« 愛とかaikoとか | Main | 小松が気になる・・・ »

March 04, 2005

『世界一の金持ちになってみろ!』by竹村健一・堀江貴文

世界一の金持ちになってみろ!―単純に考えればうまくいく
竹村 健一 堀江 貴文

太陽企画出版 2004-10
売り上げランキング : 1,495

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フジテレビ日枝会長の今朝のインタビュー。
「テレビがネットにのみ込まれることは絶対にない」
それを見て、私はのけぞりそうになった。
本気でいっているのか?
ここ数年、テレビの視聴率がどんどん下がっている事を知らないのだろうか。
そもそも、日枝会長はインターネットを日常的に利用しているのだろうか・・・

この本で堀江社長はこういっている。
「もっと若い人たちの力が伸ばせるシステムをつくっていかないと
日本は今後、衰退の道をたどるよりほかなくなってしまいます」

まったくだ。
会社や上司って既存の価値観を押しつけるから、
若い人の新しいアイデアとか意見がなかなか通らないんだよね。
そういう会社って遅かれ早かれダメだけど。

最近、年上のおじさまたちに「LINちゃん、Blogって何なの?」とよく聞かれる。
一応、説明してあげるんだけど、なかなか理解してくれない(笑)
自分でやってみるのが一番なんだけどなあ。
日枝会長も今頃、年下の女の子に「○○ちゃん、Blogって何なの?」って
聞いているのだろうか(笑)

|

« 愛とかaikoとか | Main | 小松が気になる・・・ »

Comments

日枝さんもほりえもんも言ってることが
ずれてる気がしてならないのは僕だけでしょうか?
将来的にはインターネットは既存のメディアより
はマシになるでしょうが、インターネットが
主役に踊り出るのは一時的だと思うんだけどなぁ。
大きな価値観がぶっ壊れて、小さな価値観が
点在して細切れになってる価値観のそれぞれを
まとめあげるのは至難の業ですよ。
勝ち負けでいったら、相対的なものでしょう。
もう大勝ちできる時代じゃないと思う。

Posted by: ベル | March 05, 2005 at 00:19

年上のオジサマにブログを説明…。
去年の今頃、会社でもかなりPCを使ってる人にしました。
(書類はTexで作成、プログラムもささっと作るレベル)
そういう人でさえも、ブログの肝心な部分ってわかってくれなかったなぁ。

興味はもってもらえましたが。

顧客へのお知らせは郵便じゃなくて極力メールにしようっていう発言、
社内の連絡はブログ形式でという発言、
ことごとく蹴られても、がんばります、わたし。

LINさん、オジサマへのブログ普及、大変だけどがんばりましょうね、お互い(笑)


Posted by: ne_san | March 05, 2005 at 01:25

 日枝会長は今頃、年下の女の子に「なんであの人、ホリエモンって呼ばれてるの?」と聞いているような・・・。(^_^)

 「blogって何なの?」と聞かれたら、「英語でカエルという意味です」と親切に
教えてあげましょうネ。

 LINさんも、パソコン・メーカーのように「有料サポート」にしてはいかがですか?

 さて、少しはマジメなコメントを。
 今回の衝突は、余りに極端すぎる方同士なので、余計にややこしくなっているような気がします。
 お互い大人なんでしょ!と誰も教えてくれないのかな?

Posted by: Yossy-Mitty | March 05, 2005 at 01:48

>ベルさん
堀江社長も決して好きなわけじゃないんだけど
古い体質にしがみついてるオヤジたちよりいいんじゃない?

>インターネットが主役に踊り出るのは一時的だと思うんだけどなぁ。
うーん・・・
現代人はこれだけ忙しいのに、気になるドラマが21時からだからって
その時間に帰ってこいというTVというメディアってどうなの?
録画したってそれを見る時間ないし、そもそも録画じゃ、
CMカットできるから広告主にとっては意味がないし。
これだけ世の中が多様化しているのに
ひとつのジャンルに特化できないTVというツールって
もう古いんじゃないかな?
私は、一日中、落語ばかりやっている落語チャンネル
作ってほしいよ(笑)
ネットではあるんだよね。
最近、買い物もインターネットが多いしなあ。
へたにデパート行くよりほしいものが絶対見つかるから
大変、便利♪

>もう大勝ちできる時代じゃないと思う。
いや、逆に今まで以上に、大勝ちする人と大負けする人の
格差は広がっていくと思うよ。
ただ、日本では妬まれるから「私は金持ちです」って
みんな、いわないんだよ。
マセラッティ買う金があるのに、まわりの目があるから
セルシオ乗るみたいなね(笑)

Posted by: LIN | March 05, 2005 at 10:38

>ne_sanさん
普及活動、ご苦労様ですm(_ _)m
「今年はインターネットやるから教えてくれよ」という
おじさまもいます。
「で、ネットで何をやりたいのですか?」と聞くと
「うーん・・・」っていいます(笑)
ネットというのは双方向でこちらかも発信するわけですが
そもそもおじさまたちは発信するという発想がないと
見た!

>ことごとく蹴られても、がんばります、わたし。
お互い、がんばりましょう♪ダキ♪(●´Д`人´Д`●)ギュッ♪

Posted by: LIN | March 05, 2005 at 10:48

>Yossy-Mittyさん
>なんであの人、ホリエモンって呼ばれてるの?
あはは、いってそう!いってそう!

>余りに極端すぎる方同士なので
そうなんですよねえ。
堀江社長もあそこまでムキになってTシャツ着なくてもいいじゃんと
思うのですが(笑)
ただ、私もそんなに詳しくないのですがライブドアがやった
時間外取引ってそんなに悪いことなのかなって思うのです。
フジテレビの「新株予約権」の方がよっぽどもおかしいんじゃないかと・・・
これを機会に株についてちゃんと勉強しなくちゃいけないなと
思った次第です。

Posted by: LIN | March 05, 2005 at 11:07

こんにちは。
オジサンでブログをやっている本人でございます。
始めてみたものの、すぐにはなかなか慣れないものでございます。
最近、やっと「とらっくばっく」というものを、ちょっとだけできるように
なりました。
でも、まだわからないことだらけ。毎日挫折しそうです。自分のプログ作成に
熱中すると、皆様のところを回るのがおろそかになったり。
今日の更新も危うそうであります。嗚呼。

Posted by: 多摩のいずみ | March 05, 2005 at 16:32

オレの文章読み返してみたら
あんま考えてないなぁ。
それはともかく。

お互い自分の正当性ばかり主張してる気が
しましたので。
お互いがお互いの長所をもっと勉強すべき
だと私は思います。
どっちもどっち。

Posted by: ベル | March 05, 2005 at 17:09

>LINさん。
 堀江社長のムキになってTシャツを着続けているのは、「自分のやり方を正当化させたい執着」のシンボルのようですね。
 お気に入りなのか、ピンク色系の服を良く着ていますが、我が家ではいつしかピンク色を「ホリエモン色」と呼ぶようになってしまいました。(^_^)

 私も株の世界は詳しく分かりませんが、堀江社長の時間外取引は違法ではなくとも、「悪用」の印象を受け、好ましく思えません。
 「提携」するためのフレンドリーな手段ではなく、言行不一致の感は否めません。

 ベルさんの「お互いの長所をもっと勉強すべき」は的を射てますね。同感です。
古い世界をぶち壊すのなら、もっと痛快に暴れて欲しいなぁ。夢がない!

 LINさんも株で一旗揚げ「LINエモン」に変身して、夢のある落語チャンネルを作ってください。私は座布団運びをさせていただきます(^_^)
 

Posted by: Yossy-Mitty | March 06, 2005 at 00:47

>多摩のいずみさん
>オジサンでブログをやっている本人でございます。
何いってるんですか。
私とそんなに年齢、変わらないのに~。
私がいうおじさまって団塊の世代の人たちですから(笑)

そういえば多摩のいずみさんとこのブログって
ちょっと特殊ですよね。
最初、メールアドレス入力欄がないのにびっくりしました。
知らない人からコメントもらった時、その人のブログに行けないから
ちょっと不便じゃないですか?
ブログと一口でいってもいろいろあっておもしろいですよね(*^^*)

Posted by: LIN | March 06, 2005 at 10:38

>ベルさん
ごめん、ごめん。
前回のコメントではつい興奮しました(^^;
ただ、日本経済が行き詰っている今、
新しい風は必要だなと思ったの。
それが堀江さんかどうかは別として。

いろいろ考えたんだけど、ニッポン放送を買うという発想自体が
古いような気がしてきた。
堀江社長がネットの可能性に自信があるなら
わざわざ衰退しつつある既存メディアを買収せずとも
ネットでまだまだやれる事がいっぱいあるじゃんと思う。

>お互いがお互いの長所をもっと勉強すべき
まあ、あんなに敵対心むきだしにしなくても、
やり方があるだろうという気はするよね。

Posted by: LIN | March 06, 2005 at 11:02

>Yossy-Mittyさん
>「悪用」の印象を受け、好ましく思えません。
世間を敵にまわしちゃダメですよね。
堀江社長のやり方は日本にはなじまないでしょうね。
アメリカに行けばいいのかもしれません。

>もっと痛快に暴れて欲しいなぁ。
私は以前、livedoorのブログを使っている頃、
スタッフの対応の悪さにびっくりしたことがあります。
堀江社長は会社を大きくすることばかり考えて
ひとつひとつの事業を大切にしていないような感じは
しますね。
堀江社長じゃなくていいので、日本経済を活性化させるような
ビジネスが出てくるとおもしろいですね。

>「LINエモン」に変身して
がんばりまーす(笑)
((≡ ̄♀ ̄≡))/T タケコプタ~

Posted by: LIN | March 06, 2005 at 11:13

我々にとって、テレビとネットを極端に言い切っちゃうと、テレビは受身、ネットは探し出せるものなんじゃないかなと思います。(言い切りすぎたか(汗))

以前までは、テレビが発信してきた物が娯楽の全て的な意味合いがあったように思えるけど、最近はワンパターン化してきていて、どうも詰まんないですね。
視聴者側のニーズにあってないと言うか。
逆に、全ての視聴者のニーズにテレビが合わせられるかといったら、それこそスカパーとかの衛星放送的な方向へ行かないと無理なんじゃないかと思う。
それほど、ニーズは多様化してるわけで、その多様化してる中でもより多くの人が求めているものを番組化してると思うんだけど、それでも厳しいのかな、と感じてる人間ですね。私は。
ニーズに対応できてない部分でネットがカバーしてくれたら、というか、ネット独自にニーズを掘り起こせる可能性はあると思います。
何か探そう、という意思があってネットを活用する場合は、圧倒的にその情報が見つかる可能性は高いですからね。
テレビだとこうは行かないでしょうね。

乱文、乱筆、すみませぬ(^^;)

Posted by: すのう | March 06, 2005 at 14:12

わーい、すのうさん、ひさしぶりっ(≧∇≦)
乱文、乱筆なんてとんでもない。
すごくまとまっていると思います。

ここにきて「テレビは公共性の問題があるから球団を買収するのとはわけが違う」
みたいなことをいってるけど、そんな立派な番組をフジテレビは作ってるのか?
と思っちゃうわけ。
公共性が問われるはずの夕方のニュースだって
<ラーメン特集>ばっかりだし(苦笑)
イラク戦争の時も、圧倒的にネットの方が情報が早かったしね。
ただ、ネットはパソコンが苦手な人には敷居が高い。
パソコンの操作がどれだけ簡単になるかが、今後の課題かなと
思ってます。

結局、企業は「ユーザーの視点に立った商品づくり」とかいってても
社内抗争に忙しかったりで、ユーザーが求めているものを
きちんと作っている会社は少ないような気がします。
今まで、流通の問題があったけれど、今後、ネットというツールを利用して
個人でユーザーが本当に求めている商品を販売する人が
増えるんじゃないかな。

Posted by: LIN | March 06, 2005 at 15:09

>ちょっと不便じゃないですか?
かなり不便であります。
そのほかにも、いろいろと不都合があります。
とりあえず使ってみましたが、かなり後悔しております。
でも、コメントを残していただいた方のところには、検索などで
なんとかたどり着いております。
「やってみて、初めてわかるメリットと不都合」
私の人生、万事がずっとこの通りであります。嗚呼。

Posted by: 多摩のいずみ | March 06, 2005 at 15:29

この問題、もう泥沼化してもうお腹いっぱいです。
もうどっちでもいいかなと思ってきました。
だってやってることが子供の喧嘩。

考え方が古いと言われるかもしれませんが
この騒動の外でどうにか少人数のスタッフ
で頭をひねって日々の番組をおもしろくしようとしている現場のスタッフのことを忘れてはいけない
とは思います。
自分自身もサラリーマンだから、純粋に現場で
頑張ってる社員のことを思うと何ともやりきれない
ですけどね。
そのスタッフのせいで面白くねーんじゃねーかって
言われればそれまで、ですが。
あ、決してニッポン放送のまわし者ではないです(笑)

この問題に関していえば、テレビ、ラジオ、
ネットの長所と短所を考えるいいきっかけに
なったのではないでしょうか?
ネットは地上波にはない長所を持ってますが
万能ではない、っていうことだと思います。
どっかのサイトでは罵詈雑言の嵐だったり。
かと思えば、良質な内容のサイトもありますし。
テレビに関してはすのうさんがおっしゃてること
そのままだと思いますけどね。
地上波放送は法律的な縛りも大きいから・・・。
放送業界はもっと考えないとダメだっていうのは
もちろんのことですが。

Posted by: ベル | March 06, 2005 at 15:36

>多摩のいずみさん
>検索などでなんとかたどり着いております。
おおっ!そういう手がありましたか。

>「やってみて、初めてわかるメリットと不都合」
いやあ、それは私も一緒です。
買い物やら習い事やら、やっては失敗するの繰り返しです(^^;
それでも、思いついたらやらずにいられない。
ブログもまだまだどこも一長一短ですよね。
ココログもダメなところがいろいろあります。

Posted by: LIN | March 07, 2005 at 09:34

>ベルさん
日曜日のTV番組だったかな。
テリー伊藤さんがニッポン放送のスタッフと
「今だからこそがんばっていい番組を作ろう」と
話しているんだといってました。
ベルさんがいう通り、今、一番つらいのはスタッフなのかも
しれませんね。

ラジオのよさといえば、谷村新司さんが
「今日は日本髪を結ってきました」といえば
実際に結っていなくても、リスナーが日本髪を結った谷村さんを
想像して笑う。
それがラジオのおもしろさといってました。

そういうよさをなくさずにもっとラジオを聞いてもらえれば
一番だよね。

Posted by: LIN | March 07, 2005 at 09:45

The comments to this entry are closed.

« 愛とかaikoとか | Main | 小松が気になる・・・ »