« たらいまわし・本のTB企画「第11回 『旅』の文学!」 | Main | 古書2冊 »

March 24, 2005

今のTVはつまらないですから

horie

昨年末、ウチのマンションでもケーブルテレビが見られるようになったので
早速、加入した私だが、結局、あまり見ていない。
ミステリーチャンネルでジェレミーブレッドの「シャーロックホームズ」は毎週見るぞと
意気込んでいたのに、放送時間のタイミングが合わない。
最初は録画するつもりだったけど、結局、やってません・・・

ウチはベランダの方向が悪いので、今まで衛星アンテナの取り付けはあきらめてきた。
が、最近、ウチのマンションにもアンテナをつけている人が・・・
ん?もしかして大丈夫なのか?
早速、スカパーを今日、申し込んでみた。
これでOKなら、ケーブルテレビとはおさらばだ!
一日中、ヒストリーチャンネルをつけっぱなしにしておきたい。
ウチの地域のケーブルテレビはヒストリーチャンネルがないのだ!

ホントはインターネットに1万チャンネルくらいあって、
いつでも自分が見たい番組が見られたらいいのに、と思う。

で、例のライブドアとニッポン放送の話。
中島みゆきやタモリまで、ライブドアの経営になったら番組降りるとかやらないとか
いってるらしいじゃない。

なんじゃ、そりゃ。

「現在の経営陣が、オールナイトを共に作り上げてきた現場スタッフ出身だったことも大きな理由」って
何それ?
人情論ですか?

「TVさえつけておけば何時間でも黙ってTVを見続けていた子供」という母の証言通り、
TVっ子を自認する私が、最近見たい番組がひとつもないんですから。
フジと提携したライブドアさん、お願いしますよー。期待してます。

|

« たらいまわし・本のTB企画「第11回 『旅』の文学!」 | Main | 古書2冊 »

Comments

初めまして、お邪魔します。
確かに、ぼくも今のテレビは以前に比べて、おもしろさに欠けているかもしれませんね。情報過多の性もあるかもしれませんが。
 日本での企業買収はすぐに敵対的な意味合いに取られてしまうのが問題です。株式会社の本来の意味が堤さんを始めわかっていないのではないでしょうか。オーナー会社ならいざ知らず。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | March 24, 2005 at 19:43

 この話題にはもう触れたくないのですが、ついコメントしてしまいます。
今回の騒動は、前回のプロ野球の球団同様に、対象が花形マス・メディアだから、ここまで、大きく騒がれているのでしょう。
 他のメディアの格好の餌食になり、進む話も進みそうになく、気の毒です。

 そして、買収という「経済活動」と、ラジオ番組という「モノ創り」が絡み、余計に複雑になってしまいました。
 現場の人間が、安心して思いっきり伸び伸びと、良い仕事ができるのは、上下の信頼関係があるからだと思います。
これは古い新しいというレベルではなく、不変の思いであり、まさに人情です。
 どの世界でも「モノ創りは人情である」と信じています。
中島みゆきやタモリ等のスターも、マイクの前では同じ現場の一員です。
 
 かつて現場の人だっただけに、現場を憂慮せずにいられない社長。
この先が不安で、心揺れながらも、全力で仕事を続ける現場。

 現場の人達は、今回の騒動の最大の犠牲者でしょう。
落ち着いて、安心できる現場になりますように。

 LINさんに反論してしまい、誠に恐縮です。
現場の方々を思うと、余りにお気の毒で・・・。

 

Posted by: Yossy-Mitty | March 25, 2005 at 00:40

>くまさん
はじめまして。
昨日、この記事を書いた時点では、フジとライブドアが
提携するという話だったのですが、今度はソフトバンクが出てきましたね。
株式を貸すなんて、そんな裏技があるんですねえ。
いい勉強になります。
今後の成り行きに注目したいです。

Posted by: LIN | March 25, 2005 at 09:51

>Yossy-Mittyさん
>LINさんに反論してしまい、誠に恐縮です。
とんでもない。
こういうご意見、貴重です。

ただ、私は冷たいのかもしれないのですが、
タモリさんにしろ中島みゆきさんにしろ
プロっぽくないなあと思ったのです。
経営者が変わるから、番組が作れないというのは
変だなあと。
それは「自分がいなければ困るだろう」みたいな
タレントとしての奢りじゃないでしょうか。
でも、本来、リスナーあっての番組のはずです。
スタッフの方たちも、一生懸命がんばっているのでしょうが
実際、ラジオを聴く人は減っているわけです。
私はラジオは聴きませんが、ネットラジオは聴きます。
一昔前とはリスナーも変わってきています。
いくらがんばっているといっても、そういう変化に対応できなければ
それはスタッフの怠慢だと思う私はやっぱり冷たいのかも
しれませんね(^^;

Posted by: LIN | March 25, 2005 at 10:06

おはようございます。
ヒストリーチャンネル見れるようになったんですね~。よかったです。
『日本の庭』見てみてくださいね。私はミステリーチャンネルが見たいです。これこそこっちではスカパーに入らなければならないんですよね。

そうそう、せっかく見れるはいいけどなかなか時間が合わなかったりしますよね。しかもケーブルって何回も放映するから、次見ようと思って結局見逃したり。。。

Posted by: 葉兎 | March 25, 2005 at 10:14

Linさん、こんにちは∈^0^∋
満を持して、ソフトバンクが出てきましたね。
棚からぼた餅的?。ダイエーフォークスといい、今回のフジテレビといい、運がいいですね。
うんと一言では言えないけれど、あまりにもタイミングが良すぎますね。
 前回、テレビ朝日で失敗しているから、ソフトバンクは上手。
 それに引き替え、ライブドアーは野球の件でもそうですが、駆け引きが下手だと思います。
 本当のホワイトナイトは誰だろう?
と思ってしまうくまさんでした。
 タレントが出演するか否かについては、各社の社長の好き嫌いででるのかってことですよね。
 大人げない発言と思ってしまいます。心情的な問題とお仕事は別だと思っているくまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | March 25, 2005 at 13:38

またお邪魔してしまいました。
なんとなーく、気になるのでマイリストに登録させてくださいね。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | March 25, 2005 at 18:28

来月からポニーキャニオンの新入社員になる友人がいます。
彼は、ライブドアにもっとかき回して欲しいと言っています。
反対の意見ばかりが取り上げられていますが、
賛成派もけっこういるんじゃないかと思います。
特に若いやつに。大声では言えないんだろうけど。

ボクはラジオとネットって親和性があると思うし、
ネットラジオとか、放送した番組をネットでも聞けるようにしたりとか
まだまだ可能性があると思うので、
いいほうに考えられないかなぁ、と思います。
トップが変わっても、現場は変わらないんだからねぇ。
でも、社員が会社や仕事にあれだけ愛情を持っていることが
わかったのはとてもいいことだと思いました。

Posted by: nobuta | March 25, 2005 at 23:38

>LINさん
 LINさんからの反論に、さらに反論する言葉の見つからない私です。
「ギャフン!」という言葉は、こういうときのためにあるんだなぁ、と痛感しました。(^_^)
この「ギャフン!」という言葉。日常生活で使う人はいないけれど、誰が発明したのでしょうね。マンガ家さん?
 あ、話が逸れて失礼!

 「プロっぽくない」のは、現場の一員として、自分にできることを考えた結果だと思います。決して「奢り」とは思いません。
後は反論不可能です。反論の「思い」はあれど「言葉」になりません。もどかしい限りです。

 確かに、一生懸命でも、お客さんに受け入れられなければ、ただの自己満足です。
過去に、プロデューサーから「そんなの自己満足だぞ!」という企画を強行して、限りなく「0」に近い数字をとったことを思い出しました。

 現場は怠慢なのか?自己満足なのか?時代に対応できないのか?
放送は、外からの力で変わるのか? 自ら変わるのか?

 私も古い人間であることを、改めて(今頃)知りました。
 
LINさん。スッパリと斬っていただき、ありがとうございました。
 と言いつつも反論の準備をしているのでした(笑)

 

Posted by: Yossy-Mitty | March 26, 2005 at 00:37

たまたま通りすがりました。
どうも大きな勘違いがあると思うのですが
こういう世界の場合一緒に仕事をしたくない人(会社)とは仕事しない
と言うのは、ある意味プロっぽいのではないですか?
また人気商売であるなら誰にでも尻尾降って適当に八方美人でいいはずですが
そうしないことが奢りであるとは些か飛躍に過ぎるのでは?
というように、立場が違えば見方は逆転します。
そもそもライブドア側の公式見解は「辞めたい奴は辞めりゃりゃいい、代わりはいくらでもいる。」
と言うことらしいので困りはしないでしょう。
徳のない人間に人は付いてきません。
異分野だから教えを請いたいと言っていた側がこの発言では離れていくのも納得がいきます。
これは考えが古いとか新しいとか時代の変化がどうのと言う類の話ではありません。

また、ライブドアによるネットやメディア関連のクライアントを抱えたままでの企業買収でうまく言った例はありません。
多くはユーザー軽視の姿勢が明るみに出て、ユーザー側が苦情を申し立て去っていくか我慢している状態です。
小規模の運営ですら満足に結果が出せていないのに、更に大きな規模で盲目的に何かを期待するのは間違っています。
新しい道を造りたいという姿勢は大いに理解できても、具体的な方向性すら示せずにいるのを闇雲に応援するのは如何なものでしょうか?

これは付け足りですが、LINさんがネットラジオを聴くのは"ネット"ラジオだからであって、同じものをAMラジオでやったからといって聴くでしょうか?現行の放送法やテクノロジーに問題はあってもスタッフの怠慢ではないことになりませんか?
自分が見たいもの、聴きたいものが定まっていないのに、一方的に発信する側につまらないといってのけるのもおかしな話しだと思いませんか?子供の戯言なら話は別でしょうが…。

Posted by: gyoukainohito | March 26, 2005 at 05:05

>葉兎さん
ちょうどniftyで無料キャンペーンをやっていたので
申し込んでみました。
うまくアンテナの方向が合うといいのですが・・・
葉兎さんはミステリーチャンネルが見たいのですね。
葉兎さんも衛星アンテナつけちゃいます?(笑)

>次見ようと思って結局見逃したり。。。
それ!それ!まさにそれです。
そのうち見ようと思っているうちに
週が変わっているんですよね(つД`)

Posted by: LIN | March 26, 2005 at 09:04

>くまさんさん
リスト登録ありがとうございます。
私も登録させていただきますね♪

いやー、ソフトバンクが出てきましたね。
とんびに油揚げをさらわれるのか?(笑)

>駆け引きが下手だと思います。
確かに・・・
スタッフが揃ってないのかもしれないですね。
堀江社長は若いスタッフにこだわっているみたいですが
対外的な事は年配の方がいいと私は思うのですが・・・

くまさんさんのプロフィール、拝見しました。
事業を立ち上げようとなさっているとか。
応援しています。
がんばってくださいね♪
ブログにはそのあたりの事も記事に書かれるのでしょうか?
楽しみです。

Posted by: LIN | March 26, 2005 at 09:23

>nobutaさん
私もライブドアに関してはニュースの情報しかないのですが
少なくとも、若い人の意見は積極的に取り入れる会社だと思うんだけど
違うのかなあ・・・

>トップが変わっても、現場は変わらないんだからねぇ。
ライブドアもラジオ局のノウハウがあるわけじゃないから
現場サイドの事には口、出さないと思うんですけどね。
ライブドアから中間管理職が出向してきて
それが使えないスタッフだったりしたら最悪だけど・・・

私は経済も経営も川と同じで、流れが止まると淀むと
思っているんです。
ライブドアの一連の動きは、少なくとも淀んでいる日本経済に
流れを起こしたと思っているのですが・・・
でも、ライブドアファンぢゃないよ(笑)

Posted by: LIN | March 26, 2005 at 09:36

>Yossy-Mittyさん
反論だなんてとんでもない(^^;
100人いれば100の意見があるわけで
どれが正しいというわけでもないと思います。
事業の場合、それらをうまく融合してひとつの方向を
見出さなければいけないのでしょうが、
ブログはいろいろな人との意見交換を楽しめばいいんだと
私は思っています。

>限りなく「0」に近い数字をとったことを思い出しました。
Yossy-MittyさんはTVかラジオのお仕事をされていたのですか?
では、今回の事は、他人事じゃないですね。
私も業界こそ違いますが、企画が通らなかったり、
通っても大失敗したりなんて事、数知れずです(^^;

最近の制作スタッフの方に同情するとしたら
今は日本経済に余裕がないから、即数字といわれていると
思うんです。
TVやラジオは遊び心や余裕がないといいものが作れないと
思うんです。
そういう意味で遊べない今の状況はお気の毒だなあとは
思っています。

Posted by: LIN | March 26, 2005 at 09:52

>gyoukainohitoさん
当ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。

私は決してライブドアファンではないんです。
むしろ、ブログの運営とか見ていると、危なっかしいなあと
思ってます。
でもライブドアから仕事の依頼があったらやりますよ。
だって、それは仕事だから。
経営者が変わるなら番組を降りるというタレントさんたちは
プロっぽいというよりスターっぽいんじゃないでしょうか?
仕事が選べるという贅沢な環境なわけです。
私はどんな仕事でも依頼されたらやるのがプロだと思うのですが・・・
それは私が三流だからかも(笑)
あ、私はタレントではないですよ。

ライブドアが企業としてどうかという話は
それこそ100人いたら100通りあると思います。
私もTVニュースとブログの情報しかないので
企業としてどうかというのは何ともいえないです。
ただ、堀江社長の行動力はすごいなあと思ってます。

私が既存のラジオを聴かない大きな理由は
トークがくだらないからです。
ネットラジオはトークがないですから。
おもしろいトークなら聞きたいですが、
最近のDJのだらだらトークには閉口します。
だったら曲紹介だけにしてほしいです。

Posted by: LIN | March 26, 2005 at 10:17

Linさん、「鳶に油揚げをさらわれる」。ソフトバンク最高のシナリオでしたね。
 事業の件はブログに書くのはずかしくって・・・。
それではブログにならないって(苦笑い)。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~
 

Posted by: くまさん | March 26, 2005 at 13:24

>くまさん
この記事にコメントを書いているうちに
「あれ?私の感覚の方がおかしいのかな?」と
ちょっと不安に思っていたのですが、
ナインティナインさんが
「リスナーを無視してパーソナリティを降りるのはおかしい」という
コメントをしたみたいで、ちょっと安心しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050326-00000020-dal-ent
ブログって、記事を書いているうちに、
まとまっていなかった自分の考えがまとまるという
よさがありますねえ。
くまさんもブログ、楽しんでくださいね♪

Posted by: LIN | March 26, 2005 at 14:34

>LINさん
 AMラジオの最大の売りはトークです。
必要・不必要、面白い・面白くないには、個人の好みもあるので、ネット・ラジオの登場は選択肢が増えたと考えても良いのでは?
 私には、トークなしのAMは想像できませんし、そうなったら、間違いなく聞かなくなるでしょう。

 ニッッポン放送が新しくなったとき、新株主から送られてくる新経営陣は、遊び心や余裕を理解できるのか?
やっぱり「人情」は捨てられません。ナインティナインのコメントも人情です。

 蛇足ながら、TVやラジオの世界は、昔から数字が全てです。
数字が通信簿です。大人げないほどに数字にこだわっています。
 どんなに内容が良い番組でも、数字が0ならダメな番組です。
なにしろ、数字次第で会社の収入が決まるのですから。
 数字も、TVやラジオをダメにしている一因だと思います。

あ、まとまりかけの、お考えを崩しちゃいましたか?(^_^)

Posted by: Yossy-Mitty | March 27, 2005 at 06:49

>Yossy-Mittyさん
うーん、私もおもしろいトークなら聴きたいのですが・・・
私がそういう番組をたまたま知らないだけかもしれませんが
どうも「きゃっきゃ、きゃっきゃ」とはしゃいでいるようにしか
聴こえなくて・・・
年を取ったのでしょうか(笑)

>新経営陣は、遊び心や余裕を理解できるのか?
ちょうど、今、TVのコメントで
ニッポン放送にはラジオ局とフジテレビの持ち株会社としての
2つの側面があり、ライブドアは後者の方に興味があるわけで
ラジオ局には手をつけないんじゃないかといってました。
まあ、私は一視聴者なので、おもしろければ何でもいいです(笑)

>数字も、TVやラジオをダメにしている
視聴率以外の評価方法があってもいいと思いますけどねえ。

Posted by: LIN | March 27, 2005 at 11:08

The comments to this entry are closed.

« たらいまわし・本のTB企画「第11回 『旅』の文学!」 | Main | 古書2冊 »