« たらいまわしTB企画第29回「酒と本」 | Main | あけましておめでとうございます »

December 27, 2006

よいお年を♪

今年もあとわずかですね。
引き続き、お笑いにはまっております。
でも関東って関西に比べてTVのお笑い番組が少ないんですよね。
関西の人がホントうらやましい。
しょうがないので、CSでちょこちょこ放送される
関西ローカルの番組(「ジャイケルマクソン」とか)や
ネットで「ヨシモト∞」なんかを見てます。
それから、深夜ラジオ!
深夜ラジオを聞くなんて、学生の時以来ですよー。
しかし、これがおもしろいんだなあ。
JUNKとかオールナイトニッポンとか。
今のところ、圧倒的におもしろいのは伊集院光。
Ijuin_mainimg

でも、深夜放送って最後まで聞けず途中で眠くなっちゃうわけですよ。
そんなわけで、タイマー録音をしてiPodに落としたいと思い始めたんですね。
ラジオをタイマー録音というと、最近では、TalkMasterが有名なんですが
小型なので、どうも感度がよくないらしいんですね。
値段も高いし(4万円近い)。
Talkmaster_1

で、いろいろ探して、見つけたのが、SHARPのQT-MPA10
Musiccarry
見た目、ラジカセですが、カセットもCDもMDもついてません。
フラッシュメモリーのみ。
が、ラジオをタイマー録音してパソコンに落とす分にはかなり便利な機械らしいです。
買ってみようっと。

ここ数年、本ばかり読んでいたのに(それもこむずかしそうな本ばかり)
いきなりお笑いだなんて、唐突な感じがしますけど、
私、高校生の時も、演劇部でこむずかしい不条理劇をずっとやっていて
いきなり、落研に転向した女ですから(笑)
来年はお笑いを研究して、人を笑わせる技術を磨きたいと思っております。

それでは、みなさま、よいお年を。

|

« たらいまわしTB企画第29回「酒と本」 | Main | あけましておめでとうございます »

Comments

 難しい最たるものである哲学と、お笑いって結構つながりますよ。だからそれほど唐突でもないんじゃないですかねぇ。
 哲学者土屋賢二さんの著作『人間は笑う葦である』なんかその感じがよく出てます。哲学が得意なパラドックスは、その伝え方を変えればモロお笑いですからね。問題として出題すると哲学、普通に話せば「なんでやねん!!」とツッ込まれるボケになるでしょ。
 お笑いでは馬鹿話でもそれを作るには高度な知性が必要とされたりします。
 お笑いって案外高度な知的活動なのかもね。
 ……と、難しい話になりそうなのでこの辺で止めましょう。
 LINさんなら、ただの馬鹿話よりも知性をくすぐる笑いとかうまそうかもね。

 よいお年をお迎えくださいまし。

Posted by: ろぷ | December 27, 2006 at 11:57

LINさん、お久しぶりです!
こちらの更新があると嬉しいです。(笑)
年末年始はお笑い番組もたくさんあることでしょうから、
ツボにはまる芸人さんをチェックしましょう♪

今年はいろいろとありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
では、良いお年を!^^

Posted by: TRK | December 27, 2006 at 17:30

お久しぶりです。

深夜ラジオですかー
良いですよね。
俺もラジオはかなり好きなんですが、
ここ最近は専らFMばかりですね。

でも、学生の頃はオールナイトニッポンとかは
良く聴いてましたよ。
中島みゆきとかビートたけし、タモリなんかがパーソナリティー
の頃ですんで、もう随分昔ですが…
でも、鶴光が一番面白かったですね~

今年はなかなか本も読めず、blogの更新も滞りがちでしたが、
なんとか、blogは来年も継続していきたいと思っています。

良いお年をお迎えくださいませ。

Posted by: 夢屋 | December 28, 2006 at 11:57

LINさん、こんにちは。
あ、私以上に更新が少ないゾ。すごいー(←不明)

そうですか、お笑いですか。
私は関西生まれですが、今は全然見てません。なので若手芸人はほとんど知らないです。
この間たまたまテレビをつけたら、「M-1クランプリの決勝戦」だったらしく、3組の漫才が披露。すっごく面白くてげらげら笑ったコンピが見事優勝してました。なんだっけ、チューなんとか。

今、LINさんの嫌いな宮部みゆきの「あかんべえ」という時代小説を読んでます。人情溢れていてテンポがあって、まあ私としては面白いです。
で、主人公の女の子が「おりんちゃん」といって、可愛くて素直で頭も切れて、お化けさんが見えるお嬢ちゃんなのでした。
ま、ちょっとだけご報告まで。

明日あたり関西に帰る予定です。ではでは、よいお年を。

Posted by: きみ駒 | December 28, 2006 at 14:35

>ろぷさん
おー、お笑いと哲学ってつながるんですねー。
確かに、劇作家の別役さんとかエッセイストの米原さんとかも
お笑いについて書いていらっしゃったりするんですよね。
お笑いって、かなり頭の回転が必要とされますね。
かといって理屈だけじゃダメで、センスも必要だし。
なかなか奥深そうです。
ろぷさんは、出張先でたくさん本をゲットされたみたいですね。
来年はいよいよ古書店プロジェクト始動?
今年もいろいろお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)

Posted by: LIN | December 28, 2006 at 16:31

>TRKさん
「更新があると嬉しい」っていってくださってありがとう♪
TRKさんところの記事、拝見はしているのですが、
なかなかコメントできずにごめんなさいね。
最近、お笑い番組をよく見るので、TRKさんの好きなおぎやはぎを
必然的によく見ますよ(笑)
お笑いの人って、前へ前へと出てくるのが普通ですが、
おぎやはぎはちょっと一歩ひいているところが芸風ですね。
年末年始はお笑いの番組がたくさんあるので、ホント、楽しみ♪
話は変わりますが、TRKさんは大そうじ終わった?
私は今日、やっと半分くらい終了しました。ふぅ…
今年もいろいろありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: LIN | December 28, 2006 at 16:41

>夢屋さん
おひさしぶりですー。
>中島みゆきとかビートたけし、タモリ
おー、まさに私も同世代です。
中島みゆきは、このあいだ、スペシャルウィークで
一回だけのオールナイトニッポンをやってました。
鶴光は、日曜日に「オールナイトニッポンアゲイン」といって
昔のパーソナリティをゲストにしてトークする番組やってますね。
BSフジでも放送されているので、私はそっちの方を見ています。
なかなかおもしろいですよ。
そうそう、年末は、いよいよ「年の初めはさだまさし」が放送ですね。
楽しみですね。
夢屋さんも、いろいろ大変な一年でしたね。
今年、最後の記事、拝見しました。
今の日本っておかしな政策ばかりで、庶民に優しくないですよね。
企業や金持ちばかりが得してるような気がします。
せめてお笑いでも見て、笑ってないとやってられない気分です。
来年はお互い、いい一年になるといいですよね。
今年も一年、いろいろありがとうございました。
来年もよろしくお願いします(*^^*)

Posted by: LIN | December 28, 2006 at 16:57

>きみ駒さん
おー、ひさしぶり~♪
そうなの、そうなの、最近、全然、更新してないの(^^;
お、M-1、見たんですね。
私はCSで、敗者復活の予選(全3時間くらい?)も見ちゃったよん。
チュートリアル、おもしろかったね。
お笑いも、今、次から次へと出てくるから生き残るのも大変だよねー。
関西生まれの人、うらやましいです。
だって、生まれた時から、吉本新喜劇を見てたわけでしょう?
男の人もおもしろい人は、圧倒的に関西に多い気がします。
関東の男は、かっこばかりつけていてつまらん(笑)
宮部みゆきの時代小説は読んだことないです。
評判いいですよね。
>主人公の女の子が「おりんちゃん」
あはは(笑)
テレビ東京で「逃亡者おりん」という番組もやってますよね。
“りん”という名前は時代劇向きなのか?(笑)
さて、今年もいろいろありがとうございました。
来年もよろしくお願いします(*^^*)

Posted by: LIN | December 28, 2006 at 17:07

LINさん、こんにちは!
おお、伊集院の「深夜の馬鹿力」聴かれたのですねー。テレビでの伊集院とラジオの伊集院の笑わせる力っの差ってすごくないですか?ラジオでかつピンだと脳内妄想爆発で、よくよく聴いていると別に大した体験を話しているわけではないけど、それを笑いに変える妄想力が尋常じゃないっっって感じます。僕は、伊集院と爆笑問題がお気に入りなので、どちらかというと関東の芸人をひいきにしますが、やはり関西の笑いの層の厚さに対しては分が悪いですね~。
それにしても、TVで面白い芸人がラジオで喋るとそれほど面白いと思えないのは僕だけでしょうか?特に名は秘しますが。

さて、今年も大変お世話になりました。たまにでも更新して頂けるととても嬉しいですが、来年もLINさんのペースで無理なさらずに気長に続けて下さいませー。
では、よいお年を。

Posted by: kyokyom | December 28, 2006 at 21:51

>kyokyomさん
伊集院のラジオ、はまってま~す。
過去のPodcastもiPodに落として聞いているほどです。
伊集院さんって頭いいですよね。
ぽんぽんと話題を切り替えられるでしょ?
今度のお正月、一般人と相部屋で、一泊4千円の宿に3泊4日とかいってましたよね。
何じゃそりゃ(笑)
>TVで面白い芸人がラジオで喋るとそれほど面白いと思えない
うんうん!
TVで顔が売れていてもトークがつまらない芸人っていますよね。
結構、みんな、リスナーのハガキに頼ってないです?
大笑いして、よくよく考えてみると、その芸人がおもしろいわけじゃなく
ハガキがおもしろいんですよね。
私もそのうち投稿してみようかな?(笑)
>たまにでも更新して頂けるととても嬉しいです
そんな風にいっていただけで、私の方こそ嬉しいです。
今年もいろいろありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年を♪

Posted by: LIN | December 29, 2006 at 09:51

LINさん 今年は色々お世話なりました。
「お笑い」といっても、関西的なノリはできません(>_<)
来年は、ルミエでのレポートがあったりするのでしょうか?!
良い年であるよう祈っています。

読書三昧です(笑)

Posted by: 美結 | December 29, 2006 at 21:23

>美結さん
こちらこそいろいろお世話になりました。
フランス語研究会、あんな形で終わることになってしまって
申し訳ありません(^^;
おー、美結さんは読書三昧ですか。
何を読んでいらっしゃるのでしょうか?
「お笑い」に関しては、やはり関西にはかなわないですよねー。
ただ、私は落語については関西より関東って思っているのですが…
>ルミエでのレポート
あー、行ってみたいですねー。
でも、やっぱり若い人が多いんだろうなあ。
気後れしちゃう(笑)
美結さんは、来年の目標は決まりました?
お互い、いい年にしたいですね。
それではよいお年を♪

Posted by: LIN | December 30, 2006 at 17:28

こちらではずいぶんごぶさたしておりました。

お笑い・・いいっすね。私はそんなにお笑い見ないんですけど、まぁ関西人ではありますので、そういう雰囲気はやはりほっとします。
たとえば、陣内・紀香には喝采を送ってしまうのですよね。なんか関西人の理想のカップルみたいで。

しかし、LINさんの、目的を達成されるためのご努力には頭が下がるばかりです。
そんなラジオがあるとは、ちょっとびっくりしました。私も、そんな姿勢を見習いたいです・・いやホントです。
ではでは、よいお年を。あ、私、落語は米朝を聞きたいヤツです。

Posted by: shosen | December 30, 2006 at 23:55

ラジオのタイマー録音、あんがい難しいですよね。
パソコンの裏に、USBでカチッと付けて、録音できるようなのがあると、便利なのに。

お笑いは今は関西が主要な発信場所ですが、江戸時代はじめくらいまでは、むしろ東国から京都や大阪にやって来るものだったようです。河原とか寺社境内とかに勝手に住む人たち。
その人たちの一部が定住して、紆余曲折を経て、今のヨシモトとか松竹につながっていくんじゃないかとも思います。

芸人芸能人ってなぜか地域性があって、フォークやニューミュージックは北九州からとか、ダンス系は沖縄からとか、かたまってワーッとやって来るのが面白いです。
狭い地域の中で、ある世代が高めてきた芸が、一気に全国制覇するという感じがします。

今年もいろいろお世話になりました。
来年もまたよろしくお願いします☆

そうだ、お笑いといえば、みうらじゅん×いとうせいこうのスライダーズが私は好き。

Posted by: overQ | December 31, 2006 at 13:01

>shosenさん
陣内・紀香カップルにはびっくりしましたよね。
陣内さんって関東で知られるようになったのはここ1、2年で
今でも冠番組があるわけじゃないので、知らない人は知らないと思います。
でも関西での人気はすごいらしいですね。
ワイドショーを見ていると、どうも紀香さんの方がぐいぐい押したような感が…
結婚にいたるまでの流れを見ていても、陣内さん側じゃなく
紀香側がどんどん話をすすめたような気がします。
それにしても最近、女優×お笑いのカップル、多いですねー。
>目的を達成されるためのご努力
私、「これだ」と思うと、それを達成するまで寝食忘れて打ち込むタイプなんですが
いかんせん持続力がないんですよー(^^;
飽きっぽいんですね。
来年はそのあたりの克服が課題でしょうか。
正法眼蔵も来年には少し読み始めたいものです。
今年もいろいろありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を♪

Posted by: LIN | December 31, 2006 at 13:24

>overQさん
デザイン変更、おつかれさまです♪
>ラジオのタイマー録音、あんがい難しいですよね。
ねー、そうですよね~。
これだけ、iPodやら携帯やらで、音楽のダウンロードは簡単になっているのに
ラジオのアクセスはあまりよくない。
USBラジオはすでにあるんですけれど、やはりパソコンのすぐそばで
アンテナも小さいということで、音があまりよくないらしいです。
私も買ってみようかと思ったことがあるんですが、AMがないので
やめました。
http://www.thanko.jp/usbradio.html
この記事に書いたSHARPのQT-MPA10は買いました。
ループアンテナ付なので、感度もなかなかいいですし、
MP3で録音するので、パソコンにつなげるだけでiTunesにためることができて
なかなかよいです。
そうそう、USBにつなぐだけのすごく小さい地デジチューナーを買ったんですが
これもなかなか便利です。
持ち歩けるくらい小さいので。
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/dh-one_u2/
先日、パソコンを買った時、高いお金出して、地デジ対応パソコンにしなくてよかったです。
これで十分。
>河原とか寺社境内とかに勝手に住む人たち。
出雲の阿国を思い出しました。
江戸時代のお笑い(落語以外)を研究してもなかなかおもしろそうです。
>芸人芸能人ってなぜか地域性があって
確かに!確かに!
地域によって得意、不得意があるように思います。
今年はoverQさんは京都の民俗学っぽい記事が多かったですね。
来年も引き続き研究されるのでしょうか?
楽しみにしています。
今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を♪

Posted by: LIN | December 31, 2006 at 13:34

LINさぁあああああああ~ん!!!(絶叫)
この言葉↑が、ふきだしとして飛び出ているいるような顔って、
かなりおもしろいような気がしますが、どうでしょう?
って、そうでもないか・・・へへ。
いやいや、LINさんの更新がないので、寂しくて寂しくて。寂しくて。私、TVの構成とかVPの台本とか書いてて、
もっとおもしろいの書けないの?あなた自身はすごくおもしろいのに。
なんて言われたことあります。しょぼぼんです。
LINさんは、高田文夫さんのようなイメージが重なります。
来年は、笑わせてくださるのですね。くぅ~。
益々もって、尊敬してしまいますよ。
笑門来福☆笑門来福☆きっと、素敵な年になりますね!
楽しみにしています!!!

Posted by: pico | December 31, 2006 at 14:22

>picoさん
今、お正月用の筑前煮を作っていて、今、ちょっと休憩です。
毎年、手作りするのは筑前煮だけなんですけど(他は既製品を買う)
もうへろへろ~。
picoさんも今頃、おせちを作っていらっしゃるのね。
picoさんは、全部、手作りでしょう?
えらいなあ。
>ふきだしとして飛び出ているいるような顔
おー、それはおもしろいですねー。
映画で特殊なメガネをかけると、自分の目の前に役者がいるように見えるという
仕組みがあるじゃないですか。
あれがパソコンでできるとおもしろそー。
>あなた自身はすごくおもしろいのに
わかるー(笑)
私もpicoさんってすごくおもしろい人じゃないかなあと
思ってました!
でも、その方が才能だと思いますよー。
その人自身がおもしろい人ってなかなかいないですから。
文章で笑いを表現するのはホント、むずかしいですよね。
私も最近、ずっとそのことを考えているんです。
オススメの本がありますよー。
『別役実のコント教室』と米原万里さんの『必笑小咄のテクニック』
別役さんは劇作家としてすごい人で、劇作家協会みたいなのがあって
そこで実際に行われた講義をもとにした本です。
米原さんはご存知ですよね。
2冊とも文学的に笑いを分析した本です。
大阪に漫才台本を書くための通信教育講座なんてのもあります。
http://www.scenario-net.com/gakka_tusin.html
ちょっと私も気になってます。
>高田文夫さんのようなイメージ
えー、高田文夫ですか~(笑)
今ね、放送作家で一番好きなのは、シティーボーイズの舞台の脚本などを書いている
三木聡さんです。
映画『亀は意外と速く泳ぐ』の監督もされてます。
picoさんはご覧になったかなあ?
私、あの映画、結構、好きです。
>来年は、笑わせてくださるのですね。
がんばりますっ!
さて、今年もいろいろありがとうございました。
picoさんの記事にはいつもなごまされておりますよー。
特に、マンション暮らしゆえ猫が飼えない私は
picoさんちの猫ちゃんたちは自分の猫のように思っております。
来年もどうぞよろしくお願いしますね。
よいお年を♪

Posted by: LIN | December 31, 2006 at 15:40

LIN さん
お世話になりました LIN さんもラジオお好きですか 慧も実は好きです 特に朝はいつもラジオをつけています
そして 筑前煮 慧も必ず作るお節の一品です うちの相棒が博多の人だからです 後は真鯛の姿の塩焼きこれも必須です

慧もこの12月は一度も更新しないまま年を越してしまいそうです
そんな慧ですが 来年もお付き合いいただけたら幸いです
良いお年をお迎えください 美味しい筑前煮でネ~♪

Posted by: | December 31, 2006 at 17:45

>慧さん
こんばんは~。
今年もあと4時間。
何があるわけでもないのに、何だかわくわくしますよね♪
おー、慧さんも、ラジオ、お好きですか。
私はこの間まで、ラジオのトークは邪魔で、音楽だけかけてくれたらいいのにと
考えていた人なのですが、やあ、やっぱりトークあってのラジオですねー。
最近、すっかりはまっています。
特に深夜ラジオ。
おー、慧さんちはご主人が博多の方なのですね。
博多は筑前煮のこと、がめ煮というのでしょう?
私は、関東の人間ですが、“煮しめ”より“筑前煮”が好きなんです。
わー、真鯛の塩焼きもおいしそうですねー。
私はさきほど、鯛のお刺身、食べましたよー。
今年もいろいろありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を♪

Posted by: LIN | December 31, 2006 at 20:22

なんか年明けてから年末の記事にコメントするのも恥ずかしい気がしますが、LINさんが伊集院のラジオのことを記事にするなんて思わなかったので、嬉しくて嬉しくて(笑)
僕もずっと伊集院は聴いてて、iPodは別名「伊集院再生機」と呼ばれているくらいです(笑)。いいイヤホン買ったのに伊集院ばっかり聴いてたりとかして、なんのために高い金払ったんだって怒られたり。このラジオを聞いて育ったせいですっかりねじくれてしまいました。人生の師匠です(笑)
あ、今年もよろしくお願いいたしますです。

Posted by: bicco | January 06, 2007 at 23:53

>biccoさん
あけましておめでとうございます。
ラブラブな毎日をお過ごしのことと思います(笑)
いやー、深夜ラジオなんて学生の頃以来ですよー。
こんなにおもしろいとは!
深夜ラジオから遠ざかってしまっている大人の人に
もっと聞いてほしいですよね。
biccoさんも録音して聞く派ですか。
録音は何を使ってます?
私は、記事にも書いたのですが、ラジオ番組をタイマー録音して
mp3にしてくれるというラジカセを買ったんですが、
JUNKとオールナイトニッポンと両方取りたい曜日もあるので、
どうしたらいいかなあと悩んでおります。
伊集院さん、お正月、どこか、島に旅行に行ったんですよね。
もうそのいきさつが今から楽しみで、早く月曜日が来ないかなあと
楽しみです。
今日、「日曜日の秘密基地」で、ちょっとしゃべるかな?
>いいイヤホン買った
あ~、買ってましたねー。
うらやましいなって思ってたんです。
biccoさんとは菊池成孔とかシティーボーイズとか伊集院とか
共通ワードがたくさんあって嬉しいです。
もしかして、biccoさん、ラーメンズも好きじゃないですか?
今年もどうぞよろしくお願いします。
emiさんにもよろしくお伝えくださいませ。

Posted by: LIN | January 07, 2007 at 10:52

ご無沙汰しております~。
あけましておめでとうございます(遅)今年もよろしくお願いします。
お笑いを聴いてらっしゃるのですね!
チュートリアル・フットボールアワー・陣内がbaseよしもとにいた頃に大阪に住んでいたことがあるので懐かしいです(笑)
伊集院さんのラジオ。聴いてみたいです。
演劇やってた頃に某先輩が言っていたのですが、人を泣かせるよりも不条理劇をやるよりも、何より笑わせるのが一番難しい、と。
「笑い」ってアウトロー的知性が要求される、という件。なるほろです。

Posted by: 天藍 | January 08, 2007 at 18:08

>天藍さん
年が明けましたねー。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします(ぺこり)
『薔薇の名前』お読みになったのですねー。
私もよくわからない部分もたくさんあったけど、あの作品、大好きです。
うぉー、天藍さんは大阪に住んでいらしたのですか。
うらやますぃー。
>伊集院さんのラジオ
おもしろいですよー。
と・こ・ろ・が、昨夜の放送、タイマー録音に失敗しちゃって
今まで、私、録音した音声ファイルを探し求めネット中を徘徊し、
やっと、やっと、見つけました~(^^;
天藍さんも機会があったら聞いてみてみて。
いきなり、番組を聴くというのがあれなら、Podcastもあります。
http://www.tbs.co.jp/radio/format/ijuin.html
こちらは短いので聴きやすいと思います。
>何より笑わせるのが一番難しい
ですねー。
小説でも感動させたり、泣かせたりする作品は結構、あるんだけど
笑える小説って意外と少ない。
「笑い」って研究したら奥が深そうです。

Posted by: LIN | January 09, 2007 at 13:41

The comments to this entry are closed.

« たらいまわしTB企画第29回「酒と本」 | Main | あけましておめでとうございます »