« March 2006 | Main | May 2006 »

April 28, 2006

『絡新婦の理』『塗仏の宴』by京極夏彦

立て続けに3冊、読みました。

文庫版 絡新婦の理文庫版 絡新婦の理
京極 夏彦

講談社 2002-09
売り上げランキング : 924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

巷に横行する殺人鬼「目潰し魔」を捜索する木場修。
一方、千葉の片田舎にある聖ベルナール学院では
学園内に<蜘蛛の僕>なる黒弥撒集団が暗躍。
満月の晩に黒い聖母が出現し呪われた相手が絞殺される。
2つの事件は蜘蛛の巣となり木場を眩惑し、搦め捕る。
中心に陣取るのは誰か?

今までの4冊に比べて妖しさが足りないですかねえ。
学園が舞台だからか?
『鉄鼠』は坊さんがわやわやいましたが、
『絡新婦』はいたるところ、女、女、女ですね。
「あなたが-蜘蛛だったのですね」と京極堂がいうシーンが好きです。

文庫版 塗仏の宴―宴の支度文庫版 塗仏の宴―宴の支度
京極 夏彦

講談社 2003-09
売り上げランキング : 910

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
文庫版 塗仏の宴―宴の始末文庫版 塗仏の宴―宴の始末
京極 夏彦

講談社 2003-10
売り上げランキング : 911

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「知りたいですか」
郷土史家を名乗る男は囁く。
「知り――たいです」
答えた男女は己を失い、昏き界へと連れ去られた。
非常時下、大量殺戮の果てに伊豆山中の集落が消えたとの奇怪な噂。
敗戦後、簇出した東洋風の胡乱な集団6つ。
15年を経て宴の支度は整い、京極堂を誘い出す計は成る。

オールスター総出演。
華やかでしたねえ。
広げるだけ広げた風呂敷、たためるのかと心配でしたが
たためましたね(笑)
京極堂がやっぱりかっこよかった。くうっ。

このシリーズ、あとは『陰摩羅鬼の瑕』しかないんですね。
さびしい…
『陰摩羅鬼』は『邪魅の雫』が発売になってから一緒に読もうっと。

| | Comments (14)

April 23, 2006

たらいまわしTB企画第23回「“笑”の文学」

Tara23h_1

たら本です。
テーマに沿った本を紹介する記事を書き、
主催者さんや他の参加者にトラックバックやコメントして
交流を深めましょうという企画です。
どなたでも参加できます。
今回の主催者は「100文字で」のねあ。さんです。

新年度が始まり、4月もそろそろ終わりに近づいてきました。
少し緊張感も解けてきた頃だと思います。
でも、こういった時に疲れがどっとでてしまうもの。
そこで今回は、コリコリにこったところを“笑い”でほぐしてみませんか?

お笑い、大好きー♪
何せ、人生は悲劇と喜劇でできてますからね。

まず、お腹を抱えて笑っちゃうのが小林聡美のマダムシリーズ。

マダム小林の優雅な生活マダム小林の優雅な生活
小林 聡美

幻冬舎 2001-06
売り上げランキング : 11,076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
マダムだものマダムだもの
小林 聡美

幻冬舎 2005-06
売り上げランキング : 3,187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夫である三谷幸喜とのやりとりがもうおかしくて、おかしくて。
特に二人で出かけたカナダ旅行の顛末はお腹抱えちゃいます。
三谷さんのエッセイより、奥様のエッセイの方が好きです。

その小林聡美が主演の映画『かもめ食堂』の原作も笑えます。

かもめ食堂かもめ食堂
群 ようこ

幻冬舎 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」
日本人女性サチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは
彼女が心をこめて握る「おにぎり」
けれども、お客はいつも、日本オタクのトンミ君ただひとり。
そんな「かもめ食堂」に、ミドリとマサコという、
わけありげな日本人女性がやってきて…

日本オタクのトンミ君のあやしい日本語がおかしいです。

自分も人を笑わせたいという人にオススメなのがこれ。

別役実のコント教室―不条理な笑いへのレッスン別役実のコント教室―不条理な笑いへのレッスン
別役 実

白水社 2003-11
売り上げランキング : 66,317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本劇作家協会主催の「劇作セミナー」の講義を収録したもの。
別役実は有名な劇作家です。
生徒の書いた戯曲を別役実が添削するという形で話が進みます・
「笑いの分類」という章では、笑いを
①言葉遊び…だじゃれ
②即物的笑い…すてんところぶ
③キャラクターによる笑い…志村けんの変なおじさん
④関係の笑い…ケーキだと思っていたものが爆弾だった
⑤不条理の笑い
に分類してます。

で、ふと思い出したのが、このあいだのMOTHER3発売記念の
糸井重里×伊集院光の対談。
糸井さんは、三谷幸喜さんの映画「THE 有頂天ホテル」を
「あれはヅラの映画。
唐沢寿明がバーコードはげの段階で笑っちゃうもん」
という。
いわゆる、笑いの分類の③なんでしょうね。
そして伊集院さんは知人のことばとして
「最終的に、どかーんと笑わせるのは、爆弾なんだ。
もっと笑わせたいなら爆弾の火薬を倍にすればいい」
というようなことをいってた。
それが②なんだと思う。
笑いは深い…

| | Comments (56)

April 21, 2006

MOTHER3と川上弘美

●MOTHER3
MOTHER3

昨日、ほぼ日で、MOTHER3発売にあたり
糸井重里と伊集院光とのライブ対談があった。
ゲームの話というより哲学っぽくておもしろかったなあ。

ゲームもTVもつまらなくなったのは
やらされている、見せられているから(伊集院)

今、TVに出ている人はみなモデル、
それはCGグラフィックスと一緒(糸井)

ゲームを楽しんだ結果、それがゲームになるのが理想(伊集院)

ところが、1時間半くらいして
作家の川上弘美が対談に加わって、途端につまらなくなった!
男同士の世界を邪魔すんなよー。もー。

●川上弘美
しょうがないので、動画を見るのをやめてお風呂に入りつつ
川上弘美について考える。
私はまだコンピューターが男の子のものであった時代から
コンピューターやゲームが好きで、
今はなきMSXなんか買ってピコピコやってたんだよね。
で、そういう話となると性別関係なく、仲間として男の子と話すわけ。
でも、川上弘美という人は、オヤジぶったり男の子ぶったりするんだけど
中身、ベタベタ女じゃんっていう反発を感じるんですよ。
『センセイの鞄』のツキコにも何かそんなものを感じて
あの作品が好きになれなかったんですよねえ。

腐女子と文化系女子ってありますけど、その違いみたいなもんかなあ。
腐女子は、マスコミとか男の視線とか関係なく
己の道をつきすすむんだけど
マスコミが定義している文化系女子は
まわりの視線をすごく意識していて
男にモテたい願望があるんだよね。
不純!

●笙野頼子の新刊
笙野さんの新刊『絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男』
出ま~す。
詳しくはコチラを読んでね。

絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男
笙野 頼子

河出書房新社 2006-04-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●読書中
『永遠の仔』は読み終わったけど、
内容云々の前に、天童荒太って
『家族狩り』もそうだったけれど、
後半、物凄いスピードで読んじゃうんですよね。
ほとんどななめ読み。
それって、小説としてどうなんだって気がしちゃうんだよなあ。

『失われた時を求めて』はちょっと休憩。
おもしろいけどしんどい。
ゆるゆる読みます。
そんなわけで今、メインで読んでいるのは『絡新婦の理』
妖しさがパワーダウンしてるような…
京極シリーズ登場人物全員の系図がほしい。

| | Comments (26)

April 14, 2006

5月の新刊チェックやらお買物やら

●5月の新刊チェック
『哀歌』by曽野綾子
修道女・鳥飼春菜が見たアフリカ。
曽野綾子ってどうなの?という疑問はある。

『失踪者』byカフカ
買おうと思っていた白水社の池内紀翻訳カフカ全集。
それの廉価版。
待っててよかった。

『永井荷風 ひとり暮らしの贅沢』とんぼの本

『町長選挙』by奥田英朗
伊良部シリーズ第3弾。

『パリ感覚』by渡辺守章
『太陽王と月の王』by澁澤龍彦
『奥の細道温泉紀行』by嵐山光三郎
『インカ皇統記(一)』byインカ・ガルシラーソ

●最近、聴いてる音楽
CLAZZIQUAI PROJECT(クリックすると音有)
m-floちっくなK-POPS

さかいゆう
“UNTIL YOU COME BACK TO ME”がオススメ
スティービーワンダーのカバー。
BASIAも歌ってましたよね。

スーパーピアノレッスン
NHKスーパーピアノレッスン―フランス音楽の光彩

世界の超一流アーティストが手ほどきするピアノレッスン番組。
今シーズンはミシェル・ベロフを講師に迎えた「フランス音楽の光彩」
ドビュッシーとかラヴェルとかサティ。
楽譜見て「絶対、弾けっこない」と書いたら
ワルツさんが優しく「大丈夫」といってくださった。
(つД`)うっうっ
ワルツさんに習いたい。

●レンジでプリン
レンジで1分プリン (2PSET)
1分でプリンができるというプリンカップをBryumさんと一緒に買った。
まだ試してません。
作ったらまたレポします。

●読書用イス
「楽天シニア市場」バンブーリラックスチェアー
あ、私が買った値段よりあがってる。
読書用に購入。
軽いので浜辺にも持って行けるかも。
ニーチェアX
MOMAの永久収蔵品のニイチェア(Nychair)と迷ったんですが
まあ、ニイチェアはそのうち…

●読書中
『永遠の仔』と『失われた時を求めて』をRemixで。
寝る前に『永遠の仔』を読むと止まらなくなるので…

永遠の仔〈1〉再会永遠の仔〈2〉秘密永遠の仔〈3〉告白永遠の仔〈4〉抱擁永遠の仔〈5〉言葉

失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉

●ヨガ
ヨガって全然、興味なかったんだけど
FOXで放映中のダーマ&グレッグのダーマが
ヨガのインストラクターであるのに影響されて
ヨガのDVDを買ってしまった。
ダーマ、かわいい♪

| | Comments (26)

『錦繍』by宮本輝

錦繍錦繍
宮本 輝

新潮社 1985-05
売り上げランキング : 12,330

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テル様大好きみらくるさんを始め、
いろいろな方から薦められていた作品。
やっと読みました。

運命的な事件ゆえ愛しながらも離婚した二人が、
紅葉に染まる蔵王で十年の歳月を隔て再会した。
そして、女は男に宛てて一通の手紙を書き綴る…。

なぜか高村薫を思い出して
読み終えた後、高村薫の『晴子情歌』も
同じ書簡小説だからだと気づいた。
あれは母から息子へのラブレターだけど。

美しい小説ではありましたが
私がどうしても気になってしまったとこ。

・後半、急に小説のトーンが変わる。
流れが何だか唐突。
令子の変貌ぶりも突然。

・由加子があの事件を起こした時の心理がよくわからない。
著者自身がどうも「女はそんなものだ」と考えている節がある。
そういう業の女であるという片付け方でなく
思わず自分も靖明を刺したくなるような、
そんな気持ちになりたかった。

・138~146のあたり
靖明が体験したもうひとつの自分
そのあたりがぐっとこない。
ぐっとこないから「だから離婚した」という理屈もよくわからない。

私はおじさま好きなんだけど、
もし宮本輝と実際に会う機会があったら(あるわけないけど)
絶対、ケンカすると思う。
宮本輝はきっとクラブでねちねちホステスをいじめるタイプだ。
写真を見ているとそんな気がする。

| | Comments (7)

April 11, 2006

『小説のゆくえ』by筒井康隆

小説のゆくえ小説のゆくえ
筒井 康隆

中央公論新社 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あの断筆騒動の際の顛末や
選考委員をしていらした三島由紀夫賞の選評など
ぎっしりみっしり。
読み応えあります。

しかし三島由紀夫賞はノミネート作品にも
魅力的な作品がたくさんありますね。
チェック、チェック。

『折口信夫論』 松浦寿輝
『三絃の誘惑 近代日本精神史覚え書』 樋口 覚
『くっすん大黒』町田康
『カブキの日』小林恭二
『神無き月十番目の夜』飯嶋和一
『存在論的、郵便的 ジャック・デリダについて』東浩紀
『ぼくたちの(俎板のような)拳銃』辻征夫
『サーチエンジン・システムクラッシュ』宮沢章夫
『ユリイカ EUREKA』青山真治

Continue reading "『小説のゆくえ』by筒井康隆"

| | Comments (20)

『夜市』by恒川 光太郎

夜市夜市
恒川 光太郎

角川書店 2005-10-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ワルツさん、たら本「グッドバイの文学」のオススメ本です♪

何でも売っている不思議な市場「夜市」。
幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、
弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた。
野球部のエースとして成長した祐司だったが、
常に罪悪感にさいなまれていた。

ワルツさんpicoさんも書いていらっしゃいますが、
これをホラーとカテゴリー分けするのはもったいない!
世の中には私のように「ホラー」と聞いただけで
読まない人もたくさんいるはず。
これはホラーじゃないです。
ホラー嫌いの方も、是非読んでいただきたいです。
(※蛇足ですが、最近、読んだ筒井さんのエッセイに
「某社が募集したホラー大賞によって登場した多数の新人、
今では仕事がなくなってホラー浪人と呼ばれている…」
と書いてありました 笑)

そして、私もワルツさんとpicoさん同様
表題作「夜市」より「風の古道」が断然、好き!

7歳の時、父とはぐれた主人公は、
知らないおばさんに近道を教えてもらう。
しかしその道は、すべての家が玄関と反対側を向いている
奇妙な空間だった。
12歳になった主人公は、友人カズキとその道にはいり
迷ってしまう。
途方にくれた彼らは“古道”を旅する青年・レンに出会う……

「風の古道」に
「なんでも手に入る夜の市場の話」と
ちらっと「夜市」のことが出てくる。
レンをシリーズ化して、全部の作品をシンクロ化してほしいです。
恒川光太郎さん、今後、要チェックの作家です。

| | Comments (8)

April 08, 2006

『東京タワー』by江國香織

東京タワー東京タワー
江國 香織

新潮社 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨夜、地上波放送されていましたね。
映画の感想はコチラ

青山のセレクトショップを経営する詩史は夫がいながら、
友人の息子で20歳年下の透と付き合っていた。
24時間、詩史からの電話を待つ純粋で一途な透。
一方、透の親友の耕二は、
専業主婦の人妻・喜美子と不倫中。
耕二は喜美子と本命の恋人との間を自由に行き来していたが、
やがて、ふたつの恋にも終わりがやってくる…。

五木寛之の『レッスン』に似てます。
私は『レッスン』の方が好き。
舞台はイタリアだし、プレゼントはラリックのカー・マスコットだし。
そして主人公“ぼく”が愛する年上女性、
佐伯伽耶は詩史より感情のひだがもっと複雑だ。

年下の男の子の魅力は、まわりがよく見えなくて
自分勝手ですぐ熱くなるところだと思う。
それが欠点でもある。
ちょっとの時間を共有する分にはいいけれど
ずっとでは疲れる。
詩史も、浅野という夫がいるから
透とバランスよくつきあえるのだと思う。
映画のラストはまちがっている(笑)
時期がきたら、年上の女性から
別れをつげるべきなのだ。

~小説に登場した本やら音楽やら~
マリーフランク(デンマークの歌手)
渾成の大地(写真集)
アムラン(ピアニスト)
『情事の終り』グレアム・グリーン
テックス・ベネケ(ジャズ)
『ライオン』ケッセル
AS TEARS GO BY
ジョニ・ミッチェル、キャロル・キング、CCR、
エルトン・ジョン、ローリングストーンズ
PEACOCK PIE(詩集)のTHE SHIP OF RIO
『沈黙』『白い人』『侍』遠藤周作
カリエール(芝居)
Don't let me down(フィービー・スノウ)
『ジュスティーヌ』『クレア』ロレンス・ダレル


| | Comments (2)

『水晶内制度』by笙野頼子

水晶内制度水晶内制度
笙野 頼子

新潮社 2003-07
売り上げランキング : 312,776

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここで立読みできます。

■発を国家の中枢として、
日本政府に黙殺された女達の、闇から生まれた女人国ウラミズモ。
(■の字はこれ↓)

Suisyonaiseidogen
亡命作家は新国家のため出雲神話を書き変えるが…。
家畜人ヤプー、吉里吉里人、女と女の世の中、さかしま、古事記、
熊楠論文、児童ポルノ規制法案等、古今東西の名作・迷作を
友とし敵とした平成の「奇書」。

私はフェミニストではないので、
フェミニズムや男VS女という話は
あまり興味ないんですが
笙野VS文壇とか笙野VS国家は大いにやれ!やれ!と
思ってます。
だから“男”の部分は文壇や国家として読みました。
また、古事記の書きかえがおもしろかった。
いわば『ダ・ヴィンチ・コード』古事記版。

もっと詳しく知りたい方は
笙野頼子ばかりどっと読む」さんが
今、詳しく読み解いていらっしゃいます。

以下、読書メモ
・ウカという名前は古事記にあるのだろうか?

・1章タイトル「撃ちてしやまん」は神武天皇の歌。

・「ワニ」は因幡の白兎の話に登場(ただしワニ=鮫)

・古事記でイザナミが死んだ後、
イザナギも子供を産み始めるのが納得いかない。
キリスト教のように「お作りになった」ということばならわかるけど
「産む」はやっぱり女だと思う。

・22ページ
クサ○ヤ○イは草間彌生だね。

・70ページ
サッシにいた蛆というのは、
黄泉の国でイザナミの体に蛆がわいていたことと関係ありか?

・170ページ
「うわーっ、私は今九十六歳だ」
100歳以上生きた天皇がたくさんいたことへの皮肉?


| | Comments (4)

『楽しい古事記』by阿刀田高

楽しい古事記楽しい古事記
阿刀田 高

角川書店 2003-06
売り上げランキング : 3,330

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

笙野頼子の本を読むためには古事記が欠かせないので
読んでみました。

古代、神々が高天原に集い、闘い、戯れていた頃。
物語と歴史の狭間で埋もれてしまった「何か」を探しに、
小説家阿刀田高が旅に出た。
イザナギ・イザナミの国造りなど名高いエピソードを
ユーモアたっぷりに読み解く。

古事記を優しく読み解いてあるのも嬉しいですが
阿刀田さんが古事記にまつわる土地を旅したエッセイが
また楽しいです。
アマテラス大御神が隠れた岩戸の前で
ウズメの命が踊ったというエピソードを神楽舞にした岩戸神楽。
本来、1番から33番まであり、
酷寒の戸外で徹夜で見るものらしいのですが、
観光客用に1時間で見られるお手軽コースもあるそうです。

その岩戸の舞の話、八俣の大蛇(やまたのおろち)退治の話、
因幡(いなば)の白兎の話、海幸彦山幸彦の話。
要は有名な話が、一番、おもしろいところであり、
有名じゃない話は系図的な記述が多くて
あまりおもしろいエピソードがないんですね。

それにしても古事記というのは
「まぐわう」か「殺す」ばかりだなあと思っていたら、
解説に
「古事記は端的にいえば、“まぐわって”“うたって”“殺す”物語である」
と書いてありました(笑)


| | Comments (16)

『Web2.0BOOK』by小川 浩・後藤 康成

Web2.0 BOOKWeb2.0 BOOK
小川 浩(サイボウズ株式会社) 後藤 康成(株式会社ネットエイジ)

インプレス 2006-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今、売れに売れている梅田望夫さんの『ウェブ進化論』
もうちょっと掘り下げたくて、買ってみました。

売れている本らしいのですが、
正直、あまりピンと来ないです。
梅田さんの本のように、インターネットをよく知らない人にも
わかりやすく伝えようという気がなくて、
むずかしく書いてあるわりには
「これなら、もう知ってるよー」という内容が多い。

著者の所属している会社サイボウズでは
フィードパスというRSSリーダーを始めたらしいですが
フィードパスのHP見ても、何いいたいんだか全然、わかんない。


要は著者はエンドユーザーよりも企業よりの人なんでしょうか?

本に書いてあった中で、ちょっと興味があるのは
テクノラティのタグ検索。
タグというのは、ブロガー自身が自分が書いた記事につける
ジャンルやカテゴリーのことなんですが
これが手動なんですよ。
そこがどうもピンと来ないんです。
そもそも、これをやることによって誰が得するんだろう?
Googlの検索とタグ検索はどう違うんだろうとかね。

Web2.0、おもしろそうですが、まだまだ見えないです。


| | Comments (0)

April 04, 2006

プルーストはいかが?

●プルーストはいかが?
愛すべきマドモアゼルMlle.Cさん
鈴木道彦訳『失われた時を求めて』の文庫版の刊行が始まったのを機に
刊行を追いかけて一ヶ月に一冊読み
約一年で失われた時を見出すという試みを始められました。
そして「誰か一緒に読みませんか…?」とのこと。
私もご一緒させていただくことにしました。
読みそびれていた方、この機会にいかがですか?

失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉

●村上朝日堂
kyokyomさんとこで知ったのですが
『これだけは、村上さんに言っておこう』の発売に合わせて
村上朝日堂が三ヶ月限定でオープンしています。
村上春樹さんのとぼけた回答が楽しいです。

「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?

●ヒストリーチャンネル
昨年から見たい、見たいと騒いでいたヒストリーチャンネル
ウチのケーブルテレビで見られるようになった。
おもしろい番組があったら、またここでご紹介しますね。
ケーブルテレビで最近、はまっているのは
FOXのザ・シンプソンズ
アニメとあなどるなかれ。
アメリカの家族、社会、政治問題が凝縮されている。
Simpsons01

●4月の新刊チェック
タイトルだけでチェックしてるので、
詳細がわかってからやっぱり買わないということも多々あり。
『ヌフカフェはなぜ潰れないのか』by武田康伸
『絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男』by笙野頼子
『宮尾本 平家物語 青龍之巻』by宮尾登美子
『ユダヤ教VSキリスト教VSイスラム教 「宗教衝突」の核心』by一条真也
『オーガニック入門』by岡村貴子
『ワイルド・ソウルな取材旅行』by垣根涼介
『黒と茶の幻想』by恩田陸

| | Comments (20)

April 02, 2006

『夜と女と毛沢東』by吉本隆明・辺見庸

夜と女と毛沢東夜と女と毛沢東
吉本 隆明 辺見 庸

光文社 2006-03-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吉本隆明と辺見庸の対談集。
1995年から1997年にかけて
4回、行われた。
テーマは
「毛沢東」「夜」「女」「身体と言語」

「健全な昼の偽善のほうが、
夜の病より病理としては深い」
というあたりは、私も以前から感じていた。
そして今、夜が“昼”化している。
若者が夜桜見物で大騒ぎしたというニュースを見ていると
近所迷惑もさることながら
「夜の楽しみ方がわかってないな」と思う。
彼らは桜の樹の下には屍体が埋まっていることを
知っているのだろうか。

私は夜のバーの妖しさが好きだったけれど
最近は、バーもすっかり健康的になってしまって
深夜になっても居酒屋の雰囲気だ。
これは、深夜営業するチェーン居酒屋で飲み
そのままの空気でバーに来るからだ。
すっかりバーもつまらなくなってしまった。

「消費社会では身体・肉体が邪魔になってきている」
という意見も同感。
たとえば、現代人がコンピュータや携帯電話を奪われ
体ひとつで大地に立った時、いったい何ができるだろう。

Continue reading "『夜と女と毛沢東』by吉本隆明・辺見庸"

| | Comments (10)

『ソラリスの陽のもとに』byスタニスワフ・レム

ソラリスソラリス
スタニスワフ レム Stanislaw Lem 沼野 充義

国書刊行会 2004-09
売り上げランキング : 54,098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

※早川書房の文庫本は画像がなかったので、
国書刊行会の単行本にリンクしてあります。

先月亡くなったスタニスワフ・レムの追悼ということで…

惑星ソラリス。
それは宇宙のかなたの謎の星で、
生物の存在は確認されないが、
理性を持った有機体と推測されるプラズマ状の“海”によって被われていた。
それを探査する宇宙ステーションが突如、地球との連絡を絶つ。
その調査のためにソラリスに派遣されるケルヴィン。
しかし、物理学者ギバリャンは謎の自殺を遂げ、
残った二人の科学者も何者かに怯えている。
そしてケルヴィンの前に現われたのは…

SFとしてはかなり地味。
あまり動きもないし
ほとんど宇宙船の中だけの物語。
哲学的。
ソラリスの“海”は、宇宙のかなたにある、ありえない存在ではなく
現代の私たちのそばにもあるのではないかと思う。
禅問答のようでもある。
一方ではハリーとの恋愛小説として読むとせつない。

映画化されてます。
アンドレイ・タルコフスキー監督作品
スティーヴン・ソダーバーグ監督作品があります。

| | Comments (14)

『鳥類学者のファンタジア』by奥泉光

鳥類学者のファンタジア鳥類学者のファンタジア
奥泉 光

集英社 2004-04
売り上げランキング : 77,400

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第2次世界大戦末期、
音楽留学でドイツに渡り、謎の死を遂げた祖母。
36歳のジャズ・ピアニスト池永霧子は、
その幻影に導かれるように敗色の色濃いベルリンへとワープする。

●好きなところ
ジャズ・ピアニストが主人公であること。
第2次世界大戦中のドイツが舞台であること。
猫が重要な役割を果たすところ。
水晶宮の描写の部分。

●嫌いなところ
軽すぎる文体。
軽いストーリー展開。
ここぞという時に突然、登場する「わたし」という語り手。
途中にはさまれるどうでもいいようなくだらない雑談。
(たとえばストーリーの途中で
定冠詞のtheはどういう役割なのかといったことを延々と書いている)
36才という年齢のわりにあまりに子供っぽい主人公、フォギー。
(20代前半の佐知子ちゃんの方がずっと大人)
不自然なタイムスリップ。
(タイムスリップする話が全部、嫌いなわけではない)
愛すべきキャラ、脇岡氏が…(ネタばれだから書けない)


こちらのページから『鳥類学者のファンタジア』のテーマ曲
FOGGY'S MOODを聴くことが出来ます。

| | Comments (4)

« March 2006 | Main | May 2006 »