« 「姑獲鳥の夏」LIN的キャスティング | Main | 『塩壷の匙』by車谷長吉 »

July 07, 2005

ぬかみそ買った

今日は七夕ですね。
天気がよくて何よりです。
さて、本とぬかみそを買いました。

●本
book2005

『ベルカ、吠えないのか』by古川日出男
犬の視線で語る20世紀史。

『ガリヴァー旅行記』byスウィフト
ガリヴァーは大人国・小人国だけにあらず。
ミステリーチャンネルでドラマを見て私も知ったんだけど(汗)

『サキ短編集』byサキ
実はO・ヘンリより好き。
手元になかったので。

『五里霧』by大西巨人
これがおもしろかったら『神聖喜劇』を読むつもり。

『マダムだもの』by小林聡美
女優であり三谷幸喜夫人である著者によるエッセイ。
マダムライフは意外と大変?

●ぬかみそ
nukadoko
愛用していたS&Bの「ぬかみその素」がいつのまにかスーパーから消えたので。
かきまわさなくてよかったから便利だったのに…
今回、買ったのはヘタ紫茄子が漬かっているできあいのぬか床。
今度は毎日、かきまわさないといけません。
さあ、奥様、あなたもぬかみそライフにレッツトライ!

●印鑑ケースも買った
inkan

●読書中
『塩壷の匙』by車谷長吉

●お知らせ
明日、7月8日のAM8:00~11:00はココログメンテナンスのため閲覧ができません。

●あ、芥川賞と直木賞のノミネート作品が決まったみたい。
【芥川賞】
伊藤たかみ「無花果カレーライス」(文芸夏号)
楠見朋彦「小鳥の母」(文学界6月号)
栗田有起「マルコの夢」(すばる5月号)
中島たい子「この人と結婚するかも」(すばる6月号)
中村文則「土の中の子供」(新潮4月号)
樋口直哉「さよなら アメリカ」(群像6月号)
松井雪子「恋蜘蛛」(文学界6月号)

【直木賞】
絲山秋子「逃亡くそたわけ」(中央公論新社)
恩田陸「ユージニア」(角川書店)
朱川湊人「花まんま」(文芸春秋)
古川日出男「ベルカ、吠えないのか?」(文芸春秋)
三浦しをん「むかしのはなし」(幻冬舎)
三崎亜記「となり町戦争」(集英社)
森絵都「いつかパラソルの下で」(角川書店)

|

« 「姑獲鳥の夏」LIN的キャスティング | Main | 『塩壷の匙』by車谷長吉 »

Comments

ヾ(^▽^*おわはははっ!!
題名に惹かれて思わず書き込んじゃいました(笑)
ぬかみそと本と印鑑ケース・・・
全然関連性がないじゃないですか(笑)
でもそれぞれに必要性を感じているから買ったのですよね。
それもまた可笑しい(爆)

Posted by: すのう | July 07, 2005 at 15:19

わぁ~♪「ベルカ、吠えないのか」!
これは単行本でも買おうと思ってるんです。
犬の目線からってだけで私はノックアウトです(*´Д`)
小林聡美さんのエッセイは笑えて楽しいので好きです~。この「マダムだもの」ではさらに三谷さんの登場回数が増えてますよね。

>さあ、奥様、あなたもぬかみそライフにレッツトライ!
思わず、ハイッ(o`д´)ノ って言いそうになりました(笑)
最近暑くて食欲わかないからお漬物っていいですね☆

Posted by: みらくる | July 07, 2005 at 15:49

「新撰組っ!」は見れない場所にいるましたです!
いや、ビデオで借りれば見られるんですが
ものすごく高いんですよ…(涙)
帰国したときだけ見てました!
堺さんは本当にいいですよね~せつない系が!

ところで、ぬかみそ・・・本当にうらやましい!
海外にいると、ふいに漬物が食べたくなるんですよ!
きゅうりとか小茄子とかを漬けたくなるんですよ!!
京都のお茶漬けの店に行きたくなるんですよ!!!

しかも、本の紹介まで・・・
そして、何気に小林聡美さんの本が
「やっぱり猫が好き」トリオの本とかドラマとかはついつい見ちゃうんですよ!!!
ふぅ・・・危険なブログをお持ちですね!
ましたのつぼをついてきます

Posted by: ました | July 07, 2005 at 16:54

笑えます、本とぬかみその関連性を一生懸命考えてしまいました。
ぬか・・・挑戦すべきですかね私。
ちょっとやってみたいのですが(笑)
何か難しそう。。。そして毎日ってたぶんずぼらな私にはムリ・・・。
かき混ぜなくていいぬか床がとても気になります。
茄子とかショウガとか大根とか漬けたいです。
あれ?!私みそ漬けと勘違いしているかも・・・。

Posted by: Bryum | July 07, 2005 at 17:06

五里霧、文庫化されてるんですね。
こんど買いに行こうっと。
あ、『神聖喜劇』は長い間幻の傑作として絶版だったのを、去年だか一昨年だか、再版されたのでしたね。
師匠が解説を書いてて、絶対読め、と勧められたので読みましたが、
これは、おすすめ。

Posted by: ne_san | July 08, 2005 at 00:19

>すのうさん
ぬかみそはねえ、本を漬けるのよー(ウソ 笑)
すのうさんは若いから漬物にこだわりないのかな?
年を取るとね、だんだん油っこいものが食べたくなくなって
おいしい白飯と漬物だけあればよかったりするんだよね。
って、あたしゃ、いくつだ?(笑)

Posted by: LIN | July 08, 2005 at 10:00

>みらくるさん
『ベルカ~』はAmazonでずっと在庫切れで
やっと手に入りました。
直木賞候補にもなった事だし期待できそうです。
私も動物が出てくる本に弱いです~なかまっ♪(゜◇゜人゜◇゜)
『マダムだもの』は爆笑でした。
三谷さんがこそこそバナナ牛乳を飲むあたり(笑)
小林聡美さんのエッセイ、他のも読んでみようと思います。

漬物は手軽に野菜が食べられて便利ですよー。
エバラ浅漬けの素を使えば簡単です。

Posted by: LIN | July 08, 2005 at 10:14

>ましたさん
『新選組』は完全版DVD-BOXも出ましたが
全部そろえると6万円!
買う人いるのでしょうか?(^^;

ああ、海外にいると漬物食べたくなるかもしれないですねえ。
そちらに茄子やきゅうりはないのでしょうか?
野菜さえ手に入れば昆布茶をぱぱっとふりかけて
しばらく置いておけばインスタント漬物のできあがりです。

「やっぱり猫が好き」はこのブログタイトルの由来だったりします♪
私もあの脱力したドラマ、大好きです。
今年の3月、2005年版がTVで放送されました。
今回は恩田3姉妹で自主映画を作るというお話です。

Posted by: LIN | July 08, 2005 at 10:24

>Bryumさん
そうそう、毎日、かき混ぜるのが億劫ですよね。
私が今まで使っていたのはかき混ぜ不要で便利だったのですが…

ん?しょうが?
それはみそ漬けかも…(^^;

かき混ぜがめんどうなら、こんな商品もありますよーん♪
http://www.rakuten.co.jp/angers/517239/517423/572778/#552941

Posted by: LIN | July 08, 2005 at 10:30

>ne_sanさん
『五里霧』は今年の一月、講談社文芸文庫から出ました。
講談社文芸文庫は例によって高いです(つД`)
『神聖喜劇』お読みになってましたか。
長そうなのでひるみますがいつか読みたいです。
おお、お知り合いが解説を書いていらっしゃるとな。
文庫版も同じ方でしょうか?
心して解説も読みますね。

Posted by: LIN | July 08, 2005 at 11:21

The comments to this entry are closed.

« 「姑獲鳥の夏」LIN的キャスティング | Main | 『塩壷の匙』by車谷長吉 »