« プルーストはいかが? | Main | 『楽しい古事記』by阿刀田高 »

April 08, 2006

『Web2.0BOOK』by小川 浩・後藤 康成

Web2.0 BOOKWeb2.0 BOOK
小川 浩(サイボウズ株式会社) 後藤 康成(株式会社ネットエイジ)

インプレス 2006-03-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今、売れに売れている梅田望夫さんの『ウェブ進化論』
もうちょっと掘り下げたくて、買ってみました。

売れている本らしいのですが、
正直、あまりピンと来ないです。
梅田さんの本のように、インターネットをよく知らない人にも
わかりやすく伝えようという気がなくて、
むずかしく書いてあるわりには
「これなら、もう知ってるよー」という内容が多い。

著者の所属している会社サイボウズでは
フィードパスというRSSリーダーを始めたらしいですが
フィードパスのHP見ても、何いいたいんだか全然、わかんない。


要は著者はエンドユーザーよりも企業よりの人なんでしょうか?

本に書いてあった中で、ちょっと興味があるのは
テクノラティのタグ検索。
タグというのは、ブロガー自身が自分が書いた記事につける
ジャンルやカテゴリーのことなんですが
これが手動なんですよ。
そこがどうもピンと来ないんです。
そもそも、これをやることによって誰が得するんだろう?
Googlの検索とタグ検索はどう違うんだろうとかね。

Web2.0、おもしろそうですが、まだまだ見えないです。


|

« プルーストはいかが? | Main | 『楽しい古事記』by阿刀田高 »

Comments

The comments to this entry are closed.