« 『マイク・ハマーへ伝言』by矢作俊彦 | Main | 読書中はトルストイ『戦争と平和』 »

June 27, 2006

『星を継ぐもの』byジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの星を継ぐもの
ジェイムズ・P・ホーガン

東京創元社 1980-05
売り上げランキング : 12055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SFって、あまり読まないんですけど、
overQさんne_sanさんを中心に「SFを読もう」という動きがあるので
肩ならしに読んでみました。

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。
綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。
果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。

SFなんだけど、ミステリーでもあるので、
その謎に引っ張られ楽しく読めました。
考古学SFともいわれているらしい。
SFが苦手な方にもオススメです。
ただ、著者は科学オタクらしくて、
機械や技術の記述がやたら細かくて、ちょっとうざいですけど(笑)

これを読みながら、「どうしてSF小説って人気がなくなったのかなあ」と
考えた。
「スター・ウォーズ」や「ガンダム」は今でも人気なのだから、
SFというジャンルそのものが小説よりも、映像向きなのかもしれない。
SFの映像といえば、日清カップヌードルのCM、
FREEDOM(宇多田ヒカルが歌ってるやつ)が気になります。
あれは映画になるのでしょうか?

|

« 『マイク・ハマーへ伝言』by矢作俊彦 | Main | 読書中はトルストイ『戦争と平和』 »

Comments

SFは好きで、中高生の頃よく読みました。
でもこれは未読でした。是非読んでみよう。

SFはきっと・・・ありえないような未来の話だから
人気があったけど、ひょっとしたらありえちゃうかもしれないような
話になってきたので人気がなくなったのかなぁと・・・
少なくとも私はそんな気がしたらSF熱が冷めましたw
でもSFの中には哲学があって心に訴えかけるものがあって
面白いです(珍しく熱いぞ私w)

Posted by: Bryum | June 28, 2006 at 17:16

『星を継ぐもの』キター!です。
こんばんは。

その筋ではガニメデ三部作といわれているのの、第一弾ですね。
『巨人の★』に似たタイトルですから、ちょっと手に取るのを躊躇した記憶が…(笑)

Posted by: ne_san | June 29, 2006 at 01:12

>Bryumさん
BryumさんのSF好きってわかるーっ!
そうか、ありえない話がありえる話になっちゃって
SFは人気がなくなったのかあ。
でも、行き詰った近代文学の突破口としてSFはアリなんじゃないかと
私は最近、思ってます。
またSFブームが来るんじゃないでしょうか?
SFでオススメあったら教えてね。
これ、おもしろかったですよ。
私は古代史ミステリー好きなので、
月で発見された5万年前の死体っていうだけでもうわくわくしちゃって。
機械の細かい記述はうざかったけど、物理大好きのBryumさんなら
楽しく読めると思います。
読んでみてね♪

Posted by: LIN | June 29, 2006 at 10:21

>ne_sanさん
わーい、これって「キター!」なんですね。
Amazonのランキングで上位にあったので、買ってみたんです。
SFっていざ読もうと思うとどれから手をつけていいのか困りますね。
ところで例のSFまつりはどうなったんでしょうか?(笑)
飛浩隆も読まなくちゃ♪

Posted by: LIN | June 29, 2006 at 10:24

こんにちは。
「星を継ぐもの」は、SFとしてもミステリとしても超A級の傑作だと思いますですっ!
(どちらかといえばミステリとして読むべきかも)。
探偵役のハントを始め、登場人物が書き割りみたいで、
いわゆる「人間が書けていない」のはそりゃそうですが、
純文学じゃないんですから、それを言っちゃあ気の毒です。
とにかく、ラストで明かされる大仕掛け、
絶対にありえないと思われた不可能状況が鮮やかに説明されてしまう謎解きの快感、
超かっちょええじゃあありませんか。ああ、しびれるう。

でも続編は、私的には・・・・なくてもよかった。

Posted by: 木曽 | June 29, 2006 at 19:58

>木曽さん
>SFとしてもミステリとしても超A級の傑作
うわーい、たまたま買った本がそういう評価なのは嬉しいです。
木曽さんもお読みになったのですね。
そうそう、最後は“どひゃーっ”ですよね。
長い宇宙の歴史で、そういう事が起きてもおかしくないわけで。
でも、私たちはアレはあそこにあるものだという固定概念があるんですよね。
続編はガニメアンとコンタクトを取っちゃうんですよね。
そうなると、もう私好みじゃないかも…
ちょっとありえない話になってしまうから。
この『星を継ぐもの』はまったくありえない話じゃないと思わせるところが
ミソなんですよね。

Posted by: LIN | June 30, 2006 at 09:33

星を継ぐもの図書館に予約したらすぐ来たので
本日会社を休んで読むことにしましたw
昨日まで激務っていたので現実逃避ですw
ちなみに私は数学は大好きですが、物理は苦手ですw
私のベストオブSFはリプレイかなぁ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102325018/qid=1151627588/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-5581779-6374624

Posted by: Bryum | June 30, 2006 at 09:34

>Bryumさん
会社ってのは、社員が働けば働くほど、「まだまだいけるな」と
仕事を積み上げてきます。
「私のキャパはこれくらいでいっぱいいっぱいですよー」とわからせるためにも
たまに休むことが必要ですって。
おー、今日、読んでくださるんですね。
つまらなかったらごめんね(;´Д`)
Bryumさんは理系全般、お得意かと思ってたのですが、物理はダメですか。
考えてみたら、物理が得意な人って、SFは読まないかもしれないですね。
(「こんなことあるわけない」と科学脳で考えちゃうから)
『リプレイ』の紹介、ありがとうございます。
タイムスリップものは苦手なんですが、これは深そうですね。
最近、ふと「人生、やりなおせたら…」と思っちゃうことがあるので、
これを読んで、「人生は一度だからいいのだ」と考えを改めたいです(笑)

Posted by: LIN | June 30, 2006 at 10:21

The comments to this entry are closed.

« 『マイク・ハマーへ伝言』by矢作俊彦 | Main | 読書中はトルストイ『戦争と平和』 »