« 映画:東京タワー | Main | リリー・フランキー、太った? »

June 02, 2006

映画:モーターサイクル・ダイアリーズ

Motorcycle_1

モーターサイクル・ダイアリーズ コレクターズ・エディション

ラテン・アメリカの英雄チェ・ゲバラの“友人との南米縦断旅行”を映画化。
医学生のエルネスト(ガエル・ガルシア・ベルナル)は
親友アルベルト(ロドリコ・デ・ラ・セルナ)とともに
本でしか知らない南米大陸の縦断旅行に出る。
それは、1台の中古バイクにまたがる金も計画も無い旅だった…。

感動!
私は原作も読んでいないし、ゲバラについてもあまりよく知らないけれど
彼が革命家になるにあたり、この旅が大きな影響を与えたということが
ひたひたと伝わってくる。
しかし23才であの深い考えはすごい。
日本の若者ではありえない。
南米大陸の風景も美しいし、
現地の人とゲバラが話すカットのいくつかは、
台本を使っていないように思う。
またそこがリアルでいい。
ゲバラ役のガエル・ガルシア・ベルナルがまたよく似合っていた。
原作も是非、読んでみようと思う。
しかし、なぜ、製作総指揮にロバート・レッドフォード?
お、コレクターズ・エディションを購入するとその熱き思いが
わかるのですね。
Amazonのマーケットプレイスに新古品があったので思わずぽちっ(笑)

アルベルトを演じたロドリコ・デ・ラ・セルナは
ゲバラの実のはとこだそうです。
最後にアップで撮影されている老人が本物のアルベルト?

日本の公式HPは内容がないけど
海外版のコチラは映画で流れた音楽が聴けて
旅をしたMapも見られます。

コメント

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (pico) 2006-04-17 09:46:00

うわー!
この写真、大きくていいですねー!!!嬉
私が持っているのも、コレクターズエディションなのですが、
ロバートレッドフォードのことは、印象が薄くて。
というか、アルベルト色が濃くなってます。
同封のメイキング「トレヴェリングウィズゲバラ」がすごくよいです。
そうそう、ラストのアップは、その本物アルベルト翁です。
あの顔(皺)は、説得力ありますよね~。
私、親父フェチ通り越して、じじいフェチかもです。(笑)
ストレイト・ストーリーのじじいとか、もぉたまらんです。(笑)

ガルシア君は、自分で映画を撮っていたりと、スペイン語、英語、イタリア語、フランス語も話せるそうです。
あの強い目ヂカラは訴求力ありますよね~。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (pico) 2006-04-17 09:47:07

いやん。ミスタッチ・・
トラヴェリング・ウィズ・ゲバラです~。陳謝

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-04-17 18:23:14

見たんですね。
公開した年の私のベスト1映画でした。
青春映画でもあり、ロードムービーでもあり、歴史を知るにも良い映画。
言うことない映画でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-04-18 11:00:56

>picoさん
やっと見ましたー!!!
通常版を買うなら絶対、コレクターズ・エディションを
買った方が断然いいですよね。
「トラベリング・ウィズ・ゲバラを見るの楽しみ~。
ロードマップも入ってるみたいだから、それも嬉しいです。
>じじいフェチ
爆笑(≧∇≦)ノ彡
私はやっぱりガルシア君がよかったです。
ただの二枚目ではなく、知性を感じます。
おー、4カ国語もできるんですね。
最新作「ザ・サイエンス・オブ・スリープ」も気になるところです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-04-18 11:05:23

>まきさん
おー、まきさんのベスト1ですか!
確かpicoさんもベスト1だったんじゃないかと
今、調べたら2位でした。
picoさんのベスト1は「2046」だったのでした。
まきさんは原作はお読みになりました?
私はまだ。
これは是非、原作も読まなくちゃと思ってます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (pico) 2006-04-18 13:58:54

ちっちっちー。
LINさん、違います~。
正確にいうと、2046とモーターサイクルダイアリーズと同列一位なんですよ。
脳が別の働きをしていて選べなかったので、ずるしました。(笑)


やはり、知性って顔にでますよね~。
ガルシア君のバッドエデュケーションも是非ごらんくださいませ。
こっちは、2046脳でのオススメです。(笑)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-04-18 21:46:08

原作は読んでいないです。以前にゲバラ日記は買ったのですが、これも未読で・・・・・。いつ、読むことになるのよら。

picoさんが書いている「バッドエデュケーション」濃かったです。いろんな意味で。あの監督は好きなのですが、どんどん、どろどろ濃くなってきて、軽めの頃の作品が懐かしくなります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-04-20 10:03:02

>picoさん
同列一位でしたか!
確かpicoさんがどこかで「モーターサイクルダイアリーズ」が
2005年のナンバーワンだって書いていらしたような
気がしてたので、私も「あれ?」と思ったんですよー。
「2046」も改めて見なおしたいです。
どうもキムタクがなあ…
「バッド・エデュケーション」ですね!
検索、検索…
おー、背徳の匂いが~(笑)
見てみますね。
ただ、私は衛星放送まかせで
たまたまやっていたら見るというスタンスだけど…(・∀・;)
そうそう一昨日は「めぐりあう時間たち」
昨日は「フリーダ」が放映され、それぞれ録画してあります。
どちらも見るのが楽しみ~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-04-20 10:09:20

>まきさん
picoさんもなんだけど、監督で映画が語れるのって
カッコイイ~(・∀・)カコイイ!
憧れます。
私のペースでは、その監督の代表作品を見るので
いっぱいいっぱい(>_<)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

|

« 映画:東京タワー | Main | リリー・フランキー、太った? »

Comments

The comments to this entry are closed.