« February 2005 | Main | April 2005 »

March 30, 2005

Last.FM

jm's my Tasteさんのこの記事で知りました。
ネットラジオネタ。
2002年末に開局したらしいので、知っている人はとっくに知っていると思いますが。

ロンドンから発信するオンライン・ストリーミング・ラジオ局。
Audioscrobblerに送られたデータを元に
各リスナー個人の好みに特別に合わせた内容をストリーミング配信するラジオ局。
気に入らない曲が流れても違う曲に変えることもできる。
自分のプロフィールに追加された曲を流すPersonal Radioと
同じ曲の嗜好を持つ人たちのプレイリストを聴くProfile Radioがある。
Personal Radioは300曲、自分のプロフィールに追加しないと聞くことができないので注意。

パソコンにプラグインを入れると、自分のMP3プレイヤーで聞いている音楽も
好みに繁栄されるみたい。
自分でチョイスした曲だけが流れる個人ラジオ局も作れるらしい。
何しろ英語サイトなんでまだよくわかってません(^^;

でも、日頃、自分が聴きそうにない曲もいろいろ流れるから何か楽しい。
Rolling StonesにTom Waits、今はブリリアントグリーンが流れてるよー(笑)

一ヵ月のお試し期間が過ぎるとDonate(寄付)を求められるみたいですが
1ドルからでいいみたい。

みなさんも使ってみてね。
そして私に使い方を教えてね(^^;

Last.FMのサイトはこちら
audioscrobblerのサイトはこちら

| | Comments (0)

March 29, 2005

キリストは誰?

takeshi

最近、『ダ・ヴィンチ・コード』がらみのTV番組が多い。
先週の土曜日もビートたけしさん司会で「名画モナリザはもう1枚あった」という番組
放送された。

( ̄◇ ̄;)エッ、モナリザがもう1枚あるの?

まずは『ダ・ヴィンチ・コード』がらみではお決まりの
“最後の晩餐”でキリストの隣にいるのはマグダラのマリアであるという話。
そしていかにも偽物のモナリザの絵を登場させ、いよいよ、もう1枚のモナリザ登場!

う、うーん…
絵の審美眼がない私は、そういわれてみれば、そうなのかなあという感想

番組の結論
「今回発見された絵が、本来、ダ・ヴィンチが注文を受けたジョコンダ夫人の肖像。
ルーブルにあるのは、実はマグダラのマリアを描いたものである」

え~~~~~~~っ?

何となくもやもやしていたら、今日、Mlle.Cさんがこんな記事を書いておられた。
『ダ・ヴィンチ・コード』にはシオン修道会の歴代総長目録というものが登場し
そこにダ・ヴィンチをはじめニュートン、ドビュッシー、ユゴー、コクトーなどの著名人が名を連ねている。
それがストーリーの重要な要になっている。
しかし、コクトー大好きMlle.Cさんによると孤高を愛したコクトーがそんな事をするわけがないというのだ。
そして、衝撃の結論が!(続きはMlle.Cさんの記事を見てね)

また、もう1枚のモナリザについてはMlle.Cさんの妹さんが、
あの絵がダ・ヴィンチのものとは思えない」とばっさり斬っておられる。

そして、今日、東北大学大学院の田中英道教授が
「もう1点がコピーであることは学会でほぼ結論づけられている」として
日本テレビに抗議文を送ったことがわかった。

ああ、すっきり!

overQさんは、「マンデヴィル・コード~生き延びたキリスト」という記事を
最近、書いていらっしゃいます。
みんな、同時に同じようなことを考えていたのかと思うと、何だか楽しいですヽ(´ー`)ノ

キリスト…調べても調べても正体がつかめぬあなた。
宗教云々の前に、研究対象としておもしろすぎです。
そんな私が今、読んでいるのは…

クムラン
エリエット アベカシス Eliette Ab´ecassis 鈴木 敏弘

角川書店 2000-02
売り上げランキング : 124,870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (18)

March 26, 2005

古書2冊

book2005.3.26

いくら本が好きでも、古本だけは買わずにまいりましたが
とうとう禁断の園に足を踏み入れてしまいました・・・
欲しい本に限って絶版なんだから。んもう、ぷんぷん。

閉じている方の本は瀬戸内晴海さんが書いた『美は乱調にあり』
伊藤野枝の半生を描いた作品。

<伊藤野枝>
雑誌『青鞜』で活躍。わがままと言われる反面、現代的自我の精神を50年以上先取りした。
不倫 を堂々と行ない、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて
大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。
人工妊娠中絶(堕胎)、売買春 (廃娼)、性の自己決定(貞操)など、
今日でも問題となっている課題に取り組み、多くの評論 、小説 や翻訳 を発表した。

開いている本はoverQさんにこの記事で教えていただいたマンデヴィルの『東方旅行記』
初版本ですよー。
昭和39年ですよー。
それも送料含めて890円で買えちゃった。
こうして、人は古本にはまっていくのかもしれないですね。

それにしても古本をさわって、プチ潔癖の私は手がかゆいです。
そういえば、今日から公開の映画「アビエイター」
映画のモデルであるハワード・ヒューズは異常な潔癖症だったらしいですね。
コチラのフィルムクリップ「バスルーム」で手を洗いまくるレオ様が見られます。

2冊とも読むのが楽しみ~。ほくほく。

| | Comments (22)

March 24, 2005

今のTVはつまらないですから

horie

昨年末、ウチのマンションでもケーブルテレビが見られるようになったので
早速、加入した私だが、結局、あまり見ていない。
ミステリーチャンネルでジェレミーブレッドの「シャーロックホームズ」は毎週見るぞと
意気込んでいたのに、放送時間のタイミングが合わない。
最初は録画するつもりだったけど、結局、やってません・・・

ウチはベランダの方向が悪いので、今まで衛星アンテナの取り付けはあきらめてきた。
が、最近、ウチのマンションにもアンテナをつけている人が・・・
ん?もしかして大丈夫なのか?
早速、スカパーを今日、申し込んでみた。
これでOKなら、ケーブルテレビとはおさらばだ!
一日中、ヒストリーチャンネルをつけっぱなしにしておきたい。
ウチの地域のケーブルテレビはヒストリーチャンネルがないのだ!

ホントはインターネットに1万チャンネルくらいあって、
いつでも自分が見たい番組が見られたらいいのに、と思う。

で、例のライブドアとニッポン放送の話。
中島みゆきやタモリまで、ライブドアの経営になったら番組降りるとかやらないとか
いってるらしいじゃない。

なんじゃ、そりゃ。

「現在の経営陣が、オールナイトを共に作り上げてきた現場スタッフ出身だったことも大きな理由」って
何それ?
人情論ですか?

「TVさえつけておけば何時間でも黙ってTVを見続けていた子供」という母の証言通り、
TVっ子を自認する私が、最近見たい番組がひとつもないんですから。
フジと提携したライブドアさん、お願いしますよー。期待してます。

| | Comments (19)

March 20, 2005

たらいまわし・本のTB企画「第11回 『旅』の文学!」

tarainosukelefty

夏休み。(いや春休みも冬休みも連休も)
旅行フェチの両親に、朝3時にたたき起こされ、
妹と私はぽーんとステーションワゴンのバゲッジスペースに放りこまれる。
7時間、揺れに揺られて、目覚めてみればそこは青森だった。ぎゃっ!
こんな事が毎年、高校生まで続いたのでありました。
そんなわけで、旅はちょっとトラウマ・・・

さて、今回のたら本はMlle.Cさん主催の「『旅』の文学!」です。

まずは、最近、購入したばかりの『作家の犯行現場』

作家の犯行現場
有栖川 有栖

新潮社 2005-01
売り上げランキング : 7,290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

有栖川有栖さんがミステリーの舞台となった場所を旅します。
写真もいっぱい。
自分が読んだ本の舞台を旅するのは悪くない。
そういえば旅先で、両親がいってました。
「LINちゃん、ここが島崎藤村の『夜明け前』の舞台よ」
そんな事、小学生にいわれても知らんっちゅうの!

両親は山奥のひなびた温泉や海辺の町を旅先として選ぶので
料理も刺身や山菜と大人向けだし、まわりは寂しげで
子供としてはあまり楽しくない旅でした。
が、4泊のうち1泊は子供へのサービスとして大きなホテルに泊まるんです。
私は伊良湖岬にある伊良湖ビューホテルが好きでした。

伊良湖といえば、長期滞在した柳田國男から話を聞いた島崎藤村が
『椰子の実』という詩を書きました。

~名も知らぬ 遠き島より流れ寄る 椰子の実ひとつ
故郷の岸を 離れて 汝はそも 波に幾月~

柳田國男といえば民俗学。
というわけで、まだこれもちゃんと読んでいませんが・・・

日本奥地紀行
イザベラ バード Isabella L. Bird 高梨 健吉

平凡社 2000-02
売り上げランキング : 1,802

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イギリス生まれの著者が明治初期の東北、北海道を旅した話。
明治初期の日本が生き生きと描かれています。

結局、私にとって「旅」とは何とも微妙な位置づけなのですが、
ココにも書きましたが、巡礼の旅にはちょっと行ってみたい。
これは全シリーズ、読むつもり。

百寺巡礼 (第1巻)
五木 寛之

講談社 2003-07
売り上げランキング : 75,247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (36)

March 19, 2005

『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』by遙洋子

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ
遥 洋子

筑摩書房 2004-11-11
売り上げランキング : 2,650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タレントの遙洋子さんが東大で上野千鶴子さんのゼミに参加した顛末記。

正直、これを読んでもフェミニズムが何たるかはよくわからなかった。
改めて上野さんご自身の本を読もうと思っている。

そもそも遙さんは議論の方法を学びたくて、上野さんのゼミに参加したという。
遙さんは関西のTVで討論番組などにも出演されていて
議論の力をつけなければいけない必要を感じたようだ。
そしてその統括をこの本の中で「ケンカのしかた・十箇条」という項目にまとめた。

日本人はとかくケンカや議論を避ける傾向がある。
私自身、あまり得意ではない。
(え?それは違うんじゃない?)と心の中で思っても
とりあえず「ああ、そういう事もあるよね~」と曖昧に相槌をうつ。

本来、ブログは討論の絶好の機会であると思う。
しかし、私はブログで(え?それは違うんじゃない?)という記事に遭遇しても
あえてコメントはしない。

わざわざケンカを吹っかけることはないが、
反対意見がある時は、きちんとそれを相手に伝えなくては
ブログをやっている意味がないような気がしてきた。

この本にはいくつか上野さんのことばが抜粋されているが
気になったいくつかの文章からひとつ。

「教養」や「オリジナリティ」に神秘的な意味を与える必要はない。
「すでに知られていること」が何かを知ること。
それと自分の考えていることがどう違うかを分節する能力を持つこと。
「異見」はそのようにして創られる。

~引用 上野千鶴子『(わたし)のメタ社会学』~

| | Comments (17)

March 17, 2005

『アキハバラ@DEEP』by石田衣良

アキハバラ@DEEP
石田 衣良

文藝春秋 2004-11-25
売り上げランキング : 2,658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

電脳街の弱小ベンチャー「アキハバラ@DEEP」に集まった若者たちが
不眠不休で制作した傑作サーチエンジン“クルーク”
ネットの悪の帝王にすべてを奪われたとき、
おたくの誇りをかけたテロが裏アキハバラを揺るがす。

元アキバ好きとして読むのを楽しみにしていたのですが
小説というよりマンガっぽいです。
登場人物はオタクという設定なのですが、あまりオタクっぽさを感じません。
やたらみんな爽やかです。

ストーリーは舞台こそ違いますが、同じ著者の『ブルータワー』に似ています。
調べてみると連載時期がぴったり一緒。
そういう事もあって似てしまったのか、
それとも私は読んでいないけど『池袋ウエストゲートパーク』から
ずっとトーンは一緒なのか。

『ブルータワー』と『アキハバラ@DEEP』の共通点
●登場人物それぞれに得意技がある
●ヒロインのことばづかいが乱暴
●一人では弱い登場人物がチームになる事で力を発揮する
●正義は勝つ

ん?戦隊物?(笑)

でも何だかんだ、青春小説はキライなのに、
これはアキバが舞台という事ですんなり読めました。
爽やかな青春小説好きな方にはオススメです。

| | Comments (4)

March 14, 2005

いつか巡礼の旅に行きたい

book2005.3.14

ネットやブログで見つけた本をまとめ買い。

nyuさんがコチラの記事で書いていらっしゃった・・・

宿命の交わる城
イタロ・カルヴィーノ 河島 英昭

河出書房新社 2004-01-07
売り上げランキング : 36,517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タロットカードの物語。
タロットカードの解説書ではありません。

「考えるための道具箱」さんがコチラの記事で書いていらっしゃった・・・

四十日と四十夜のメルヘン
青木 淳悟

新潮社 2005-02-26
売り上げランキング : 28,643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2003年新潮新人賞受賞時、保坂さんが「ピンチョンが現われた!」と書いたそうです。

mort_a_creditさんがコチラの記事で書いていらっしゃいました。

あたりまえのこと
倉橋 由美子

朝日新聞社 2005-02
売り上げランキング : 26,120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついでに同じ著者の『パルタイ』も。

『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』は著者の遥洋子さんが、
先日、NHKに出演された時に、ぴんと背筋を伸ばした姿勢がかっこよかったから。
(内容に関係ないじゃん 笑)

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ
遥 洋子

筑摩書房 2004-11-11
売り上げランキング : 2,377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「フェミニズム」っていうけど、今や弱者は女性じゃなく老人だろうと思ったら
上野女史が『老いる準備-介護することされること-』を先月、出版しており
すでにAmazonでは在庫切れ。

松岡正剛さんのこの記事を見て『見仏記』購入。
nobutaさんのブログにもずっとサイドバーに画像が貼ってあって気にはなっていました。

見仏記
いとう せいこう みうら じゅん

角川書店 1997-06
売り上げランキング : 6,221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつか仏像をめぐる旅、したいなあ。
四国巡礼もセットで。
五木寛之さんの『百寺巡礼』のDVD、買っとこうかなあ。

| | Comments (26)

March 12, 2005

『自由恋愛』by岩井志麻子

自由恋愛
岩井 志麻子

中央公論新社 2004-11
売り上げランキング : 81,044

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大正時代という設定なのだが、大正の匂いがしない。
「フォーク」を「フォヲク」と書いてみたり、カフェーが出てきたりはするのだが
どうにも物足りない。
もっと、大正ロマンがぷんぷんするような書き方をしてほしかったなあ。

愛されて育った明子と、地味で控えめな清子。
女学校に机を並べながらも正反対に見えた二人の人生は
同じ男を愛したことから交わり、少しずつ狂いはじめる。

男が妾を持つのが当たり前だった大正時代。
「職業婦人として自活しましょう」
「男子に養われるのは恥辱である」
「ただし自由恋愛ならば貫こう」
女学生時代、こう誓い合った明子たち。
しかし、その明子の夫と不倫関係になってしまう清子。
「醜関係とわかっていても止められない」と明子の夫。
「いいえ。これは自由恋愛ですわ」と清子。

メロドラマだなあ。
中・高校生に読ませるならいいと思います。
そこそこの恋愛経験を積んできた女性には物足りないのではないでしょうか。

それよりも、その時代、大杉栄が妻の堀保子、同志の伊藤野枝、神近市子との
四角関係に陥り、「自由恋愛論」を提唱するのですが
その当事者である伊藤野枝の人生に興味あり。
誰か小説にしていないかなあと調べたら、瀬戸内寂聴さんが書いてました。
絶版なので、中古を注文しました。
タイトルは『美は乱調にあり』です。

| | Comments (15)

March 11, 2005

『七人の安倍晴明』by夢枕獏編著

七人の安倍晴明
夢枕 獏

文芸春秋 2001-11
売り上げランキング : 203,597

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小説あり、紀行あり、対談ありの安倍晴明アンソロジー。

『視鬼』高橋克彦
晴明が70才なんですよー。
やっぱり晴明は若くて美しくないと。
(いくらオヤジ好きでもここはゆずれん)
それにトリックまであるんですよー。
未知なる力だからこそ晴明なのに夢がない。

『愛の陰陽師』田辺聖子
「宇治拾遺物語」から抜粋した晴明にまつわるエピソード。

『日本の風水地帯を行く』荒俣宏
<コージン様>の起源を求め、出雲、京都を旅した紀行文。
アラマタ先生、興奮しすぎて飛ばしてます。
「こんな事は当然、わかってますよね」的に書いているので
わかってない私はついていけません。
勉強して出直します。

『晴明。』加門七海
長編からの一部抜粋。
文章がアニメチックです。
「パシィッ!」とか「ギャァァッ!」とか、おごそかな夢枕版に慣れている身には
ちとつらい文体です。
晴明が「俺は天才だからねぇ」とククッと笑うあたりにも違和感を感じます。
ただ、あとがきで夢枕氏が「晴明ブームの裏には少女マンガ、少女小説がある」と
書いていて、何だか納得です。

『鬼を操り、鬼となった人びと』小松和彦・内藤正敏
「鬼が作った国・日本」からの抜粋。
下級陰陽師が政治の場から遠のくにつれ、鬼とみなされるようになったという説を
展開している。
鬼も興味のあるテーマなので原本を読んでみようかな。

『三つの髑髏』渋澤龍彦
単行本時収録の岡野玲子作「玄象といふ琵琶 鬼のために盗らること」は
文庫にしないという著者の意向により未収録となり
代わりにこの作品が収録された。
渋澤氏が代役ってすごいなあ(笑)

『下衆法師』夢枕獏
晴明といえば夢枕獏ですよね。
というか、ここを引き立てるために今までの作品があったと思うくらい(笑)
やっぱり、博雅がいないとね。

<結論>
アンソロジー物って半端でビミョー・・・
陰陽師関連は、この後、アラマタ氏の『帝都物語』を読みます。

| | Comments (6)

March 10, 2005

ココログの有名人ブログ

ihara

ココログで伊原剛志さんのブログがスタートしました

( ̄◇ ̄;)エッ、お好み焼き屋を経営してたの?
それも年商7億だって。

お好み焼き屋を経営していた友人が、「あれは儲かるよー」といってたけど
本当だったのか!

日本って不労所得を軽蔑するようなところがあるけど、
お金が入る仕組みを作っておいて、余った時間は自分の好きな事に使うという生き方
私はアリだと思うなあ。
伊原さんの場合、経営者なので不労所得とはまたちょっと違うけど。
※伊原さんが経営する「お好み焼き ぼちぼち」のサイトはコチラ

他にも「ケンタロウのロッキンクッキン」ではおいしいもの情報満載なので楽しみにしているのに、
2月25日で更新が止まってますから~

ダバディのブログもココログなんだけど、
先日、川島なお美が「フランス人とつきあっている」と発表して、
それがダバディだという噂が・・・
本当だったら、ダバディ、趣味悪いぞ(毒)

| | Comments (4)

March 09, 2005

にんにくが消化できない

今夜はイタリアン。

italian2005.3.9-1
前菜。
真ん中のレバーテリーヌうまし。

italian2005.3.9-2
じゃがいものニョッキ。

italian2005.3.9-3
からすみとルッコラのパスタ。
ルッコラっておいしいですよね。

italian2005.3.9-4
魚の上に魚介のトマトソースをかけたもの。
この中にごろっとしたにんにくのかたまりが入っていて
イカとまちがえてうっかり食べてしまう。
にんにく味は好きなんだけど、
実はガーリックチップで胃けいれんを起こしたことがあり
それ以来、にんにくそのものを食すのはさけてきた。
今夜、胃けいれんが起こりませんように・・・ ( * ̄)m 〔十〕 アーメン
にんにく効果なのか今、鼻血が出そうです(笑)

italian2005.3.9-5
ランポーネというデザート。
ラズベリーとホワイトチョコのケーキ。
もっとねっとり濃厚かと思っていたらふわふわ軽い。

| | Comments (4)

March 08, 2005

落語と民俗学と編集工学

book2005.3.8

ひさしぶりに書店に寄った。
新刊コーナーをちらっと見る。
「何でもいいからとにかく出版しとけっ」という感じがしてげんなり・・・
大手出版社の本はもういいです。

『海辺のカフカ』の文庫本を横目に、マイナー書店の文庫本棚へ。
そして購入したのが

知の編集工学
松岡 正剛

朝日新聞社 2001-02
売り上げランキング : 11,169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

千夜千冊も再スタートし、ただいま千十夜。
そもそも松岡さんが主催されているISIS編集学校って何?
と先日、初めて調べたんですが、通学かと思っていたら
ネットで学べるんですね。
受講料、4カ月で8万4千円。
むむむ。
この本を読んでおもしろそうなら受講してもいいかなあ。

日本奥地紀行
イザベラ バード Isabella L. Bird 高梨 健吉

平凡社 2000-02
売り上げランキング : 3,560

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イギリス人である著者が明治11年に日本を旅した時の紀行文。
何かをきっかけに「買おう」と思っていたのだが、
それがTVだったか本だったかブログだったかは失念。

kokontouzai

ご存じ古今東西噺家紳士録[CD-ROM]―CD-ROM BOOK for WINDOWS&MAC

エーピーピーカンパニー 2005-02
売り上げランキング : 8,142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「志ん生のDVD-BOOKを買おうかどうしようか」と落語コーナーに行って
発見!
前作『古今東西噺家紳士録』の存在は知っていたのですが
これは2月15日に発売されたばかりの続編。
販売元はコチラ

物故噺家260名以上、約270席、
CD約50枚分3000分の落語を完全収録。

何だかとにかくすごいじゃん!
12,800円だけど買っちゃえ。
で、家に帰って聞いたんですが、すごいっ!すごいですっ!
噺家のデータベースもついていて、それぞれの出囃子も聞けちゃう。
落語ファンは買うべし。
前作はまた、ネタが違うようなので、そっちも買うつもりです。
MP3に落とす方法はないかなあ。

| | Comments (19)

March 06, 2005

小松が気になる・・・

「生まれたときからオヤジ好きだった」をキャッチコピーとするうなぎさんのブログunaG
ネットサーフィンでたどりつきました。
そのうなぎさんの同居人である小松の動向が最近、気になります。
来客があってから寝込んでしまった様子
小松に何があったのでしょう?
心配です。

これが小松
komatu
※うなぎさん、画像を勝手に転載してすみません。
まずかったらすぐはずしますから。

そのうなぎさんが主催している<ウマオヤ連>に参加します。
ウマオヤといっても馬主の会じゃありませんよ。
「生まれたときからオヤジ好き」なら誰でも参加OK!
umaoya

バナーになってるタモリは大好き。
たけしと違い、あのほどよい脱力感が(・∀・)イイ!!
他には橋爪功とか西村雅彦とかスリーアミーゴスもいいかもー。
基本的にはやる気なさそうで笑えるキャラがいいです。
とりあえず、今回はこの人をあげときます(笑)
mitani

| | Comments (21)

March 04, 2005

『世界一の金持ちになってみろ!』by竹村健一・堀江貴文

世界一の金持ちになってみろ!―単純に考えればうまくいく
竹村 健一 堀江 貴文

太陽企画出版 2004-10
売り上げランキング : 1,495

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フジテレビ日枝会長の今朝のインタビュー。
「テレビがネットにのみ込まれることは絶対にない」
それを見て、私はのけぞりそうになった。
本気でいっているのか?
ここ数年、テレビの視聴率がどんどん下がっている事を知らないのだろうか。
そもそも、日枝会長はインターネットを日常的に利用しているのだろうか・・・

この本で堀江社長はこういっている。
「もっと若い人たちの力が伸ばせるシステムをつくっていかないと
日本は今後、衰退の道をたどるよりほかなくなってしまいます」

まったくだ。
会社や上司って既存の価値観を押しつけるから、
若い人の新しいアイデアとか意見がなかなか通らないんだよね。
そういう会社って遅かれ早かれダメだけど。

最近、年上のおじさまたちに「LINちゃん、Blogって何なの?」とよく聞かれる。
一応、説明してあげるんだけど、なかなか理解してくれない(笑)
自分でやってみるのが一番なんだけどなあ。
日枝会長も今頃、年下の女の子に「○○ちゃん、Blogって何なの?」って
聞いているのだろうか(笑)

| | Comments (18)

March 01, 2005

愛とかaikoとか

CD2005.3.1

CDを20枚くらいレンタルしてきました。
年下の男の子にいつカラオケに誘われてもいいように、
大塚愛とかaikoとかもちゃんとおさえておかなくちゃね(笑)

それにしても大塚愛の新曲、「黒毛和牛上塩タン焼680円」って(* ̄m ̄)プッ
他の2曲は「本マグロ中トロ300円」「つくね70円」

買おうと思っていた柴咲コウの「グリッター」もレンタルできたので
代わりにジャズのCDを買ってきました。
コチラで聴いて「お、癒される~」と思ったので。
お父上でありサックスプレイヤーの土岐英史さんがプロデュース。
私は知らないグループだけど、解散した「シンバルズ」のVoだったみたい。

STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~
土岐麻子

エル・ディー・アンド・ケイ 2004-11-10
売り上げランキング : 6,391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | Comments (8)

« February 2005 | Main | April 2005 »