« 秋の新刊チェック | Main | 『金毘羅』by笙野頼子 »

September 07, 2005

脳を鍛える大人のDSトレーニング

otonanods

ニンテンドーDSを買いました。
糸井重里さんBryumさんもはまったという
脳を鍛える大人のDSトレーニング」をやるためです。
簡単な計算や記憶、音読などの問題を解くことで
脳を活性化させるソフトなんですが
早速、脳年齢をチェックしてみたら23才でした。やった!
でも問題によっては45才になったり、ムラがあります。
「コアラ」「アフリカ」「きりん」などといったお題で
絵を描いてみようという問題があって
これが結構、おもしろい。
(DSはタッチペンでゲーム機に絵を描けるんです)
みなさんも、DSがなくてもできるので
ご家族でお題を出しあって遊んでみてください。
意外と描けないもんですよー。

|

« 秋の新刊チェック | Main | 『金毘羅』by笙野頼子 »

Comments

こんにちは。

何気に久々のコメントです。
ゲームに限らず、最近はこの「脳を鍛える」ってのが、ブームみたいになってますね。
俺はあんまり観ないですが、テレビなんかでも、こういう系統の番組もやっているようですしね。

その系統では、やはり真っ先に思い浮かぶのは、多湖 輝氏の「頭の体操」です。
中学ぐらいに一時嵌ってましたー

個人的には麻雀というゲームが脳を活性化させるには非常に良いんじゃないか?とか思ってます。
かなり頭を使いますし、同時に手先も常に動かしているので、脳の活性化につながるような気がします。

>「コアラ」「アフリカ」「きりん」などといったお題で絵を描いてみようという問題があって

コレって、何も見ないで自分の記憶だけで書くっていう問題ですか?
それなら確かに面白いですよねー
去年、知り合いのブロガーさんが色々とお題を出して、書いた絵をTBで募るという、専門のブログを作ってましたけど、かなり大笑いしました。

人間の記憶ってのは、あやふやなものだと、改めて思いました。

Posted by: 夢屋 | September 07, 2005 at 17:33

・・・・次は、東京都にお住まいの男性からの相談です。

『先日、インスタントコーヒーを飲もうとした時のことです。
自分では完璧にセットしたつもりだったのですが、実は入れた
のは粉だけで、お湯を注ぎ忘れていたのです。さらに不覚だっ
たのは、カップが妙に軽いのにも気づかないまま、口へ運んで
しまったことです。なだれ込んできた想定外のコーヒーの粉に
エホエホとむせてしまいました。大変苦しい思いをし、目から
は涙まであふれてきました。・・・・LIN先生。これはボケの
兆候なのでしょうか?こんな私は、脳をトレーニングした方が
いいのでしょうか?アドバイスいただければ幸いです(笑)』

Posted by: 左半治 | September 07, 2005 at 18:38

深夜の肉体労働で身体は鍛えております。
うーむ、「脳を鍛える」ですか。ものすごく興味
ありますね。
私の悪い頭も、少しはマシになるでしょうか。
それより、娘が「お絵かき」が大好きで、
画用紙でもチラシの裏でも私の取材用のノートでも、
何でもかんでも描きまくっております。
>家族でお題を出しあって
娘に思い切り負けそうであります。嗚呼。

Posted by: 多摩のいずみ | September 07, 2005 at 19:44

LINさん、23歳?!
!!!オーノー!!!

おいら、毎日数字・数字の日々で(とにかく覚えとくものが、みな数字!)、昨日なんて、説明受けてる間に、脳みそがシャットアウトした音が聞こえた!!
こんな、貝になってしまふおいらの脳みそは、きっと計測不能のゾンビ状態だ!!!

・・・でも、お絵かきは楽しそうだよね。w
(柔らか脳になりたいよ~ん。せめて、数字拒絶症だけでも…)

Posted by: ponsuke | September 07, 2005 at 20:29

脳年齢テスト。怖くて出来ないよー。

下世話な話で、もーしわけないんですが…
…(小さい声で)これっていくらぐらいなんでしょう。

Posted by: きみ駒 | September 07, 2005 at 23:26

>夢屋さん
「脳を鍛える」系TV番組、よく見てます(^^;
クイズは雑学があるかないかの話ですが
とんち系問題がぱっとわかる芸能人って
やっぱり頭の回転が早いんだろうなあって思っちゃいます。

>自分の記憶だけで書くっていう問題ですか?
そうです、そうです。
私が書いたコアラなんてうさぎみたいでした(笑)
「ぷっすま」でも時々やってますよね。
フジテレビで「考えるヒト」という番組があって
4コママンガを全員で考えるのですが
これもなかなかおもしろいです。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kanhito/
TV、ゴールデンはおもしろくないので見てないんですが、
最近、深夜番組にはまってます(^^;

Posted by: LIN | September 08, 2005 at 08:54

『左半治さん、こんにちは。
いつも、番組を聞いてくださってありがとう。
インスタントコーヒーを粉だけですか。
それは苦かったでしょう。
でも「食べる緑茶」なんてのもありますから
あながちまちがいではないかも。
ダイエットに効くとか何とか流行らせちゃえば
いいんです。
もしかすると、ブームになって、
大もうけできるかもしれませんよー。
がんばってくださいね。
ちなみに私はお米を砥いで、炊飯器のスイッチを
入れないというのはしょっちゅうです。
それでは、また来週、この時間に。』

Posted by: LIN | September 08, 2005 at 09:06

>多摩のいずみさん
『進化しすぎた脳』という本によりますと
人間はまだまだ脳のほんの一部分しか活用できていなくて
たとえば指が20本になっても、楽勝で使えるらしいんです。
脳は暇を持て余してるって事みたいです。
だから体を鍛えるのは正しいと思います。
このソフトも、問題に対して書いて答える、しゃべって答えるという
動作がミソなんじゃないかと思います。
是非、お嬢さんと、お絵かきゲームをやってみてくださいね。

Posted by: LIN | September 08, 2005 at 09:15

>ponちゃん
そうそう、まぐれだけど23才。
23才っていい響きだよねえ。うっとり(←意味不明 笑)
子供の頃から計算は得意だったの。
でも、私は絵が描けるponちゃんの方が
断然、すごいと思うよ。
私が描いたコアラの絵なんて、恥ずかしくて
とてもponちゃんに見せられん(^^;
ずっと図工はCで、絵を描く楽しさがわからなかったけど
このソフトで絵っておもしろいかもーって思いました。
ponちゃん、絵の描き方を教えてくれ~。
新しいお仕事、がんばってねん♪

Posted by: LIN | September 08, 2005 at 09:22

>きみ駒さん
脳年齢テストは肌年齢テストよりは怖くないですよん(笑)
値段はソフトとあわせて17000円です。
こういうものに財布のひもがゆるいんですよ、私(笑)
口紅はメイベリンのくせに(^^;
もっときみ駒さんみたいにゴージャスな化粧品使わなきゃって
思ってるんですよー。
いや、まじで。
長谷川京子の口紅、ルミナスルージュヴェルニが気になります。
って、全然、ゴージャスじゃないじゃん。
2800円だし(^^;

Posted by: LIN | September 08, 2005 at 10:07

おおお!私がやっているのはやわらか頭塾
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0505/30/news023.html
です。
LINさんが買ったやつにしようか悩んだのですが、難しそうだったので(爆)こっちにしました(笑)
会社の子がDSを持っててソフトはみんなでお金を出し合って買いました(笑)高校生みたいなことをしています。
でもこれもやりたい。そして自分のDSが欲しい。
そう言えば前にジムで身体年齢を体力測定して出したら、
60~64才でした(ノ゚д゚)ノ オオォォ

Posted by: | September 08, 2005 at 13:05

しまった・・・名前を書き忘れた・・・
ごめんなさい( p_q)シクシク
上の身体年齢衰えてるの私です。
この秋はスポーツの秋!
料理の秋で頑張ります!!

Posted by: Bryum | September 08, 2005 at 17:00

>Bryumさん
そうでした!
Bryumさんのは「やわらか頭塾」でしたね((^┰^))ゞ テヘヘ
DS、みんなで共有でいいと思いますよ。
私もつい衝動買いしたけど、
「大人のDSトレーニング」以外にほしいソフトが
あまりないんだよねー。
PSPの方がよかったかも。
お、PSPも10月に脳力トレーニング系ゲームが
発売されるみたいです。
http://brain.sega.jp/
>身体年齢を体力測定して出したら、60~64才
私も一緒、一緒。
ナカマ ヽ(゜◇゜ )∧( ゜◇゜)ノ ナカマ
測定したことはないけど、体、メチャクチャ、硬いので…
でも、体が硬いとなかなか体重、落ちないらしいです。
一緒にがんばろう(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

Posted by: LIN | September 09, 2005 at 09:46

The comments to this entry are closed.

« 秋の新刊チェック | Main | 『金毘羅』by笙野頼子 »