« 『僧正殺人事件』と『Yの悲劇』 | Main | OLIVIA THE PIGLET »

January 30, 2006

『かもめ食堂』by群ようこ

かもめ食堂かもめ食堂
群 ようこ

幻冬舎 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

よかったです。
最近の作家は何とか読者をびっくりさせようと
変わった設定にしたり、すごい事件を起こそうとしたりしますが
これはとてもフツー。
そのフツーさがいいです。

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」
日本人女性サチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは
彼女が心をこめて握る「おにぎり」
けれども、お客はいつも、日本オタクのトンミ君ただひとり。
そんな「かもめ食堂」に、ミドリとマサコという、
わけありげな日本人女性がやってきて…

トンミ君の日本語がインチキくさくて、
実際にこんな日本語を話す外国人はいないだろうと思うけど
まあ、そこはご愛嬌ということで。
この小説におけるトンミ君の役は大切です。
映画でも、トンミ君役がうまいかどうかが
重要な鍵になるのではないでしょうか。

3人の女性がヘルシンキに来ることになったいきさつも
共感できました。
ただ、主役のサチエが小林聡美というイメージでは
なかったかなあ。

昨夜、NHKスペシャルで
移民漂流10日間の記録」を見たのですが
現実の移民生活はもっとキビシイようです。
厳しい宗教審査を受けユダヤ教徒と認められ
イスラエルに移住するエチオピアの人々。
そしてそのイスラエルからドイツへの移住を希望する若者。
そのドイツは戦後最高の失業率に苦しんでいる。
なかなか興味深い番組でした。
明日火曜日の深夜、NHK総合で再放送します。

|

« 『僧正殺人事件』と『Yの悲劇』 | Main | OLIVIA THE PIGLET »

Comments

LINさん、こんにちは~♪
矢作俊彦氏の堀口大学氏のお話と、コチラと悩んだ末、読みました。
矢作さんの本は、「新リア王」を読んでからです。

「かもめ食堂」おもしろかったです!
映画、とても楽しみです。
ただ、映画のサイトをみると、小林聡美さんが煙草を吸っているのが、気になりました。
煙草が悪いとか、小林さんが悪いというわけでなく。
かもめ食堂は禁煙だったはずだし、料理人で煙草を吸う人は信じられないので・・

あと、サチエの役は、深津ちゃんでもよいかな~。(ちょっと、若いかな・・・)

Posted by: pico | February 02, 2006 at 14:51

>picoさん
picoさんとこのかもめのしおり!!!
かわいくて、きゅんきゅんしちゃいました。
矢作さんの本もおもしろそうですね。
昨日だったかしら、ヘミングウェイを紹介する番組で
キューバを旅してました。
サチエに煙草は似合わないですねえ。
第一、あのお父さんが許さない気がする。
私も料理人で煙草を吸う人はダメです。
picoさんは吸わないんでしたっけ?
私もいっけんスパスパ吸いそうに見えるんだけど
全然、吸えません。
だから吸う人の気持ちわからず…
あー、深津絵里、いいですねえ。
キョンキョン、本上まなみあたりはどうかしら?
映画、このあいだ「耳に残るは君の歌声」を見ました。
picoさんの好きなジョニー・デップが出てました。
音楽、よかったから、サントラ、買っちゃいました♪

Posted by: LIN | February 02, 2006 at 15:33

え?
矢作さんが、キューバを旅ですか?
すごくお似合いです!
何だろう。。すごく興味深いです。

キョンキョン、本上さんもよいですね。
本上さんは、少したよりなげなので、キョンキョンに1票です!

P.-S 煙草は、私も吸わないです。
    マナーが悪い人には、ある種の殺意さえ感じてしまいます。
    でも、コーヒー&シガレッツ(映画)は好きです♪

耳に残るは~コメントしてきました!
WOWOWでやっていたのでしょうか?
    

Posted by: pico | February 04, 2006 at 15:28

>picoさん
矢作さんとキューバ、似合ってました。
NHK-BSの「世界・時の旅人」という番組でした。
こちらの日記が詳しいです。
http://d.hatena.ne.jp/coboss/20050103
私はちょっとしか見られなかったの。
多分、再放送だったのかな?
矢作さんは『ライオンを夢見る』という
ヘミングウェイに関する本を書いていらっしゃるんですね!
「耳に残る~」はBS-iでした。
http://www.bs-i.co.jp/main/movie/
NHKも含め、BSはあなどれないです。

Posted by: LIN | February 05, 2006 at 15:00

群ようこと言えばトラちゃんがいいです


ねこぞうと言うコンビニマンガで
トラちゃん以上にネコマンガがあり

猫好きにはお奨めです

Posted by: 野望のFP | February 25, 2006 at 16:23

>野望のFPさん
本のご紹介ありがとうございます。
『トラちゃん』今度、読んでみます。
猫は好きなのですが、漫画が苦手なのですよ(・∀・;)
あ、でも野望のFPさんのブログで紹介されていた
桜沢エリカとか「カバチタレ」は好きです。
「カバチタレ」はドラマが好きでした。

Posted by: LIN | February 25, 2006 at 17:49

The comments to this entry are closed.

« 『僧正殺人事件』と『Yの悲劇』 | Main | OLIVIA THE PIGLET »