« 映画:アメリ | Main | ドラマ:自由戀愛 »

June 02, 2006

映画:ナインス・ゲート

ナインスゲート デラックス版

世界中の希少本を探す、書籍の探偵コルソ。
彼はある富豪の依頼を受け、世界に3冊しかないという
伝説の悪魔の祈祷書を探していた。
ニューヨークからスペイン、ポルトガルと祈祷書を追って旅するコルソ。
だがそんな彼の周囲では、不可思議な殺人が続発してゆく。

エンド・ロールが流れた瞬間
「えーっ!これで終りなの?」と叫んでしまいましたよ(笑)
picoさん強力プッシュのジョニー・デップ主演。
監督は『戦場のピアニスト』『オリバー・ツイスト』のロマン・ポランスキー。
オカルト・ホラーという分類になっていますが
怖いシーンはないです。
ストーリーはひねりがなくてちょっと退屈。
“謎の女”役の女優がポランスキー監督の奥さん?
あまり表情に変化がないのは神秘的に見せるためというより
演技力がないような気も…
希少本をさがすというストーリーの設定は好き。

コメント

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-02-26 20:24:59

随分前に、劇場で見ました。ロマン・ポランスキーもジョニ・デップもわりかし好きだったので。
導入部分は、これから、どーなっちゃうの?って感じで引き込まれたんですが、先に進むにつれ、「あれれれ・・・・・。」って。途中から、違う話になっちゃったかと・・・・。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-02-28 11:14:21

>まきさん
何とも微妙な映画でしたね(笑)
本を探すという設定は好きなんだけどなあ。
あれだけ人が死んだ割には結局、何もよくわからない。
続編があるような終りかたでしたよね。
ところで、あの謎の女性、演技が下手だったと思いません?
それにしても、まきさんは映画にお詳しい!
年間、かなりの本数をご覧になっているのでは?
昨夜は向田邦子の『阿修羅のごとく』を
前半1時間だけ見たので今日は後半を見る予定です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-02-28 21:34:36

彼女の演技は今ひとつ覚えてなく、映画が最初とは違った方向に向かっているのが印象的でした。
この映画を見てた頃は滅茶苦茶、見てました。映画館をはしごしたり、2番館で2本上映している所に行って見てたりしたので、年鑑150本とか見てたんですよね。映画館で見慣れちゃうと家のTVが小さくてビデオはその頃は全く見ていませんでした。
「阿修羅のごとく」は残念ながら映画も見ていなく、原作も読んでいないんですよね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-02-28 22:35:19

>まきさん
年間150本ってすごい!
私、人生トータルでもそんなに見ていないわ。
というか、映画って年間150本も公開されるのですか?
確かに、TVの画面は小さいです。
大画面液晶TVがほしいっ。
私が好きなのはね、ドライブインシアター。
ウチの近所に、海が見えるドライブインシアターがあったの。
ドライブインシアターだと、座席たおして、
寝ながら見られるでしょう?
まあ、音はあんまりよくないけれど。
でも、映画館って昔にくらべるときれいになりましたよねー。
シネコンっていうの?
でもひとつひとつのシアターは小さくなっちゃったけど。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (ねる) 2006-03-01 07:12:25

私は映画館で映画観てない歴ウン年です(涙)。
田舎住まいで映画館へ行くのがとても不便なのと
こちらでは、午後遅く~夜の上映が一般的なため
足(車)がないと、結構面倒くさいことになるんです。
したがって「ナインスゲート」はDVDで観ました。
私もこの設定がすごく面白い!と思ってわくわくしてたのに
肩透かしを食うような終わり方でしたね~。
ポランスキーの妻セイナーは、女優としての
良さがどうもわかりません(^^ゞ。顔も苦手(笑)。
LINさん、同じ監督の「フランティック」ご覧になりましたか?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=20436
パリが舞台のミステリ、こちらは謎もはっきりしてて
なかなか面白かったですよ~。
あと、「ナインスゲート」の元となった小説は素晴らしいと
読んだ夫が申しておりました。私は未読(恥)。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-01 21:43:44

>ねるさん
トリノ、終わりましたね。
お疲れ様です。
そっかー。
ねるさんとこは近所に映画館がないんですね。
ウチのまわりはシネコンだらけです。
でも、私はシネコンいらないから、
ミニシアター系の映画をやる映画館がある方がいいです。
「ナインスゲート」は何とも半端な映画でしたね。
えっ!元になった小説なんてあるんですか。
よ、読みたいっ!!!
アルトゥーロ ペレス・レベルテの『呪のデュマ倶楽部』って
やつかなあ?
「フランティック」おもしろそうです!
パリが舞台で、主役がハリソン=フォード様じゃないですか!
(ハリソン=フォード、だ~いすき♪)
今度、見てみますね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この映画は・・・ (pico) 2006-03-02 13:02:11

ジョニー・デップを楽しむ為の映画です。(笑)
他にも、「スリーピーフォロー」とか「シークレット・ウィンドウ」とか・・笑
いかにも、彼が好きそうな役柄なので、いきいきと演じてますが、内容はいまひとつ。
「呪のデュマ倶楽部」は、もっと複雑でおもしろいです。おすすめです。

ちなみに、ポランスキーならば、同じく奥さんがでてらっしゃる「赤い航路」が一番好きです。

私も、今は田舎住まいなので、映画を観るの苦労してます。
シネコンは、アカデミックなものしかやってくれないので・・・
ミニシアター系のものを観ようと思うと、往復3時間~4時間かかってしまいます。
電車でいけば、読書できるから、それもいいのかしら?と、たった今、思いつきました。(笑)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-03 20:05:07

>picoさん
確かにジョニー・デップ本人は楽しそうにやってますね(笑)
「赤い航路」おもしろそうです。
こちらも原作があるのですね。
picoさんは映画があんなにお好きでいらっしゃるのに
近くに映画館がないのですか。
ミニシアターがもっとどんどん増えればいいのにね。
そういえば、いよいよアカデミー賞。
いつもはあんまり興味がないけれど、
最近、映画を見ているので、今年は気になります。
日本ではまったく話題になっていませんが
昨年、『冷血』を読んでおーっと思ったので
「カポーティ」に取ってもらいたいです。
でも見たいのは「グッドナイト&グッドラック」
長編アニメは、最近、キムタクが鼻についてキライなので(笑)
ウォレスに取ってほしい。
(ウォレス、おもしろいんだよー。
日本では声が欽ちゃんなの)
あ、でもpicoさんはコープスブライドかあ(笑)
おー、「皇帝ペンギン」もノミネートされてるじゃないですか。
受賞するといいね♪

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-03-04 11:59:47

本もそうですが、映画も本数が多ければ良いってわけでもないことに、多くの映画を見て気が付きました。数少ない映画や本でも、感じ方によっては多くのものを見るよりも大きなものを得るというかなんというか。
ドライブインシアターは未経験です。ついでに車の免許も取っていないんです。経験することはあるのだろうか?
私はシネコン好きです。嫌いな人結構多いですよね。私が住んでいる町にあって、利用しています。1週間前から予約が出来たり、12館もあるので、色んな種類の映画が選べるし、その中でもミニシアター系と呼ばれるものも上映されたりしましたし。私はここのシネコンでは経験していませんが、舞台挨拶もあったりして。

ねるさんが書かれている「フランティック」はほろ苦い感じがあってステキな映画です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-05 10:05:24

>まきさん
確かに数ではないですね。
自分が心から感動できる映画や本に
年に数回、出会えればいいんですものね。
私は今、年間100冊弱、本を読むのですが
これはいいと思える本ってその中の数冊ですもの。
ドライブインシアターは美青年に連れていって
もらえばいいのです(笑)
若い男の子とドライブインシアターで映画を見ていると
ちょっとアメリカンな青春している気分になれます。
シネコン、昔の映画館に比べたら、きれいでいいですよね。
ただ私は何でもアンチアメリカ、アンチハリウッドなので(^^;
懐古主義というのか、汚い映画館が好きだったりします。
「フランティック」機会があったら是非、見たいです。
今日のWOWOWは
「ネバーランド」「モーターサイクル・ダイアリーズ」
「ミリオンダラー・ベイビー」「Ray」と大作めじろおしなのですが
私はいまだにビデオデッキなので(最大6時間しか録画できない)
どれを録画しようか迷います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-03-05 11:00:56

モーターサイクル・ダイアリーズはお勧めです。2年前の私の年間ベスト1洋画でした。
青春物であり、ロードムービーでもあり、それに、若き日のゲバラの考え方が見れて良かったです。
評判の良かったミリオンダラー・ベイビーは私は好きではありませんでした。やりきれない気持ちになってしまって。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私も! (pico) 2006-03-05 12:27:50

モーターサイクルダイアリーズに1票☆
まきさんと同じく、一昨年のベスト1でした。
悲劇週間は、あれはあれでおもしろかったのですが、モーターサイクル~の熱さと純度にはかなわない!って感じです。
次がネバーランド→RAY→ミリオンダラーベイビーかな~。
LINさんは、ジャズがお好きなので、RAYがきになるのでは?
RAYは、980円でDVDを売ってるので、そちらをお買いになるのもよいかもです。

アカデミー賞、アメリカ映画はあまり好きではないのですが、それでも楽しみです。
特に楽しみなものは、外国映画賞です。
もうノミネートはされてるんですね。
チェックしてみます。
は!?コープスブライドもノミネートされてるんでしょうか?
コープスは、昨年の1位でした。
かなり、マイノリティーです。(笑)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-06 09:36:19

>まきさん
アドバイスありがとうございます。
結局、録画は「モーターサイクル・ダイアリーズ」だけにしました。
ホントは「ネバーランド」も録画したかったけれど
その時間は他のCSで録画したいのがあったので。
今日はフランソワ・オゾン監督の「スイミング・プール」を
録画します。
録画ばかりしてないで見ろって話ですが(笑)
今日はアカデミー賞。
今年はずいぶんと、ハリウッド色のないノミネートらしいですね。
(インディーズが多い?)
楽しみです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-06 09:46:40

>picoさん
『悲劇週間』読み始めました。
今、半分くらいかな?
行間が飛びすぎて、ちょっと意味がわからなくて
もどったりするところも多いけど
楽しんでます。
今度の日曜日、NHK-BSの週刊ブックレビューに
矢作俊彦さん出演します。
「モーターサイクル~」録画しました。
見るのが楽しみ。
今年のアカデミー賞はちょっと違うようです。
素人の私が見ても派手さより中身を取った
エントリーという気がします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

|

« 映画:アメリ | Main | ドラマ:自由戀愛 »

Comments

The comments to this entry are closed.