« 『赤い長靴』by江國香織 | Main | SMAPの夢 »

January 21, 2005

『ゆっくりさよならをとなえる』by川上弘美

ゆっくりさよならをとなえる
川上 弘美

新潮社 2004-11
売り上げランキング 4,138

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

以前、この人の『センセイの鞄』を読んで以来、苦手意識がある。
エッセイだから大丈夫かと思ったが、何か苦手。
なんでだろう?

しかし、彼女の食への執念みたいなものは好きだ。
本人曰く「食べ物に関して意地汚い」んだそうだ。
こんな記述がある。
「風邪をひく。おなかにくる風邪である。食欲がない。お酒が飲めない。とても悲しい。」

うんうん、よくわかるよ。
私なんか、昼食食べながら、「今日の夕食、何、食べよう」って
考えてるもんなあ・・・

そんな川上さんが、ずっと「何か食べたいんだけど、その何かがわからない」と思っていて
とうとう「これだ」と発見したのは<オクラのおろし和え>だそうだ。
<オクラのおろし和え>はぴんとこないけど、そのメニューが掲載されているという
『檀流クッキング』はほしいぞ。
早速、Amazonでぽちっ。

檀流クッキング
檀 一雄

中央公論新社 2002-09
売り上げランキング 7,032

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

ついでに、料理本を2冊。
ウチの近所にあったのに撤退してしまって残念だと思っていた「ベーグル&ベーグル」の
レシピ集。

BAGEL&BAGELオリジナル・レシピ集―We Love Bagel! 超人気べーグル専門店のとっておき133レシピ、初公開
BAGEL & BAGEL

PARCO出版 2003-11
売り上げランキング 867

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

そして一度、行きたいと思っていた「アロマフレスカ」のパスタブック。
現在、「アロマフレスカ」は休業中で、品川で「アロマクラシコ」営業中。

「アロマフレスカ」のパスタブック―予約のとりにくいイタリア料理店のシェフが、プロの手のうちを明かす
原田 慎次

講談社 2001-06
売り上げランキング 65,687

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

|

« 『赤い長靴』by江國香織 | Main | SMAPの夢 »

Comments

LINさん、こんにちは。

私も今まさに『ゆっくりさよならをとなえる』を読書中です。
私の場合、『センセイの鞄』も好きですし、エッセイも好きでしたので今回の『ゆっくりさよならをとなえる』も楽しく読んでいるところです。
私も『檀流クッキング』読んでみたくなりました~!たぶん買っちゃいます(。-_-。)ポッ

Posted by: みらくる | January 21, 2005 at 14:54

わ~~!お料理の本がいっぱい!
LINさん、レシピ100に向かって頑張ってるんだね~~。(^o^)丿
ベーグルと言えば・・・、以前私の作ったベーグルを食べて、あまりのかたさに、歯のつめものがとれた夫。(>_<)
それ以来、避けてます。(くぅ・・)

Posted by: ワルツ | January 21, 2005 at 21:01

オクラのおろしあえについて。
壇流クッキングでは、この食物の作り方について、実質的には一行しか記述がありません。
これだ!

「(オクラを)小口切りにしていって、これを大量のダイコンおろしの中にまぜ合せるのが、随分とおいしい」

ただ、そのあと、重要な注釈がつきます。

「必ず、しばらく、冷蔵庫で冷やすのが、おいしい」
「冷蔵庫から取り出して、もう一度まぜ直し、レモン酢、ユズの酢、ダイダイ酢など、とお醤油をかけていただくのが、最高によろしい」
「トロトロのねばりが、ダイコンにまでうつるのである」

めちゃめちゃおいしそうな描写!
実際に作って食べると、でも、どうってことないかもしれません。
リョーリは思い込み!

あと、トッピングの問題を、壇一雄はしつこく吟味しています。

「チリメンジャコ等を加えるのもおいしいけれども、やっぱり芝エビの塩煮のムキ身が、色も姿も美しい」
「ハマグリのユデムキか、アサリのユデムキとか、何を加えても、手軽で、複雑な味のお惣菜になるだろう。
しかし、繰り返すように、芝エビのムキ身をまぜ合せるのが一番、おいしい」

芝エギのムキ身らしいです。狂ったように絶賛してます。
文章を読んで、じゅうぶん洗脳されてから、いただくと、たいへんおいしいです☆

Posted by: overQ | January 21, 2005 at 21:07

川上弘美さんは食べることにすごく執着があるようで、そういうとこは好きです。(不思議ちゃんぽいとこは苦手ですが…)
たしか私生活では二人のお子さんのお母さんだったはずなので、いつもおいしいご飯をつくっておられるのでしょうか。羨ましい。
でも味の趣味が渋そうだから、案外子供たちには不評だったりして。

檀一雄さんは『火宅の人』などでも豪快に料理する場面が出てきますね。
大量につくって食べきれず腐らせちゃう…ということもあったようですが、料理のうまい父というのも羨ましい。羨ましいぞ、檀ふみ。

オクラ、美味しそうですね。
子供の頃は嫌いだったのですが、最近突然好きになりました。
あー、お腹空いてきた。

Posted by: Mlle.C | January 21, 2005 at 23:56

つい先日「蛇を踏む」と「センセイの鞄」を
読みました。
話題の川上弘美さんってこんな方だったのかと
脱力中です。いい意味でもちょっとそうでない意味でも…。
すこーしだけ、武田百合子さんを思い出してしまいました。すごい見当ハズレかもしれないですが。
べーグルの本、欲しい!
パスタブックのサブタイトル、強烈!!
オクラのおろし合え、むちゃおいしそう~!!!

Posted by: ねる | January 22, 2005 at 08:03

>みらくるさん
今、みらくるさんのBlogを拝見しました。
読み終えられたのですね。

『檀流クッキング』はAmazonで検索したら色々な種類があって
在庫切ればかりで中公文庫BIBLIOというのだけがあったので
慌てて買いました。
みらくるさんも買いましょ♪買いましょ♪

Posted by: LIN | January 22, 2005 at 09:48

>ワルツさん
>歯のつめものがとれた夫。(>_<)
でも、そこまでして食べようとしたご主人はなんとお優しい♪
きっとワルツさんとこ、ラブラブなんでしょうね。
コノコノォ( ^∇^)σ)゜∇゜)ゞ イヤァー

>レシピ100に向かって頑張ってるんだね
おいしいもの食べたさ一心です(^^;
外食とかデパ地下に飽きました・・・
年齢的にも肉や油っぽいものがあんまり食べたくなくて
野菜や魚を体が要求するんです。
外食はどうしても肉料理が多いんですよね。
ワルツさんが作った煮物が食べたい~

Posted by: LIN | January 22, 2005 at 10:30

>overQさん
川上さんが書いた文を読んでもまったくそそられなかったのに
overQさんのコメントを読んで、今すぐ「オクラのおろしあえ」が
食べたくなりました。
書いてある事は同じなのに、なぜなんでしょう?
川上さんはこう書いています。

「オクラの実をハシから、小口切りにしていって、
これを大量のダイコンおろしの中にまぜ合わせるのが随分とおいしいものだ」
といわれても、そんなかなあ、とちょっと疑う。
「ダイコンおろしにまぶしつけたオクラは、必ず、しばらく、
冷蔵庫で冷やすのが、よろしい」
冷やして何か変わるのかなあ。
「冷蔵庫から取り出して・・・」

料理のレシピを紹介する時はoverQさんのように一気に書いた方が
おいしさが伝わりますね。
川上さんは途中でイチイチ、注釈つけているから伝わらなかったんだ(笑)

>複雑な味のお惣菜になるだろう。
最近、気がついたのですが、料理は最低でも三種類以上の
材料を混ぜた方がおいしゅうございますね。
キャベツだけの漬物より、キャベツときゅうりと人参の漬物の方が
味が複雑になって断然、おいしい。
芝エビのむき身、是非、混ぜてみたいと思います。

Posted by: LIN | January 22, 2005 at 10:41

>Mlle.Cさん
川上さんも不思議ちゃんなのですか?
昨日、金スマに岩井志麻子さんが出演されていたのですが
かなりの不思議ちゃんでした(笑)

>味の趣味が渋そうだから
酒飲みが好きそうな料理が多いですよね。

>檀ふみ。
あれ?まだ独身なんでしたっけ?
阿川佐和子さんと共に元祖負け犬?(笑)

>最近突然好きになりました。
そういうのある!ある!
酢の物なんて子供はキライだけど、大人は好きですよね。
私もネギ系がずっとダメでしたが、今、思えば
ネギを入れないでよくそばが食べれてたよなあ・・・

Posted by: LIN | January 22, 2005 at 10:58

>ねるさん
>武田百合子さんを思い出してしまいました。すごい見当ハズレかもしれないですが。
見当ハズレじゃないです。
このエッセイで「冬の夜にすること」として「武田百合子の本を読む」と
書いていらっしゃいます(*^^*)
きっと影響を受けているのでは・・・

>べーグルの本、欲しい!
この本、評判いいみたいです。
ベーグルサンドの具のアイデアもさることながら、
「ベーグル&ベーグル」のベーグルが作れちゃうというのが
人気の秘密。
また、本が届いたら、詳しい内容をアップしますね♪

>オクラのおろし合え、むちゃおいしそう~!!!
ねるさんの「ブロッコリーのパスタ」もすごくおいしそう~
今度、トライしてみま~す。

Posted by: LIN | January 22, 2005 at 11:10

そうですねぇ。
あわないものは、水と一緒でしょうがないですね。
川上さんは、多分、内田百けん先生から、
かなりインスパイアされてると思います。
百けんの御馳走帖にでてこなかったかなぁ?
と思ったのですが、思いだせません。ふむ。

あ、スレ違いなのですが。
岩井志麻子さんの、ぼっけぇ、きょうてぃは、
恐いというより、せつなかったです。
私も、昨日、金スマみてましたよ。
物語よりも、本人が一番恐そうですよね。
やはり、お会いしてみたいです。笑

Posted by: pico | January 22, 2005 at 21:18

>picoさん
picoさんに岩井さんが金スマに出る事、お知らせしなくちゃって
思っていたんです。
ご覧になったんですね。よかった(*^^*)
岩井さん、強烈でしたねえ(笑)

>百けんの御馳走帖にでてこなかったかなぁ?
この本、気になってました。
買っておくべき?

Posted by: LIN | January 23, 2005 at 10:48

The comments to this entry are closed.

« 『赤い長靴』by江國香織 | Main | SMAPの夢 »