« July 2005 | Main | September 2005 »

August 30, 2005

気分はすでに秋に向けて

●ぬかみそに旨みをつけるために、するめの足を入れておいたら
数日でにゅるにゅるの生いか状態になってびっくり。

●秋も近いのでビールを“エビス”から
おいしいと評判の“秋味”にブランドチェンジしてみた。

●本は4冊ゲット。
『別役実のコント教室』by別役実
『オンリー・ミー』by三谷幸喜

お笑いの研究をしようと思って…
そのうちここもお笑いブログになるかもしれませぬ。

4560035792別役実のコント教室―不条理な笑いへのレッスン
別役 実

白水社 2003-11
売り上げランキング : 45,134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4877284427オンリー・ミー―私だけを
三谷 幸喜

幻冬舎 1997-04
売り上げランキング : 8,853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『チャリング・クロス街84番地』byヘレーン・ハンフ
最近、仲良しになったブログ友達のCharing Cross Road04番地さん
それをきっかけにチャリングクロス街について調べているうちに
この本に出会いました。
ニューヨークに住む本好きの女性が
ロンドンのチャリング・クロス街84番地にある古書店マーク社にあてた
一通の手紙からはじまった20年にわたる心暖まる交流のお話。

『橋本治という行き方』by橋本治
今週の週刊ブックレビューで紹介されていました。
本文からの抜粋。
本を読むことがもっぱらに『楽しみ』である人達は、
読むことが苦にならないものばかりをもっぱらに読む。
そして、『本を読むことは勉強だ』と思う人の多くは、
『本を読んで勉強していた過去』ばかりを頭に置く。
『私は過去において本を読んで、もう出来上がってしまっているので、
今さら本は読まない』という大人は、いくらでもいる。
『本』というものは、『異質な世界観と出喰わす衝撃』でもある。
その『衝撃』を、『学んで意味のあること』と位置付けないと、
本なんか読んでも、なんの意味もない。
『本なんか読まなくても大丈夫』と思う人達は、
自分の中の『出来上がってしまった世界観』だけで、なんとかやっていける人達なのだ。
そして、現代ではそこから問題が生まれる。
なにしろ、イラク戦争は、『異質な世界観のぶつかり合い』でしかないからだ。
私は、現在の問題の多くが、『異質な他人に対する想像力の欠如』を
原因にしているとしか思えない。
そういう意味で、『他人というテクストを読む』が出来にくくなっているのだが、
それはつまり、『本をちゃんと読めない』と同じなのだ。
だからこそ『本は要る』のだ

4022500387橋本治という行き方 WHAT WAY TO GO!
橋本 治

朝日新聞社 2005-06-16
売り上げランキング : 3,630

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (24)

August 26, 2005

たらいまわしTB企画第16回「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」

tarai16

たら本です。
今回の主催者は「妖精と黒薔薇の書架」さん。
前回、体調を崩されて主催者をバトンタッチされたのですが
すっかりお元気になったようで、よかったですね。

さて、私が体調を崩して思った事は、生きる楽しみは食だ!という事でした。
やっぱり食べ物が美味しくないと、つらいですね。
最近は食欲も戻ってきて、思う存分食事を楽しんでいます。
それともうすぐ秋!(まだ早いけど)秋といえば食欲の秋!ということで、
今回の御題は、
「自分が食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる本は?」です。

私もおいしいもの好きなので、本棚には料理本、料理エッセイの類が
たくさんあります。
今回のテーマだと、エッセイはちょっと趣旨が違うかもしれませんが
お気に入りの本があるので紹介させてくださいね。

4344000684おいしいものに恋をして。
井上 絵美

幻冬舎 2001-04
売り上げランキング : 78,731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

料理研究家、井上絵美さんが書いた半年間の食日記。
おいしいレストランやレシピ、食材が紹介されていて
写真もステキです。
中でも印象的なエピソードは、著者のお母様が
ゆで卵のゆで時間は5分半、塩はろく助の塩と
決めていらっしゃるという事。
たかが塩ですが、そこにこだわる事で
生活全体を大切にするきっかけになりますよね。
私はまだ試してないのですが、↓は著者オススメドレッシング。
<なめ茸茶漬けドレッシング>
大きめのボウルに粒マスタード(大さじ1/2)
白ワインビネガー(小さじ2)を入れ、よく混ぜ
なめ茸茶漬け50gを加え、サラダオイル(大さじ2)を
少しずつ混ぜ、塩、胡椒で味をととのえる。

そして今、ちょうど読んでいたのが…

4167651513タイユバンの優雅な食卓
アンドリュー・トッドハンター 高山 祥子

文藝春秋 2005-06-10
売り上げランキング : 37,860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ごく普通の家庭に育ったアメリカ人の著者が
ヨーロッパの食文化に魅せられパリに移住し
3つ星レストラン“タイユバン”で見習いとして
厨房裏を取材。
この本は客として4時間のディナーを体験する様子を描きながら
厨房の様子や食材についても説明しています。
クレソンのスープはさわやかな淡い緑色をしている。
スプーンを液体にゆっくりとつけると、スープがひと筋、
みどりから銀色のスプーンに流れ込む。
ボウルの底のほうに黒く光るものがあるが
それはそのままにする。
スープは冷たくて、刈りこんだ草のように新鮮だ。
スプーンを沈めると、何かゼラチン状のものに当たる。
すくいあげると、オマール・エビのゼラチンとキャヴィアではないか。
ピンの頭ほどの直径のキャヴィアが、歯のあいだではじける。
キャヴィアとオマール・エビのゼラチンは、煙と海風の味がする。
隣で妻が感嘆の声をもらす。

こんなおいしそうなスープが“アミューズ・ブシュ”といって
勘定書につかないんですよ!

最後に初心者向けオススメレシピ本。

40874861921DKクッキン―おなかがすいたらじぶんでつくろう
谷村 志穂 飛田 和緒

集英社 1997-05
売り上げランキング : 44,169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

20代の頃はお料理がさっぱりダメだった私が
マメに料理をするようになったきっかけの本です。
やはり料理が苦手な谷村さん。
食事といえば、富士そば。
あきれた飛田さんの特訓が始まります。
お料理苦手な方は是非、この1冊から始めてみてね。

随分、テーマとずれたような気がしますが
(本来なら小説を挙げるべきなのでしょうが)
どうも小説の世界の食べ物よりも
実際にある食べ物が気になってしまう食いしん坊なので
ご勘弁を((^┰^))ゞ

| | Comments (44)

August 22, 2005

『コカイン・ナイト』byJ.G.バラード

4102271023コカイン・ナイト
J.G.バラード

新潮社 2005-06
売り上げランキング : 1,634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

放火殺人容疑で逮捕された弟を助けるために
スペインはジブラルタルにある地中海沿岸の最高級リゾート地
エストレージャ・デ・マルにやってきた主人公。
弟はそのリゾート地にあるスポーツクラブの支配人だった。
他のリゾート地では、人々は人生に退屈し街は眠っているかのようなのに
なぜかエストレージャ・デ・マルだけは活気づいていた。
主人公は早速、調査を始めるが、だんだん街の裏側が見えてきて…

前半は、主人公が関係者に話を聞いたり、事件現場を調査したり
アメリカのサスペンスドラマにありそうなフツーの展開。
描写がうまいので、余計に本を読んでいるというより
ドラマを見ているような気分になる。
バラードはSF作家ということでもっと異世界の話かと思っていたこともあり
だんだんフツーの感じに飽きてくる。
そして中盤にさしかかったあたり…
「私たちの行く手に広がっているのは、この海岸地域で見られるとおりの
余暇社会です。
(中略)
それだけの人たちにどうやってエネルギーを与えるのですか?
何らかのコミュニティの意識を与えるにはどうしたらいいのですか?」

このあたりからやっとバラードが何を描きたいかがわかってくる。

日本も2007年に団塊の世代の定年退職が始まるということで
社会問題となっている。
しかし問題とされているのは、人材不足や経済だったりするのだが
暇になってしまった当人たちがどうなるかについては
あまり考えられていない。
日本にもクロフォードのような人が現れるかもしれない。
(クロフォードはこの作品の中で退屈している人々を
ある方法によって活気づかせます)
お年寄りをねらったリフォーム詐欺も、ある意味、
クロフォード的かもしれないなあ。
あとがきで高橋源一郎氏がこの本で行われる犯罪が
戦争に似ていると書いているが
私もそう感じた。
退屈した人々の前にある種のカリスマ性を持った人間が
現れた時、人は流されるのである。

| | Comments (4)

August 16, 2005

『浄土』by町田康

4062129868浄土
町田 康

講談社 2005-06-06
売り上げランキング : 4,567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いやー、地震、すごかったですね。
ずいぶん、長く揺れてたような気がします。
みなさんは大丈夫でしたか?
東北の方はくれぐれもお気をつけくださいね。

さて、町田康の短編集『浄土』の感想です。
週刊ブックレビューで出演者たちが
「おもしろかった、あはは」
「そうですね、ビバ!カッパ!うふふ」
と、とても楽しそうに笑っていたので
さぞおもしろいのかと思い
また「そのビバ!カッパ!ってのは何なんだ」と
読んでみたけど、爆笑というほどではなかった。
何だか自分だけ仲間はずれにされた気分…

悪い事が続く主人公が謎の占い師を訪ねる「犬死」
町内のどぶさらえをやる羽目になった主人公がビバカッパと叫ぶ「どぶさらえ」
2人の女を引きつれた男が自分を凄いといい続ける「あぱぱ踊り」
本音だけが語られる街「本音街」
謎の巨大生物が東京を襲う「ギャオスの話」
関西弁の神話「一言主の神」は
一言で何でも出すことができる神に森ビルやら下駄やらボンカレーやら
脈略なくいろんなものを出され宮殿をメチャクチャにされる幼武尊の話。
ボンクラな温夫がオフィスで失敗ばかりする「自分の群像」

私は「あぱぱ踊り」が好きです。
街は汚いし若者は礼儀がなくてまさに現代の東京。
タレント気取りの男のそばでは、女が二人、踊り狂っているのだけど
深夜番組「少女B」の“愛のボンボクラ”を思い出しました。
ボンボクラー(見ている人にしかわからない 笑)

| | Comments (6)

August 14, 2005

『文学部唯野教授』by筒井康隆

4006020015文学部唯野教授
筒井 康隆

岩波書店 2000-01
売り上げランキング : 13,105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10代の時、母親に読めといわれて読んだ『時をかける少女』は
何がおもしろいのかさっぱりわからず。
それ以来、読んでいなかった筒井作品。

印象批評からポスト構造主義まで
本当の授業さながらに展開される唯野教授の文学講義。
そして教授や助教授たちが出世のためにゴマをすりまくるという
大学の内輪を暴露したドタバタ劇。

大学で教えている人、何人か知っているけど
まさかこんなひどい世界だったとは。
助手の扱いなんて人間以下じゃないですか。
大学教授とだけは結婚するまい。(その前に申し込まれないけどさっ)

講義の部分は簡潔に書いてあるんだろうけど
ソシュールとかロラン・バルトとか難解。
気になった箇所は
「バルトにとって、完結されたものはすべて警戒しなきゃいけないものだった」(P.352)
「言語活動から起こる面白さは、話の流れからは起こりません。
現代的な小説を読むには、早読みしない。
ゆっくり食べる、はしょらない、丹念に摘みとる、これが大切です。
つまり昔のような、時間をもてあました貴族的な読者になるってことが
必要なんだけど…」(P.356)

『文学部唯野教授のサブ・テキスト』も読もうっと。
ポスト構造主義をパロディ化した「「一杯のかけそば分析」が掲載されてます。

4167181096文学部唯野教授のサブ・テキスト
筒井 康隆

文芸春秋 1993-07
売り上げランキング : 35,737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (8)

August 10, 2005

『麦ふみクーツェ』byいしいしんじ

4101069220麦ふみクーツェ
いしい しんじ

新潮社 2005-07
売り上げランキング : 6,021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の前に読んでいたのがカミュの『ペスト』でネズミが出てくるんですが
これにもネズミが出てきて「ああ、またネズミかあ」と思う。
ちなみにこの本では空からネズミが降ってきます。

主人公は祖父に「猫」と呼ばれていて、呼ばれるたびに「にゃーっ」と鳴きます。
あ、主人公は人間ですよ。
で、私は芸人の猫ひろしを思い出したわけです。
猫ひろしはWAHAHA本舗所属のピン芸人で
ネタの最後にいつも「ニャーッ」っていうんですよ。

肝心のストーリーですが…
数学教師の父とティンパニストの祖父とのささやかな生活。
しかし紳士と人から慕われる祖父は、音楽となると常軌を逸したところがあった…。
音楽家を目指した少年のビルドゥングスロマン。

正直、私の苦手なタイプの話。
リアリティのない話って「こんなのありえない」って思っちゃうか
「ありえないけどおもしろい」って最後まで楽しめるかのどっちかだと思うんです。
で、私はこの『麦ふみクーツェ』とか伊坂幸太郎の『オーデュボンの祈り』とか
ダメなんですねえ。
村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』は好きなんだけどなあ。
違いはどこにあるのでしょう?

とにかく半分くらいまでは読むのが苦痛でした。
セールスマンが登場したあたりでちょっとおもしろくなってきて
あとはその勢いで。
だから、『麦ふみクーツェ』を途中で放り投げてしまった方は
とにかくセールスマンが登場するところまでがんばって読んでみると
いいですよ。

| | Comments (4)

August 08, 2005

この夏は「深夜特急」で旅した気分になる

sinyatokkyu

CSで偶然見た「劇的紀行 深夜特急'96~熱風アジア編~

「旅のバイブル」として、10代後半の若者からミドルエイジまで、
圧倒的な支持を受け続けている「深夜特急」。
番組では、作者・沢木耕太郎が体験した時と同じ年代の「大沢たかお」が、
原作と同じ気持ちを持って旅をしていきます。
しかし、その旅はただトレースしたものではなく、
大きく様変わりしつつある世界と人々を映像にとり入れ、
一人の青年に、ときめきや感動を素直に感じさせながら旅をさせます。
それは、緻密な人間ドラマとして計算された台本に沿って動いていきます。
そして、カメラは、彼の予測できない動きを追いかけます。
まるで、ドキュメンタリーのように。
(番組HPより)

大沢さん以外の出演者がどうも現地の人みたいで
その素人っぽさがドキュメンタリーのようですごくいい。
でもちゃんと台本があるんだよね。
音楽は井上陽水でまたそれが映像にぴったり。
思わず、DVDを注文。
この夏はこのDVDを見て、旅に行った気分に浸るとしよう。

B000062VGH劇的紀行 深夜特急
大沢たかお 松嶋菜々子 沢木耕太郎

ソニーミュージックエンタテインメント 2002-03-20
売り上げランキング : 1,123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4101235058深夜特急〈1〉香港・マカオ
沢木 耕太郎

新潮社 1994-03
売り上げランキング : 7,750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本は『阿部和重対談集』と町田康の『浄土』を注文中。

4062111853阿部和重対談集
阿部 和重

講談社 2005-08-06
売り上げランキング : 29,370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4062129868浄土
町田 康

講談社 2005-06-06
売り上げランキング : 600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

nobutaさんにせっかくアドバイスいただいたのに、結局、買っちゃいましたー。
nobutaさん、ごめ~ん(^^;
読んでいるのはいしいしんじの『麦ふみクーツェ』
こういう童話っぽい話ってキャラクターが大事だと思うんだけど
登場人物がさっぱり魅力的じゃない。
おもしろくないので読むのがつらい…。

| | Comments (14)

August 05, 2005

『ペスト』byカミュ

peste

4102114033ペスト
カミュ Albert Camus 宮崎 嶺雄

新潮社 1969-10
売り上げランキング : 35,829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とにかく文が読みづらく、一読しただけでは理解できない箇所が多々あり。
Amazonレビューにも「訳文が酷い」とあるので、そうなのかもしれない。
もっと読みやすい翻訳で再度、読みたい。

アルジェリアのオラン市でじわじわとペストが街に広がる様子を
医師リウーの視点で淡々と語られる。
カミュは対ナチス闘争での体験を寓意的に描き込んだとかで
確かに戦争が始まる前もこんな感じなのかもしれないと思いながら
読んだ。
そしてペストの終わりも戦争のそれと同じようにある日、突然、やってくる。

カミュがテーマとしている「不条理」については私にはまだよくわからない。
引き続き『シーシュポスの神話』を読んでみようと思う。

| | Comments (2)

August 03, 2005

夏のイチオシバトル

CS放送のミステリーチャンネルで香山二三郎さん、豊﨑由美さん、
大森望さん、吉野仁さんがミステリー本を紹介する「ミステリーブックナビ」
今回は夏の特番です。
上半期に出版されたミステリーに賞をあげるというもの。
トヨザキ女史はとにかく「ベルカ!ベルカ!」で
「ミステリーとしてはちょっと違うのでは?」という男性3人も押され気味(笑)
私も『ベルカ』はミステリーではないと思うんだけど…
トヨザキさんは町田康の『告白』も強力にプッシュしてました。
でも、『ベルカ』や『告白』があがってきちゃうというのは
トヨザキさんの感覚がずれてるの?
それともちゃんとしたミステリーでいいものが出ていないという事なのだろうか?
では賞の発表です。

国内編
★新人賞

4840228248空の中
有川 浩
メディアワークス 2004-10-30

by G-Tools

★特殊効果賞(トリック)

4396207972扉は閉ざされたまま
石持 浅海
祥伝社 2005-05

by G-Tools

★撮影賞(文体)

404873573Xユージニア
恩田 陸
角川書店 2005-02-03

by G-Tools

★脚本賞(プロット)

4163239103ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
文藝春秋 2005-04-22

by G-Tools

★ラズベリー賞(バカミス)

4334924565痙攣的
鳥飼 否宇
光文社 2005-04-20

by G-Tools

★監督賞(作家)
恩田陸

★ベスト・キャラクター賞
『笑酔亭梅寿謎解噺』の笑酔亭梅寿

4087747239笑酔亭梅寿謎解噺
田中 啓文
集英社 2004-12

by G-Tools

★黒猫アカデミー賞

4163239103ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
文藝春秋 2005-04-22

by G-Tools

海外編
★新人賞

4167661942カジノを罠にかけろ
ジェイムズ・スウェイン
文芸春秋 2005-03

by G-Tools

★特殊効果賞(トリック)

4309621864輝く断片
シオドア・スタージョン 大森 望
河出書房新社 2005-06-11

by G-Tools

★撮影賞(文体)

4622071142灰色の魂
フィリップ・クローデル 高橋 啓
みすず書房 2004-10-22

by G-Tools

★脚本賞(プロット)

4102154213スパイズ・ライフ (上巻)
ヘンリー・ポーター
新潮社 2005-01

by G-Tools

★ラズベリー賞(バカミス)

415208605Xパズル
アントワーヌ・ベロ 香川 由利子
早川書房 2004-11-25

by G-Tools

★監督賞(作家)
シオドア・スタージョン

★ベスト・キャラクター賞
『ジャンキー』のブリジット・ローガン

4062749823耽溺者(ジャンキー)
グレッグ・ルッカ
講談社 2005-02

by G-Tools

★黒猫アカデミー賞

4062749823耽溺者(ジャンキー)
グレッグ・ルッカ
講談社 2005-02

by G-Tools

受賞作以外で気になった本
『夜の色』byデイビッド・リンジー
『グノーシスの薔薇』byデビッド・マンセン

| | Comments (6)

August 01, 2005

たらいまわしTB企画第15回「私の夏の1冊!!」

tarainosukelefty

たら本です。
毎回交替で主催者さんがお題を提示。
お題に合う本について記事にして、主催者さんの記事にトラックバックするという
企画です。
初めての方も是非どうぞ~♪

今回は「妖精と黒薔薇の書架」さんだったのですが、体調を崩されているとかで
「どこまで行ったらお茶の時間」さんにバトンタッチ。
つばきさん、お大事になさってくださいね。
さて、テーマは「私の夏の1冊!!」です。

この夏、ぜーったいに読もうと思っている本の事、
「夏」と聞いたら条件反射で思い出しちゃう本、
夏が舞台となっている本の事、などなどなど。
「私と夏の1冊」について、どんどん深読みして熱く語ってくださいませませ。

このテーマでぱっと思いついたのは『トム・ソーヤーの冒険』です。
最近のお子様たちは、夏といえば塾なのでしょうが
子供に冒険は必要ですって。
トム・ソーヤーの冒険
マーク・トウェイン
4102106014

それから『異人たちとの夏』もひらめきました。
これは本というより映画がよかったんだけどね。
異人たちとの夏
風間杜夫 秋吉久美子 片岡鶴太郎 永島敏行
B00005MMLK

それから、この夏、ぜーったいに読もうと思っている本。
「夜の文学」の時にも挙げたのですが『インド夜想曲』
うだるような暑さになったら読もうと熟成させてました。
そろそろ出番かな?
インド夜想曲
アントニオ タブッキ 須賀 敦子
4560042721

人に薦められて買ったのですが、今ひとつそそられず
積んだままの『ヒートアイランド』
ぱらぱらと見た感じ、会話が軽くてすでに好みじゃない。
でも、この機会を逃したらまた来年になってしまうので
何とか読もうと思います。
ヒートアイランド
垣根 涼介
4167686015

そして私のイチオシは『照柿』
8月2日から8月7日にかけてのお話です。
男と女が恋に落ち、嫉妬に狂う熱病のような夏。
殺人は起った。
魂をゆさぶる現代の“罪と罰”

工場の熱処理工程の描写も圧巻です。
重厚な高村節をお楽しみください。
照柿
高村 薫
4062069024

| | Comments (42)

« July 2005 | Main | September 2005 »