« 週刊ブックレビュー&上原ひろみ&耐震偽造問題 | Main | 今年のまとめ »

December 24, 2005

Merry X'mas♪

クリスマスのごちそうは、24日と25日、
どっちに食べるのがホントは正しいのでしょうか?
(日本は圧倒的に24日だと思うけど)
「私は両方、食べちゃうよ」というツワモノもいます?

さて、今日は、王様のブランチの本のコーナーで
第4回ブランチブック大賞が発表されました。

●新人賞
さくら
西 加奈子
4093861471

●話題賞
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
4594049664

●審査員特別賞(関根勤さんがチョイス)
きょうの猫村さん
ほし よりこ
4838715951

●BOOK大賞
重松清さん
きみの友だち
重松 清
410407506X

その日のまえに
重松 清
4163242104

『きょうの猫村さん』の受賞が嬉しいですね。
私はいい話とか泣ける話が好きじゃないので、
他の作品はあまりピンとこない。
BOOK大賞、昨年は天童荒太さんで今年が重松清さん。
完全に松田さんの趣味ですな。

お正月休みにのんびり読むための本を準備しました。
黄色い部屋の謎Yの悲劇僧正殺人事件

本格ミステリーを読みたくて、いろいろ探していたのですが
結局、基本中の基本を読んでいないことに気づきました(・∀・;)

そして
小説吉田学校〈第1部〉保守本流小説吉田学校〈第2部〉党人山脈小説吉田学校〈第3部〉角福火山小説吉田学校〈第6部〉田中軍団

高村さんの『新・リア王』を読んでいるうちに
「これは80年代の政治がある程度、わかっている方が
おもしろく読めるな」と気づき、
ずっと、何かいい本はないかとさがしていたのですが
とうとう、見つけました。
これで、戦後政治の流れがばっちりわかるはず!多分…

Merry X'mas♪

|

« 週刊ブックレビュー&上原ひろみ&耐震偽造問題 | Main | 今年のまとめ »

Comments

LINさん、めりくりめりくり~♪
2日ともごちそうなのですか!?
それぞれ、お相手が違うとか・・・きゃ。

僧正殺人事件は、私も未読です。
でも、お正月休みは、リア王を!
といいたいところですが、お正月はくるくる忙しい~のです。涙。

猫村さん、がんばりましたね~。
最近、寒いので、家にいりときも、首にスカーフまいたりして、猫村さんみたいになってます。^^*

今日は、ちょっとだけきれいにしなくっちゃです☆
LINさん、よいクリスマスをお過ごしくださいね☆

Posted by: pico | December 24, 2005 at 12:34

やったぁ~ 猫村さん!!
そう、なにも一つの方向ばっかりに「イイモノ」を選ぶことないですもんね。
僕もこのノリ、好きです。


ちなみに当方、正月読書の源氏物語にとりかかりました。
いいよぉ♪平安絵巻は。

古典って、よく読むと最近のドラマや小説の源流がしっかりとあるしね。っていうかネタ的には1000年前から変わってないのかも。

現在、「夕顔」です。
こ、こわい……
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Posted by: ろぷ | December 24, 2005 at 14:00

>picoさん
Merry X'mas!
>それぞれ、お相手が違うとか・・・きゃ。
片岡義男の小説でやっと休みが取れた主人公が
7人の恋人に次々と会うというのがあります。
いつか私も!って思ってるんですけどね(笑)

お正月、お忙しいのですか。
では読書どころじゃありませんね。
『新・リア王』はお時間がゆっくり取れる時に
じっくり読んでくださいませ。
今年最後の記事は「一年間の読書をふりかえって」にしようと思い
ここ数日、いろいろ考えているのですが
やはり高村薫、笙野頼子は最強ですね。
pico猫村さん、見た~い(笑)
picoさんはお料理じょうずだし優しいから
中身も猫村さんに近いんじゃないかと私は思います。
楽しいクリスマスをお過ごしくださいね。

Posted by: LIN | December 25, 2005 at 09:46

>ろぷさん
ろぷさんも猫村さん好き?
いいよねえ、猫村さん。
ことばは違うけど、ちょっと大阪のおばちゃんのノリ?(笑)
源氏物語、堪能してますね(*^^*)
そんなろぷさんに、すでにご存知かもしれませんが
源氏物語占いを紹介します。
http://www.genji-daigaku.com/
ちなみに私は空蝉です。
才能もないのに「私はすごい」という根拠のない自信に
満ちあふれているそうです。
まさに私(笑)
ろぷさんとの相性も占ってみてね。
>こ、こわい……
六条御息所でしょう?
結局、あれは源氏への愛なの?それともプライド?
プライドだけだったら、つまらないよねえ。

Posted by: LIN | December 25, 2005 at 09:58

LINさん〜〜メリークリスマス♪
ご馳走はそれほどこだわりませんが、
24日も25日も、クリスマスケーキを食べます。ホールのケーキを食べられる絶好の機会なんだもん〜

若い頃、24日のランチとディーナーと25日のディナーを、それぞれ別の人と食べに行った年がありました。

『今日の猫村さん』欲しいなぁ。「買えるけど買ってないモノ」リストです。
こないだ「ZOO」という映画を何となく見て、不思議な映画だったんだけど、
原作(乙一さんだよね)読んでみたいな、と思いつつ、
「こりゃ文庫本で十分だろ」と思って買ってません。そんなのいっぱいあるなぁ。

「模倣犯」の4、5巻がそろそろ出てるらしいので、買いに行ってきます。
こないだ「単行本でとっくに読んだ」って友達と話してね。
「最後の数十ページで『おおお、そうかぁぁ』ってなるで」
「そうなん?」
「だって、まだ、何で『模倣犯』なんか、わからへんやろ?」
…そうなの、まだ3巻終わった段階では、タイトルの意味が全然わかんないの。
ああああ気になる。
宮部ファンのきみ駒でした。

ではでは、素敵なChiristmasを♪

Posted by: きみ駒 | December 25, 2005 at 10:47

>結局、あれは源氏への愛なの?それともプライド?

うーん、どうでしょうな。
僕もまだ深くは読めてないんだけど、たぶんそのドッチでもないんじゃないかなぁ。
深い思いみたいなものが、本人に了解なく勝手にやったことに思うッス。
だから六条たん本人もなーんにも気が付いてないのよ。むしろ気の毒に思ってるのかも。

美しい女性の中に、そんな制御不能の心があると思うとね、もう、おっそろしくて。
。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

ちなみに占いは『葡萄の源氏』で「ゴマスリで天下を掴む大器晩成型。カッコマンの男性です。」なんだとか。

カッコマンと自信家……
ある意味お似合いあかも(笑)

Posted by: ろぷ | December 25, 2005 at 11:36

メリークリスマスであります。
>ごちそう
当家はつねに素食なので、あまり関係ないです(笑)
今年も、新刊はあまり読みませんでした。
猛省であります。
でも、「猫村さん」は是非とも読んでみたいです。
>「小説吉田学校」
さすがLINさん。私は、もう20年以上、「いつか読もう」と思い続けております。
でも、思っていてもダメなんですよね。
またまた猛省です。嗚呼。

Posted by: 多摩のいずみ | December 25, 2005 at 12:32

LINさん、Merry X'mas !
ごちそうは24日、25日と言わず、
365日食べたいものですが(時々お茶漬け)、365人はちょっと・・・。
『小説吉田学校』ですか。
LINさんの趣味はいつもビターでカッコいい。
リリー・フランキーを読んで泣いてるようじゃ、私はまだまだ甘いですね。
来年はビター・スゥイートを目指します(笑)。
猫村さんはいいですねぇ。
私もお正月休みに読む本を考えよう。
このあれこれ考える時間が結構楽しいんですね。

Posted by: yomunel | December 25, 2005 at 15:49

LINさん、メリークリスマス~おめでと。
お誕生日優しい言葉ありがとね。(とってもとっても嬉しかったです。(*^。^*)
吉田学校面白そう。戦後政治の流れがホントに良く分かりそうですね。私も読んでみたいです。
ミステリーのこの三冊、並んでると楽しい。私は、10代の頃、推理小説どっぷりの時に読んだんですが、「Yの悲劇」はアガサクリスティーのある小説によく似てて・・途中で犯人が分かってしまった・・・。(笑)
「僧正殺人事件」は、だぁれが殺したクック・ロビンですね~♪
楽しんで下さいね。

Posted by: ワルツ | December 25, 2005 at 23:31

どちらが正しいんですか?
23日はイタリアンと沖縄料理を食べ
24日は貰ったFPを駆使して大量の餃子を作り
25日はとんかつを作りました。
クリスマスとは関係なく飽食の日々でした(笑)
ケーキも作りました。
色々なレシピのいいとこどりをして
オリジナルで作りました。
5時間かかりました。絶品でした。
私天才かも(笑)

Posted by: Bryum | December 26, 2005 at 09:37

>きみ駒さん
ケーキ、あのケーキを2日、食べたってことだよね?
それともあの大きさのケーキを2個、食べたの?
(だとしたら、すごい!)

>それぞれ別の人と食べに行った
さすが!きみ駒さん。
やりますなあ( ̄ー ̄)ニヤリッ
でもさ、今でこそ純愛がブームだけど
我々が若い頃はBFはいっぱいいた方がいいという
時代だったんだよね。
めっしー君、あっしー君、みつぐ君を使いわけるとか(笑)
>こりゃ文庫本で十分だろ
あるある、そういう本ある。
私なんて最近の作家の本はすべてそう思っちゃうよー。
しかし、最近では『模倣犯』がそうだけど
文庫も決して割安じゃないんだよねえ。
あ、『模倣犯』も買わなきゃ。
どう?おもしろい?

演奏をブログに貼る件。
わーい、きみ駒さんの演奏が聞けるのね。
楽しみ~。
私はRealOnePlayerでアップしたことあるけど
WinでもMacでも方法、一緒なのかなあ?
Podcastを使ってみるというのはどうでしょう?
http://www.podcastjuice.jp/

Posted by: LIN | December 26, 2005 at 09:45

>ろぷさん
そうかあ、源氏物語占い、男の子はみんな
源氏なんだね。
「○○の源氏」の○○部分が変わるだけで。
それとも「髭黒の大将」の人もいるのかなあ。
>六条たん
源氏物語版メイドカフェを想像してしまいました。
メイドはみな十二単で男の子も束帯で
「葵の上たん、萌え」とかいってんの(笑)

Posted by: LIN | December 26, 2005 at 10:12

>多摩のいずみさん
>当家はつねに素食なので
“粗食”じゃないところがミソですね♪
“素食”にも“粗食”という意味があるようですが
メインは「肉を使わない野菜だけの料理」という意味のようです。
今、おいしい野菜は肉より高いです。
つまり多摩のいずみさんちは贅沢ってことですよん(笑)
>新刊はあまり読みませんでした。
これもまた、多摩のいずみさんはわかっていらっしゃるでしょうが
新刊でもくだらない本はたくさんあります。
それより、評価の定まった古典を読んでいる方がどれだけいいか。
古典はいいからこそ残ってるわけですが
最近の新刊で後世まで残る本がどれだけあるか。
『小説吉田学校』読み始めました。
まるで料亭で吉田茂の横に自分も座っていると
錯覚してしまうくらい迫力ある文章ですよ。
『平成版小説吉田学校』を読みたかったなあ。
戸川さんが早くにお亡くなりになってしまったのが
ホント残念です。
多摩のいずみさんも、このお正月にでも
一緒に読みましょうよー。

Posted by: LIN | December 26, 2005 at 10:24

>yomunelさん
365日ごちそう、いいですねえ。
最近、年なのか、
「この先、どれだけおいしいものを食べられるんだろう」なんて
考えるようになりました。
できたら、毎日おいしいものを食べたいし
楽しいことだけをして暮らしたいものです。
>ビターでカッコいい。
いや、私はむしろ、yomunelさんの落ち着いた読書スタイルに
憧れておりますよ。
自分にとって、どんな本が気持ちいいか
ちゃんとわかっていらっしゃる。
ホントの本好きって、yomunelさんのような方を
いうのだと思います。

Posted by: LIN | December 26, 2005 at 10:43

>ワルツさん
さすが、ワルツさん。
『黄色い部屋』も『Y』も『僧正』も読んでいらっしゃいましたか。
でも、『検察側の証人』が一番なんですよね?(*^^*)
来年はワルツさんの演奏がネットで聞けるでしょうか?
期待してます。
きみ駒さんは近々、アップしてくれるみたいです。
私も練習、がんばりたいです。
(って、昨年もいいましたけどね 笑)
ボサノバを歌いたくて、でもピアノじゃむずかしそうなので
何度も挫折しては人にあげてしまうを繰り返した
ギターをまた買おうかしらなんて思ったり。
まあ、ごちゃごちゃいわずに練習しろって話なんですが…(・∀・;)

Posted by: LIN | December 26, 2005 at 10:51

>Bryumさん
うわ、話を聞いているだけでおなかがいっぱいになります(笑)
年齢とともに肉や油っこいものがダメになりますから
今のうちにがんがん食べてください(笑)
お、FP、ゲットしたのね。
どうですか?便利?
餃子を作る時は大活躍しそうですね。
>私天才かも(笑)
わはは、自分でいってる。
どんなケーキだったのでしょうか?
うまくいったのはコルドン・ブルーの成果が出たとか?

Posted by: LIN | December 26, 2005 at 10:58

小説吉田学校の名を見て内容を思い出そうとしているうちにとっくにクリスマスのエントリに出遅れてしまいました。あうぅ。
結局、自民党の派閥抗争ってなかなか激しくドラマチックだったんだなあなんてことしか思い出せなかったです。
ただそういったことを思い返していると自民党って派閥という名の党をいくつも抱えている連合政党だったのかなあとか考えてしまいました。そういう意味では戦後長く続いた自民単独政権というのもある意味では日本的な和の精神に則った多党政治だったのかもなんて考えましたが、ちょっと自民党に好意的すぎるでしょうか。
もう一度読み返してみたい小説です。

Posted by: kyokyom | December 27, 2005 at 19:15

Linさん、小説吉田学校おもしろいです。ずいぶん昔に読みました。たしか、映画もありましたよ。小説三木武吉もおすすめ。

Posted by: Miwako | December 28, 2005 at 01:05

>kyokyomさん
おはようございます。
年末、いかがお過ごしですか?
今日はいくらか暖かいですね。
『小説吉田学校』読んでいらしたのですね。
これで80年代の政治を勉強しようと思ってたのに
この小説は80年より前で終わってました。orz
でも、お正月にじっくりゆっくり読む予定です。
>派閥という名の党をいくつも抱えている連合政党だったのかなあ
確かにそうですね。
自民党から分離した党もたくさんあるでしょう?
もともとは民主党も自民党でしょう?
それで二大政党ってどうなんでしょうか?
お正月、kyokyomさんは『ファウスト』でしたよね。
もう読み始められたのでしょうか?(*^^*)
感想、楽しみにしてますよー。

Posted by: LIN | December 28, 2005 at 09:49

>Miwakoさん
おかえりなさい。
おつかれさまでした(*^^*)
おお、さすがMiwakoさん。
『小説吉田学校』お読みになっていましたか。
私、恥ずかしいくらい、政治の流れがわかっていないので
これを機会に勉強したいです。
そうなの、映画もあるみたいです。
Miwakoさんが一生懸命勉強されている様子を
記事で拝見するたびに「私もがんばらなくちゃ」って
思います。
来年も刺激をくださいねー♪

Posted by: LIN | December 28, 2005 at 09:53

The comments to this entry are closed.

« 週刊ブックレビュー&上原ひろみ&耐震偽造問題 | Main | 今年のまとめ »