« ハクセキレイに怒られる | Main | 映画:下妻物語 »

May 27, 2006

古代史にはまってます~『高丘親王航海記』など~

梅原猛の『隠れた十字架~法隆寺論』を読んでから
古代史にはまってます。

今週、読んだのは
『成吉思汗の秘密』by高木彬光
『高丘親王航海記』by澁澤龍彦

『成吉思汗の秘密』は、源義経は衣川では死んでおらず、
大陸に渡って成吉思汗になったという仮説を証明するという話。
なかなかおもしろかったので、高木彬光の古代史もの
『邪馬台国の秘密』『古代天皇の秘密』も買った。
他に井沢元彦の『猿丸幻視行』と高田祟史の『百人一首の呪』も。
ただ、高田崇史のQEDシリーズはネットを見ると、イマイチという噂も…

『高丘親王航海記』は、すごかった。
平城天皇の第三皇子として生まれた高丘親王は出家し、
仏の道につかえていたが、
67才の時に天竺行きを決意。
これはその時の航海記。
たら本の「歴史本」でpicoさんが、
「旅の文学」の時にoverQさんちょろいもさんが紹介されていた本。
澁澤龍彦の遺作になるわけなんですが、
倉橋由美子さんの遺作である『よもつひらさか往還』も
全然、ストーリーは違いますが、感じが似ているような気がしました。
先ごろ、山本周五郎賞を受賞した宇月原晴明の『安徳天皇漂海記』
まだ読んでいませんが、この作品にインスパイアされたんじゃないだろうか。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この間のたら本「五感で感じる文学」で、Veltaさん
●20年程前に出版されたミステリ
●A4くらいの大判の本
●外国の豪華客船の中での殺人事件を推理して行く
●血の付いた布の切れ端とかの証拠品が付いている
●小さなビニールに入った血痕付きの布とか金髪(だったような…)
と紹介されていた本がどうしてもほしくて、
さがして買っちゃいましたよー。
デニス・ホイートリー著
『マイアミ沖殺人事件』
『手掛りはここにあり』
『誰がロバート・プレンティスを殺したか』
『マリンゼー島連続殺人事件』
の4冊でしたー。
Gamebook1
Gamebook2

ストーリーを読み、現物の証拠を見ながら誰か犯人か当てるのです。
こういうの大好き~。
(子供の頃、人形よりボードゲームをこよなく愛していたので)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

甥(4才)の誕生日プレゼントに本を買ってやりました。
どうも、おじいちゃん、おばあちゃんや親は、おもちゃばかり買い与え
本をあまり買ってあげていないようなのです。
もう、これは、本好きである叔母の私の役目だろうと。
まずは、ワルツさんshosenさんオススメ、爆笑必至の『じごくのそうべえ』を、
それから『ぐりとぐら』『そらまめくんのベッド』『こんとあき』
計4冊をあげました。
これからもちょくちょく買ってやろうと思ってます。
オススメあったら教えてね。

|

« ハクセキレイに怒られる | Main | 映画:下妻物語 »

Comments

LINさん、こんばんは。
私も澁澤龍彦の『高丘親王航海記』、読みました。
天竺まで行く高丘親王と一緒に、いつしか自分も彷徨っていました。読書の楽しみを十二分に味わいました。
どこまでが史実でどこまでが幻想的な世界なのか、途中でわからないようになるのも心地よかったです。
LINさんが、picoさんちでおっしゃってる、最近の作家への注文も、この小説を読むと、よく分かります。そして・・・
>「じごくのそうべえ」
プレゼントに採用して下さって(笑)どうも有り難う。(うふふ、自分が書いたみたいだね。笑)
「ぐりとぐら」シリーズも子供にとっては、必須ですね。
中でも、でっかい卵からカステラを焼くお話は、読んでてマジで涎がでます。(笑)

Posted by: ワルツ | May 27, 2006 at 22:28

LINさん、こんにちは。
「成吉思汗の秘密」は面白いですね。
この作品の中にも引き合いに出されてたような覚えがあるんですが
ジョゼフィン・テイの「時の娘」は読まれてます?
シェイクスピアなんかですっかり悪役が定着しているリチャード三世の
実像に迫っていて面白かったですよん。
「猿丸幻視行」も面白いです~。
あ、でも「百人一首の呪」は、どうだろう…
高田崇史さんの作品って、歴史的な薀蓄部分は楽しめるんですが
そこに無理矢理現代の事件を結びつけなくても… って感じなんです。
歴史ミステリに的を絞ってくれたらいいのに。

「高丘親王航海記」、数年前に探してたことがあったんですが
その時は出入手不能状態で、どこにもなくて。
今アマゾンを見てみたら、「24時間以内に発送」になってる!
いつの間に~。これは今のうちに入手しておかねば~。(ありがとうございます~)

「ぐりとぐら」は、やっぱり基本ですね!
中川李枝子さんの本は、色々読むと他の作品とだんだん繋がってきて大好きでした。
あ、加古里子さんのだるまちゃんシリーズなんて如何でしょう?
「だるまちゃんとてんぐちゃん」「だるまちゃんとだいこくちゃん」好きなんです。
あと好きだったのは、「こねこのぴっち」とか「ちいさなおうち」とか~。

Posted by: 四季 | May 28, 2006 at 07:35

>ワルツさん
いやー、『高丘親王航海記』はいい、いいと聞いてましたが
こんなにいいとは!です。
内容もさることながら、澁澤さんが紹介する書物の数々。
昔の作家はやはり教養が違いますね。
またコンプリートしたい作家が一人増えて嬉しいです。
“ダッタン人の踊り”の件、さすが、ワルツさん!
そうです、CMバージョンはBrahceというアルバムに収録されてるんですが
廃盤で、試聴が見つからなかったのです。
ご紹介したアルバムのより、もっとゆったりしています。
ただ、オーケストラではないです。
オケっぽい音はシンセで作ってるようですね。
「じごくのそうべえ」ウチの甥がどんな反応するか今から楽しみです(笑)
教えてくださってありがとうございます。
また、子供用でいい本があったら教えてくださいね♪

Posted by: LIN | May 28, 2006 at 10:57

>四季さん
『時の娘』はおもしろそうだなあと思ってました。
是非、読みたいです。
『百人一首の呪』は1ページ目にして脱力しました_| ̄|○
文章が子供の作文みたいなんですもの。
殺人も、マンガのような殺人だし…
でも、薀蓄部分がおもしろそうなので、何とか我慢して読もうと思います。
この題材で、京極夏彦に書いてほしい…
『高丘親王航海記』はいいですよー、オススメです。
四季さんの感想を楽しみにしてます。
『ぐりとぐら』はやっぱり基本ですか!
(私はどうも読んだ記憶がないんですが…(^^;)
『だるまちゃんとてんぐちゃん』のご紹介ありがとうございます。
絵、かわいい~♪
だるまちゃんに足があるぅ(≧∇≦)ノ彡
『こねこのぴっち』は『長ぐつをはいたねこ』の作者ですね!
甥の絵本担当はどうも私になりそうなので、
これから、甥をどんな読書家にするかは私次第だと思うとわくわくします。

Posted by: LIN | May 28, 2006 at 11:37

LINさんこんにちは。
ひとつ前の記事にも考えさせられてます、TRKです~
「高丘親王航海記」、「よもつひらさか往還」と共通する部分があるのですか?
そういう風に言われると興味が沸いてしまいます(笑)
倉橋さんといえば、母校明大で「倉橋由美子展」が行われるそうですね。
http://www.meiji.ac.jp/koho/topics_news/topics060522.html
私も見に行きたいけど、その為だけに上京はキツイです。(・_・、)
田舎暮らしに引け目はないのですが、こういう時だけちょっと口惜しいかな。
甥っ子ちゃんの絵本担当、がんばって下さいねー♪
なんだか楽しそう。(^ー^* )フフ。

Posted by: TRK | May 28, 2006 at 13:19

こんにちは。
「成吉思汗の秘密」私も楽しんで読んだクチです。
ラストがわかりにくかったけれど。

林明子「こんとあき」懐かしいです。
娘に何度も読まされたのでほとんど暗誦できます。
列車のドアにこんが尻尾を挟まれながら
「だいじょうぶ、おべんとう、まだあたたかいよ」と言うところは
読みながらいつも思わず笑ってしまいます。
林明子さんの本はどれも楽しいですね。
「いもうとのにゅういん」「はじめてのおつかい」「あさえとちいさいいもうと」
などが人気ですが、よーく読むと、
キャラクター同士が微妙にリンクしているのがわかって面白いです。
「あれ、あの人がこんなところに!」という楽しみがあります。

ところで「そうべえ」は糞尿地獄が出てきませんでしたか?
あれが生理的にちょっと・・・でした。

Posted by: 木曽 | May 28, 2006 at 18:17

>TRKさん
今頃、運動会かな?(*^^*)
こちらはお天気いいけど、そちらはどうかしら。
TRKさん、倉橋由美子さんがお好きなのですね。
『よもつひらさか往還』は、この世とあの世を行ったりきたりする話でしょう?
『高丘親王航海記』も、天竺へ向かう旅の話なんですが、
鳥の下半身をした女とか犬頭人の国とか、あの世っぽいんですよ。
やはり幻想的な話ですし。
どちらも、遺作というのもミソですね。
オススメです。
是非、読んでみてくださいねー。
おー、倉橋由美子展ですか。
倉橋さんって明治大学だったんですね!
『パルタイ』は積んであります。
読まなくちゃ(^^;

Posted by: LIN | May 29, 2006 at 09:44

>木曽さん
七生子さんのところで、柳広司さんの紹介、ありがとうございます。
今度、読んでみますね(*^^*)
『成吉思汗の秘密』は私好みの小説でした。
結局、私は小説よりノンフィクションの方が好きなのかもしれないです。
今、高田崇史さんの『百人一首の呪』という本を読んでいるのですが
殺人事件の部分、いらないって感じです。
(その部分のできがすごく悪いんです)
百人一首の薀蓄部分だけで十分、楽しめるのに、
なんでわざわざ、へたくそな殺人事件を無理矢理、入れようとするのか…
木曽さん、お読みになったことあります?高田さんのQEDシリーズ。
甥に買ってやった絵本は、実は私は一冊も読んだことがないのです。
みなさんに紹介してもらったものや、ネットで評判のよさそうなものを
中心に選びました。
『こんとあき』は絵本ナビというサイトで、とても評価が高かったです。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=10
>娘に何度も読まされた
おー、何とステキなパパでしょう。
最近は、子育てに、男親も積極的に参加するという傾向がありますが
私が子供の時って、そうじゃなかったので、あまり父親と遊んだ記憶がないです。
(もしかして、ウチだけか!?)
母も「勉強、勉強」だったしなあ…
う、暗い子供時代です(笑)

Posted by: LIN | May 29, 2006 at 10:18

『高丘親王航海記』、いいですよねぇ
この本を書くときに澁澤は自分で地図を作っていたとのことです。
闘病中も書き続けられたというほんとうの遺作だけに、物語に漂う不思議なはかなさが悲しくもあります。
でも高丘親王は旅に出たとき67歳だったんですね。読むと若く感じたので驚きでした。
成吉思汗は、少し前に井上靖の『蒼き狼』を読んだので興味があります。
でも義経が…という説になるとなんだか突拍子がなくて、
そういう仮説をうまく処理しているのなら『成吉思汗の秘密』も面白そうです。

Posted by: nyu | May 29, 2006 at 21:30

LINさんこんにちは。
QEDシリーズは、7~8作読んでますが、
確かに現代の殺人事件が余計な感じは否めませんね。
歴史の謎解き部分は結構面白いのですが・・・。
最近はフォローしていません。

Posted by: 木曽 | May 29, 2006 at 22:02

>nyuさん
『高丘親王航海記』もっと早く読めばよかったです(>_<)
>澁澤は自分で地図
えー、そうなんですか!
澁澤さんがそういう緻密な作業をするってちょっと意外です。
私は旅ものの小説を読む時には必ず脇に地図です。
そうすると小説に臨場感が出てきて、すごく楽しめるんです。
『話を聞かない男と地図が読めない女』という本がありますが
私はかなりの地図マニアです(笑)
>読むと若く感じた
あ、私も、私も。
円覚たちが「みこ、みこ」と呼んでいるせいもあるでしょうか?
>井上靖の『蒼き狼』
知らなかったです。
おもしろそうですね。
井上靖さんって、中国物、多いですよね。
あれ、『しろばんば』って『敦煌』よりあとの作品なんだ!
もっと若い時の作品だと思ってました。
>『成吉思汗の秘密』
歴史ミステリーってとてつもなくばかばかしいのがありますが
これはそうではなかったです。
きちんと蒙古の古文書を調べているし。
特に、義経が小さかったのに対し、成吉思汗が大きかったことについての理由は
なるほど~とうなりました。
名前に隠された秘密もおもしろかった。
nyuさんも是非~。
ただ、現実問題としてはどうなんでしょうか?
あの時代、そんなに簡単に大陸に渡れたのなら、
もっとたくさん、そういう話があってもいいような気がします。

Posted by: LIN | May 30, 2006 at 09:19

>木曽さん
『百人一首の呪い』は、殺人事件の部分は飛ばして読みました。
でも百人一首の薀蓄部分もイマイチだったかなあ…(^^;
なるほどという結論じゃないし、どうもこの高田さんというのは
説明がヘタですよね。
今、井沢元彦の『猿丸幻視行』という、柿本人麻呂の謎に関する本を読んでいるので
藤原定家の説明は役に立ったけど…
百人一首の謎については本家といわれている織田正吉と林直道の著書を
読んでみようと思ってます。
高田さんの本は、最新の『熊野の残照』が気になってるんです。
どうも、これは殺人事件がからんでないようですが…

Posted by: LIN | May 30, 2006 at 09:38

>これからもちょくちょく買ってやろうと思ってます。
>オススメあったら教えてね。

 『ポテト・スープが大好きな猫』って絵本なんかどうです?
 田舎に住んでいるおじいさんと年寄りの雌猫のお話でね、言葉で解説しちゃうと色気がなくなっちゃうのでやめますが、とっても大切なことが書いてありましたよ。
 絵も手抜きをせずに細かく書いてあって好感がもてました。そのぶん大判で値段もするけれど(笑)。
 でも、外国の絵本ってキチンと本気で作ってるから僕は好きなんだ。

 あと、これは僕が読みたいんだけれど『ねこのせんちょう』。良いお話らしいですよ。

 ……なんか猫の本ばっかになっちゃった(笑)。

 子どもって、大人があれこれ言うよりも自分で選んだ本を大切にしますからね。本屋に連れてって選ばせた方が早いかもしれませんよ。

Posted by: ろぷ | May 30, 2006 at 10:06

LINさん、おはようございます~♪
わ~、やっと、コメントできます。
高丘親王航海記、お読みになられたのですね。
うちの方のコメントにも書いたのですが、
これはもう次元が違っていて、生涯5本の指に入る作品。
「うつろ舟」「ねむり姫」「唐草物語」など、踏襲した傑作。
いまどきの人は、芸術に命をかけて書くなんてことそうそうないんだろうから、そりゃ違うだろう。と思います。
あの真珠をのみこむくだりとか、もぉ大好き!!!思い出すだけでも、ぞわぞわしてきます。
あ~、また読んでみたくなりました。

ところで、成吉思汗って、なんでこんな漢字をつけちゃったんでしょうね。。。変なビジュアルが浮かんでしまいます。(笑)

お子様の本は、子供がいないのでよくわからないのですが。
定番の「アリス」や「ムーミン」はおさえておきたいですね。
あとは、恵文社さんの絵本セレクトがおすすめです。
http://www.keibunsha-books.com/book/index.html
「立体で見る 星の本」とか「マトリョーシカちゃん」「影絵の世界民話」とか、これは私もほしいですね~。(笑)

Posted by: pico | May 30, 2006 at 11:00

>ろぷさん
>『ポテト・スープが大好きな猫』
おー、村上春樹翻訳じゃないですか。
あの表紙の猫は雌猫なのね。
ちょっと大人っぽい絵ですが、内容もそうだとしたら
4才のウチの甥にわかるかな?
甥よりむしろ私が読みたい(笑)
『ねこのせんちょう』の猫はまた迫力がありますねー。
そういえば、ろぷさん、この間も『猫文学大全』のこと、書いてたし
猫づいてるね(*^^*)
>本屋に連れてって選ばせた方が早い
そうなのかなあ。
私は、小さい時は、大人がいいものを与えるべきだという考えなのですが。
実際、我々大人でも、自分がチョイスする本って偏りがあって、
誰かに教えられて、思いがけずすばらしい読書体験をするって
あるじゃない?

Posted by: LIN | May 31, 2006 at 08:55

>picoさん
やほー。
『高丘親王航海記』、生涯5本の指ですか!
あー、でも、私もそうなるかも。
澁澤さんの他の小説も、是非、読みたいです。
成吉思汗はその名前に秘密があると、この『成吉思汗の秘密』ではいっていて
「吉、成りて、汗を思う」と読むんです。
さあ、“汗”は何を表しているのでしょうか?
その解釈はちょっと強引な気もするし、そういわれてみるとそうかもという気もします。
おー、恵文社さんの絵本なんてあったのですね。
ご紹介ありがとうございます。
全部、買い占めたくなるくらい、かわいい本ばかり♪
というか、私がほしい。
『マトリョーシカちゃん』はマトリョーシカマニアの母にプレゼントしたいです。
甥は今、みずぼうそうのなおりかけで、保育園をお休み中で
今日は母が東京の妹の家に、甥の面倒を見に出かけました。
で、甥が「おばあちゃん、100均でいいから、おもちゃ買ってきてくれる?」と
遠慮、遠慮、おねだりしたらしいです。
4才にして「100均でいい」と遠慮する甥、かわいそすぎる~(つД`)

Posted by: LIN | May 31, 2006 at 09:19

>私は、小さい時は、大人がいいものを与えるべきだという考えなのですが。

 あ、なるほど。さすがLINさんだ。
 僕なんか、いいものを教えてあげられるほどの読書経験が無いもんで考えもつきませんでした。つうか僕自身読書に片寄りがありますからね。「本を読む」という姿勢は見せてあげられるけれど、「読む本を教える」なんてとてもムリです。むしろ子どものニュートラルな感性で教えてもらうことの方が多いくらい。
 読む習慣さえあれば、僕の幼児経験からして、少々理解不能でも与えておけばそのうちなんとなくわかるんじゃないかな? とも思いますけれどね。僕なんかオヤジの百科事典を見てたもん。モチわかんなかったけれど(笑)、でも楽しかったな。
 学校じゃないんだからさ、本を読むのに順番なんていらないと思うけれど……

 って、もしかしたら僕は子どもに理想を持ちすぎかもしれません。ホントはもっと管理しないといけないのかもね。

 ……あちゃぁ。
 教育議論になっちゃうとこだった。
(ノ_< ;)
 いっつもつい本題からズレちゃうんだよね。

 えっと。絵本の続報。
 村上さんがお気に入りなのなら、『羊男のクリスマス』とか『ふしぎな図書館』とかもありますよ。これは日本の作品だけれどイイ感じでしたよ。両方とも簡単な言葉を使っててね。
 できれば読んで聞かせてあげるととっても喜ばれると思いますです。僕の親戚の子どもに読み聞かせた中では一番評価が高い作品でしたから。
(実はこのニ作品、僕のお気に入りでね。僕が子ども達にあげるのがイヤだったから読んであげただけなの(笑))

Posted by: ろぷ | June 02, 2006 at 09:11

こんばんは。
私も絵本は大好きです。
先日、自分で読もうと思って、
『あめがふるとき ちょうちょうは どこへ』
(金の星社 M・ゲアリック文/L・ワイスガード絵 岡部うた子訳)
を図書館で借りてきたら、4歳の息子が気に入って読んでいます。

Posted by: 多摩のいずみ | June 03, 2006 at 02:18

>ろぷさん
意見が違うのは、ろぷさんと私の幼児体験の違いかもしれないですね。
ウチは、幼い時から、「これ読め」「あれ読め」と本を与えられてきたので。
どっちがいいんだろう?
昨日も「レイクサイドマーダーケース」というドラマ(ちらっとしか見てないけど)で
柄本明が「子供なんてなまけものだから放っといたら遊びほうけるんです。
だから親が環境を与えてあげなくちゃダメなんだ」みたいなこといってたけど。
私も親が放任だったら、もっと別の人生があったかもしれないと思う一方で
放っとかれたら、今頃、浮浪者かもしれないとも思う。
たとえばさ、スーパーでヒステリックに子供を怒鳴っているお母さんいるじゃない?
ああいう家って、子供もまた、ああいう親になるんだろうなあって。
抜けられないカルマっていうの?
ああ、でも一方で、エリート一家の息子が放火殺人したなんてニュースが
最近、あったしなあ。
教育ってむずかしいね。
村上春樹の絵本の紹介、ありがとー。
村上さんって、結構、翻訳のお仕事も多いんだよね。
翻訳もいいけど、そろそろ何か小説、書いてほしいよね。
うっかり、『アフターダーク』が遺作になったりしたら
村上春樹も死んでも死にきれないでしょうに(笑)

Posted by: LIN | June 03, 2006 at 09:12

>多摩のいずみさん
おお、息子さんとウチの甥は同い年ですね。
本のご紹介ありがとうございます。
自然の本なのですね、いいですね。
ホント、雨が降ったら、蝶はどこに行くんだろう?
ただ、ウチの妹(甥の母親)が虫(蝶も)がダメなんです。
目に見えないような小さい虫にもおびえる始末で…
どうも、その夫(甥の父親)もダメみたいで。
そんな妹一家は、公園や山に行くことはなく、
ひたすらディズニーランドに行ってるみたいで、
母と私は、甥の将来を心配してます。
多摩のいずみさんのお子さんは、みな、
小さい時から花を愛で、お父さんと一緒に自然に触れる生活をなさっていて
すばらしいですね。
ウチの甥は、多分、虫ギライになるでしょう。
小学生になって、子供同士でカブトムシを取りに行こうなんて話になったら
どうするつもりなのか…

Posted by: LIN | June 03, 2006 at 09:20

LINさん、こんにちは、
古代史にはまっていらっしゃるようですね、、。
『成吉思汗の秘密』by高木彬光は、古典的名作で
最近、復刊されたのでしょ??
よく行く、本屋でフェアでいっぱいありました。

Posted by: indi-book | June 03, 2006 at 19:18

>indi-bookさん
いつも拝見していて、コメントしようと思うのですが、
何しろ私、読んだ本が少ないから、なかなかコメントできなくて
ごめんなさいね(;´Д`)
『どんがらがん』お読みになったんですね。
豊崎由実さんがほめてたような記憶があります。
ミステリーというより現代小説っぽくて、古川日出男みたいなのかしら?
>最近、復刊されたのでしょ?
そうです。
『成吉思汗の秘密』は、最近、新装版として発売されました。
高木さんの古代史ものである『邪馬台国の秘密』『古代天皇の秘密』は
もう新品じゃ手に入らなくて、中古で買いました(つД`)
出版社はイマイチな新人作家の本ばかり出してないで
絶版になった本からいいものを探し出して、復刊するということも
積極的にやってほしいものです。

Posted by: LIN | June 04, 2006 at 11:01

The comments to this entry are closed.

« ハクセキレイに怒られる | Main | 映画:下妻物語 »