« 志の輔らくごin Parco | Main | 今日は楽しいひなまつり~♪ »

February 27, 2006

山口智子*ゴッホ*広重*ピアソラ

再放送なのだが、
「山口智子ゴッホへの旅 私は、日本人の眼を持ちたい」を見た。
19世紀を代表する後期印象派の画家
ビンセント・ファン・ゴッホの 生涯に迫るドキュメント。
ゴッホに影響を与えた浮世絵師・歌川(安藤)広重の作品と比較し
“真実”を探っていく。

すごくよかった。
美術に疎いので、ゴッホが浮世絵を書いていたなんて全然、知らなかった。
時折、番組に挿入されるゴッホの手紙がまた文学的でいい。
恐らく、山口智子さんが持っていた本はこれじゃないかとアタリをつけ
買ってみた。
ファン・ゴッホの手紙

番組のBGMに使われていたピアソラもすごくよかったので
ピアソラのCDも。(なんとミーハーな買物!)
〈COLEZO!〉ピアソラ名曲選~アストル・ピアソラ・ライヴ

この番組はBS日テレ開局5周年記念特別企画なのだが
今日は、同じ記念特別企画番組で
ゲーテのイタリア紀行」がBS日テレで放送されます。

【自分用メモ】
山口智子さんはナビゲーターと構成、ナレーションの3役を担当。
「お話いただいたときは、まったく乗り気じゃなかったんですよね。
どこか毛嫌いしていた分野だった。
唯一、伝統芸能の世界は興味があったので、広重さんと絡めるなら面白いかなと。
結果的にはゴッホにほれまくってしまった。大反省」と頭をかく。
オランダ、フランスとゴッホゆかりの地を旅した。
空気になじもうとスタッフより早く現地に入り、
街で買った衣装を着て収録に臨んだ。収録テープは60時間にも及ぶ。

ゴッホの全作品が見られるサイト

|

« 志の輔らくごin Parco | Main | 今日は楽しいひなまつり~♪ »

Comments

 買おうかと思ったら高いよ!この本!

 でも不思議ですね。CD3000円は当たり前だし、DVD3800円は当たり前なのに、本が3000円・3800円だったら高いと思いますよね。
 でも、価値としたら、CDやDVDより本の方が上だったりもする。
 価値っていうのが難しいですが、自分の人生に与える影響というか。

Posted by: LSTY | February 27, 2006 at 15:27

わたしも番組、ちょっとだけ見てました。後で録画しなかったことを後悔しました。
浮世絵が与え印象派の影響は多大です。
かなり前に、ゴッホ展と浮世と同時公開していた展覧会にいったことがあります。
ゴッホというと、ひまわりが有名ですが・・・実物は黄金色でした。

Posted by: 美結 | February 27, 2006 at 22:16

Buongiorno!Come sta?(ボンジュール!サバ?)貴重な情報いま頂いたのでゴッホも昨日のゲーテも見逃しています。昨晩はサルサのレッスン受けてました。
ピアソラは私も大好き!テレビドラマ「ラビリンス」でも効果的に使われていましたね。
ギドン・クレメルのヴァイオリンがリードするバンドのアルバム「ピアソラへのオマージュ」とても素敵です!オススメです。

Posted by: ヘルスパラダイス | February 28, 2006 at 08:36

>LSTYさん
>高いよ!この本!
あはは(笑)私もそう思った。
でも私はブランド品をいっさい買わないから
そういうものを買ったと思えば、安いものかなと。
シンプルな白いシャツとジーンズが似合うおばさんを
めざしてます(笑)
なんででしょうね?
本だと「高い」と思われてしまうのは。
CDの方が飽きてしまうと、そのまま聞かなくなって
積みっぱなしになる確率が高いのにね。
最近、年齢のせいか、繰り返して聞いても
飽きない音楽がほしいと切実に思います。

Posted by: LIN | February 28, 2006 at 10:14

>美結さん
いい番組でした。
私もリアルタイムで見たので、録画していないのです。
もう一度、再放送しないかな?
それに比べて、昨日のゲーテはイマイチでした。
美結さんはゴッホ展に行かれたのですね!
いいなあ。
この番組、ゴッホ展の前にやってほしかった。
日本の浮世絵ってすごいんですね。
今回、始めて知りました。
広重の画集がほしくなりました。

Posted by: LIN | February 28, 2006 at 10:38

>ヘルスパラダイスさん
サルサ!
私もサルサ好きの友人に連れられて、何度か
踊りにいったことがあります。
でもあまりむいてないみたいで(・∀・;)
今はタンゴにちょっと興味ありです。
ギドン・クレメルはクラシックの方なのですね。
「ピアソラへのオマージュ」試聴サイトは見つからなかったのですが
代わりにこのCDを試聴しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000005J4X/qid=1141091961/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/249-4542264-3867517
上品ですね。
タンゴはスタッカートが特徴だと思うのですが
クレメルはレガートで演奏しているところがおもしろいですね。

Posted by: LIN | February 28, 2006 at 11:07

あ~この番組見逃しましたっ・・・。
そうなんですよね、広重とゴッホを絡めると面白いです!
浮世絵をテーマに様々なミステリーを書かれている
高橋克彦さんの「ゴッホ殺人事件」も面白いですよ!
ちょうどこの往復書簡のことも出てきます!

このパリモンマルトル時代は様々な画家が
浮世絵の影響を受けてますね。

Posted by: 涼子 | February 28, 2006 at 16:33

こんばんは、
あっ、ピアソラ!
バンドネオンの音が、渋いんですよね。
ピアソラは「タンゴ:ゼロ・アワー」をよく聴いています。
BSは見ることができないので残念ですが、
去年ゴッホ展に行ったときにゴッホが浮世絵を模写した絵がありました。
そのときは、ああこれがゴッホのジャポニズム、と通り過ぎてしまいましたが、こういう番組を見てからだといろいろ考えられたんだろうなぁと思います。

Posted by: nyu | February 28, 2006 at 22:37

>涼子さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
番組、おもしろかったですよー。
ゴッホと広重の比較もさることながら
レポートされた山口智子さんがとてもチャーミングでした。
涼子さんの本のカテゴリーわけ、おもしろいですね。
歌舞伎モノとか三味線モノとか。
ブログタイトルも刺激的。
って「人妻」ってついてるからだけなんだけど(・∀・;)
『ゴッホ殺人事件』のご紹介ありがとうございます。
今度、読んでみますね。
>浮世絵の影響を受けてますね。
そうなんですか!
私、美術に疎くて。
日本の絵画がそんな大きな影響を与えたのかと思うと
嬉しいですね。

Posted by: LIN | March 01, 2006 at 09:42

>nyuさん
nyuさん、このあいだ、ヤン・ティルセンもお好きだって
おっしゃっていましたものね。
もうアコーディオンかバンドネオンを買っちゃうしかないんじゃない?(笑)
実は私はちらっとほしいなと思ってるのです。
ピアソラは自分自身でも「タンゴ・ゼロアワー」が
ベストだといってるそうですね。
私もそれを買おうかと思ったんですが、
「リベルタンゴ」が入っていなかったものだから。
このゴッホの番組でずっと流れてたのが
多分、「リベルタンゴ」だと思うの。
ゴッホ展、行かれたのですね。
ゴッホは日本に憧れ、アルルで「ここは日本だ」と
歓喜したそうですが、日本人の我々にいわせれば
アルルと日本って全然違う(笑)
どうもゴッホは日本は色彩あふれる街だと思っていたようなので
実際に日本に来たら、かなりがっかりしたんじゃないでしょうか。

Posted by: LIN | March 01, 2006 at 09:56

あ、この記事、見逃してました。
ドリコムRSSにピングがとんでなかったような・・・
いけないいけない。LINさんのところは、日参しなくっちゃいけませんね。反省

以前、スカパーでも、山口智子さんが旅をする特番をやってましたね。
うっかり見逃してしまったのですが・・
ゴッホにピアゾラ!!!
ああ、みてみたいです。
DVDになるのを待つしかないですね。

昨年、浮世絵展にいった時、ゴッホの作品をいくつかみることができました。
浮世絵でも、しっかりゴッホの作品だということを主張していて、さすがだなと思いました。
ゴッホの映画を観た時は、ああ、こんな人近くにいたら、すごく嫌だという人柄なんですよね。(笑)
優れた芸術家って、みんなそうなのかもですね。

Posted by: pico | March 02, 2006 at 12:30

早速にご返事ありがとうございます。
サルサはまだ始めて4ヶ月くらいで初心者です。エルメス先生という男性キューバ人に習っています。確かに合う合わないがあるかもしれません。ステップが独特ですし、日本人には無かった動きですから難しいです。
お聴きになったのはクレメルの第二集です。私もCD持っていまして最終曲など素晴らしいですが、第一集の方が衝撃的で斬新だと思います。ライブも黒装束でお洒落でした。

Posted by: ヘルスパラダイス | March 02, 2006 at 13:16

>picoさん
日参するなんていってくださってありがとうございます。
私、今、ドリコムRSS使ってないから
pingが飛んでるかどうかチェックできなくて。
(pingは飛ばしてるけど)
Mybloglistからドリコムに変わった時、
自分たちの都合で変わるくせに勝手にあれこれ変更して
ユーザーのこと、考えてないなあと思ったので。
ところで、久世さん、お亡くなりになりましたね。
ショック!
小説をたくさん書いていただきたかった。
カノックスのごたごたが体を弱らせてしまったのでしょうか?
山口智子のこの番組、よかったです!
夜中の1時頃から3時半頃までやってたんだけど
眠るの忘れて見てしまいました。
私も録画してなかったのでDVDになるといいなあ。
ゴッホの浮世絵、ご覧になったのですね。
何が展示されていたのでしょうか?
私は「大橋の雨景」が見たいです。
広重の画集もほしくなってきました。
ゴッホってゴーギャンの耳を切り取ろうとして
結果、自分の耳を切ったのでしょう?
お友達になりたくないです(笑)
ところでゴーギャンが描くタヒチの女たちは
ウチの母にそっくりです。
きっとウチの先祖はタヒチ人にちがいないです。

Posted by: LIN | March 03, 2006 at 10:00

>ヘルスパラダイスさん
サルサ、むずかしいですよねえ。
友達は東京まで踊りにいくらしいです。
ところでヘルスパラダイスさんの音楽の記事を
拝見しました。
クラシックがお好きなのですか?
私は今年の年明けに東急のジルベスターコンサートを
TVで見て、感動して、「よし、今年はクラシックを聴こう」
って思っていたのです。
そのコンサートは第九だったのですが
荒川静香の「トゥーランドット」もよかったし
今年あたりオペラブームが来るのではないでしょうか?

Posted by: LIN | March 03, 2006 at 10:22

音楽は何でも好きですが、鈴木メソッドでヴァイオリンを6年間習いましたので、どうしてもクラシックに偏っているかもしれません。
確かにオペラブーム到来かも?今回の女子フィギア金メダルで、プッチーニに「誰も寝てはならぬ」は売り切れ状態です。村主さんが滑った時はラフマニノフのピアノ協奏曲2番で、あれも素敵でした。コーエンはロミオとジュリエットだったし、クラシックも現代に甦っていますね!

Posted by: ヘルスパラダイス | March 03, 2006 at 21:41

>ヘルスパラダイスさん
ヴァイオリンを習っていらしたのですね。
ステキ。
今でも弾いていらっしゃるのでしょうか?
私も部屋にピアノがありますが
埃をかぶっています(笑)
今回のオリンピック、スケートで使われた曲の人気はすごいですね。
いつもこんなでしたっけ?
私も若い頃は、クラシックにまったく興味がなかったのですが
年齢とともによさがわかってきたような気がします。

Posted by: LIN | March 06, 2006 at 11:20

The comments to this entry are closed.

« 志の輔らくごin Parco | Main | 今日は楽しいひなまつり~♪ »