« 『イン・ザ・プール』by奥田英朗 | Main | ニヒル牛 »

February 04, 2005

孤独と犯罪

今朝、ニュースで、20年近く家に引きこもっていた36歳の男性が両親を殺害したという事件を
改めて検証していた。
寝たきりの母親、看病疲れの父親、多額の借金。
それでも対人恐怖症で外で働くことができない加害者は深い絶望感に襲われ、
両親を殺害し、自分も自殺しようと思ったという。

何ともいえない気分でインターネットをつなげると、今度は
横浜で小学校6年生が自殺したというニュースが目に入る。
詳しい理由はわかっていないが、遺書には
「自分は悪い子です。今までありがとう。ごめんなさい」などと書かれていたという。
それにしても小学生が自殺するなんて・・・

そして、愛知のスーパーで起きた殺人事件。

こうなる前にどうにかできなかったものなのか。
誰か相談する相手はいなかったのか。

私が子供の頃を思い出す。
道端で近所の人たちが集まっていつもおしゃべりしていた。
夕方、買い物に行けば、八百屋さんやら魚屋さんとお客がまたおしゃべり。
「LINちゃん、さかあがりできないんだって」といつのまにやら、近所のおばちゃんに
ばれてるし!

今はスーパーもレジを通すだけ。
しゃべらないつもりでいれば一日、誰とも話さずに済む。
いや、話したくても話す相手がいないのではないか。

改まった公共機関ではなく、もっと身近な地域社会で、
気楽に話せればと、ふと、思った。

とはいいつつ、私も隣の人の家族構成さえよくわかっていないのだが・・・

|

« 『イン・ザ・プール』by奥田英朗 | Main | ニヒル牛 »

Comments

こういった事件の報道を見ていると、事件にいたってしまった理由や事情がクローズアップされますよね、僕自身はいつもその理由や事情を知るたびに「そんな人生おくればこんな事になってもしかたないよねぁ〜」みなたいいわけ聞かされているみたいでスイッチを切りたくなります。

生きることに理由や意味や価値を求めるあまり、それを無意味に思えた時に自暴自棄になって事件が起きたているように思えますが、僕は生きるという行為は本能なのだから、そこに高尚な理由や意味、価値を求めてちゃいけないんじゃないかな〜なんて逆説的に考えたりします。 思考と生存行為は別物にしないとダメかなって…、どんなに悲しくて、苦しくてもお腹がすいてり、トイレにいったり、オナラとかしたりすると、ああ今の悩みや苦しみと生きるという行為は全く別物なんだ〜なんて思えて、どんな苦悩をかかえても、それが解決できなくても、それで死ぬことはないんだと思えれば結構気が気が楽になったりします。

Posted by: シン ・オオバ | February 05, 2005 at 02:34

先日の「悪人正機」について再考いたしました。
「悪人を救済するということは、犯罪を防止するという観点からも必要なことでしょう。
いうまでも無く、「善人」も救済されなくてはなりません。何の落ち度も無いのですから。

悪人の救済=更正はまったく改善されず、
無条件で必ず救済されなくてはならない善人も苦しみ続けなければならない。
そんな現代日本を「地獄」と思うのは私だけでしょうか。

Posted by: 多摩のいずみ | February 05, 2005 at 08:26

ですねぇ…
最近の都会の人間関係って、昔ながらの地域社会みたいな横のつながりじゃなくて「会社を通して」とか「サークルで」とかいった組織やグループの縦のつながりがメインになっちゃってますもんね。
「隣の県に住んでる同僚とは親しいけど、我が家のお隣さんの顔は知らない」みたいな。

んでその組織に入れない人は、もうどうしていいかわからなくなっちゃうのかなぁ。ドコまで行っても犯人は許されない事をやったんだから罪を償うのは当然なんだけど… なんかその他にイロイロ考えちゃいますね。

んまぁ「死にたい」って気持はわかるけど、僕にはどう考えても「殺してやる」という感覚だけは理解できないけどね。理解する気も無いし。

Posted by: ろぷ | February 05, 2005 at 08:34

>シン・オオバさん
確かに!
現代人は頭で考えすぎるのかもしれないです。
もっとシンプルに、体を動かせば、悩みはなくなるのかも・・・
フルマラソンなんかやったら、余計な事、考える余裕なさそう。
そうそう、自転車の方はいかがですか?
寒いですから風邪に気をつけてくださいね♪

Posted by: LIN | February 05, 2005 at 10:34

>多摩のいずみさん
まったくです。
昨日、愛知の事件で殺された子供が、いったい、何をしたというのでしょう。
たまたま、その場所にいたというだけなのに・・・
そしてそのご両親の気持ちを考えると・・・
日本は日本独自の道徳感みたいなものがあったのに、
崩れつつありますね。
子供たちには、受験勉強の前に、もっと基本的な道徳や倫理を
教える機会が必要なのかもしれません。
あ、大人もね。

Posted by: LIN | February 05, 2005 at 10:46

>ろぷさん
ご近所以外の人間関係もちょっと怪しかったりしますよね。
友人もどきはいるけど、本当の友人っているのかなあって。
今の若い子たちって、友人の前で悩みとかいわないんじゃないでしょうか。
そういうのはカッコ悪いみたいな。

>「殺してやる」という感覚だけは理解できないけどね。
最近の殺人は恨みとかじゃないんですよね。
自分自身の生活がうまくいってないから、ついでに他人を巻き込むというケースが
増えているような気がします。
こういう相手を選ばない殺人が増えるというのは怖いですね。

Posted by: LIN | February 05, 2005 at 10:59

LINさん、おはようございます!
人を傷つけたり、殺したりしてしまうのは、
孤独をきちんと愛せないなからなのだと思ったりです。

殺しはともかくとして、生きているうちに、
何らかの形で、何かを傷つけることは生じてきます。
そして、傷つけられることも。
でも、あまりに摩擦がないことで、傷の痛みがわからなくなっていることもあるのかもしれませんね。
想像力が欠如して、どんどんバカになってますね。
記憶あやふやなのですが。以前、ニュース23で、
「何故、人を殺してはいけないのか?」のアンケートに、
きちんと教えられる自信がないという人が多かったのに大変、驚きました。
腐りきってます。ぶんぶん。
LINさん!私達、愛の天使!!!がんばりましょうねっ!!!

PS.昨日、愛知の例の事件を知らずに、
  件のスーパーをうろちょろしていました。
  異様な雰囲気におされ、すぐに帰ってきたのですが。
  夜、ニュースで知って、愕然としました。
  恐いですね。。。

Posted by: pico | February 05, 2005 at 11:26

愛知の事件はかなりショックですね。私も子どもの手を引いて歩くとき、
正直まわりを気にすることが多くなりました。

犯罪に関してコメントする力量はありませんが、それを生む社会について
は、シン・オオバさんの書かれたことに目から鱗がおちた感じです。

悪い意味で、生きる意味とか価値とかを追い求めすぎるんじゃないか・・
というのは感じますね。イヤでも意味を問われるときが来ると思うのですが。

Posted by: shosen | February 05, 2005 at 22:30

>picoさん
まあ、あのスーパーはpicoさんちのご近所だったんですね。

>孤独をきちんと愛せないなから・・・
まったくです。
恋愛においても、一人の時間を楽しめない人は、
ぐずぐずの恋愛になりがちですよね。

>何故、人を殺してはいけないのか?
受験勉強なんていいから、こういう事をもっと学校で
話し合えばいいのにと思います。

>私達、愛の天使!!!がんばりましょうねっ!!!
がんばりましょう♪ダキ♪(●´Д`人´Д`●)ギュッ♪
何かチーム名、決めます?(笑)

Posted by: LIN | February 06, 2005 at 11:11

>shosenさん
その後、ニュースで犯人の所持金がほとんどなかったと
いっていました。
そういう意味でも刹那的になっていたのでしょうか。
出所していきなり社会に放り出す今のシステムにも
問題があるような気がします。

>生きる意味とか価値とかを追い求めすぎるんじゃないか・・
同感です。
多くの人が生きる事に迷いを感じている今こそ、
もっと気軽にお寺を活用できないのかなあと
素人考えで思うのですが・・・

Posted by: LIN | February 06, 2005 at 11:27

生存することさえ難しい環境で生きていることを思えば、贅沢な悩みなのかもしれませんね、

>フルマラソンなんかやったら、余計な事、考える余裕なさそう。
仕事でつかれて家に帰っても、なかなか寝付けず、寝ても仕事の夢をみたりして全然疲れが取れない日々がありましたが、
運動をすると、何も考えずに眠れてすっきりしました

冬の自転車通勤も毎日ではないですが続いております。
一年で5000キロほど走りました。

Posted by: シン ・オオバ | February 06, 2005 at 22:04

>シン・オオバさん
私は運動が苦手なので、自転車通勤を続けているシン・オオバさんを
尊敬します。
飽きずに続けられる運動はないものかと日々、考えてはいるんですがねえ。
武道はちょっとやってみたいような。
特にカンフー!

Posted by: LIN | February 07, 2005 at 08:16

The comments to this entry are closed.

« 『イン・ザ・プール』by奥田英朗 | Main | ニヒル牛 »