« パッティング練習中 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第12回 爽やかな春に読みたい青春小説」 »

April 17, 2005

レオン&ニキータ

深夜TV。
画面に映ったのは、オヤジ三人と若槻千夏。
まずはシャンパンで乾杯。
するとオヤジがいう。
「いい女はフルートグラス(背の高いグラス)では飲まないんだ。
だって鼻の穴が見えちゃうでしょ?」
そうのたまうオヤジは“レオン”と“ニキータ”の編集長だった。
“レオン”は「モテる男」をテーマにした雑誌らしい…
隣にいるオヤジはいやらしく葉巻をくゆらせているしっ!

私はオヤジ好きだけどこういうインチキオヤジは大嫌いだ。
いつのまにかこういう奴らが世間でのさばっていたなんて。
どうか、若い女性たちよ、こんなインチキオヤジに騙されないでくれ。

私が長年、ショットバーに通って学んだこと。
本物のいい男はバーにはいない。
本物のいい男は、夜は愛妻の手料理を食べ、愛妻と静かな時間を過ごしているのだ。

あ、そうか!
“レオン”の編集長&読者はモテればいいわけで、本物はめざしてないんだな(笑)

LEON (レオン) 05月号 [雑誌]

主婦と生活社 2005-03-24
売り上げランキング : 3,274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« パッティング練習中 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第12回 爽やかな春に読みたい青春小説」 »

Comments

あ。映画のタイトルだと思いました。
アサシンは、ないのですね。笑
うんちくたれって、自分の中から言葉をだしてないから、
うさんくさいですよね。
うんちくたれと、うさんくさいと、似てると語感と思いつつ、
“う”と、語数があってるだけでしたね。わはは。

Posted by: pico | April 17, 2005 at 13:54

「レオン」って、見出し見てるだけでも面白いですよ。
「モテるオヤジはちょい悪(わる)オヤジ」
とか
「デキるオヤジは靴で決める」
とか(うろ覚えですが)
でも結局オヤジなんかい!(笑)ってつっこみたくなります。
どんな層が購読してるのか、気になります。

Posted by: Mlle.C | April 17, 2005 at 14:22

私の知っているカッコいい親父たちは、「感動する心」と
「本物を愛する情熱」を持っていますね。
世間とかトレンドとか、そんなことは関係ない。
「俺はこれが大好きなんだ」という信念で、パイプを愛用したり、
休みに山菜取りに出かけたり、定食屋さんを食べ歩いたりしています。
これが板についている。嫌味が無い。
ふた昔前のアングラ雑誌には、この手の記事が多かったですね。
「読者なんて関係ない。俺が好きだから記事にする」
だから、80年代や90年代の雑誌を読み返してみると、とても感動します。面白い。
ところが、最近は「まず企画あり」で、こんなのがウケるだろうなどと
憶測でテーマを決めて、しかも愛着も無い編集者の下で、
知識も感動も無いライターが記事を書いていたりします。
そんな調子ですから、最近の雑誌では、ヘアヌードですらつまらない。
かく言う私も、若い諸君と話をしていて、ハッとさせられる瞬間
がよくあります。
感動を失わぬよう、心がけたい厄年の春であります。お粗末。

Posted by: 多摩のいずみ | April 17, 2005 at 15:51

こんばんは。
私は来年前厄ですが、ちょうど中高のころ「ホットドッグプレス」やら「ポパイ」やら、ペラペラめくっていた世代です。こういう人たちが今になって読んでるんでしょうか。
でも、今言う「モテオヤジ」ってぜったいイタリア系ですよね。日本人にはしょせんムリのような・・。

LINさんの言われる「本物のいい男は、夜は愛妻の手料理を食べ、愛妻と静かな時間を過ごしている」ことに心し、
多摩のいずみさんが言われる「感動する心」と「本物を愛する情熱」を持てるよう精進いたします・・。

Posted by: shosen | April 17, 2005 at 22:30

>「感動する心」と「本物を愛する情熱」
そうですね。いつまで保ち続けることができるでしょう。
本物ってなんでしょうね?本物をめぐる迷走は続きます。でも、少し解ってきたような・・・。

Posted by: take | April 18, 2005 at 01:42

>picoさん
レオンで検索していたらトニー・レオン主演の「2046」が引っかかりました。
今月末DVD発売なんですね。
確かpicoさんオススメでしたよね。
買っちゃおうかなあ。

>うんちくたれとうさんくさい
“く”もあってますね。
合体させると“うんちくさい”
すごい(笑)

Posted by: LIN | April 18, 2005 at 09:37

>Mlle.Cさん
>結局オヤジなんかい!
そうそう、オヤジの悪あがき。
モテたいと思っている段階でモテないだろと
私なぞ思ってしまうのですが…
Mlle.Cさんは美少年好きだからオヤジには興味なし?

>どんな層が購読してるのか、気になります。
石田純一もどきみたいな奴らと予想…

Posted by: LIN | April 18, 2005 at 09:47

>多摩のいずみさん
若い男ならいざしらず、いい年した男がこんなマニュアル雑誌を読むなっと
怒り心頭でございます。
多摩のいずみさんも書いていらっしゃる通り、自分が本当に好きで何かに夢中になるのが
ステキなのです。
多摩のいずみさんのカメラのようにね♪
雑誌に書いてあるからそれをまねするとは何ともカッコ悪い…

>俺が好きだから記事にする
タモリさんが書かれた『TOKYO坂道美学入門』や
みうらじゅんさんの『見仏記』はまさにそんな感じですね。

>感動を失わぬよう、心がけたい
同感です。
最近、読んだ本に書いてあったのですが、
脳が体をコントロールするのではなく、体を動かすことで
脳が発達するのだそうです。
(この件はいずれ別記事でじっくり書きたいと思ってます)
「書を捨て街へ出よ」ですね(*^^*)

Posted by: LIN | April 18, 2005 at 10:04

>shosenさん
>ぜったいイタリア系ですよね。
確かに(笑)
“レオン”の主人公を演じたジャン・レノはフランス人なのに…

愛妻家ってかっこいいと思います。
私がいうのも何ですが、夜の街をふらふら徘徊しているオヤジを見ていると
「こいつら、いい年して何やってんだ」と思います。
shosenさんはきっと愛妻家だと思います(*^^*)

Posted by: LIN | April 18, 2005 at 10:17

>takeさん
本物はジュドクールのジュースですよ(笑)
って、飲んでもいないのに(^^;
香料とか混ぜてるのはジュースもどきでしょう?
雑誌の情報は香料みたいなものじゃない?
人生も手間をかけてひとつひとつ体験して本物になっていくのではないでしょうか。
takeさんは若いんだからまだまだ迷っていいんだってば(^^)
私はいい年していまだに迷走中…

Posted by: LIN | April 18, 2005 at 10:26

私も映画のタイトルかと思っちゃった(´ω`)ノオイオイ

でも、わかるな~。なんとなく。

外見や格好も確かに大事だとは思いますが、多摩のいずみさんもおっしゃってますとおり、世間とか流行とか関係のないこだわりを持ってる人のほうがよっぽどカッコいいと思いますし、思えます。
雑誌編集者として自分が自信を持って薦められないものを幾ら薦めても駄目ですよねぇ。
そういう人って、自分がカッコいいだなんてあんまり言わないですもんね。
カッコいい人って言うのは自分から言い回るんじゃなくて周りから言われるもんだと思いますけどねぇ。

こういう雑誌に載ってるもの=カッコいいっていう図式は怖いですね。
自分の基準での判断がワンクッションあった上で参考にしてみる、雑誌のファッションがカッコいい、カッコよくないというのなら分かりますが。
結局こういうのをマネてコーディネイトしても、自分が自信をもてないと、どんなカッコしたってカッコよくは見えないですよね。
あ、この人、服に着せられてるなっていうのは滲み出ますもんね。

俺が着てるんだからカッコいいんだ!位の自信を持ってる人の服は、カッコよく見えると思う。
紙一重の方も中にはいらっしゃるかも知れませんけどね(笑)

Posted by: すのう | April 18, 2005 at 11:23

こんにちは。

カッコ良いとかの話は長くなりそうだし、皆さんが書かれているので割愛しますが、この手の雑誌ってのは、shosen さんも仰っているように、昔「Hot Dog press」とか、「popeye」とかを読んでいた世代をターゲットにしてるようですね。

確かに、40歳前後が読むような男性誌ってのは少なかったので、出版社がその辺りをターゲットに選ぶのは自然な流れなのかもしれませんね。
また、この辺りの雑誌は商品を一緒に売っていくというコンセプトもあるようで、広告が入りやすいそうです。
ある程度、落ち着いてお金にも余裕が出てくる世代でしょうから
当然の流れですかね・・・

その辺りの話は、俺が良く聴くラジオ、
「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR」で、少し前に取り上げられてましたので、良かったら見てみてください。
てか、この番組自体が考えようによっては、そういう雑誌に
共通する部分もあるかな?とか今思ったw

http://www.avanti-web.com/pastdata/20050409.html

俺は「Hot Dog press」とか、「popeye」等の雑誌は高校とかの頃読んでたんですけど、「週刊play boy」の方が開高健のエッセイとかあって面白かったですw

あと、以前に紳士服の販売をしてた経験からいうと、まあ田舎だからかもしれませんが、男ってのはファッションには無頓着な人ってのは結構いるので、どういう色合わせがいいか?とか解らないで
単純に真似しようと思って読んでいる人も居ると思いますよ。
ディスプレーを見て、解らないんで、この通りにくださいって言って商品を買っていく人って結構いますよ。

ちなみに俺はこの手の雑誌は読んでないですね。
まあ雑誌自体をあんまり買わなくなったんですけどね・・・
最近買う雑誌は専ら求人誌ですよw

夜の街を徘徊するのは嫌いじゃないんで、俺も「こいつら、いい年して何やってんだ」的なオヤジですねw
まっ、手料理作ってくれる人がいれば、俺も真っ直ぐ帰るんですけどね・・・


Posted by: 夢屋 | April 18, 2005 at 13:05

> 夜は愛妻の手料理を食べ、愛妻と静かな時間を過ごして……

これって25歳にもあてはまるんでしょうか。笑

Posted by: 爆笑はひとりではできない | April 18, 2005 at 16:49

うわははは!
「うんちくさい」!!!!!
picoさんのコメントから、LINさんと同じ連想してしまったー!!
(picoさん、ごめんなさいm(。_。;))m ペコペコ…)

ヘ( ̄∇ ̄ ヘ)),,,,,ソォーット(逃 ←どうしてもコレだけ言いたかった…

Posted by: ponsuke | April 18, 2005 at 23:08

なにっ!?うんちくさいだって?(笑)

Posted by: ベル | April 19, 2005 at 01:59

>すのうさん
>自分が自信をもてないと
その編集長は自信満々でしたよ(笑)
でも何か違うんですよねえ。
上っつらだけというか…
40過ぎた男が女を求めてきょきょろしているという時点で
私はイヤかなあ。
まあ、女性によってはそういう男が好きという人もいるかもしれません。
好みの問題かもね。

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 10:47

>夢屋さん
夢屋さんが紹介してくれた記事、拝見しました。

>『LEON』は「愛人がいる」というイメージ。
そうそう、まさにそんな感じ(笑)
そういうのやりたい男は勝手にやればいいわけで
雑誌で奨励するなよって思いました。

男性がオシャレになるのはいい事ですが
それが妻以外の女性にモテるためにやっているとしたら
カッコ悪いですよね。

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 10:55

>爆笑はひとりではできないさん
>25歳にもあてはまるんでしょうか。
あてはまる!あてはまる!
ただし40歳過ぎてから突然、女に狂わないように注意(笑)

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 10:57

>ponちゃん
こっそり書いたんだけど見られちゃった?(笑)
“レオン”の編集長に会ったら、「おまえら、うんちくさい」って
いってやりたいです。( ̄∀ ̄*)イヒッ

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 11:00

>ベルさん
ベルさんまで反応してるし(笑)
こうなったらブログで流行らせましょう!

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 11:03

ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
私も反応してしまいました。うんちくさい(笑)
似て非なる単語で記事書いたら面白いでしょうね~。
今度思いついたら記事にしてみよう!
し、しかし可笑しい。ヾ(^▽^*おわはははっ!!

Posted by: すのう | April 19, 2005 at 11:46

あはは、うんちくさい。
私まで反応(笑)。

「レオン」を読んでる男性って、好き嫌いは別にして、
(笑っちゃえるし、扱いやすい気がする)
いるだろうなぁって想像できるんだけど、
「ニキータ」読んでる女性って、本当にいるのかなぁ。不思議。謎。

Posted by: きみ駒 | April 19, 2005 at 16:03

>すのうさん
「うんちくさい」福岡でも流行らしちゃってください(笑)

>似て非なる単語
何かおもしろいのはないかなと3分ほど頭をひねりましたが
思いつきませんでした…
IQサプリで修行しなおします。

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 16:51

>きみ駒さん
ニキータの今月のコピー
「イタリア女は乳間(ニュウカン)ポロ」
ってどうなの?(笑)
日本の若い女性はニキータ的切り口より
「あなたも今日から長谷川京子」とか「矢田亜希子流」の方が好きなんじゃないかなあ。
TVに女優が出演した時に画面の隅の方に、この服は○○ブランドですって
表示してくれるといいなあといつも思います。

Posted by: LIN | April 19, 2005 at 17:01

>本物のいい男はバーにはいない。

あいたたたたたたたたたた!

Posted by: LSTY | April 20, 2005 at 09:36

>LSTYさん
あ、いや、たまにいる場合も…(^^;

Posted by: LIN | April 20, 2005 at 10:26

The comments to this entry are closed.

« パッティング練習中 | Main | たらいまわし・本のTB企画「第12回 爽やかな春に読みたい青春小説」 »