« 『秘密結社の手帖』by澁澤龍彦 | Main | 『春期限定いちごタルト事件』『夏期限定トロピカルパフェ事件』by米澤穂信 »

June 20, 2006

『信長の棺』by加藤廣

信長の棺信長の棺
加藤 廣

日本経済新聞社 2005-05-25
売り上げランキング : 4234

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「本能寺の変」の後、織田信長の遺骸が忽然とこの世から消えた…。
「信長公記」の作者・太田牛一の視点から描いた歴史ミステリー。

冒頭で、牛一は信長に5つの檜の箱を渡され
「そなたに、あれなる物を預け置く。
こたびの事、決まれば即刻、早馬にて伝える。
直ちに持参の上、京へ駆けつけよ。」
と命ぜられる。
しかし、信長は本能寺の変で死んでしまう。
私は、もうその箱の中身が気になって、気になって。
でも、最後にならないと、その中身はわかりません。
わかってみると、「そうだよな、それしかないよな」と思うんだけど
もっとドラマチックな中身を期待しちゃいました。
信長の最期も、正直、えー(;´Д`)という最期なんですが
なんだかんだおもしろくてどんどん読んじゃいました。
歴史ミステリーとしてもおもしろいですが
牛一の老人としての生き様が
現代の老年の方々の参考になるように書かれているように
思いました。
これは著者が1930年生まれであるということもあるでしょうね。

宇月原晴明の『信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』に引き続き
これを読み、信長づいております。
今月末に佐藤賢一著作の『女信長』が出版されるようなので
これも読んでみようかな。

<関連記事>
『信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』by宇月原晴明

|

« 『秘密結社の手帖』by澁澤龍彦 | Main | 『春期限定いちごタルト事件』『夏期限定トロピカルパフェ事件』by米澤穂信 »

Comments

The comments to this entry are closed.