« レオン&ニキータ | Main | マロンズポット&パン »

April 19, 2005

たらいまわし・本のTB企画「第12回 爽やかな春に読みたい青春小説」

tarainosukelefty

青春…
セイシュン…
せいしゅん…

19の夏。
憧れの彼と上野でデート。
私は胸がいっぱいで何も食べられないというのに、相手はがっつり中華丼を食べやがった。
二人で谷中の墓地を歩き、彼が私の肩に腕をまわしてきた。
いい雰囲気だったのに、なぜか私は「暑い」といってしまった。
慌てて腕を離す彼。
私のバカ、バカ。
それ以来、ずっと人生がうまくいっていないような気がするとです…

たら本、第12回はあいらブックス!さん主催「爽やかな春に読みたい青春小説」
何しろ爽やかと縁遠い人間なのでねえ(^^;
宮藤官九郎なんかいかがでしょう?
私もまだ見てないんですが『木更津キャッツアイ』なんかよさげです。
『真夜中の弥次さん喜多さん』も気になります。
今回はこのくらいしか思い浮かびませんでした。ごめんなさい。

木更津キャッツアイ
宮藤 官九郎

角川書店 2003-09
売り上げランキング : 11,540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

合本 真夜中の弥次さん喜多さん
しりあがり 寿

マガジンハウス 2005-03-17
売り上げランキング : 147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« レオン&ニキータ | Main | マロンズポット&パン »

Comments

LINさん、こんばんは!
今回のたら本企画参加ありがとうございます!

青春小説を読まないという方には困ったお題だったかもしれませんね(・´ω`・;)

LINさんの10代の甘酸っぱい思い出、いいですね!
私も似たような経験ありました。あ~、なんでもっとサラっと対応できなかったんだ昔の自分!と今ならそう思えるのですが。
それが青春なのかも(。-_-。)ポッ

弥次さん喜多さん映画になりましたね。予告でチラっと見ましたが面白そうです!

Posted by: みらくる | April 20, 2005 at 00:50

わあー、LINさんの甘酸っぱい思い出!
>私のバカ、バカ。
いや、気持ちはすごく分かります。ええ、もう痛いほど。(笑)
今なら全然大丈夫なんですけどねえ。
むしろもっと盛り上げることも可能かと… なーんてすっかりスレた大人になってしまったのがちょっぴりイヤん。(笑)

「木更津キャッツアイ」、私も見てないんですけど気になってたんです。ビデオを借りてみようかと思ったけど、本があるなら本もいいですねー。

Posted by: 四季 | April 20, 2005 at 07:25

>みらくるさん
>困ったお題だったかもしれませんね
いえいえ、忘れかけていた青春の日々を思い出し楽しかったです。
青春小説ってあまり知らなかったのですが、
これを機会にいろいろ読んでみたいなあと思いました。

>なんでもっとサラっと対応できなかったんだ
( ̄  ̄) (_ _)うんうん
しかしその一方ですっかり恋に器用になってしまった自分が
悲しくもあり…
やっぱり青春っていいなあ(笑)

Posted by: LIN | April 20, 2005 at 10:10

>四季さん
最近、『タイガー&ドラゴン』を見ている関係もあって
宮藤官九郎が気になってます。
『木更津キャッツアイ』は以前、再放送をちらっと見たけど
なかなかおもしろそうでした。

>すっかりスレた大人になってしまったのがちょっぴりイヤん。
ちょうど、みらくるさんへのコメントに私も同じような事を
書いたところです。
そうなんですよね。
青春も切ないけど、大人になって器用になってしまった自分も切ない(^^;

Posted by: LIN | April 20, 2005 at 10:16

こんにちは♪
>なぜか私は「暑い」といってしまった。
そう言ってしまう気持ち、よく分かります!
同じような経験あります。。。
うれしいけど照れちゃうような、微妙な乙女心・・・。
青春ですね。
>『真夜中の弥次さん喜多さん』
実は先月、「東海道中膝栗毛」の現代語訳を読んだんですが、
原作の方も、おもしろかったですよ~!
ギャグも、現代人からみてもかなりウケました!
なので、しりあがり寿の方も読み比べてみたいなと
思っていたところです(^^)/
それにクドカン作品も大好きなので、映画も見たいですー!

Posted by: マーヤー | April 20, 2005 at 11:08

LINさん、おはようございます!
木更津~は、ドラマの方が、断然おすすめです。
特に、3回目くらいまでの脚本が、非常によくできてます!
映画は、お祭りみたいなもんで、かれらの遊びにおつきあいするといった感じですね。
クドカンも、クドカンが一人歩きしてますからね・・
本ならば、私的には、松尾スズキさんのがおすすめです。
といいつつも、「真夜中の弥次さん喜多さん」もしっかり観にいく予定です♪
原作は、さいきょーーーです!!!

PS.スレ違いますが・・・しりあがり寿さんか、松尾スズキさんに、“うんちくさいオヤジ”を描いてほしいと思いました!笑

Posted by: pico | April 20, 2005 at 12:16

きゃっ!LINさんの19歳素敵!
あ~あ、その頃からの友達でいたかったな・・・。
そして、デート話とか言い合いしてため息つくの・だ・・。
>私のバカ、バカ。
彼の真っ赤な顔も浮かびましたよん。

>木更津キャッツアイ
は、見てないんですが、俳優さんの顔が浮かんできますよ。
メディアの力ってすごいですね。
内容も面白いのですね!(^o^)丿
・・・青春って、何か恥ずかしい。(笑)

Posted by: ワルツ | April 20, 2005 at 21:15

LINさん、こんばんは。
うわー、LINさんの思い出素敵っ!
小説より実話のほうが説得力ありますね。

で、「木更津キャッツアイ」。
私もドラマは観てないんですが、
小説から入ってDVDを観るパターンもよさそう。

Posted by: sa-ki | April 20, 2005 at 22:27

>マーヤーさん
>同じような経験あります。。。
おお!~~~(/ ̄▽)/\(▽ ̄\)~~~仲間じゃぁ♪
青春バンザイですね(意味不明)

>クドカン作品も大好き
私は「マンハッタン・ラブストーリー」ではまりました。
マーヤーさんはご覧になりました?
バカバカしいんだけどすっごくおもしろいですよー。

「東海道中膝栗毛」の現代語訳、私も読んでみたいです♪

Posted by: LIN | April 21, 2005 at 08:24

>picoさん
>ドラマの方が、断然おすすめです。
おおっ、それは是非、見てみたいです。
再放送やらないかなあ。
ところでpicoさん、DISCASご存知ですか?
http://www.discas.net/d/d/index.html
TSUTAYAで始めたサービスなんですが、ネットでDVDが郵送されてきて
返すときはポストに入れるだけという新しいレンタルシステムなんです。
今、申し込もうかなあと迷っているのですが、徒歩15分のところに
レンタルビデオ屋があっても借りない私が果たして見るのか(^^;

>松尾スズキさんのがおすすめです。
お、クドカンファミリーの一人ですね。
読んだことないです。
オススメありますか?

>“うんちくさいオヤジ”を描いてほしい
見たい、見たい(笑)

Posted by: LIN | April 21, 2005 at 08:41

>ワルツさん
>その頃からの友達でいたかったな・・・。
私もですよー♪ダキ♪(●´Д`人´Д`●)ギュッ♪
女の子同士のおしゃべりって楽しいですよね。

「木更津キャッツアイ」を書いたクドカン脚本で今、放映中の
「タイガー&ドラゴン」もオススメです。
笑えます。

>青春って、何か恥ずかしい。
確かに(笑)
でも純粋でしたよね。
すっかりすれてしまった自分が悲しい…

Posted by: LIN | April 21, 2005 at 09:09

>sa-kiさん
>LINさんの思い出素敵っ!
うはっ、そうですか~(〃∇〃) てれっ☆
遠い遠い思い出です…

>「木更津キャッツアイ」
私も見ていないのに紹介してしまいました(^^;
でも、クドカンのドラマって本当におもしろいんですよー。
今は「タイガー&ドラゴン」というドラマをやってます。
sa-kiさんも機会があったら見てみてくださいね。

Posted by: LIN | April 21, 2005 at 09:17

LINさん、こんにちは。
「木更津キャッツアイ」は気になりながら、いまだに手にしてない本です。こうして紹介されると欲しくなるなあ。
19歳のLINさんの思い出、素敵な青春ですね。甘酸っぱい思い出はいつまでも新鮮でいいです。

Posted by: NARU | April 21, 2005 at 12:51

>NARUさん
「木更津キャッツアイ」は私も見てないんですが、
紹介しちゃいました。
青春がはるか昔の私は、今回のお題はちょっと苦しかったです(^^;
多分、本より映像で見た方がおもしろいと思います。
機会があったら見てみてくださいね。
今、放映中の「タイガー&ドラゴン」もオススメです。

Posted by: LIN | April 21, 2005 at 15:16

こんばんは!
ヒロシ調の思い出がイカしてます。(´∀`)

真夜中の弥次さん喜多さんは映画を見に行く予定です(遅!)。しりあがり寿さんの漫画面白いですよね。ウチの母親とかは絵を見ただけで読んでくれません。オモシロイノニ・・・


Posted by: moji茶 | April 21, 2005 at 20:32

LINさん、こんばんは!
いいですね~クドカン。
でもウマオヤ的に、私は松尾スズキ派です(笑
キャッツアイも時々しか観てませんでした。
といいつつ「弥次さん喜多さん」は観ておこうと思いますv

「タイガー&ドラゴン」はどうですか?面白い?
最初見逃してしまったけど、途中からでも大丈夫でしょうか。

で、しりあがりさんは大好き。
やさぐれ感とダメ感が大ツボです。

Posted by: うなぎ | April 22, 2005 at 00:23

>moji茶さん
>真夜中の弥次さん喜多さんは映画を見に行く予定です
おお、うらやましい。
その時はオフィシャルグッズもチェックしてみてくださいね。
私は公式サイトで見たのですが扇子がかわいかったです~

>ウチの母親とかは絵を見ただけで読んでくれません。
大人はそう感じるのかもしれないですね。
って、私も一応、大人なんですが(^^;
トイレなどにポスターを貼って洗脳してみてはどうでしょうか?(笑)

Posted by: LIN | April 22, 2005 at 09:40

>うなさん
松尾スズキさん!(笑)
「イン・ザ・プール」の伊良部医師じゃないですか。
いよいよ公開ですね。
ただ、原作のイメージだと伊良部医師はデブっぽいんだけどなあ。

>「タイガー&ドラゴン」はどうですか?
前回を見た感じでは1時間でおさめるのはちと苦しいなあという感じでした。
でも、それは大作「芝浜」の回だったからかも。
今日は「まんじゅうこわい」です。
是非、一度、見てみてください。

Posted by: LIN | April 22, 2005 at 09:49

LINさん、こんにちは。
恋愛小説と意識しないで読み始めて、読み終わってみて恋愛小説ともいえるかもしれない。というのが良くあります。
さすがに最初から純愛をうたっている本を手に取ることはまずないですが、さわやかな話はいいです。
LINさんセレクトの二冊は、どちらも映画化されていますよね。CMでかなり興味を持ちました。

余談ですが、私の初デートはたしか19のときだったと思います。

Posted by: 葉兎 | April 22, 2005 at 16:35

LINさ~ん!
今日、映画「真夜中の弥次さん喜多さん」みてきました!
映画は、単純におもしろかったのですが、
やはり、原作のが、さいきょーーーーーでしたよ。

ディスカスは、知ってました。
ぽすれんとどっちがよいのかしらと、迷いつつ、
今にいたっています。
情報、ありがとうございます。

松尾スズキさんのおすすめ本は、
「宗教が往く」「定本 これぞ日本の日本人」
「読んだはしからすぐ腐る」あたりです。
ノリは、しりあがりさん系で、ディープでブラックです。
「真夜中~」のプロモDVDの「ヒゲのおいらん」は
超オススメです♪

Posted by: pico | April 22, 2005 at 22:31

>葉兎さん
恋愛…
ずいぶんしてません(^^;
自分が恋をしていないと恋愛小説とか恋愛ドラマとか
「ちっ!」って舌打ちしちゃうんですよー(笑)
そんなわけで最近、あまり恋愛小説、読んでないかなあ。
葉兎さんは恋愛小説、お好きですか?(*^^*)
最近、マジメな本もしんどくて、笑いに走っているLINでありました。

Posted by: LIN | April 23, 2005 at 00:04

>picoさん
おおっ!picoさん、見に行かれましたか!
picoさんの記事、拝見しました。
かなり辛口(笑)
でもおかげで本を買う決心がつきました。
今夜あたりぽちっと押してしまうかも…

松尾スズキさんの本もオススメありがとう。
読んでみますね。
「ヒゲのおいらん」は「真夜中~」を見なくてもおもしろいのかしらん?
でもあのイラストだけで、もうすごくほしい感じです♪

Posted by: LIN | April 23, 2005 at 00:08

こんばんは

>相手はがっつり中華丼を食べやがった。

相手がデザートしか頼んでいないのにカルボナーラをがっつり食べた記憶が…
orz

青春小説ってけっこう思い出し赤面してしまいます。うわー、ってつい叫んでしまったり。

Posted by: nyu | April 23, 2005 at 01:31

>nyuさん
>カルボナーラをがっつり食べた記憶が…
多分、その方も「ちっ!カルボナーラなんか食べやがって」と
思ったはずです(笑)
もしかして、その時、「あれ?なんで食べないの?」っていいませんでした?
男性は胸がいっぱいで食べられないという事はないのかなあ。
今後の研究課題にしたいと思います。

>うわー、ってつい叫んでしまったり。
わかります。わかります。
青春ってすごく恥ずかしいですよね。

Posted by: LIN | April 23, 2005 at 09:09

コメントとTBありがとうございます。
>合本 真夜中の弥次さん喜多さん
私は未読です。今更ですが、このタイトルは『真夜中のカーボーイ』のパロディですよね。ちょっと不安。

Posted by: 多摩のいずみ | April 24, 2005 at 12:48

LINさん、こんにちは!

>二人で谷中の墓地を歩き

!!!
墓地って人気なくて、よいデートスポットですね(笑)。
肩に廻された手が情熱的な彼の熱い手でよかった~。
もしも、ひんやりコンニャクみたいだったら…(>_<)

LINさん、picoさんおススメの弥次さん喜多さん、すごく
面白そうです!なんだか最近、私も笑いを求めてますよ~。

Posted by: ねる | April 25, 2005 at 07:39

>多摩のいずみさん
「真夜中のカーボーイ」知りませんでした。
「真夜中の弥次さん 真夜中のカーボーイ」で検索したら
出てくる、出てくる、関連記事!
http://blog.livedoor.jp/matusan/archives/19461314.html
「真夜中の弥次さん喜多さん」は「東海道中膝栗毛」と
「真夜中のカーボーイ」のダブルパロディだったんですね!
いやあ、勉強になりました。
教えていただきありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

Posted by: LIN | April 25, 2005 at 09:33

>ねるさん
最初、彼が「墓地へ行こう」って行った時、「え~っ?墓地?」と
思ったんですが、彼は二人っきりになりたかったんですよね。(*ノノ)キャ
でも、私が「暑い」といってしまったのでkissにはいたらず…
その後、とうとう、何もないまま別れることに(号泣)

>私も笑いを求めてますよ~。
笑いはキラー細胞を増やすので体にもいいらしいですよー。
イタリアもお笑いってあるんですか?
ご存知かもしれませんが、YahooIDをお持ちでしたら
こちらで吉本とか見られますよーん♪
http://streaming.yahoo.co.jp/category?k=2

Posted by: LIN | April 25, 2005 at 10:11

クドカンつながりで♪
木更津キャッツアイ、面白いですよ!!

Posted by: take | April 25, 2005 at 15:17

>takeさん
うんうん、「ピンポン」もクドカンですよね。
演劇部から落研に転向した私は、どうも、三谷幸喜とか
笑いのとれる脚本家や俳優を好きになる傾向ありです(笑)

Posted by: LIN | April 25, 2005 at 19:51

The comments to this entry are closed.

« レオン&ニキータ | Main | マロンズポット&パン »