« January 2007 | Main | March 2007 »

February 26, 2007

「華麗なる一族」がちっとも華麗じゃない件について

日本のドラマが、どんどん、スケールが小さくなっている気がする。
そもそも、今の俳優は、昔の俳優に比べて、スター性がない。
たとえば、現在、放送中の「華麗なる一族」。
昔、映画では、万俵鉄平役を仲代達也が演じていた。
それが今や、鉄平役がキムタクですよ。
キムタクって、何を演じても、結局、キムタクにしかならないじゃないか。

一族ものといえば、今、見ているのが、
LaLaTVで放映中の「フォーサイト家~愛とプライド~」
Forsyte
原作はノーベル賞作家、ジョン・ゴールズワージの「The Forsyte Saga」
1874年、ビクトリア朝後期から20世紀初頭のロンドンの上流社会を舞台に、
フォーサイト家三代にわたる人々のそれぞれの愛が描かれる。

フォーサイト家の一員であり、やり手の弁護士でもあるソームズは
美しき令嬢、アイリーニを見そめる。
父親を失ったばかりのアイリーニは経済的理由から、
ソームズとの「愛のない結婚」を選ぶ。
しかし、この不幸な結婚が後に、フォーサイト家全体を巻き込んでいく。

原作も読んでみたいけど、翻訳されてないみたい。

| | Comments (23)

February 04, 2007

料理は心~辰巳芳子さんのスープ~

Tatusmiyosiko

料理が好きになったのはここ数年。
栄養科卒なので、そこそこできると思うのですが、
料理、ずっと嫌いでした。
ある時、本屋で「100文字レシピ」という本に出会いまして、
それまで料理というのは手間がかかるもの、手間をかけるもの
というイメージがあったんですが、
「5分でも料理ってできるんだ!」と気がついてから、
気軽に料理をするようになりました。

そんな私が、昨夜、はじめて市販のルーを使わないで
クリームシチューを作ってみました。
いやあ、できるんですね、ルーを使わなくても。
コンソメで煮こんだ野菜スープに手作りのホワイトソースを
いれればいいだけです。
ホワイトソース自体は味がないので
「これがうまくなるのか?」と半信半疑でしたけど
いやー、これが、市販のよりおいしい!
何より、脂っこくないです。
いつもは、何度洗ってもべたべたしている鍋が
さらっと簡単にきれいになりました。

スープつながりの話ですが、昨夜、NHKハイビジョンで
「おいしさを持ち続けて~料理研究家 辰巳芳子の四季~」
という番組を放送してました。
(2月9日14時~再放送します)
辰巳さんは父親の介護をきっかけに、ずっとスープの重要性を
訴えてきました。
昨年の夏には高知市の病院で、全入院患者に辰巳さんのスープを
提供したんだそうです。
その病院の副院長さんが、ある時、重い病で体力も貪欲に落ちてしまった同僚に
辰巳さんの「あなたのために~いのちを支えるスープ」という本を参考に
にんじんのポタージュを作ったら「おいしい…」と全部、飲み干したのが
きっかけとか。
私、栄養科卒で、病院実習を体験したことがあります。
病院というのは、何百食も提供するうえに、病気によって塩分を変えたり
食べる量が違ったりするので、それはもう大変なわけです。
流動食もばたばたとおざなりに作ったような気がします。
でも、それではダメで、体が弱っている人にこそ(本当は健康な人たちにも)
心のこもった料理を提供することが大事なんですよね。
料理って相手を思う心だなあとつくづく感じました。

あなたのために―いのちを支えるスープあなたのために―いのちを支えるスープ
辰巳 芳子

文化出版局 2002-08
売り上げランキング : 74

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

健康のためには、食とともに運動も大切。
運動嫌いな私が、こりもせず、今回は、
深夜の通販番組で放送している「ビリーズブートキャンプ」を
買いました。
本当はロハスっぽいのはヨガなんですけど、
あののんびりした動きはどうもやせるような気がしない…

到着は一週間後。
届いたら、またレポートします。
内容はこんな感じ↓

| | Comments (10)

« January 2007 | Main | March 2007 »