« 『文明の衝突』byサミュエル・P・ハンチントン | Main | 『純粋理性批判殺人事件』byマイケル・グレゴリオ »

September 23, 2006

癒される…

●『文明の衝突』の感想、upしました。

●癒される
ガチャピンのブログ
みんなに「ガチャピン、本当にキーボード打てるの?」と疑われているらしい(笑)

Gachapin

●癒される2
栗コーダー演奏の何とも力の抜けた「ダースベイダーのテーマ」
試聴はコチラ
ネットに「小さいダースベイダーがちょこちょこ歩いているイメージ」と
書いてあったが、まさにそう。

●注文中の本

邪魅の雫
『邪魅の雫』by京極夏彦
ついに出ますね!
『陰摩羅鬼の瑕』とあわせて一気読みする予定。

GREENFIELDSさんに教えていただいたのですが
コチラで、京極夏彦自身による『邪魅の雫』朗読付き映像が見られます。

小説の誕生
『小説の誕生』by保坂和志
保坂さんはすっかり小説家というより小説論の人になってしまいましたね。
きっと、そっちの方が売れるんだろうなあ…

憲法九条を世界遺産に
『憲法九条を世界遺産に』by太田光
安倍さんが総裁になって、憲法九条はどうなってしまうのかとても心配。

世界の宗教と戦争講座
『世界の宗教と戦争講座』by井沢 元彦
ハンチントンの『文明の衝突』がらみで。

そして誰もいなくなった
『そして誰もいなくなった』byアガサ・クリスティー
みらくるさんとともに、アガサ・クリスティー作品全読破プロジェクト進行中。

●読書中
『純粋理性批判殺人事件』byマイケル・グレゴリオ

純粋理性批判殺人事件〈上〉純粋理性批判殺人事件〈下〉

|

« 『文明の衝突』byサミュエル・P・ハンチントン | Main | 『純粋理性批判殺人事件』byマイケル・グレゴリオ »

Comments

あ、栗コーダーカルテットだ!
11月にお逢いできる予定です♪

邪魅。注文されたのですね。
噂では、魍魎~に近いとか?
私は、調子にのってつい地域限定特装版を注文してしまったので、到着するのが遅くなるようです。
いずれにしよ、楽しみです。

10月に「アガサクリスティの奥様は名探偵」が上映されるにあたって、原作「親指のうずき」を読もうか迷っている所です。
有名どころは読んでいるのですが、どれもあまり覚えてないので、この際だから読んでみようかしら。
早川書房では、100巻でてるようですね。
そうなると、早川書房だけで揃えたくなります。うずうず

憲法九条を世界遺産
いいですね~~~!

Posted by: pico | September 23, 2006 at 21:32

>picoさん
えーっ!picoさん、栗コーダーカルテットに会うんですか?
あのゆるい感じ、てっきり女子だろうと思っていたら
男性のグループなんですよね!(びっくり)
「癒されました」とお伝えください(笑)
>地域限定特装版を注文
え?それって平塚に行かないと買えないと思ってました。
ネットで注文できるの?
もしや、picoさん、平塚の書店にわざわざご予約なさったとか?
すげー(笑)
>アガサクリスティの奥様は名探偵
わー、映画になるのですね。
最初、「二人で探偵を」と同じかなと思っていて、
http://www.mystery.co.jp/program/futari.html
ドラマは微妙だったけど映画はどうかしらと思ったんですが
全然、別のお話でした!
>どれもあまり覚えてない
そうそう、アガサ・クリスティの作品って読んでも読んでも
覚えられない(笑)
いつのまにか忘れてしまう。
だから何度でも読める!
>早川書房では、100巻でてるようですね
そうなんですよー。
大人買いしようかと思ったんですが、8万円とかかかってしまうので
それはさすがに…(・∀・;)
ちまちま、買っていこうと思います。
>憲法九条を世界遺産
ねー、いいよねー。
安倍さんの自民党員の支持率が予想より低かったのは
こういうこともあるのかなあと思いました。
太田光のこの本はかなり売れているようなので、
そういう気持ちの人が多いってことかもしれません。

Posted by: LIN | September 24, 2006 at 10:12

きゃ~~~、ガチャピン♪
私が幼稚園の頃はポンキッキを途中まで見てから幼稚園に通ってましたが、いつの間にやらポンキッキなくなりましたね。
赤と青が混ざったら紫になるとか、そういう単純なのを飽きずにじーっと見てた覚えがあります(*´Д`)

保坂和志さんは小説を何冊か読みました。好きなのは『プレーンソング』とその続編『草の上の朝食』です。少し前に出た『途方に暮れて、人生論』を読んでみようかなと思ってましたがまだ読めてません。

そして、クリスティーーー!
『そして誰もいなくなった』はクリスティーを読もうと思ってから2冊目に読みました☆
よーし、LINさんに負けないように(←勝ち負けじゃないですけど^^;)私も読みますよ(*´∀`)ノ
元々テレビで好きになったポアロですが、原作を読んでから私もLINさんと同じくすっかりポアロ好きになってしまいましたから。

Posted by: みらくる | September 24, 2006 at 11:49

>みらくるさん
>いつの間にやらポンキッキなくなりましたね。
あ!ホント!
今、調べたら、2005年に終了になってました。
おー、でもフジテレビKIDSクラブで、WEBポンキッキを展開中のようです。
http://www.fujitvkidsclub.jp/
私はIDを持っていないので見られなかったのですが、
ID取っちゃおうかなあ(笑)
実は、ウゴウゴルーガも好きで、CSの再放送を見たりしてます。
保坂さんの小説をお読みになったことがあるのですね。
保坂さん曰く「何も起こらない小説」だとか?(笑)
『途方に暮れて、人生論』は読んだのですが中身をあまりよく覚えていない。
一箇所だけ付箋がつけてありました。
「現代は資本の回転が速く、商品の中に情報が蓄積されなくなり、
物語はますます一過的になる(つまり、ブランド信仰すら前世代のものになりつつある。)
それに対して、学問や知は積み重ねていくことができる。
そこには安定した喜びがある(しかしをれを形成するためには忍耐が必要なのだが。)
その喜びを“享楽”という。
現代人は刹那的な快楽を求める傾向が強いが、快楽はすぐに飽きてしまう。
享楽は飽きることがない。」
なんだそうです。
>ポアロ好きになってしまいましたから。
うわーい、みらくるさんもポアロファンになってくださったのね。
ナカーマ( ・∀・)人(・∀・ )
韓国映画が今、おばさま方に人気じゃないですか。
私は、あの韓国映画に出てくる男たちの甘い甘い優しさがどうもむずがゆくて(笑)
実は優しいくせに、表面はそっけないという男性にひかれます。
そういう意味でポワロが好きです。
おしゃれでグルメというのも、ポイント高いですね。

Posted by: LIN | September 25, 2006 at 09:28

The comments to this entry are closed.

« 『文明の衝突』byサミュエル・P・ハンチントン | Main | 『純粋理性批判殺人事件』byマイケル・グレゴリオ »