« 映画:2046 | Main | 映画:日の名残り »

June 02, 2006

映画:社長紳士録

Syatyosinsiroku

森繁久弥が社長。
マジメな部下が小林桂樹と加東大介。
お調子者の部下が三木のり平。
ホモのお得意先社長がフランキー堺。

大正製袋の新社長・小泉礼太郎(森繁)は、
鹿児島で契約破棄との知らせで急ぎ九州へ出張。
ライバル社との争いにしのぎを削るはずが、
社長は芸者とホテルにしけこもうとする。
が、そこでばったり部下たちと出くわして・・・。

森茂久弥と部下たちのやりとりがすっごくおかしくて
お腹を抱えて笑ってしまう。
旅があり、笑いがあり、恋があり。
寅さんの原型という感じがします。
マジメな森繁久弥が、
女のこととなると途端にだらしくなるのがまたおかしい。
三木のり平にいいよるフランキー堺もうまい。
他に何本もシリーズがあって、パターンは同じなんだけど
4人が出てくるだけで、もうクスクス笑ってしまいます。

|

« 映画:2046 | Main | 映画:日の名残り »

Comments

The comments to this entry are closed.