« リリー・フランキー、太った? | Main | 『カスティリオーネの庭』by中野美代子 »

June 06, 2006

ジャワ島地震

Jawajisin_1

●自分以外の存在 想像する心

『みんなの気持ち』という絵本の紹介文
こんなことが書いてあった。

自分以外の人や、ものの気持ちになってみること。
この意識がないと、思いやりの心は生まれません。
生きていくうえで、自分以外の存在とは絶対にかかわるものだから、
常日ごろから「想像する」習慣をつけておきたいですね。

絵本に限らず、本を読むことって、
「自分以外の人やものの気持ちになる」訓練なのかもしれないと
思った。
私も、今のように本を読む前は、怒ると怒りっぱなしでしたが、
最近は、「ああ、怒った私より、怒られた相手を不愉快にさせてしまったなあ。
そもそも私の方がまちがっていたんじゃ…」
と反省するようになりました。
怒る前にそれに気づければ、私も大したものなのですが…(・∀・;)

●ジャワ島地震について
5月27日に起きたジャワ地震。
被災者のみなさま、心よりお見舞い申し上げます。
こういう時、何かしたいとは思うのだが、結局、お金ってことになってしまう。
どこに募金をしようか悩んでいたところ、
picoさんのところでこんな記事を見つけた。
picoさんの友人の友人である広田緑さんという造形作家の方が
ジョグジャカルタ在住で、現在、救援活動をなさっているそうだ。
広田さんのブログはコチラ
日本の知人から「何かできないか」と相談され、
最初、広田さんは
「日本の信用できる団体がやってる義援金とかどうなのかな?」
と答えたのだが、
「いや、みどりさん、私もインドネシアのことはわかりますけど、
そういうところを通して送ったお金は、
なかなか本当に困っている人の手まで届いていないじゃないですか・・・
もしも。もしもですよ、ミドリさんが大変じゃなかったら…
日本の口座に私が振り込んだお金をそちらで出してもらって、
それで物資に換えて被災地へ届けていただくことって・・・可能でしょうか・・・」
といわれ、一瞬、めんどくさいと思ったものの、その知人の強い気持ちを
断れなかったそうだ。
1万円で
1)テント(トラックの荷にかぶせる青いビニールシート 4x6m 2枚)
2)マットレス(キャンプ用の薄いスポンジ 20m)
3)米 10キロ
4)毛布(10枚)
5)ビタミン薬(60粒)
6)缶詰(いわし、コーンビーフなど 数缶)
7)生理用品
という救援パックが作れるそうです。
救援金の振込先は
三菱東京UFJ銀行 藤ヶ丘支店 普通預金0441439
広田 緑
振込み後は、
midori_ape@yahoo.co.jp
に、振込みした旨、メールしてくださいとのこと。
あ、でも、振り込もうと思われた方は、私の記事だけじゃなく、
ちゃんと広田さんのブログを読んで、その趣旨、理解したうえで
振り込んでくださいね。

●映画の記事
話は変わりますが、gooブログで映画の記事を書いてたんですが
gooが使いにくいので、ココログに持ってきました。
まあ、そんなに見る方じゃないですし、
WOWOWで放送された作品が中心ですけど、
ぼちぼち更新しますので、よろしくね♪

|

« リリー・フランキー、太った? | Main | 『カスティリオーネの庭』by中野美代子 »

Comments

こんばんはです。
「人の気持ちになる」って、これはとてつもなく困難なことですよね。河合隼雄も、「人の気持ちなどわかるわけがない」とまで喝破しています。
そこで必要なのは、おっしゃるように想像力でしょう。しかし、想像も、経験が裏打ちしてこそ湧いてくるもので、その意味では読書は貴重な経験なのでしょうね。

広田さんのこと、感服しながら拝見しました。些少ながらお手伝いさせていただきます。picoさんネットワークすごいな。
義援金についてはおっしゃるようなこと多々あるのでしょうね。なので、私はこういうとき義援金というよりは、信頼するNGOへの活動支援として募金をよくしています。
今回は、もう直接の義援となるであろう、広田さんへ一肌脱がしていただきますわー。

Posted by: shosen | June 06, 2006 at 22:33

LINさ~ん!!!
shosenさ~ん!!!
ふりふり~ぎゅぅぅうううう。

LINさんの怒りは、思うに、怒りっぱなしではないと思います。
だって、怒りに説得力ありますもの。

想像力って、すばらしいですよね。
想像力を直接、生活に結びつけるのは、難しいかもですが、
本領を発揮するのは、まずは、心。ですよね。
広田さんが心と体を使って、それを証明してくれたようで、とにかく頭が下がる思いでいっぱいです。
アーティストは、これでなくっちゃいけませんよね。

PS.映画ブログ、お引越しされたのですね♪
   ところで、時々、LINさんブログ内で、記事検索をするのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?
   何度か、探したことあるのですが、よくわかってなくって。すみません。

Posted by: pico | June 07, 2006 at 02:42

ごぶさたしています。
>自分以外の人や、ものの気持ちになってみること。
>この意識がないと、思いやりの心は生まれません。

本当にそう思います。
自分がして欲しいことを相手にも・・・。
自分がされて嫌なことは他人にもしない。
って昔教わりましたが・・・。
義援金。私も協力したいです。

Posted by: ともちゃん | June 07, 2006 at 04:44

>shosenさん
多分、100%、他人の気持ちになることはできないのでしょうが
5%でも10%でも重ねることができたら…と思います。
読書をすると、どうしたって「主人公はどうしてこういう行動を取ったのか」
「どうしてこう思うのか」と考えざるをえませんものね。
近頃、本を読まない人が増えてきたことと、世の中が殺伐としてきたことと
あながち関係がないとはいえないと思います。
多分、マンガじゃ、ダメなんだろうなあ(刺激が強すぎて想像する余地がないから)
義援金の件、ありがとうございます。
先日、「世界がもし100人の村だったら」という番組で
ガーナのコーヒー園で学校にも行けず働きづくめの兄弟の話を見ました。
なぜ、寄付金が、こういう子たちに優先的にまわされないのか…
寄付金の配布ってむずかしいんだと思いました。
今日の広田さんのブログに、もう私の名前が掲載されてました。(早っ!)
ジャワ島のみなさんのお役に立てて嬉しいですね(*^^*)

Posted by: LIN | June 07, 2006 at 09:07

>picoさん
私の方こそ、ぎゅぅぅううううですよ。
ステキな活動を教えていただいてありがとう♪
しかし、picoさんのネットワーク、すごいな。
広田さん、すばらしいですね。
自分の生き様が恥ずかしくなります。
絵もがんばってほしいですね。
文化庁も、あんな盗作の人に賞をあげるんじゃなく
もっと若い人に賞をあげてほしいです。
(名前とかキャリアじゃなく、もっと作品そのものを見てほしい)
記事検索、サイドバーの下の方にある検索をお使いになってみてください。
Googleのマークの横です。

Posted by: LIN | June 07, 2006 at 09:17

>ともちゃん
そうそう、自分がされてイヤなことは、相手だってイヤなんですよね。
そうはいっても人間だから、いつもニコニコできないし、腹が立つこともある。
でも、本を読む人は、読まない人よりかは、
がーっと感情的にならないように思います。
本を読むことによって、感情をワンクッション置く癖がつくんだと
思います。
義援金の件、どこかに寄付されるご予定だったのなら、是非。
広田さんはとても誠実に活動されている方です。

Posted by: LIN | June 07, 2006 at 09:23

こんばんは、
>自分以外の人や、ものの気持ちになってみること
ひとの気持ちになる。難しいことですよね。
でも、「ものの気持ちになる」ということがとても新鮮なことに感じました。
他人といっても、ある程度は同じ人間なのだからその気持ちを想像してみることはできると思います(それがとても難しいことなのですが)。
ものの心。これは人間の想像力が発揮されるところです。心のあるなしにかかわらず。
もの言わぬものを大切にすることも大切なんですね。

Posted by: nyu | June 09, 2006 at 23:43

>nyuさん
人の気持ちになるってむずかしいですよね。
たとえば、今週は村上ファンドの村上氏逮捕とか
秋田男児殺害の畠山容疑者逮捕とかあったわけですけれど
ニュースを見ていると、短絡的に悪者扱いされているわけですが
そうじゃなくて、そこまでいく心の過程を想像してみることが
大切なんじゃないかと私なぞは思うのですが、
そういうコメントをされているコメンテーターは少ないですよね。
ものの気持ちは、ものを捨てる時に何の痛みも感じないか
「ごめん」と思えるかどうかですかねえ。
そういうのは動物を大切にする心にもつながるんだけど。
子供の頃、親がどう教えたかも大きいかもしれないですね。

Posted by: LIN | June 10, 2006 at 10:26

The comments to this entry are closed.

« リリー・フランキー、太った? | Main | 『カスティリオーネの庭』by中野美代子 »