« 映画:クロエ | Main | 映画:スイミング・プール »

June 02, 2006

ドラマ:センセイの鞄

センセイの鞄

37歳で一人暮らしの月子(小泉今日子)。
結婚を焦ることもなく、特に恋人を必要とすることもなく、
一杯飲み屋で、1人美味しいツマミと日本酒を楽しむマイペースな女性。
ある日、行きつけの居酒屋で高校時代の国語の教師だった
“センセイ”(柄本明)と再会する。
それから二人はちょくちょく一緒に飲むようになり…

原作は川上弘美の『センセイの鞄』
キャストについては主演以外は前知識なしだったので
センセイの奥さん役が「樹木希林かよっ!(笑)」とか
居酒屋の主人(モト冬樹)の従兄弟がエド山口で
「本物の兄弟かよっ!」とか一人でウケてしまった。

センセイ役、柄本さんじゃ若すぎないかなあと思ったけど
実際に見たら、ぴったりだった。
居酒屋の主人役のモト冬樹さんが原作以上に存在感があって
すごくよかったなあ。
居酒屋も想像通りの店。

でもなぜか、私はこの原作は好きじゃない。
なんでなんだろう?
川上弘美のあざとさのようなものが嫌いなのかもしれない。
そういえば、小泉今日子の髪型が川上弘美そっくりだった。
わざと似せたのだろうか。

コメント

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (まき) 2006-03-13 18:19:24

センセイの鞄は途中から見たので、前半部分は抜けています。
後半、月子さんとセンセイがお付き合いする辺りで、センセイの誠実ぶりがほほえましくって、後半しか見ていなくてもセンセイを思い鞄を見て泣く月子さんの思いがよくわかる作品だったなぁ、と。
きちんと、通してみたいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-14 11:22:21

>まきさん
前半部分も是非、是非、ご覧になってみてください。
二人のつかずはなれずの関係が何ともよいです。
ラストは切ないですねえ。
どんなに愛している人とでも別れはくるのですよね。
私はまだそういう体験はないのですが
みんなどうやって乗り越えていくんですかね?
今までいた人がある日、突然、消えてしまうというのは
とても怖いです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (pico) 2006-03-15 11:13:41

先日、私もみました。
前回みたとき、あれ?この景色、懐かしいな~と思っていて、
以前、佐久島レポをした時に、LINさんから「センセイの鞄の島に似てる」ってコメントいただいて、
うんうん、やっぱり似てる~と思ってみていたら、民宿に貼ってあるポスターから、佐久島の隣の島だということを発見しました!
篠島という蛸が名産の島。ここにも行ったことあるので、懐かしい~のは本当だったのねと感慨にふけってしまいました。
LINさん、さすが!勘がするどいです。

私は、原作もドラマも、どちらも好きです。
ドラマのラストの表現には、唸りました。(ああ、久世さん・・)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Unknown (LIN) 2006-03-15 16:42:23

>picoさん
わー、あの島、佐久島の隣だったんですね!
センセイと月子が泊まったあの旅館も
本当にあるのかしら?
たこはうまいですよねー。
そういえば以前、picoさんにいただいたたこの干物も
おいしかったです~。
昨年、picoさんとカノックスのお話をしていたのに
ホント、残念ですよね。
久世さんにはもっと小説を書いていただきたかった。
そうそう、picoさん、今月、「巷説百物語」のパート2
WOWOWで放送されますよー。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

|

« 映画:クロエ | Main | 映画:スイミング・プール »

Comments

The comments to this entry are closed.