« 夏はボサノバ | Main | パッティング練習中 »

April 13, 2005

タイガー!タイガー!じれっタイガー!

落語のCDを少しずつ集めようと思っている。
今日、Amazonから届いたのは志ん生の『火焔太鼓』

名演集(1)
古今亭志ん生 古今亭志ん生(五代目)

ポニーキャニオン 1994-11-18
売り上げランキング : 1,005

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うまいのはもちろんだけど、私は志ん生の声がどうにも好き。
落語はガラガラ声の方がいい。
あまり甘い声はダメだ。

unaGさんがジャケ買いしたという志ん朝の「色は匂へと散りぬるを」シリーズも
気になるところ。

志ん朝復活-色は匂へと散りぬるを へ「碁どろ」「お若伊之助」
古今亭志ん朝

ソニーミュージックエンタテインメント 2002-07-24
売り上げランキング : 34,424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もちろん談志も揃えたい。
談志は映像があるから買うならDVDだな。
うーん、お金がいくらあっても足りない(^^;

「落語ねえ…」とイマイチ、ぴんと来ない方は今週、金曜日22時からスタートする
TBS系の「タイガー&ドラゴン」を見てね。
あのクドカン脚本の落語青春ドラマ。
タイガー!タイガー!じれっタイガー!
粋でげす!オツでげす!

|

« 夏はボサノバ | Main | パッティング練習中 »

Comments

LINさん、こんばんは∈^0^∋
ぼくも落語好きなんです\(^_^)/。
でも、ぼくは春風亭小朝が好きで、何回も聞きに行ってます。DVDもいいですよね。ぼくもそろえようっと。
 一寸前まで、落語って、対象年齢層が高いと想定してか、CDなかったのですよね。
 古今亭志ん朝も良いですね。声の質は、なめらかな人が好きです。声楽家でも、三大テノールだったら、Pavarottiの声が、一番好きですね。角が丸くて甘い声が好きです。
 ぼくは、話が下手なので、まくらの部分がまねできたら、どんなに話が愉しくなるかって、思ってしまいます。 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | April 13, 2005 at 22:06

(  ̄ー ̄)ノ◇ ザブトン1マイ
落語と聞くと笑点を思い浮かべる私。安直ですね、ベタですね(笑)
でも、見るようになったのはここ2,3年くらいからで、その前は存在は知ってましたけど、見てなかったですもんね。
最近は録画してまで見るようになっちゃいました(笑)
小遊三師匠と歌丸が好きですね。小遊三の下ネタはツボです。

落語のCDってあるのですね。初めてしりました。
笑点のがあったら・・・購入しようかどうか迷うと思う(笑)

Posted by: すのう | April 13, 2005 at 22:40

>くまさん
小朝って確か何十人抜きで真打になったんですよね。
うまいですよね。
落語のDVDはそんなにたくさん出ていません。
志ん朝もないんです。
小朝もAmazonで検索した限りではないようです。

>どんなに話が愉しくなるか…
落語をひとつ、覚えるといいかもー。
私は落研だったんですが、その時、話のリズムのようなものを
覚えたような気がします。
くまさんも「寿限無」あたりからいかがですか?

Posted by: LIN | April 14, 2005 at 08:56

>すのうさん
笑点、私もタイミングが合う時は見てますよー。
私は歌丸と楽太郎のケンカが好きかな(笑)
大喜利の前に、漫才をやったりするコーナー、落語の時もありますよね。
落語、はまるとおもしろいですよー。
すのうさんも是非。

Posted by: LIN | April 14, 2005 at 09:03

 ガラガラ声が好きなら、必聴なのが笑福亭松鶴師匠(6代目)です。
 自称「大阪で一番声の悪い噺家」

 先般亡くなった桂文枝師匠の色っぽさを志ん朝師匠に例えるなら、松鶴師匠の滑稽味、破天荒さは志ん生師匠に匹敵するんじゃないか?
 すてきな、かわいらしい上方の噺家です。

 おすすめは「らくだ」。LINさんが歌舞伎をお好きなら「蔵丁稚」「蛸芝居」も大推薦します。

Posted by: LSTY | April 14, 2005 at 10:56

LINさん、こんにちは∈^0^∋
落研に所属って、珍しいですね。びっくり。Y(゚_゚)Y
女性では、本当に少数派ですよね。
貴重な存在。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | April 14, 2005 at 11:17

わわわ!LINさん!
落研所属っていうのに私もびっくりしました。
だから、とっても楽しくってウィットに富んだ方なのですね~。

Posted by: ワルツ | April 14, 2005 at 11:25

>LSTYさん
例のCD-ROMに六代目松鶴は「近所づきあい」「質屋」が
収録されてました。
確かにガラガラ声だ(笑)
うーん、でも落語はやっぱり江戸弁がいいかなあ(^^;

Posted by: LIN | April 14, 2005 at 13:36

>くまさん
落研、それも部長です。わはは。
正確には同好会だったので同好会長なんですけどね。
三年生は女子が3人、二年生は女子が5人。
女子の方が多い同好会でしたよ(笑)

Posted by: LIN | April 14, 2005 at 13:39

>ワルツさん
最初、母のススメで演劇部に入ったんですが、
別役実とかの現代劇がさっぱりわからなくて
落語に転向したんです(笑)

>楽しくってウィットに富んだ方
ワルツさん、ありがとう(ノ ̄〓 ̄)ノ ちゅ~
「かわいい」とか「キレイ」っていわれるより
「おもしろい」といわれる事を目標に生きてきた甲斐がありました。
笑いはガンさえ治すといいます。
これからも笑いに磨きをかけていきますね(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

Posted by: LIN | April 14, 2005 at 13:47

ガサガサした声の噺家がいい、って気持ち、わかります。
ロックバンドのヴォーカストとも共通する魅力、存在感なのかな、
と私はニラんでいるのですが・・・。
そう考えてみますとね。
志ん生師匠や談志師匠は、どう見ても「パンクス」ですね。
存在自体が、アナーキーでノーフューチャーですもの(笑)。

Posted by: 左半治 | April 14, 2005 at 16:18

>「タイガー&ドラゴン」
ずっと楽しみにしていました。先日の再放送も見ました。
こういう荒唐無稽なドラマは大好きです。

Posted by: 多摩のいずみ | April 14, 2005 at 19:36

LINさん、こんばんは∈^0^∋
こんちこれまた、大変失礼いたしました。
くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | April 14, 2005 at 20:57

わ、コメント出遅れてしまった。。。
LINさん、お世話様です~♪
てか、LINさん落研だったんですか!ひゃー♪
すごい~♪さすが、詳しいわけですね!
名前、好きな噺家さんのを混ぜて考えたりしたんですか???
小朝さんは37人抜き、じゃなかたかな~(36人だったかも
巧いですよね、なめらかで。
「紙入れ」なんか軽快でグッドです。

左半治さん、はじめまして!
志ん生師匠、談志師匠=パンクス、そうですねほんとに!
上方でいうなら、枝雀師匠もパンクだわ。

LSTYさん。「らくだ」はブラックだから、結構好きです。
松鶴師匠は、鶴瓶さんの物マネしか聞いたことがありません(笑
そのうちガッツリ聞いてみたいです。。。

Posted by: うなぎ | April 15, 2005 at 00:30

>左半治さん
うんうん、志ん生と談志はパンクスですね。
最近の談志の『居残り左平次』をDVDで見た時、
私も「ん?フリージャズか?」って思いました。
もういっていることが何だかわかんないの(笑)

>存在感なのかな
先日、TVで書家の方が「うまく書くな。他人と同じでは意味がない」と
いってました。
どうも日本人っていうのは学校教育で「うまくやる」という風に
教わってしまいがちですが、「ヘタだけど自分らしく」って大事ですよね。
そういうのが存在感につながるのかなあと考える今日この頃。

Posted by: LIN | April 15, 2005 at 08:59

>多摩のいずみさん
「タイガー&ドラゴン」私もお正月に見そびれて、
先日の再放送で見ました。
やっぱり宮藤官九郎はおもしろいですねえ。
以前、彼の脚本で「マンハッタンラブストーリー」というドラマがあったんですが
すっごくバカバカしいのについつい毎週見てしまった事があります。
「タイガー&ドラゴン」いよいよ今日ですね。
楽しみですね。
うわっ、「芝浜」だー。←この噺、好きなんです。

Posted by: LIN | April 15, 2005 at 09:03

>くまさん
木村剛さんのブログ、見ましたよー。
すごいっ!
タイトルもそうだし、くまさんのお名前まで出ているじゃないですか。
ところで、あの記事で気になったのは
>日本が対中国貿易でふたたび黒字転換した
という箇所。
知らなかった、そうだったのか~。
中国で反日の動きがあるのはこういう経済の問題もあるのでしょうか。
経済、日頃からちゃんと勉強しないとダメですね。

Posted by: LIN | April 15, 2005 at 09:17

>うなぎさん
うなぎさんがジャケ買いした志ん朝のCD、ホント、かっこいい!

>さすが、詳しいわけですね!
私は全然、詳しくないの(^^;
詳しいふりをするのが得意です(笑)
LSTYさんはすっごくお詳しいです。

名前は父の友人の落語家の方につけてもらったので
本格的ですよー。
下は小町っていうの。
我ながら吹き出してしまう。
上は実家の地名なのでナイショということで。

小朝は女性をやらせると色っぽくていいですよねえ。
「紙入れ」私も好きです。

Posted by: LIN | April 15, 2005 at 10:10

>うなさま
 「らくだ」は本当に不思議な話ですよね。あれ、登場人物は普通に話してるんだけど、人一人死んでるんですよね(笑)松鶴師匠の中でも絶品の高座だと思います。
 ちなみにツルベは大嫌いです(笑)

>LINさま
 やっぱり上方言葉っていうのは壁なんでしょうねえ。
 それはなんとなくわかります。私は大学生までの人生を半分近畿、半分関東で過ごしたので、入り込めたのかも知れません。
 米朝師匠、吉朝師匠、枝雀師匠、文枝師匠、松鶴師匠、と、江戸とは違った良い噺家さんがいますので、気が向いた時にでもちょこっとどうぞ。

Posted by: LSTY | April 15, 2005 at 19:17

 談志につられてコメントしてしまいます。DVDがいくつか出ていますね。
 私の家では東京MXテレビが見られるので土曜日の談志と野末陳平の放談を見てます。あまりにアブないため時々カットされますが、それもまた一興です。

Posted by: 神田アレイ | April 16, 2005 at 07:45

>LSTYさん
そうですね。
食わずぎらいしないで、上方落語もこれを機会にトライしてみます。
そういえば、私、関西の男性とおつきあいした事ないなあ。
え?そんなこと、聞いてない?(笑)

Posted by: LIN | April 16, 2005 at 09:45

>神田アレイさん
>土曜日の談志と野末陳平の放談
あ、見たことありますー。
確か、選挙の時に特番やったんじゃなかったでしたっけ?
ご存知かもしれませんが、こちら↓でも談志師匠の毒舌が楽しめますよーん♪
http://kodansha.cplaza.ne.jp/danshi/

Posted by: LIN | April 16, 2005 at 10:01

The comments to this entry are closed.

« 夏はボサノバ | Main | パッティング練習中 »