« 『かもめ食堂』by群ようこ | Main | フランスと中国と »

January 31, 2006

OLIVIA THE PIGLET

PIC_0001

以前、ne_sanさんがコチラの記事で紹介されていた
OLIVIA THE PIGLET
olivea_the_piglet

うらやましかったので、私はヘアターバンを買ってみた。
思った以上にリボンがでかくて
魔女の宅急便のキキみたいになってしまう。
キキみたいにかわいければいいが
私のようなビミョーな年齢の女がつけていたら
クロネコヤマトのお兄さんにどんびきされてしまう。
どうせなら、キキになりきるために赤も買うか。
olivia_red

OLIVIA THE PIGLET公式サイト

|

« 『かもめ食堂』by群ようこ | Main | フランスと中国と »

Comments

OLIVIAの絵本は1冊持ってますが、
グッズがあるとは知りませんでした!
ヘアターバン、可愛い~。
絵本でも赤の使い方がすごく好きなんですけど
裏に赤がちらっと見えてるところがまた素敵ですね。
幅広ってところが、またオリヴィアっぽいような♪

こちらのエントリとは関係ないんですが、
LINさんに以前教えて頂いたカルヴィーノの
「宿命の交わる城」を読みました!
語り手の1つずつの話も面白かったんですけど
それが縦横に交差して、1つの大きな絵物語が
できあがっていくところは、もうドキドキしちゃいました。
いやあ、すごいですね。
カードに魅入られたようになっちゃいましたよ。
素敵な本を教えて下さってありがとうございます。

Posted by: 四季 | February 01, 2006 at 09:15

>四季さん
OLIVIAの絵本、読んでみたいです。
そうそう、欧明社に注文していたノンフィクションが
結局、入荷しないってことになってしまって
すでにお金を入金した後だったので、それで
例のリサ&ガスパールしらみ事件(笑)の絵本を
買いました。
タロットもそうだけれど、美しい絵本やカードを
見ているだけで幸せになりますね。
さっき、四季さんのブログに書きわすれたんですが
例のリンク先にあるボニファーチオ・ベンボのタロットを
印刷して、それらを並べながら『宿命の交わる城』を
読みなおすと楽しいかもしれないですね。
(ホントはそういうことはいけないんだけど
だって買うと5000円もするんですもの)
豪華本『タロッキ』も一度、見てみたいですねえ。

Posted by: LIN | February 01, 2006 at 13:55

かわいい!!
私あまりキャラ萌しないのですが
リサガスにたっぷりやられています(笑)
でもこれも可愛い。

リサガス事件簿買われたのですね!!
わぁぁ!!うれしい!!(自分が作者でもないくせに)
どっぷりとはまっていきましょう

Posted by: Bryum | February 01, 2006 at 17:05

>Bryumさん
牡蠣事件の記事、読みました。
貝は怖いですね。
私も昔、あわびでやられて、それ以来、
貝は好きなのに、いつもびくびくしながら食べてます。
電車の中、よくこらえたね。えらかったね。
あれはつらい、一番つらい。
リサガスのしらみ事件簿(笑)買いました。
一緒に『ブリジッド・ジョーンズの日記』フランス語版も
買ってみました。
ピエールをくどくのに役立ちそうな単語が満載のような
気がします。
今日は私がラジオ当番です。
いつも録音しないのですが、今日は録音なんぞしてみました。
がんばって記事にしたいと思います。

Posted by: LIN | February 02, 2006 at 08:50

TB頂いていたのに、
しかも紹介までしていただいたのに、
レスが遅れてしまい、申し訳ないデス。

黒も捨てがたいが、
わたしだったら、いっそのこと開き直って赤かなぁ。
長らく世話になっている下着やサンで買ったのですが、
ヘアバンドはなかった。
取り寄せもらったりしちゃおっかなぁ。

Posted by: ne_san | February 07, 2006 at 00:07

>ne_sanさん
買っちゃいましたよー♪
嬉しくて、ついTBしちゃいました。
ne_sanさんも一緒につけましょう!
(と仲間にひきこむ)
赤を是非!是非!
リボンを真上に持ってくると、ちょっとイタイ人になっちゃうので(笑)
サイドに持ってくるのがポイントです。
お取り寄せできなかったらこちらでどうぞ。
http://www.rakuten.co.jp/i-wacoal/455100/663802/#682049
あ、もう、黒がないですね。

Posted by: LIN | February 07, 2006 at 09:49

The comments to this entry are closed.

« 『かもめ食堂』by群ようこ | Main | フランスと中国と »