感じがします。
だったら、上で左半治さんが書いていらっしゃいますが、写楽とか歌麿の絵なんて派手でいいですよね。
持っていて楽しいし、外国人もおみやげがわりになるじゃない?
まったく、日本政府はセンスがないんだから!

>小泉さんが慶應ボーイだからですかね。
あ!そうかもしれないですね!
だったら大隈重信もお札にしてやればいいのに・・・
と、ここで調べてみたら、早稲田OBの小渕首相が大隈重信の二万円札を
考えていたらしい。
二千円とか二万円とか使いづらいってわからないのかなあ(笑)

Posted by: LIN | November 04, 2004 at 09:33

うわー。全部揃ってるぅー。いいなぁ。
わしは、まだ見てません。^^;

それにしても2000円札とかいうの、どうなっちゃたんでしょう? 今度、券売機や自販機が一斉に取替えになったそうですけど、やっぱり2000円札は使えないのかのぅ?

Posted by: ayaran | November 04, 2004 at 16:54

>と、ここで調べてみたら、早稲田OBの小渕首相が大隈重信の二万円札を考えていたらしい。

げっ! ほんとですか?
小渕さんが急逝しなければ実現していたのかなあ。
でも実現したところで、二千円札と同じ運命を辿っていたのかも。。

Posted by: Mlle.C | November 04, 2004 at 22:30

ひぇぇぇ。
さっき、財布をのぞいたら、野口英世がいましたぁ!! いつのまにお釣りで貰っておったらしい。

Posted by: ayaran | November 04, 2004 at 23:19

>ayaranさん
>いつのまにお釣りで貰っておったらしい。
ウケた(≧∇≦)ノ彡
ayaranさんが気づかないほど野口英世は影が薄いということか(笑)
二千円札って使いにくくなかった?
だって、少額の商品を買ったら、改めて千円札をおつりとして
もらうわけでしょ?
レジの人も手間がかかるじゃん?
そういう点で500円札を500円玉にしたのは正解だよね。
あ、もしかして、ayaranさんは若いから500円札、知らなかったりして・・・
そしたら、私、凹む。_| ̄|○

Posted by: LIN | November 05, 2004 at 09:59

>Mlle.Cさん
>げっ! ほんとですか?
こちらにそれに関する記事があります。
http://www.ryukyushimpo.co.jp/kinkou/kin09/k991028.html

>二千円札と同じ運命を辿っていたのかも。。
多分・・・(笑)
上の記事にも書いてありますが、経済学者が「おつりがはんぱでまちがえやすい」
という指摘をしたらしいです。
それなのに、あえて発行した理由がわからない(笑)

Posted by: LIN | November 05, 2004 at 10:30

いやん。岩倉さん、しっかり覚えてますよぅ^Q^

Posted by: ayaran | November 05, 2004 at 13:22

>ayaranさん
>岩倉さん、しっかり覚えてますよぅ^Q^
よかったー(´▽`) ホッ
新紙幣が20年ぶりという事実にもびっくりです。
「新渡戸稲造?誰、それ?」と思ったのはつい昨日の事のような気がするのに・・・
年を取ったのう・・・しくしく

Posted by: LIN | November 05, 2004 at 13:54

改めてシミジミ見ると、樋口さん、お札にするとノッペリしすぎてなんか怖いです。
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

普通の絵なら美人なんだろうけど、お札のように線で表したらホトンド能面…(以下略)


そうそう、
新札のホログラムね。
熱にむちゃくちゃ弱いらしいですよ。
だから結婚式前に財布にピン札が無いからって、折れた札にアイロンを当てちゃったりすると、ホログラムがコゲて偽札扱いになるんだとか。

…っていうか友人が先日やってましたから(笑)。
みなさまお気をつけあれ。

Posted by: ろぷ | December 20, 2004 at 11:24

>ろぷさん
樋口ちゃん、確かにちょっと人間離れした顔ですよね。
こういうオバケだといわれれば、納得してしまいそうです。
野口君も、ひげがどうにも胡散臭い・・・

( ̄◇ ̄;)エッ、ホログラムにそんな弱点があるのですか!
この間、TVで今はスーツの上からでもカードをスキャニングできるとかいっていて
最新技術はどうも信用できません!
銭形平次みたいに50円玉をひもでまとめて持っているのが
一番、安全かもー( ̄∀ ̄*)イヒッ

Posted by: LIN | December 20, 2004 at 23:19

The comments to this entry are closed.

« 本を買いました | Main | アメリカ大統領選挙開票中 »