« 『錦繍』by宮本輝 | Main | MOTHER3と川上弘美 »

April 14, 2006

5月の新刊チェックやらお買物やら

●5月の新刊チェック
『哀歌』by曽野綾子
修道女・鳥飼春菜が見たアフリカ。
曽野綾子ってどうなの?という疑問はある。

『失踪者』byカフカ
買おうと思っていた白水社の池内紀翻訳カフカ全集。
それの廉価版。
待っててよかった。

『永井荷風 ひとり暮らしの贅沢』とんぼの本

『町長選挙』by奥田英朗
伊良部シリーズ第3弾。

『パリ感覚』by渡辺守章
『太陽王と月の王』by澁澤龍彦
『奥の細道温泉紀行』by嵐山光三郎
『インカ皇統記(一)』byインカ・ガルシラーソ

●最近、聴いてる音楽
CLAZZIQUAI PROJECT(クリックすると音有)
m-floちっくなK-POPS

さかいゆう
“UNTIL YOU COME BACK TO ME”がオススメ
スティービーワンダーのカバー。
BASIAも歌ってましたよね。

スーパーピアノレッスン
NHKスーパーピアノレッスン―フランス音楽の光彩

世界の超一流アーティストが手ほどきするピアノレッスン番組。
今シーズンはミシェル・ベロフを講師に迎えた「フランス音楽の光彩」
ドビュッシーとかラヴェルとかサティ。
楽譜見て「絶対、弾けっこない」と書いたら
ワルツさんが優しく「大丈夫」といってくださった。
(つД`)うっうっ
ワルツさんに習いたい。

●レンジでプリン
レンジで1分プリン (2PSET)
1分でプリンができるというプリンカップをBryumさんと一緒に買った。
まだ試してません。
作ったらまたレポします。

●読書用イス
「楽天シニア市場」バンブーリラックスチェアー
あ、私が買った値段よりあがってる。
読書用に購入。
軽いので浜辺にも持って行けるかも。
ニーチェアX
MOMAの永久収蔵品のニイチェア(Nychair)と迷ったんですが
まあ、ニイチェアはそのうち…

●読書中
『永遠の仔』と『失われた時を求めて』をRemixで。
寝る前に『永遠の仔』を読むと止まらなくなるので…

永遠の仔〈1〉再会永遠の仔〈2〉秘密永遠の仔〈3〉告白永遠の仔〈4〉抱擁永遠の仔〈5〉言葉

失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉

●ヨガ
ヨガって全然、興味なかったんだけど
FOXで放映中のダーマ&グレッグのダーマが
ヨガのインストラクターであるのに影響されて
ヨガのDVDを買ってしまった。
ダーマ、かわいい♪

|

« 『錦繍』by宮本輝 | Main | MOTHER3と川上弘美 »

Comments

おおおおおおおおおお!!
奇遇です。
私も永遠の仔読んでます。
びっくりしました。

読書用椅子いいですね!!
私はトロピカーナでバーコードを集めて
http://www.k-tropicana.com/Sono-mama/present_info.html
この椅子ゲットしようと企んでいます。
しかし集めて満足しそうだw

レンジでプリン楽しみです。
今夜家に来る予定です。
LINさんのバニラビーンズをと言うのをみて
おお!って思ったので
バニラビーンズ買って帰ろうと思います。
楽しみです。

Posted by: Bryum | April 14, 2006 at 13:13

改装しましたね!なかなかLinさんぽくって好きです。
曾野綾子は結構好きですね、私。小説は自信ありませんが、エッセイはよいです。というか、あまり日本人でこのようにドライに、でも下品じゃなく、理路整然と書ける人っていないと思います。ここ最近は読んでませんが、2、3年位前までは彼女の2ページのエッセイのために新潮45を定期購読してました。一本筋の通ってる人です。日本の人は「フジモリ大統領をかくまった人」という、どうも悪い印象があるようですが、これも筋を曲げない彼女らしいところで、好きなところでもあります。

Posted by: Miwako | April 14, 2006 at 13:46

こんにちは。
スーパーピアノレッスンのテキスト、私も買っちゃいました。
全然弾けませんが、このあたりの音楽は大好きなもので、
毎週楽しみです。

ニーチェア、愛用しています。なかなか良いですよ。
オットマンとセットで使用するのが快適(とくに居眠りに)。

Posted by: 木曽 | April 14, 2006 at 17:10

LINさん、こんばんは~♪
「永遠の仔」読んでおられるのですね。
苦しい場面続きの中に、一握りの優しさがとても貴重で暖かいものだと感じながら読みました。かっこーさんが前におっしゃってたんですが、ジラフと養父母の場面なんですけど、私もそこを読むと必ず涙ぐんでしまいます。
>ピアノレッスン
LINさんありがとう。そんな風に言って下さって。嬉しい。
私もフランス音楽の横に流れる情景を感じるのが好きです。
ドイツロマン派の堅固な縦に構築された音楽に比べると、自由で。大人からでも楽しめる空気を感じるんですよ。
自分流に弾いてもOKな気がします。
一緒にまた楽しみましょうね。(*^。^*)

Posted by: ワルツ | April 15, 2006 at 00:08

私も随分前に「永遠の仔」を読みました。あと、ドラマも以前やってて、それも見た。
ドラマだけ見たらそれはそれでよかったけれど、原作の方が数倍よかった。
そーなんだけど、どうしても中谷美紀と渡部篤郎と椎名桔平のイメージになっちゃってます。

『太陽王と月の王』はエッセイらしいですね。
なかなか評判良さげ、気になります。チェックしなくっちゃ。

Posted by: きみ駒 | April 15, 2006 at 01:33

>Bryumさん
>私も永遠の仔読んでます。
おおおおおおおおおお!!まじっすか!
ナカーマ( ・∀・)人(・∀・ )
昨日、読み終えました。
天童荒太って『家族狩り』もそうだったけど
猛スピードで読んじゃうんだよねー。
トロピカーナの椅子、いいですね!
私、こういう懸賞、当たったことがないです。
だから最初からあきらめて集めてないんですよー。
トロピカーナはピュアプレミアムが好きです。
プリン、作りました?
私はまだ。
今日こそ作る!
ウチは白砂糖がなくて、きびか黒なので
キレイな色のプリンは作れませんが…

Posted by: LIN | April 15, 2006 at 09:11

>Miwakoさん
ココログのテンプレートって野暮ったいのが多いのですが
ひさしぶりに「ん!これは!」とういテンプレートが
アップされたので、変えてみましたー。
>『哀歌』
Amazonのレビューがあまりよくないのですよー。
でも読んでみたいです。
フジモリ大統領といえばペルーの選挙はどうなったのでしょう?
こちらでは、フジモリ大統領が日本の女性実業家と結婚したということで
その実業家の選挙までの日々を追うという番組が放映されました。

Posted by: LIN | April 15, 2006 at 09:24

>木曽さん
おー、木曽さんもお買いになりましたか!
楽譜ってながめているだけでも楽しいですよね。
木曽さんもフランス印象派、お好きですか♪
みんないいんだけれど、私は特にラヴェル、サティの
二人が好きです。
『展覧会の絵』もムソルグスキーのオーケストラバージョンより
ラヴェルのピアノバージョンが好きです。
ニーチェア、お持ちなのですね!
今回、購入を迷ったんですよー。
眠ってしまうほど心地いいのですか~。
いずれ、ゲットしたいと思います。

Posted by: LIN | April 15, 2006 at 10:49

>ワルツさん
『永遠の仔』読み終わりました。
『家族狩り』も確か、猛スピードで読んでしまったような…
それがおもしろさともいえるんだろうけど
何だか作家に読まされているという感じがちょっと…
でも、私も号泣しましたよー。
>ジラフと養父母の場面
そうそう、そのシーン。
私は、優希と岸川夫人とのロビーでのシーンも
泣けました~。
ドラマをちらっとだけ見たことがあるので
読んでいる間、キャストはあの配役でした。
モウルはぴったりだったけど…
って、ここで検索したら、逆でした!
私、てっきりモウルが椎名桔平だと思ってた!
渡部篤郎は、いかにも刑事という役にぴったりだから。
それでもジラフのイメージじゃないなあと思ってたんだけど
モウルはもっと違うぞ!
フランス印象派は絵画との結びつきが強いような気がします。
調性からも脱却しようとしてるんだけど
現代音楽ほどメチャメチャじゃないあたりがいいです。
>一緒にまた楽しみましょうね。(*^。^*)
わーい、ワルツ先生、ありがとうございます。
がんばりま~す。

Posted by: LIN | April 15, 2006 at 11:07

>きみ駒さん
私もドラマ、ちらっとだけ見たことがあって
きみ駒さん同様、ずっとあの3人のイメージで読んだのですが
今、そのキャストがまちがっていたことが発覚Σ(´д`;)
私はずっと、モウル=椎名桔平で読んじゃってました。
うわーん。
渡部篤郎、モウルって感じじゃないよー。
だってモウルが知性派で、ジラフが野性派でしょ?
どう見たって、桔平の方が知性派じゃん!
きみ駒さん、澁澤好きだったのですねー。
そうそう、エッセイ。
でも河出文庫は昨年、カバーデザインを変更したので
あの下品な色がちょっとねえ…
きみ駒さんに教えていただいたアンジェ。
今回はレンジでプリンができるカップを買いました。
アンジェ、重宝してます、買いまくりです(・∀・;)

Posted by: LIN | April 15, 2006 at 11:16

『太陽王と月の王』出るんですね~。
でも河出文庫、カバーが変わってしまったから買いたくないんですよね~。むむむー。
今でさえあってなきがごとき本棚の統一感がますますなくなるので、みだりにデザイン変えるのやめてほしいです…

Posted by: Mlle C | April 15, 2006 at 15:58

初めまして。
LINさんの読書日記を楽しみにしている者なのですが
今回ダーマ&グレックの文字に思わず!と。
前にNHKで深夜放送されていて、大好きな番組だったのです。
母親と一緒に夜中に笑いながら見ていました。
また放送してくれないかなぁと。

Posted by: AKI | April 16, 2006 at 00:55

>Mlle.Cさん
『好人奇人館 新装版』も出ますよん♪
ねー、河出文庫、どうしてあんな下品な色にしちゃったんですかねえ。
一応、私、河出に苦情のメール、出したんだけど
返答なしです(笑)
カバーを捨てて並べるという手もありますね。
Mlle.Cさんの本棚、見てみたいです。

Posted by: LIN | April 16, 2006 at 09:50

>AKIさん
はじめまして。
おー、楽しみなんていってくださってありがとうございます。
記事を書く励みになります。
そしてAKIさんも「ダーマ&グレッグ」のファンなのですねー。
ナカーマ( ・∀・)人(・∀・ )
NHKで放映していた頃もたまに見てたんですが
今回、FOXでは第1話からやってて、
ダーマのやることはすべて筋が通っているとわかって
ファンになりましたー。
今は、NHKで海外ドラマのラブコメやってないですね。
(私はアリーも大好きです)
チャングムになっちゃってるんですねー。
AKIさんは衛星放送は見られない環境ですか?
私は最近の日本のドラマはまったく見る気になれず
もっぱら衛星放送で海外ドラマを楽しんでます。
また、おもしろいのを見つけたらここで報告しますね。

Posted by: LIN | April 16, 2006 at 09:58

そうかーLINさんにとっては、
『知性:椎名桔平>渡部篤郎』
なのねー。なるほど。

でもね、渡部篤郎のモウルはとても合ってました。
それ以外考えられないくらい。
んだから、LINさんが「椎名桔平がモウルだと思ってた」と聞いてかなりびっくりしました。
(ちなみに、私、渡部篤郎ファンです。笑)
中谷美紀も素晴らしく合ってた。
で、椎名桔平のジラフはね、そこまで合ってなかったかもです。
よかったんだけど、原作とはちょっと違うっていうか。原作のジラフより、ドラマのジラフはヤな奴だったんじゃなかったかな。
あーなんか、原作とドラマをもう一度確認したくなってきた。

アンジェのプリンカップ、どおどお?よかった?
たぶん買っちゃう。

Posted by: きみ駒 | April 16, 2006 at 12:06

『永遠の仔』はドラマを見てから、原作を読みました。
椎名桔平は、”ジラフ”らしい描写が少なかったです。
『白夜行』を読んでいたら、重なりました。
これから、NHKスペシャル見ます。

Posted by: 美結 | April 16, 2006 at 21:00

>きみ駒さん
私も渡部篤郎、ドラマの「ケイゾク」ではまって一時どっぶりでした。
でも、何かにつけて里佳子が出てきて
「いいパパです」を連発するから何だか醒めちゃって…
彼はいいパパというキャラではないと思うので…
WOWOWで先日、放送された「狐者異」よかったですよー。
http://www.wowow.co.jp/kowai/
きみ駒さん、見た?
でも、やっぱり渡部篤郎のイメージはジラフかなあ。
またドラマを見ると変わるかもしれないけど。
再放送しないかなあ。
(昨年末、CSでやってたんだけど、見そびれた!)
プリン、加熱時間がむずかしいです。
昨日、作ったのは、上の方はしっかりできてるんだけど
下の方がちょっとだけ液体状態でした。
今後、研究の余地あり。
レンジ強でやってしまったのですが、
レンジ弱でやるといいのかもしれないです。
でも、ホント、簡単。
昨日はバニラ・エッセンスなしだったので
やっぱり何か足りない感じでした(笑)
よく売ってるバニラ・エッセンスじゃなく
高級バニラ・エッセンスもしくはバニラ・ビーンズを
買おうと思います。

Posted by: LIN | April 17, 2006 at 09:50

>美結さん
美結さんも椎名桔平のジラフ、イマイチでしたか。
私はモウル=椎名桔平、ジラフ=渡部篤郎で
この本を読みましたがしっくりきましたよー。
確かに『白夜行』と『永遠の仔』は似てますねー。
昨日のNHKスペシャル、見ました。
教授のブログでは六ヶ所村のことが取り上げられていますね。
ただ、あれを読んでいると、現実問題として
エネルギー問題はどうすんの?とは思いますね。
反対するのは簡単だから…
(あ、私は原子力に賛成というわけではないですよ、もちろん)

Posted by: LIN | April 17, 2006 at 10:34

LINさん こんばんは
『永遠の仔』5,6年前に読みましたが
心に残る作品でした
ドラマ化されたこと知らなかったって言うか 殆どTVドラマ見ないので配役についても今みなさんのコメントで知りました
この配役を頭において再読してみるのも一興でしょうか・・・
ところでこのデザイン素敵ですね
最初少女の瞳があれ~ってビックリしました

Posted by: | April 18, 2006 at 01:47

>慧さん
『永遠の仔』ドラマもいいらしいです。
私もちらっとしか見たことないんですが。
>この配役を頭において再読してみるのも一興
私は逆に配役を知らないまま読みたかったかも…
そもそも私が頭に浮かべていた配役は
モウルとジラフが逆だったし!(笑)
>このデザイン素敵ですね
ありがとうございます。
私も気に入ってます。
ココログでこんなにかわいいテンプレートは
めずらしいです(笑)

Posted by: LIN | April 18, 2006 at 10:09

あれ、掲示板はなくなったのですか?
プリン作りましたよ!
LINさんは?
これを使いこなすにはもうちょっと修行が必要な気がしました。
美味しいレシピを確立させたいです。
便利なのは便利です。

Posted by: Bryum | April 18, 2006 at 15:55

読書チェア、とても素敵ですね♪ひとつ欲しいなあ、こういうの。
庭用のテーブルと椅子を買いたいと思ってもう○年。
なかなか、これっていうのが見つからなくて
あ、いいなと思うとすごく高かったり(^^ゞ。
お天気のよい日、木陰やビーチで寝転がって読書、憧れのスタイル。
プリンカップは、やはりレンジ専用なんですね(レンジ持ってない)。
ほお、使い方にコツがいるのですか。
先日、すごく久しぶりにメープルシロップを買って味見したら
キャラメルソースの味がして、プリンが無性に食べたくなったのでした。笑
新しいテンプレート、キュートです♪女の子にウィンクされてドキッ。

Posted by: ねる | April 19, 2006 at 09:27

>Bryumさん
作りましたー。
あんなもんですかね?
もっとぷるぷるを想像してたけど…
私の場合は、卵液がぶわーっとふくらんできて
蓋につきそうになって慌てて止めました。
だいたい、しっかりできてたけど、下の方に卵液が残ってた。
レンジから出した後も蓋してしっかり蒸らしたんだけどなあ。
確かに試行錯誤が必要ですね。
掲示板はJugemの方が調子悪いみたいで。
何のお知らせもないので、このままなしくずしてきに
なくなるのかもしれないです。
新しいレンタル掲示板さがさないと。

Posted by: LIN | April 19, 2006 at 11:48

>ねるさん
私がこの椅子を持って、ねるさんちに遊びにいきたいですー。
ねるさんちのお庭で本が読めたらステキでしょうね。
ところで、ねるさんとこの2周年記念のごあいさつが
遅れてごめんなさ~い(>_<)
13日の記事を見て、あのカバンにうっとりしちゃって
あのカバンのこと、検索しているうちに、ねるさんのとこに
コメントし忘れちゃったのでした!
海外はオーブンがもともとキッチンについているから
電子レンジってあまり使わないのでしょうか?
私は実は電子レンジって調理にしても温めなおすにしても
味が落ちるのでそんなに好きじゃないんです。
プリンも本当はめんどくさがらず蒸せばいいんですけど…
メープルシロップおいしいですよね。
そうか!プリンにかけてもおいしいかな?

Posted by: LIN | April 19, 2006 at 12:03

わふ~っ☆
「町長選挙」
こないだ、買いだめした直後に発売を知ったので、まだ買ってないんだじょー!!

「永遠の仔」は発売と同時くらいに読んだじょ。
面白かったんで、pon父に送ってあげたんだが、以来感想聞いてないなぁ。
…読んでないと思われw

「スーパーピアノレッスン」
時々見てる~!
けど有名なピアニストにトンと疎いので
「暑苦しいルックスのおぢさんだな」
などと、失礼なコト思いつつ…
(;^_^A アセアセ・・・


ところで、ジラフってビール
割りと美味しいヨ☆
本読んだあとに、偶然見つけて以来
おいらのお気に入りのひとつだす♪

Posted by: ponsuke | April 21, 2006 at 00:05

>ponちゃん
わー、ponちゃん、ひさしぶり~
ponちゃん、ここんとこお仕事、忙しそうだったから
コメントはしばらく遠慮しようって思ってたの。
どう?落ち着いた?
『町長選挙』はホリエモンとか黒木瞳がパロディで出てくるんだって?
おもしろそー。
『永遠の仔』は読み終わりました。
よかったんだけど、後半は猛スピードで読んでしまって
テキスト自体を楽しめなかったのが残念。
確か『家族狩り』の時もそうだったなあ。
>暑苦しいルックスのおぢさん
確かに(笑)
でも彼って、一度、腕の故障でピアノが弾けなくなったのに
再起したという努力の人らしいよー。
そういえば、バイオリン、がんばってる?
え?ジラフビールってキリンビールのだじゃれ?
と思ったら、デンマークのビールなんだー。
飲んだことないです。
私は今年は「一番絞り無濾過」
佐藤浩市大好き♪うふ♪

Posted by: LIN | April 21, 2006 at 10:13

The comments to this entry are closed.

« 『錦繍』by宮本輝 | Main | MOTHER3と川上弘美 »