« 『魍魎の匣』by京極夏彦 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第10回 映画になったら見てみたい本はなんですか?」 »

February 12, 2005

彼らの演奏に神を見た!

きみ駒さんとこで発見したネタです
(っていうか本人たちはネタでやってるわけじゃないと思うけど 笑)
私も、いろいろなライブに行っているし、ちょっとやそっとの演奏じゃ驚かないはずなんだけど、
これはすごいです!
逆に中途半端なJポップスに「おまえら、このくらい、やってみぃ!」っていいたい(笑)

まあ、とにかく聞いてみて
私は笑いすぎて、お腹が痛いです・・・

|

« 『魍魎の匣』by京極夏彦 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第10回 映画になったら見てみたい本はなんですか?」 »

Comments

す、すごいものを聴いてしまった…。

小学校時代の吹奏楽部すら、ここまで壊滅的な演奏はしてませんでしたよ。
ある意味貴重な一枚ですね。

Posted by: Mlle.C | February 12, 2005 at 17:16

これうちの掲示板でもむかし話題になりました(笑)
CDまるごと欲しいっすよね。このサックス大好き(笑)

でもこれって本気なのかなあ。テンションとかで判断するに本気っぽいけど。
いや、アメリカにレッドクレイオラってバンドがあって、その人たちは壮大な政治的・音楽的思想があって(判断できないけど・笑)わざとこれと同じようなへたくそな演奏をかれこれ30年くらいやってたりするから、この人たちももしかしたら、なんてつい深読みしてしまうんです。

Posted by: bicco | February 12, 2005 at 19:02

わろた。(=≧ ェ ≦=)
音楽が好きで好きでしょうがなくって、
強烈に片想いしてる狂乱のサックス奏者に完敗!

Posted by: pico | February 12, 2005 at 20:47

わっはっははっはれいぇbdjzkfysふぁ・・・
笑い声まで不規則サウンドにさせる強烈さ!
いやぁ、LINさん・・・。
久々にパソコンの前で声をあげて
笑ってしまいましたよ。
しかし、どんな評論より冷徹なのは
練習スタジオで録った生テープですね。
私にも覚えがあります。

Posted by: 左半治 | February 13, 2005 at 16:41

>Mlle.Cさん
ここまでの演奏は「やってみろ」っていわれても
そうそう、できませんよ~
上手に演奏する事がつまらなく思えてきたほどです。
学校教育では全てにおいて間違っちゃいけないって教わるわけですが
間違っても楽しいんだよーって教えてあげるのもいいんじゃないかと
いろいろ、考えさせられたサウンドでしたヽ(´ ▽`)ノ

Posted by: LIN | February 14, 2005 at 09:47

どわ〜っはっはははは!!!!
1曲目で鼻水ずる〜っ☆
なんか、三半規管弱くて、車酔いしちゃいましたー
て感じなんですけど。ぶふふふふ!

・・・社長のいない事務所で、ひとりお留守番しながら
心おきなく、大声で笑かしてもろたデス。
ぶーっ(も1回聴こ)

Posted by: ponsuke | February 14, 2005 at 10:06

>biccoさん
CDがあるなら是非、ほしいっ!

>つい深読みしてしまうんです。
私も大笑いした後、いろいろと考えさせられました。
間違えないように演奏するのが音楽ではないといっているんじゃないかと。
ジャズも何だかんだ規則性がありますしね。
前衛的だといわれたジャズも今や、すっかりムードミュージックに
なりさがってしまってCDショップの売場は狭くなるいっぽう・・・
ラップも何だか全部、同じようにしか聞こえないし。
最近、音楽がつまらないと思っていたところにこの演奏。
あれだけ音をはずしていて不快な気分にさせないというのが
スゴイです(笑)
そういえば、菊池成孔さんはその後、ジャズ活動は
なさっているのでしょうか?

Posted by: LIN | February 14, 2005 at 10:09

>picoさん
笑いは体にいいです。
おおいに笑いましょうヽ(´ ▽`)ノ

>狂乱のサックス奏者に完敗!
狂乱・・・憧れます。
先日、バーにて隣の客に「うっせえんだよ、このヴォケ!」と
怒鳴りたくなるような場面があったのですが、ぐっと我慢して
ニコニコ愛想笑いをしてしまった私はホント中途半端です。
今年は「狂乱」を目標にがんばりたいと思います(笑)

Posted by: LIN | February 14, 2005 at 10:16

>左半治さん
笑いの帝王、左半治師匠に笑っていただけるとは光栄であります( ̄- ̄)ゞ

>練習スタジオで録った生テープですね。
あれには打ちのめされますね。
そんなテープが何本も残っているので、
自分が死ぬ前に燃やしてしまわねばと思いつつ
老後に聞くのもいいかしらんと考えたりしています。
左半治さんも楽器をやられるのですか?
実はponちゃんとこの権造といつかセッションしましょうという
話になっています。
その時は左半治さんも参加しませんか?(笑)

Posted by: LIN | February 14, 2005 at 10:22

>ponちゃん
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
ね、ね、笑えるでしょう?

>も1回聴こ
でもって、クセになるでしょう?(笑)
これだけ音をはずせるってある意味、天才!

映画「ラブレター」でじーんとして、今度は大笑いして
ponちゃん、大忙しだね(笑)

Posted by: LIN | February 14, 2005 at 10:43

The comments to this entry are closed.

« 『魍魎の匣』by京極夏彦 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第10回 映画になったら見てみたい本はなんですか?」 »