« 『オーデュボンの祈り』by伊坂幸太郎 | Main | 旧日本兵が… »

May 26, 2005

ちょうど渋谷で5時~♪

kucyu

ご存知の方も多いと思いますが
明日、夜21時からフジテレビで『空中ブランコ』のドラマが
放映されます。
伊良部役が阿部寛、看護婦が釈由美子。
私は『タイガー&ドラゴン』を見るのでこちらは録画。
録画される方はドラマの前に野球中継がありますのでご注意を。

また同じフジテレビで23時半からは「僕らの音楽2
先週、初めて見たのですが、布袋さんが今井美樹さんの「PRIDE」を
ピアノ弾き語りで歌っていてなかなかよかった。
今週は鈴木雅之さんが菊池桃子さんと「渋谷で5時」をデュエット。
テレビでは初共演だそうです。
<曲目>
■「ランナウェイ」
 トランペットに桑野信義、コーラスにAJIを迎えての演奏。
■「渋谷で5時」
 レコーディング以来、そしてテレビ初の共演!
■「ガラス越しに消えた夏」
 作曲者の大澤誉志幸とのコラボレーション。
■「君を抱いて眠りたい」
 新曲。

|

« 『オーデュボンの祈り』by伊坂幸太郎 | Main | 旧日本兵が… »

Comments

♪俺の!俺の!俺の話を聞けぇ~!

いや、ただちょっと言ってみたかっただけで(笑)
ちなみに『タイガー&ドラゴン』は見てないのですが、歌だけがやけに耳に残ってしょうがないです。
渋谷で五時も懐かしいっすね。
サボるの語源がサボタージュという事を初めてこの歌で知りましたからね。

Posted by: すのう | May 26, 2005 at 15:00

(・vv・) およ!
明日なんだ、空中ブランコ☆
どうも伊良部医師がイケメン過ぎると思うが、
これはちょっくら見ないとな!
9時・・・う~ん、微妙な時間。
朝、ビデオ忘れないでセットしなくっちゃ。
(こないだ、野球中継忘れて、プロレス全く録画されてなかったんだじょー。
o(T(●●)T)oオオオン
明日は絶対に長めにしておこうっと)

Posted by: ponsuke | May 26, 2005 at 21:17

>すのうさん
>俺の話を聞けぇ~!
いやあ、一度、聞いたら忘れられない曲だよね。
最初、聞いた時、てっきり和田アキ子が歌っているのかと
思いました。
クレイジーケンバンドと和田アキ子って似てない?
おお、すのうさん、お若いのに「渋谷で5時」を
ご存知ですか。
カラオケに行くと私、あの菊池桃子のナレーション
「ごめんね。待った?怒ってる?怒ってないよね?」
をやるんですが、そろそろ年齢的にムリが…(^^;

Posted by: LIN | May 27, 2005 at 09:43

>ponちゃん
ちゃんとビデオセットした~?

>伊良部医師がイケメン過ぎる
確かに!
伊良部医師って原作だとデブじゃなかったっけ?

野球中継があると長めに予約しなくちゃいけないから
ホント、面倒だよねー。
ん?でも、もしかして最新のDVDレコーダーなら
そういうのも自動で判断して録画してくれるのかなあ。

最近、やっと衛星放送をビデオに録画する方法を
覚えましたv( ̄ー ̄)v

Posted by: LIN | May 27, 2005 at 09:48

「空中ブランコ」、原作を未だに読んでないですが、今日のドラマは楽しみです。

「僕らの音楽2」は昨年から結構みてます。
昨年は鳥越俊太郎が司会で、それもなかなか
良かったんですが、今はアーティストが対談相手を指名する形式になりましたね。

今回の鈴木雅之氏も楽しみです。

実はRATS&STARが好きなんですよ!
出来れば,俺が彼らの曲の中で最高傑作と疑わない「Tシャツと口紅」を歌ってほしかったなー

それにしても対談相手が菊地桃子とは驚きですよねー。「渋谷で5時」懐かしい!
菊地桃子といえば、「ラ・ムー」とかなんとか
いうバンドもやってましたよねw

Posted by: 夢屋 | May 27, 2005 at 11:15

>夢屋さん
>空中ブランコ
楽しみですよねー。
私も前作『イン・ザ・プール』しか読んでないです。
逆に原作を読んでない方が楽しめるかも~。

>僕らの音楽2
先週、見てびっくりです。
ゴージャスな番組ですよね。
あの布袋が「PRIDE」弾き語りですよー。
あ、でも昨夜も衛星放送で井上陽水の特番があって
布袋さん、出てました。
陽水さんをトリビュートしたCDのTV盤。
奥田民生なんかも出ておもしろかったですよー。
そうそう、浜田省吾、新曲、出ますね。

>渋谷で5時
今、ネットで検索していたら“二人でサボタージュ~♪”の
後に“死ね”って入ってるんですって。
私、CD持っているのに~。
怖いよー(つД`)

Posted by: LIN | May 27, 2005 at 11:56

>菊池桃子のナレーション

あれはいいですよね~。(・∀・)ヨカ!!
あの部分聞くだけ軽く妄想できますもの(謎)
是非今度生で聞かせてください(笑)

菊池桃子では『雪に書いたラブレター』も好きです。

Posted by: すのう | May 27, 2005 at 15:44

>すのうさん
見ました~?(*^^*)
桃子ちゃん、ちゃんと「待った~?」の部分も
歌ってましたね。
菊池桃子が自信がないからって
最初、この仕事を断っていたというエピソードは
意外でしたねー。
来週は福山雅治とSION。
SIONって誰?(^^;

Posted by: LIN | May 28, 2005 at 09:28

 LINさん。お久しぶりです。
『空中ブランコ』録画しました。(まだ見てませんが)
LINさんのおかげで、タイマーを30分延長して、無事に録れていました。感謝です!

 原作は知らないのですが、阿部寛さんのファンなのです。LINさんはいかがです?
 いつごろから「はじけちゃった」のか分かりませんが、二枚目も三枚目も出来るし、三枚目を演じてもサマになる数少ない役者さんだと思うのです。
 でも、もし阿部寛さんが同じ職場だったら・・・。
上司、先輩、同僚、後輩、部下。どの立場が理想なんだろう。すっごく楽しそうで、すっごく扱い難そう。(^_^)

Posted by: Yossy-Mitty | May 29, 2005 at 23:49

>Yossy-Mittyさん
おひさしぶりです~~~~ヾ(^∇^)
お元気でしたか?

阿部さんは2枚目俳優からうまく3枚目もできる俳優に
転身しましたよねー。
やっぱり「トリック」出演が大きかったような気がします。
今後のご活躍が楽しみですね。

>どの立場が理想なんだろう。
うーん(^^;
上田と奈緒子のやりとりを見てると、同僚にしたら
楽しそうですが、あれはあくまでも役柄ですしねえ。

Posted by: LIN | May 30, 2005 at 10:37

>Linさん
 ありがとうございます。元気に過ごしておりました。
『空中ブランコ』の録画、見ました。
怪優・阿部ちゃんのハマリ役のようで、とても楽しくホロリとさせられました。
 原作とイメージが違うとのことですが、私は、ドクター伊良部=阿部寛で固定観念化してしまったので、原作は読めそうにありません。
 奥田先生、ごめんなさい!!

 やっぱり、阿部寛さんは、身近にいるよりも、少し距離を置いた方が楽しいかな?と思いました。
 いや、やっぱり役柄ですからね。

Posted by: Yossy-Mitty | May 31, 2005 at 22:57

>Yossy-Mittyさん
>原作とイメージが違う
そうなんですよー。
原作はもっとデブで天然ボケな感じです。
阿部ちゃんだとちと、いい男過ぎるかなあ。
でも、うまく演じていたと思います。
そうそう「トリック スペシャル版」撮影中のようですね。
年内に放送されるらしいので楽しみ~
といっても、「トリック」全部、見たわけじゃないんですが…(^^;
見よう見ようと思いつつなかなか時間が取れません。

Posted by: LIN | June 01, 2005 at 12:18

ちょっと前の記事にコメント、すみません!
いや、LINさんの「タイガー&ドラゴン」やクドカンの
楽しそうなお話を読んで、友人に見たいよー!と訴えたら
今年お正月に放映された分のビデオを送ってくれたのです。
むちゃくちゃ面白かったー(^o^)/最高です!
久々に大笑いしました。とてもよくできてますね~。
落語にはてんで疎いのですが、魅力を発見した(今頃(^^ゞ)感じです。
もう、LINさんにどうしてもお礼が言いたくて。。。
すっごく楽しいもの教えてくださってありがとうございます!!

Posted by: ねる | June 22, 2005 at 08:35

>ねるさん
「T&D」ごらんになりましたか~
♪ダキ♪(●´Д`人´Д`●)ギュッ♪
楽しんでいただけたみたいでよかったです。
クドカンのドラマは誰が主役というわけじゃなく
一人一人がみんな主役なんですよねー。
日本では今、「T&D」の影響で落語がちょっとした
ブームになってます。
ねるさんもこの機会に是非。
有料ですが、ネットでも見られますよ~
http://kodansha.cplaza.ne.jp/danshi/
http://kodansha.cplaza.ne.jp/hot/shiraku/cineraku2/
http://streaming.yahoo.co.jp/program?k=wows10410

Posted by: LIN | June 22, 2005 at 12:56

The comments to this entry are closed.

« 『オーデュボンの祈り』by伊坂幸太郎 | Main | 旧日本兵が… »