« 『壁』by安部公房 | Main | 『乙女なげやり』by三浦しをん »

May 07, 2005

そらまめ

soramame

そらまめを持って母がやってきた。

娘「そうそう、母の日のお花、今日の夕方には届くからね」

母「えっ、私、明日からパパと旅行に行くんだけど…」

娘「( ̄◇ ̄;)エッ 花はどうすんのよっ!花はっ!」

母「そういえば、さっちゃん(妹)のも届いてたわね~(おっとり)」

娘「届いてたわね~じゃないわよっ!どうすんのよっ。枯れちゃうじゃないのっ。
そうだ。旅行に持っていきなさいよっ。
娘たちだと思って、2つとも、絶対、持っていきなさいよっ!」

「うん、わかった~」と生返事をして母は帰っていった…

|

« 『壁』by安部公房 | Main | 『乙女なげやり』by三浦しをん »

Comments

LINさん、こんにちは∈^0^∋
雰囲気出ていて、楽しいです。
母親と娘の関係って、息子とは全然違うのですよね。
親子よりも、同性同士みたいな所があって・・・。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

Posted by: くまさん | May 07, 2005 at 17:07

こんにちは。
今も旅好きなご両親、いいですねー。お花を抱えて観光(?)される
2人のおすがたを想像してしまいます。
お豆は初夏の味ですね。そのまま炊いてもご飯にしても・・・うーんおいしひ。

Posted by: shosen | May 08, 2005 at 07:53

>くまさん
>息子とは全然違うのですよね。
息子のいない母の口癖は
「息子ってすごく優しいらしいわよ~」です(^^;
ただ男性は母親と二人で買い物に行ったりすると
マザコンとかいわれてかわいそうともいってます。
確かに娘と母親は、いくらべたべたしても何もいわれないのに
不思議ですよね。

Posted by: LIN | May 08, 2005 at 09:33

>shosenさん
結局、花、どうしましたかねえ。
持っていきましたかねえ(笑)

そら豆は冷凍もありますが、今の時期のものが
やっぱりおいしいですね。
そちらは黒豆が有名ですよね。

>そのまま炊いても
煮るといわず炊くというんですよね。
風流でいいなあ。

Posted by: LIN | May 08, 2005 at 10:03

おお、美味しいそら豆の季節がやってきましたね!
イタリアにもありますよー、そら豆♪

うちの母は、みっつの鉢に植わった大・中・小の
多肉植物に勝手に子ども三人の名前をつけておいて、
「枯れて死んだらいやでしょうー」などと言いながら
お世話してます。こうなったら、私も様子が気になるのですが
植物は今のところ健在です(笑)。

Posted by: ねる | May 09, 2005 at 08:56

>ねるさん
イタリアにもそら豆あるんですか!
そういえば、イタリア料理店に行くと、そら豆のパスタって
ありますものね。
ああ、まだ朝なのにおいしいイタリアンが
食べたくなってきました(^^;

>多肉植物に勝手に子ども三人の名前をつけて
おお、これは絶対、枯らすわけにはいかないですね。
なんてお茶目なお母様なんでしょう(*^^*)
私が母にあげた花はきっと今頃、誰もいない実家で
枯れているんだわ。しくしく。

Posted by: LIN | May 09, 2005 at 10:09

LINさん、おはようございます!!!
先日、こちらのタイトルだけを拝見していて・・
やっと、ゆっくりお邪魔することができました!
LINさんとお母様のやりとり、よいですねぇ。笑
向田邦子劇場のようで、ほっこりします。

こちらの、「そら豆」が、しっかりインプットされ、
昨日は、そら豆を食しました。
おいしかったです。
それにしても、そら豆って、でっかいけど、食べる部分少ないですよね。
おいしいから
いいんですけどね。何とか食べられないものかと思ったりです。笑

Posted by: pico | May 11, 2005 at 13:14

>picoさん
おはようございま~す♪

>向田邦子劇場のようで
おお、あんなステキなドラマにたとえてくださって
ありがとうございます。
そういえばウチの母の天然ボケ加減は加藤治子的かも(笑)
昨夜も、またそらまめを持ってやってきて
「今日、パパいないから、今から遊びにいっちゃおうかな~」
時すでに20時。
「へえ、ママが夜遊びってめずらしいね。
どこ行くの?」
「本屋」
本屋は夜遊びっていいません(^^;
そもそも本屋、もうあいてませんから~

>食べる部分少ないですよね。
そうそう、どっさりもらっても皮をむいちゃうと
ちょびっとなんですよね~
外皮を人形のベッドにして遊んだとか何とか母がいってましたが
そもそもあれにおさまる人形ってどんなのなんだ!?

Posted by: LIN | May 12, 2005 at 09:16

The comments to this entry are closed.

« 『壁』by安部公房 | Main | 『乙女なげやり』by三浦しをん »