« August 2005 | Main | October 2005 »

September 28, 2005

たらいまわしTB企画第17回「子どもと本」

tarainosukelefty

たら本です。
今回の主催者は「イーライがやって来た」のマーヤーさんです。
(前から気になってるのですが、イーライって誰なんだろう? 笑)
参加したい方は、記事を書いて「イーライがやって来た」さんに
トラックバックしてくださいね。

今回の御題は 「子どもと本」 とさせていただきました
(※子ども:アダルトチルドレン含む)
◇子どものとき、大好きだった本
◆この本を読むと、子ども時代を思い出す
◇子どもなのに、こんな渋い本を読んでました
◆世の子どもたちに読んで欲しい本
◇子どもについて考えさせられる本

両親が本好きなので、本はあるのがあたりまえのような家でした。
かなり強引に読まされました。
まあ、そんな風に無理矢理、読まされると、たいがい、身につかないもので
あまり憶えていないのですが、
その当時、買ってもらって、今まで持っているのがこの2冊。
(『星の王子様』も持ってますが、あの本にはそんなに思いいれはない)

asinaga

左が『スケートをはいた馬』(原題 五月三十五日)
「南洋のことを作文に書きなさい」という宿題を出されたコンラートが
独身で薬屋を営むおじさんと、スケートをはいた馬と、南洋へ旅します。
途中、様々な町を通過するのですが…
「なまけ天国」では人間はスクリーンに映る食べ物の映像を見ながら
錠剤を飲み、ベッドから出ずに暮らしてます。
「あべこべの世界」では子供に虐待をする親が、学校で
子供たちによって教育しなおされます。
「自動の町」では、運転しなくても目的地へと運んでくれる車や
動く歩道があり、全てオートメーション化されていますが
最後は機械が壊れて、町全体がおかしくなってしまいます。
まさに、今の時代を予測していると思いませんか?

右は『あしながおじさん』
お金持ちのおじさまに大学へ通わせてもらうことになった孤児のジュディ。
条件は、月に一度、おじさまに学生生活の様子を手紙に書くこと。
この本はその手紙によって構成された物語です。
あこがれました、アメリカの大学&寮生活。
ユーモアがあって前向きなジュディもチャーミングです。
ただし
実はおじさまが若かったという事
せっかく小説が売れ始めたジュディが結婚してしまうという事の
2点が不満。
続編もあるけれど、今度はジュディの親友のサリーの話になっちゃうんですよね。

今回、2冊を並べてみて思いましたが、
児童書って挿絵も大事なポイントですね。
『あしながおじさん』はウェブスター自身の挿絵がとても有名ですが
私のこの本は新井苑子さんによるものです。

gogatusanjuugoniti

五月三十五日 ケストナー少年文学全集(5)
エーリヒ・ケストナー 高橋 健二

岩波書店 1962-01
売り上げランキング : 276,063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

483401987Xあしながおじさん
ジーン ウェブスター Jean Webster 坪井 郁美

福音館書店 2004-06
売り上げランキング : 56,125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (38)

September 24, 2005

ザ・シムズ

sims3

せっかくDS(携帯ゲーム機)を買ったのに
「脳を鍛える大人のDSトレーニング」だけじゃ何だなと思い、
もう1年も前のゲームだけど評判いいみたいなので
ザ・アーブズ・シムズ・イン・ザ・シティ」を買ってみた。
プレイヤーは、ひょんなことから裏社会の黒幕の計画を知ってしまい、
職を失うことになります。
大都会ミニオポリスで生活の立て直しを図るため、
仕事をしてレベルアップしたり、街の住人達の依頼をこなすなどして、
努力を積み重ねてミニオポリスでの評判を高めていきます。
最終的に街一番の有名人になることが目的です。

ザ・シムズ」シリーズのひとつ。
そして「ザ・シムズ」は
顔や目、服装など様々なパーツを組み合わせて、
“シム”というキャラクターを作成し、“シム”に指示を与えて何かをさせたり、
“シム”の行動をじっと観察したりするというシミュレーションゲーム。
自分好みのインテリアも作り放題。
年も取ります。

昔からシミュレーションゲームは好きで「シム・シティ」(街を作るゲーム)や
「TOWER」(エレベーターを効率よく動かしてビルを経営するゲーム)は
はまったことあるんだけど、
シム・ピープルがこんなに画像もきれいで、ゲームとしても進化していたとは!

びっくりしたのは美少年ばかり集めて、ボーイズ・ラブな世界を展開していたり
“シム”は同性カップルで結婚もできるので、ゲイな人たちがはまってるという事。
いやー、進化してます。
思わず「ザ・シムズ2」も買っちゃいました。
ゲーム、封印していたのに、はまりそうな予感…(^^;
でも自分で物語を作ってその世界に入りこんでいくわけだから
ある意味、本の要素もあるわけですよ。
といいわけしてみる。

B0006GASF0ザ・アーブズ シムズ・イン・ザ・シティ

エレクトロニック・アーツ 2004-12-02
売り上げランキング : 1,130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B0001BLWMSザ・シムズ2

エレクトロニック・アーツ 2004-09-16
売り上げランキング : 233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (8)

September 22, 2005

『堕落論』by坂口安吾

4101024022堕落論
坂口 安吾

新潮社 2000-06
売り上げランキング : 6,404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

太宰治とセットで語られることの多い人なので
てっきりダメダメちゃんなのかと思ったら
とてもしっかりした内容のエッセイだった。
人生、悟りきっているという感じ。
ブルノー・タウト、宮本武蔵、小林秀雄、太宰治…
ばっさばっさと斬っていきます。
タウトが愛した日本の寺院をふんっといい
小菅刑務所を美しいという安吾。

小菅刑務所とドライアイスの工場と軍艦が、
なぜ、かくも美しいのか。
ここには、美しくするために加工した美しさがいっさいない。

そして、文学についても…

文学も美しく見せるための一行があってはならぬ。
どうしても書かねばならぬこと、書く必要のあること、
ただ、そのやむべからざる必要にのみ応じて
書きつくされなければならぬ。

太宰に関するエッセイでは「人間は生きることが全部である」とも
書いている。
美しくなくてもいいからとにかく生きる。
そうそう、人生なんてそんなに美しいものじゃない。
年とともに容貌も衰えてくる、記憶力も落ちてくる、気力も萎える。
が、そこでもうダメだと思わずに、とにかくじたばたしてみる。
それが「生きる」って事なのではないかと思う。

最近の小説に感じていた違和感も、
安吾のエッセイを読んですっきり。

小説におもしろさは不可欠の要件だ。

しかし単なる読み物のおもしろさのみでは文学ではあり得ない。

読物は文学ではない。

| | Comments (16)

September 17, 2005

2007年問題

冷蔵庫が壊れた。
実は昨年にも一度壊れて、修理している。
二度あることは三度あるだろうから、
あきらめて新品を購入した。
だって壊れるたびに冷蔵庫のものが全部、ムダになるんですよ!
メーカーには一応、状況をメールしておいた。
翌日、女の子から電話がかかってきて「修理ですか?」というので
「いえいえ、修理ではないんですが、4年で壊れてしまう冷蔵庫というのは
どうかと思うんですよ。
今後、そういう事のないよう、開発していただければと…」
しかし女の子は「はあ…」と腑に落ちない様子。
その後、男性からも電話があったが、やはり応対は似たようなものだった。

フライパンも壊れた。
ここでも記事に書いたこの春に買ったばかりのフライパン。
ところが、フライパンの持ち手のつなぎの部分ががぐらぐらしてきた。
メーカーにメールしたら、すぐに新品を送ってきてくれた。
商品到着確認の電話がきたので、いい機会だと思い
「私、分解してみたんですが、あのつなぎの部分、
開発の段階で問題があるのではないですか?」
といってみたが
担当者は「いや、それはないと思います」という。
客の手前、否定したとかじゃなく、明らかに改善する気がないという感じ。

2007年に、団塊の世代が大量に定年を迎え、引退する。
それによって起きるであろうひずみの始まりなのかしらと
ちらりと思う。
若い人たちの職業に対する意識も、私たちの世代とは
ちょっと変わってきているように思う。
(とりあえず、自分の仕事だけをイヤイヤこなすという感じ?)
今日は、月曜日に発送されたはずのメール便が届かないので
発送元や宅急便会社に問い合わせて、調べてもらっているが
いまだに荷物は届かない。

追記
本も読んでますが、考えがまとまらなくて
なかなか感想が書けないでいます(^^;

| | Comments (26)

September 12, 2005

『「歌枕」謎ときの旅』by荒俣宏

自民党圧勝で大騒ぎの中、
私が住んでいる街は首都圏で、
民主党が勝った数少ない地域です。
いや、だから何ってわけじゃないんですが…
しかし、あのマドンナ候補たちが、小選挙区で負けても
比例区で受かってしまうのは、
すべりどめというか保険をかけているみたいで
何だか覚悟のようなものが感じられませんなあ。

さて、『「歌枕」謎ときの旅』を読み終えました。

4334783694「歌枕」謎ときの旅
荒俣 宏

光文社 2005-07-05
売り上げランキング : 29,350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

歌枕=歌を詠むときの典拠とすべき枕詞・名所など
古歌に詠みこまれた諸国の名所

半年かけて東北を一周した荒俣さん。
歌枕に隠された蝦夷史の謎をさぐります。

もともと歌は、都にいながらにして遠い辺境の地に思いをはせ
詠むものでした。
藤中将実方が一条天皇から「歌枕見てまいれ」といわれたが
それはいってみれば左遷のようなもの。
ところが、ほんとうに旅をしてみようという物好きがあらわれた。
それが能因法師。
能因にあこがれて旅したのが西行。
さらにその二人の後を追って東北歌枕を踏破したのが芭蕉。

ところが、どうもその歌枕の地がはっきりしない。
ほとんどの場合、その場所(例 白河関)は
江戸時代に、水戸藩主、徳川光國と白河藩主、松平定信によって
決められたものであった。
理由は、
幕府が存立する日本という国が古代からどこまでを領土とするよすがとして
古代からの占有の証拠がほしい。
その一つが、歌枕にうたわれたことであったため。
歌枕に含まれる地名であれば、そこが日本の文化圏に属しているという
証拠となった。

そして現地に赴き歌を分析しているうちに
荒俣さんが導きだした結論は…
能因にはじまり西行、芭蕉とつづいた歌枕の旅とは
「地霊を訪ねる黄泉の国巡り」の制度化だった可能性がある。
芭蕉は「歌枕」巡りの真の意味を
重大な権力に圧しつぶされた怨みの死者たちへの鎮魂と
考えていた。

この本だけでは理解しきれない箇所が多々あったので
引き続き、調べていきたいと思います。
あとがきで高橋克彦さんも大興奮の一冊です。

| | Comments (2)

September 09, 2005

『金毘羅』by笙野頼子

4087747204金毘羅
笙野 頼子

集英社 2004-10
売り上げランキング : 51,398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

帯に「丹念に二度読みしてください」と書いてあるが
まだ一度しか読んでいない。
したがって誤読しているかもしれないと
一応エクスキューズしておく。
ふふんふふーん。(←読んだ人にしかわからない)

40代半ばにしてある日突然「自分は金毘羅である」
と自覚した女性の一代記。
主人公が生まれ育った伊勢が国家神道で男であるとしたら
金毘羅は自然神であり習合であり女であるって事なのかなー。
いや、性別なしか。

私は女性として生きてきてまあまあ幸せな人生だし
男女差別も感じてこなかったしフェミニズムにも興味ないけど
これを読んで「笙野さん、かっこいい」と思いました。
実害はないけど「男って無意味に威張ってるよなー」と
常々、感じてるし。
一方で、「威張らないと成立しない男という性別って
大変よね」とも思ってますが…

ちょっと話がそれるけど
「自分が今、うまくいかないのは社会のせいだ」という考えが
好きじゃない。
もちろん、性別やトラウマのせいにするにもイヤ。
自分の力ではどうにも動かせないことを原因で人生がうまくいかないとしたら
それこそしんどい。
個人の問題としてとらえた方が、
もうちょっとがんばってみようという気になると思うんだけど。
でも、そういう風に考える人って、そう考えないとダメなくらい
追い込まれているのかな。
(この作品にそう書いてあるわけじゃないです。念のため)

宗教がからむ小説は好きなので、そういう意味でも
どんぴしゃりでした。
『古事記』も読むつもりです。
笙野さんが純文学をめぐって戦ってきた経緯をまとめた
『徹底抗戦!文士の森』もオススメ。

4309017126徹底抗戦!文士の森
笙野 頼子

河出書房新社 2005-06-21
売り上げランキング : 41,088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (31)

September 07, 2005

脳を鍛える大人のDSトレーニング

otonanods

ニンテンドーDSを買いました。
糸井重里さんBryumさんもはまったという
脳を鍛える大人のDSトレーニング」をやるためです。
簡単な計算や記憶、音読などの問題を解くことで
脳を活性化させるソフトなんですが
早速、脳年齢をチェックしてみたら23才でした。やった!
でも問題によっては45才になったり、ムラがあります。
「コアラ」「アフリカ」「きりん」などといったお題で
絵を描いてみようという問題があって
これが結構、おもしろい。
(DSはタッチペンでゲーム機に絵を描けるんです)
みなさんも、DSがなくてもできるので
ご家族でお題を出しあって遊んでみてください。
意外と描けないもんですよー。

| | Comments (13)

September 03, 2005

秋の新刊チェック

『新・リア王』by高村薫 10月発売
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
『晴子情歌』の約10年後、曹洞宗の僧侶となった彰之が、
今度は実の父で衆議院議員の福澤榮と向き合う物語

『東京奇譚集』by村上春樹 9月16日発売
そんなにそそられないけど一応、チェック。

『邪魅の雫』by京極夏彦 9月22日発売
おなじみ京極シリーズ。
『魍魎の匣』と対なんですって。
読みたいけれど、私はキョウコツまでしか読み終えてないしっ!

『THE COOL! 桐野夏生スペシャル』 9月28日発売

「グロテスク」を見に行く
フランス・オートリーヴ「シュヴァルの城」
 
「何か、“グロテスク”なものを見に行きませんか」
その問いに、桐野は即座に答えた。
「だったら、“シュヴァルの城”を見てみたい」……。 
書き下ろし小説 朋萌え! 桐野夏生   
国家と時代、小説と現実
対談・桐野夏生vs 矢作俊彦    
虚構の中へ   
桐野夏生を小説に登場させてみませんか?
三人の作家によるファンタジーの競演。 
マガイモノ 角田光代  
キリノ   津原泰水    
野生夏桐  古川日出男  
幻の小説 プール 大槻まり子(桐野夏生)    
1987年 未発表の短編を初公開。
桐野夏生賛江   
桐野への愛があふれる、四つのエッセイ。
金原ひとみ 「こんな感じ?」 
阪本順治  暗がりへ、そして暗黒へ  
長嶋侑   実感という名の蛇を  
松浦理英子 (美しくて賢い)言葉の野獣  
桐野夏生論  
桐野文学の本質に、気鋭の評論家二人が切り込む。
「関係の科学」としての桐野文学 斎藤環   
桐野夏生の跳躍と飛躍     斎藤美奈子  
コラム My Favorite Things 
ウラディーミル・マラーホフ
芋虫
ご飯
ダニー・ハザウェイ

『悲劇週間』by矢作俊彦 10月発売


今、読んでいるのは笙野頼子の『金毘羅』
サルタヒコやオオクニヌシが出てくるので『古事記』を読まねば。
阿刀田高とか福永武彦とか梅原猛とか橋本治とか
いろいろな人の現代語訳があるんだけどどれがいいんだろう?
楽しい古事記現代語訳 古事記古事記橋本治の古事記

| | Comments (14)

« August 2005 | Main | October 2005 »