« 『楽しい古事記』by阿刀田高 | Main | 『東京タワー』by江國香織 »

April 08, 2006

『水晶内制度』by笙野頼子

水晶内制度水晶内制度
笙野 頼子

新潮社 2003-07
売り上げランキング : 312,776

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここで立読みできます。

■発を国家の中枢として、
日本政府に黙殺された女達の、闇から生まれた女人国ウラミズモ。
(■の字はこれ↓)

Suisyonaiseidogen
亡命作家は新国家のため出雲神話を書き変えるが…。
家畜人ヤプー、吉里吉里人、女と女の世の中、さかしま、古事記、
熊楠論文、児童ポルノ規制法案等、古今東西の名作・迷作を
友とし敵とした平成の「奇書」。

私はフェミニストではないので、
フェミニズムや男VS女という話は
あまり興味ないんですが
笙野VS文壇とか笙野VS国家は大いにやれ!やれ!と
思ってます。
だから“男”の部分は文壇や国家として読みました。
また、古事記の書きかえがおもしろかった。
いわば『ダ・ヴィンチ・コード』古事記版。

もっと詳しく知りたい方は
笙野頼子ばかりどっと読む」さんが
今、詳しく読み解いていらっしゃいます。

以下、読書メモ
・ウカという名前は古事記にあるのだろうか?

・1章タイトル「撃ちてしやまん」は神武天皇の歌。

・「ワニ」は因幡の白兎の話に登場(ただしワニ=鮫)

・古事記でイザナミが死んだ後、
イザナギも子供を産み始めるのが納得いかない。
キリスト教のように「お作りになった」ということばならわかるけど
「産む」はやっぱり女だと思う。

・22ページ
クサ○ヤ○イは草間彌生だね。

・70ページ
サッシにいた蛆というのは、
黄泉の国でイザナミの体に蛆がわいていたことと関係ありか?

・170ページ
「うわーっ、私は今九十六歳だ」
100歳以上生きた天皇がたくさんいたことへの皮肉?


|

« 『楽しい古事記』by阿刀田高 | Main | 『東京タワー』by江國香織 »

Comments

LINさん、すごい!怒涛のエントリーだわ~(^-^)//""
とうとう読破なさったのですね。お疲れ様でした!
そしてやはり古事記は副読本として必須なのですね。ラジャー!(・◇・)ゞ
それにしても熊楠も出てくるとは…民俗学的にも相当深いところまで触れている作品のようですねー。(感嘆)

Posted by: TRK | April 08, 2006 at 15:43

TRKさんのおっしゃる通りですう。まったく。怒涛のエントリーですね!力業ですわ!スタニスワフ・レムのところを、ついこの間読んだばかりなのに。もうこんな先に!読書の方法にも人の際立った個性が出るものなんですね。う~む。参りました。あとイラスト使って下さるのならもう少し丁寧に描いておけば良かったですよん。

Posted by: Panza | April 08, 2006 at 22:08

>TRKさん
最近、こまめに記事をアップするのがめんどくさくて
つい週末にまとめてアップするクセが…(・∀・;)
古事記を読んでからこの小説をお読みになると
また深い味わいが楽しめると思います。
何か、まだ感想が全然、まとまってなくて、メモっぽくてすみません。
次はタコグルメですね(*^^*)
『幽界森娘異聞』の文庫化も楽しみ~(わくわく)
森茉莉についてももうちょっと知っておかなくちゃ。
TRKさん、いろいろ教えてくださいね。
TRKさんの記事を拝見していると、伊坂幸太郎も
『オーデュボンの祈り』を読んだだけで食わずギライなままのは
もったいないかなあと思う今日この頃です。

Posted by: LIN | April 09, 2006 at 09:43

>Panzaさん
Panzaさんの許可ももらわずに勝手に字の画像を使っちゃって、
ごめんなさ~いm(_ _;)m
>怒涛のエントリーですね
私はPanzaさんのように深い考察ができてないから、
もうただただ数を重ねているだけでお恥ずかしいです(・∀・;)
Amazonに『絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男』の書影画像が出ましたね。
http://images-jp.amazon.com/images/P/4309017584.01.LZZZZZZZ.jpg
すてき、うっとり。

Posted by: LIN | April 09, 2006 at 10:00

The comments to this entry are closed.

« 『楽しい古事記』by阿刀田高 | Main | 『東京タワー』by江國香織 »