« 調味料バトン | Main | 『容疑者Xの献身』by東野圭吾 »

December 10, 2005

ドラマ「クライマーズ・ハイ」&
このミステリーがすごい2006

crimers_high

今夜、NHKで放送されたドラマ『クライマーズ・ハイ』(前編)
すごい迫力だった。
キャストもよかった。
私は原作を読んでいませんが、
原作を読んでいる方はどうお感じになったのでしょうか?
後編は来週、土曜日、19時半から。
--------------------------------------------

4796650334このミステリーがすごい!―2005年のミステリー&エンターテインメントベスト10 (2006年版)

宝島社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「このミステリーがすごい!2006年版」を読みました。
一位は噂通り。
実は一位はこれだろうと、事前に読んでしまいました。
感想は後日。
私は2004年から買ってますが
『葉桜の季節に君を想うということ』も『生首に聞いてみろ』も
正直、ぽかーんでしたけど、今回はまあ納得です。

ランキング自体は買うなり、立読みなりしていただくということで
それ以外でおもしろかった情報は…

●泣けるミステリー!?
『容疑者Xの献身』について。
著者は「僕が考えた最高のトリック」といっているのに
出版社が「最高の純愛」とプッシュしているのは
着眼点がずれている?という話から始まって
「泣けるミステリーという売り方はいかがなものか?」
というような記事があった。
私もミステリーは泣けなくていいなあ。

●ミステリーは売れなくなった?
今の読者は一点集中型で
ランキングでも一位は売れるが、二位はあまり売れないらしい。
また一位を取っても、その作家の次の作品はまるで動かないそうだ、
福井さんの発言が印象に残りました。
「(最近の読者は)貪欲さがたりない気はします。
関連するタイトルに手を伸ばさないし、
深く読むためのコードを蓄積しようとしない。
読み方さえわかれば面白い作品が無数にあるのに…」
確かに「ベストセラーを読んでおしまい」じゃもったいないですよね。

●綾辻行人の隠し玉
綾辻さんは講談社ミステリーランドの書き下ろし長編を執筆中。
「これ、少年少女向けの皮をかぶりつつ、実は<館>シリーズの
第八作なのです」とのこと。
わーい、楽しみですね。
今度はどんな館でしょうか?

●『ニッポン硬貨の謎』を読む前に…
北村薫さんの『ニッポン硬貨の謎』は気になっていたのですが
事前にエラリー・クイーンを、ある程度読んでおかなくてはいけない
みたいなので躊躇してました。
で、今回、特別企画で何を読んでおけばいいかが解説されてます。やった!
最低、『シャム双子の謎』『五十円玉二重枚の謎』『クイーンの色紙』は
読んでおかなくちゃダメみたい。

|

« 調味料バトン | Main | 『容疑者Xの献身』by東野圭吾 »

Comments

お久しぶりです。けっこうミステリー好きなんですね。僕はぜんぜん読まないので、ちよっとこんど読んでみようと思いました。古川日出男という人の小説を読んでみようと…、いや、そのまえに舞城王太郎をちゃんと読もうかな、と。すいません、独り言のようなコメントしてしまい。

Posted by: ケンスケ | December 11, 2005 at 13:58

佐藤浩市だっ。
す、すみません、好きなの。ぽ。

「模倣犯」読んでます。全5巻だって。もー。
今まだ2巻なんだけど、うーむ、面白いですわ。
いろんなことほったらかして読んじゃいそうなので自重してます。

LINさんが「宮部いまいち派」であることは重々承知。
でも言わせてちょうだい。
私は村上春樹と宮部みゆきが好きだーー。
えっとそれから、帚木篷生にサガンにブラッドベリが好きだーー。

すみません、LINさんちでいろいろ告白。ぽ。

Posted by: きみ駒 | December 12, 2005 at 00:49

>読み方さえわかれば面白い作品が無数にあるのに…」

なんか、わかってないなあ、と思います。
多くの人は、読書を楽しもうなんて思っていないでしょう。ベストセラーしか売れないというのは、「読書を楽しむために読む」じゃなくて「売れてる物を押さえておく」っていう感覚だからでしょう。

やっぱり出版社のマーケティングはしっかりしてないですよ。これだけ娯楽が溢れている中で、どういう風に本を売るのかっていう工夫がない。

本を読むセクシーさ、みたいなのをもっと売り出した方がよいのではないかと思います。
「メガネっこ」の次は「ドクショっこ」で行きましょう。「ちくま萌え」とか「青林工藝社きんも~☆」とか(笑)

いやしかし冗談ではなく、読書のあるライフスタイル、みたいなのをもっとかっこよく紹介すると、本ってまだ売れると思ったり。

Posted by: LSTY | December 12, 2005 at 09:30

>ケンスケさん
おひさしぶり~~~~ヾ(^∇^)
ケンスケさんの最新の記事を拝見しました。
江藤淳はいいんですが、大塚英志ってどうですか?
私の好きな笙野頼子さんのケンカ相手なものですから(笑)

>けっこうミステリー好きなんですね。
現代文学とミステリーって相性いいと思うんです。
一時期、現代文学ってSF色が強かったけど
最近はミステリー色が強くないですか?
ある意味、阿部和重もミステリー?
古川日出男は、私、詩だと思うな。
舞城も文体は特色あるけれど、結局、どうなの?ということになると…
ケンスケさんの感想、楽しみにしてまーす。

Posted by: LIN | December 12, 2005 at 09:45

>きみ駒さん
ライブ、もうすぐですね。
何を演奏されるのでしょうか?
レポート、楽しみにしています。

佐藤浩市、私も好きです。ぽ。
最近、ジャニーズのお子ちゃまタレントばかり
ドラマに出てますが、
もっと大人の男を使ってほしいです。ぷんぷん。
ドラマ「アフリカの夜」見てました?

宮部イマイチ派ですが(笑)『模倣犯』は読むよー。
しかし、この間、冷静に計算したら、文庫もハードカバーも
たいして金額が変わらないことが判明!
でも、ハードカバーは重いからね。
私は5巻、全部、発売になってから買う予定です。

箒木蓬生、知りませんでした。
「ほうきぎ」かと思ったら「ははきぎ」って読むの?
東大仏文卒→TBS入社→九大医学部卒→精神科医→作家
すごい経歴!
『臓器農場』ってタイトルもすごいですね。
今度、読んでみますね。
では、ライブ、がんばってねー♪

Posted by: LIN | December 12, 2005 at 10:31

>LSTYさん
>多くの人は、読書を楽しもうなんて思っていないでしょう。
確かに、そんな感じではありますよね。
私もついこの間まで、実用書とかエッセイは読むけど
小説は読まなかった人なので、わかるなあ。
ここ2年、いろいろと小説を読んでいますが
正直「小説を読む意味は?」と聞かれると
いまだによくわからない。
うーん、かっこいい読書スタイルの提案ですか。
でも、それだと、結局、格好だけで読まないのでは?
読んだ本について内容を論議することが
カッコいいにならないとダメなんじゃない?
KAT-TUNの赤西君あたりに「やっぱりプルーストはいいよー」と
いわせてみるとか?(笑)

Posted by: LIN | December 12, 2005 at 10:50

>読んだ本について内容を論議することが
>カッコいいにならないとダメなんじゃない?

いや、それだと馬鹿には敷居が高すぎるから。
新刊書を2~3ページだけ読んで捨ててしまう「ちょい読みオヤジ」とかがかっこよくなった方が、市場は潤う(それはちゃうやろ)

Posted by: LSTY | December 12, 2005 at 12:04

>LSTYさん
「ちょい読みオヤジ」ウケました(≧∇≦)ノ彡
でもレオンは、広告で儲かりそうな高額商品しか
相手にしないからなあ(笑)
そもそもレオンの編集長が本、読まなそう。
そういえば、レオンはイタリアの男をまねてるわけですが
イタリア人はあまり本、読まないらしいです(笑)
「マンガ喫茶」じゃないけど「読書Bar」はどうですか?
葉巻吸って、スコッチ飲んで、本を読む。
それが、カッコイイみたいな。

Posted by: LIN | December 12, 2005 at 12:32

「読書Bar」は良いですね。喫茶店併設の本屋って増えてますよね。ああいうの、うまくやれば流行ると思うんだけど。
ちょうどさっき「ハンダ付けカフェ」の記事を読んでました。カフェじゃないんだけど。
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/12/07/011.html

Posted by: LSTY | December 12, 2005 at 13:51

>LSTYさん
ハンダ付けカフェ(・∀・)イイ!!
ホントにカフェならもっといいのに。
不器用なんですが実はひそかにハンダ付けに
憧れています。
読書Barはありそうでないですよね。
この間、ネットで見つけたのですが
新宿ゴールデン街にはBar幻影城というのがあるそうです。
夜な夜な客が乱歩について語っているのでしょうか。

Posted by: LIN | December 13, 2005 at 10:32

『クライマーズハイ』NHKにしては見事。くぎづけになりました。
小説も読まれるべきでしょうね。
TBさせてもらいます。

Posted by: よっちゃん | December 13, 2005 at 11:24

>よっちゃんさん
ひさしぶりにいいドラマを見た気がしました。
(最近のドラマはひどすぎる!)
役者がベテランばかりだったのもよかったように
思います。
横山秀夫はどうも今ひとつそそられず
短編集しか読んだことがないのですが
そうですね、原作、読んでみます。

Posted by: LIN | December 14, 2005 at 10:27

東北地方は、17日のうちに前後編一挙放送だったんです。でも見逃しました・・・・・。再放送を期待しているんです。LINさんの記事を読む限り、これは絶対再放送アリだな!!と思ってます。

Posted by: るちあ | December 19, 2005 at 20:01

>るちあさん
ありゃー、見逃してしまいましたか!
NHKはちょこちょこ再放送しますから
大丈夫だと思います。
こちら↓をマメにチェックされるといいですよー。
http://www.nhk.or.jp/drama/html_saihousou.html
何しろ、役者さんが、最近の民放ドラマと違い
大物ばかり。
必見です!

Posted by: LIN | December 20, 2005 at 10:19

The comments to this entry are closed.

« 調味料バトン | Main | 『容疑者Xの献身』by東野圭吾 »