« 映画:耳に残るは君の歌声 | Main | 映画:アメリ »

June 02, 2006

映画:マンハッタン・ラプソディ

マンハッタン・ラプソディ

バーブラ・ストライザンドが監督&主演したラブ・ロマンス。
男性とロマンティックな体験をしたことがないまま中年になってしまった
ローズ(バーブラ・ストライサンド)は
大学教授のクレゴリー(ジェフ・ブリッジス)と結婚することになる。
だが、グレゴリーは極度の女性不信に悩まされており、
美人を見ると気分が悪くなるという精神的な問題を抱えていた。
二人は結婚するが、グレゴリーは性的関係を決して持とうとしない。
そのため、ローズは不満をつのらせてゆく。

ストーリーはかなり微妙。
ジェフ・ブリッジスが好きなので見た。
バーブラ・ストライサンドって歩く時、ぴょこぴょこ歩くよね?
ベット・ミドラーに似てると思った。
最後の踊るシーン、いらない。
2人がどうして、本当の愛に気がつくのか
もっと深く描いてほしかった。

|

« 映画:耳に残るは君の歌声 | Main | 映画:アメリ »

Comments

The comments to this entry are closed.