« 誤読する?しない? | Main | 『現代小説のレッスン』by石川忠司 »

July 25, 2005

週刊ブックレビューと8月新刊本チェック

地震も震度5ともなると、固まってしまうのだという事を体感しました。
みなさまはおケガなどありませんでしたでしょうか?
今度は台風7号が近づいております。
お気をつけください。

昨夜は週刊ブックレビューを見ました。
深夜の再放送の方をを最近、よく見てます。
女優の木野花さんが紹介された3冊はどれもおもしろそう。
亀山郁夫さんの『悪霊 神になりたかった男』は
ドストエフスキーの『悪霊』を解説したもの。
ドストエフスキーになじみがない方もこれをきっかけに読んでほしいと
力説されてました。
島尾敏雄さんの『死の棘日記』は『死の棘』の日記版のようです。
『死の棘』は気になっているのですが、夫婦のどろどろというのが
今ひとつそそられず…
もちろん名作だとは思いますが。
いしいしんじさんの『麦ふみクーツェ』も紹介されていました。

写真家の大石芳野さんという方は戦争を描いた児童書を3冊。
気持ちはわかりますが、同じトーンの本を3冊ってどうかと思いますねえ。

最後のゲストは岡崎武志さん。
角田光代さんの『古本道場』で師匠だった方。
武居俊樹さんの『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』はその名の通り
赤塚さんの編集者だった著者が赤塚さんのことを書いた本。
そうとう笑いころげるらしいです。
浅生ハルミンさんの『私は猫ストーカー』は猫好きとしては
気になる1冊です。

『悪霊』神になりたかった男「死の棘」日記麦ふみクーツェ赤塚不二夫のことを書いたのだ!!私は猫ストーカー

8月の新刊本をチェックしてみました。
最近、小説より評論本やエッセイに目がいってしまうみたい。

新潮社
『勝っても負けても―41歳からの哲学―』by池田晶子
『素数の音楽』byマーカス・デュ・ソートイ
『沼地のある森を抜けて』by梨木香歩
『ラブレーの子供たち』by四方田犬彦

講談社
『出生の秘密』by三浦雅士
『熱氷』by五條瑛
『湖畔・ハムレット』by久生十蘭

河出書房
『魅せられて』by蓮實重彦
『志ん朝のあまから暦』by古今亭志ん朝

文春文庫
『すっぴん魂・愛印』by室井滋

筑摩書房
『雨の日はソファで散歩』by種村季弘
『ファイティング寿限無』by立川談四楼

作品社
『200×年文学の旅(仮)』by柴田元幸、沼野充義

|

« 誤読する?しない? | Main | 『現代小説のレッスン』by石川忠司 »

Comments

LINさん、ご無事で何よりです。
軽く熱中症でふらふらしつつ、LINさん、大丈夫かしらと心配してました。

私は猫ストーカー・・・どきっ><
梨木さんの新刊でるのですね。楽しみです。
種村氏の「雨の日は~も、きになります。

私は、もう、頭とろんとろんにとけまくっているので、評論が読めずにいて、泣きそうです。
LINさん、脳みそ、わけてくださ~い。。。
つうか、どうしたら、てっとり早く皺をふやせるのでしょうか?
って、きかれてもね。ですね。笑

Posted by: pico | July 25, 2005 at 14:31

地震凄かったみたいですね。
ご無事で何より。
私はその頃東京にはいなかったのですが
帰ってきたら色々落ちてたり
割れてたり散々でした(・_・、
疲れて帰ってきたのに掃除をして・・・。
シャワーを浴びようとしたらガスが止まってた・・・。
いったい何が起きたんだーーーー!!
って思いました。都会は脆弱です。

Posted by: Bryum | July 25, 2005 at 15:25

 今晩は。地震のあとは台風の雨が降り始めました。お元気ですか?

 木野花さんが劇団「青い鳥」をやっていた頃に一度お芝居を見に行ったことがあり、懐かしくてコメントします。 新宿のアングラ劇場でしたが内容は「ゴドーを待ちながら」をアレンジしたものだったと思います。 

 私も大学生の頃にほんのしばらく劇団にいましたが、その頃の知り合いと一緒でした。その後の彼女はエッセイを書いたり活動の幅を広げたようですね。 では!

Posted by: 神田アレイ | July 25, 2005 at 21:27

>亀山郁夫さんの『悪霊 神になりたかった男』は
>ドストエフスキーの『悪霊』を解説したもの。

へぇ。そんな本があるんですね。
んでもなぁ。よりによってなにゆえ『悪霊』?
って気もしますけどね。だってさ、ドス様作品でトップクラスに読みにくい作品でしょ。『悪霊』って。
現に僕は岩波の下巻はまだ積ん読状態でございますから(笑)。近いウチに読みたいけどね。

それを、「キッカケに読んで」って言うんならもうちょっと軽い作品を選んだほうが…… ってドス様にはそんなモノ、無いか(笑)

追伸:
地震のあった関東地方。聞けば台風も接近してるんだとか。
地震は怖いけどね。その直後の雨は、地震の何倍も怖いものです。想像もしない場所で崖崩れがおこったりもします。
くれぐれもお気を付けくださりませ。

Posted by: ろぷ | July 26, 2005 at 04:41

>picoさん
熱中症、大丈夫ですか?
そちらは暑そうですね。
関東は台風接近中で朝から雨です。
今年はまだそんなに暑いという感じはないです。
夜は肌寒ささえ感じる日もあります。

梨木さんと種村さんは読んだ事ないのですが
気になっていた作家さんです。
『家守綺譚』は文庫になったら読もうかと思っているのですが…
読書が好きになる前は、本って必ず文庫になって
それも1、2年で文庫化されると思っていたのですが
違うんですよねえ(^^;

>脳みそ、わけてくださ~い。。。
いえいえ、私、3年前、バイクにはねられて頭のMRI撮影した時
医者に「脳が縮んでるねえ」といわれた女ですから~(笑)
切腹~。

Posted by: LIN | July 26, 2005 at 09:02

>Bryumさん
物が割れたりしたのですか!
それは大変でしたね。
ウチはおかげさまで何かが落ちたりという事は
なかったです。
ホント、都会は脆弱ですよね。
ものすごい数のエレベーターが止まったんですよね。
こわ~い。
今日は台風だしー。
Bryumさんもお出かけの時は気をつけてね♪

Posted by: LIN | July 26, 2005 at 09:08

>神田アレイさん
おひさしぶりです~~~ヾ(^∇^)
台風ですね。
気持ちがどよんとしてしまいます。

木野花さんの舞台は拝見したことないのですが
かなりの読書家とお見受けしました。
神田アレイさんは劇団にいらしたのですか。
私もちょこっとだけ演劇部にいたことがあります。
先日、自分がかつて演じた別役実の本を手に入れました。
なつかしかったです。
80年代に小演劇ブームがあって夢の遊眠社とか
第三舞台が出てきたんですよね。
神田アレイさんはどんな役を演じられたのでしょうか?(*^^*)

Posted by: LIN | July 26, 2005 at 09:23

>ろぷさん
『悪霊』読みにくいですか?
私は未読なんですが、本は読みにくい方が好きなので
わくわくしちゃいますね。
ストーリーがするする頭に入ってきて
2、3時間で読めちゃう本が逆に苦手(^^;
小説って「好き」と一行ですんでしまう事をそう書かずに
一冊かけて「ああ、好きだったのかあ」と読者に
感じさせる事だと思うのね。
だけど、最近の作家はあからさまに「好き」と簡単に
書いてしまっていたり、
ただ「好き」になるプロセスを書いているだけだったりで
つまらないのじゃないかと私などは思うわけです。
「好き」はたとえでまあ「死」とか「人生」でもいいんだけど。
そう!最近の本は読み解くおもしろさが
ないのかもしれません。
これについては書くと長くなるのでこのへんで…

雨はまだそんなにひどくないのですが
降ってますねえ。
台風、実はちょっと好きだったりします。
YumingのTyphoonという曲が好きなので。
私の台風テーマソングです(笑)

Posted by: LIN | July 26, 2005 at 10:18

亀レスで寒いのですが・・・

>木野花さんの舞台は拝見したことないのですが
>かなりの読書家とお見受けしました。

  むかしBS2で読んだ本の解説を定期的にやっていたようですね。

>神田アレイさんは劇団にいらしたのですか。
>神田アレイさんはどんな役を演じられたのでしょうか?(*^^*)

 わたしは、舞台に立つところまではいかなかったのですよ。 でもね、コントの練習はしたことがありますよ。

Posted by: 神田アレイ | August 28, 2005 at 23:58

>神田アレイさん
亀レス、全然、寒くないですよー(*^^*)
ここのブログを憶えてくださっていて
ありがとうございます。
おお、コントの練習!
ちょうど今、『別役実のコント教室』という本を注文してあるのです。
神田アレイさんは別役実、ご存知ですか?
私は高校生の時、別役さんの脚本で舞台をやったことが
あるんです。
ぼろぼろだったけど…(^^;

Posted by: LIN | August 29, 2005 at 09:50

 別役さん、知っていますが、コントの本までだしているとは知りませんでした。 その本検索してみます。
 LINさんも演劇をやっていたのだ。私は大学1年のときだけでしたよ。先輩たちが中退して行く中で不安になってやめてしまったのですよ。
(>o<")

Posted by: 神田アレイ | August 29, 2005 at 20:06

>神田アレイさん
私もやっていたといっても高校1年生の時だけなんです(^^;
その後、落研に移ってしまったので…あはは。
別役さんのコントの本は笑える演劇の研究本です。
おもしろそうでしょ?(*^^*)

Posted by: LIN | August 30, 2005 at 09:12

The comments to this entry are closed.

« 誤読する?しない? | Main | 『現代小説のレッスン』by石川忠司 »